第11回
量子インターネットと量子サイバースペース

日時:2021年12月7日(火) 10:00~12:00
会場:オンライン開催

量子コンピュータや量子センサなど量子情報科学の研究の発展に伴い、量子ゲート操作や量子メモリの研究も飛躍的に進歩しています。この中で、量子情報をやり取りするインターネットである「量子インターネット」の研究開発が、世界的な盛り上がりを見せています。量子インターネットは量子ビットの伝送や量子もつれの共有を可能とし、量子鍵配送や量子認証といった量子通信アプリケーションに加えて、分散型量子計算や量子センサーネットワークなど量子技術どうしをつなぐ応用も期待されています。本セミナーでは量子インターネットの研究開発の先端動向と、現在のインターネットとの関係性、そして、量子サイバースペースの実現が拓く未来社会像について議論します。
  • [10:00-10:05]「趣旨説明」 嶋田 義皓(国立研究開発法人科学技術振興機構)
  • [10:05-10:35]「量子インターネットとは(仮題)」 永山 翔太(株式会社メルカリ)
  • [10:35-11:05]「古典インターネットとのつながり、社会への影響(仮題)」 村井 純(慶應義塾大学)
  • [11:05-12:00]「パネル討論:量子インターネットと量子サイバースペース」
  • オープニング[10:00-10:05]

    コーディネータ:嶋田 義皓

    国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター フェロー

    【略歴】JST 研究開発戦略センターフェロー。博士(工学、公共政策分析)。2008年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程修了。2008年日本科学未来館科学コミュニケーター、2012年JST戦略研究推進部主査を経て、2017年4月より現職。2018年に政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策プログラム博士課程修了。専門分野は、物性物理、科学コミュニケーション、ICT、科学政策。著書に『量子コンピューティング 基本アルゴリズムから量子機械学習まで(情報処理学会出版委員会 監修)』(オーム社、2020)。

    セッション1[10:05-10:35]

    量子インターネットとは(仮題)

    講師:永山 翔太

    株式会社メルカリ

    【略歴】

    セッション2[10:35-11:05]

    古典インターネットとのつながり、社会への影響(仮題)

    講師:村井 純

    慶應義塾大学

    【略歴】

    パネル討論[11:05-12:00]

    量子インターネットと量子サイバースペース

    司会:嶋田 義皓

    国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター フェロー

    【略歴】JST 研究開発戦略センターフェロー。博士(工学、公共政策分析)。2008年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻博士課程修了。2008年日本科学未来館科学コミュニケーター、2012年JST戦略研究推進部主査を経て、2017年4月より現職。2018年に政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策プログラム博士課程修了。専門分野は、物性物理、科学コミュニケーション、ICT、科学政策。著書に『量子コンピューティング 基本アルゴリズムから量子機械学習まで(情報処理学会出版委員会 監修)』(オーム社、2020)。

    パネリスト:永山 翔太

    株式会社メルカリ

    【略歴】


    パネリスト:村井 純

    慶應義塾大学

    【略歴】


    パネリスト:根本 香絵

    国立情報学研究所

    【略歴】


    パネリスト:Rodney Van Meter

    慶應義塾大学 教授

    【略歴】1986年にカリフォルニア工科大学で工学および応用科学の学士課程、1991年に南カリフォルニア大学で計算機工学の修士課程を修了、2006年に慶應義塾大学で計算機科学の博士号を取得。近年の主な研究テーマは、量子コンピュータと量子ネットワークのアーキテクチャ。他に、ストレージシステムやネットワーク、ムーアの法則後のコンピュータアーキテクチャの研究にも従事している。現在、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス環境情報学部教授および慶應義塾大学量子コンピューティングセンター副センター長。 Quantum Internet Research Groupのco-chair、Quantum Internet Task Force のアドバイザリーボード、WIDE Projectのボードメンバーも務める。AAAS、ACM、APS、IEEE会員。