第1回情処ウェビナー

  • 深層学習がもたらす情報処理の可能性について─深層学習で、社会は、産業は、科学技術は、どう変貌していくのか?─

    開催:2021年1月29日(金)16:00〜17:00[参加無料]

    講師:松尾 豊(東京大学 教授/情報処理学会企画担当理事)

    【講演概要】
    本講演では、深層学習の進展を踏まえて、それがどのように産業に影響を与えるか、また広く情報処理技術がデジタルトランスフォーメーションの動きをどう加速させていくべきかについて述べる。今後の深層学習・人工知能がどのように進展していくかという見通しを述べ、それが科学技術全体におよぼすインパクトについて議論する。

  • 松尾 豊

    【講師紹介】
    2002年東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て2007年より東京大学大学院准教授、 2019年より教授。専門分野は、人工知能、深層学習、ウェブマイニング。2012年より人工知能学会編集委員長・理事、2017年より日本ディープラーニング協会理事長。2019年よりソフトバンクグループ社外取締役。2020年より情報処理学会企画担当理事、データサイエンティスト戦略委員会委員等。2007年度情報処理学会長尾真記念特別賞受賞。著書『人工知能は人間を超えるか』(2015年、KADOKAWA)、『超AI入門—ディープラーニングはどこまで進化するのか』(2019年、NHK出版)ほか多数。情報処理学会正会員。

  • 申し込みはこちら