原稿執筆・送信要項(選奨論文・一般論文)

原稿作成と送信要領

以下の『原稿作成』、『原稿見本』をご確認のうえ作成、原稿を送信して下さい。提出された原稿は「FIT著作権規程」に関する事項が適用されます。
講演論文集の発行日は、2022年8月30日(火)の予定です。


講演原稿送信・差し替え

申込は締切ました
申込締切を延長しました!
2022年5月13日(金)15:00まで

申込締切:2022年5月11日(水)15:00
原稿送信・差し替え締切:2022年6月24日(金)15:00
  • 原稿作成

    1.ファイルサイズ(容量)の制限

    ファイルサイズは、3MB以内として下さい。3MBを超えると送信できません。またファイルは1つとし、圧縮ツールによる圧縮やセキュリティ設定はしないで下さい。

    2.ページ設定

    色使い文字も含め、色使いの制限は特にありません。ただし、モノクロプリンタで出力したものを論文集の原稿として利用しますので、黄色など、色によっては明確に出ない場合がありますので十分注意してください。

    3.ページ設定

      選奨論文:4~8ページ程度
      一般論文:2~8ページ程度

    で作成下さい(講演申込の際に選択したページ数で作成)。
    A4 上マージン30mm、下マージン 25mm、左マージン20mm、右マージン20mm、コラム間マージン7mmを目安としてご作成下さい。
    • 3ページ目以降から1ページ当り4,000円の追加ページ代が発生します。例えば4ページ投稿の場合には、2ページ分の追加ページ代が発生するため、講演参加費の他に「4,000円×2=8,000円」の追加費用が必要となります。
    • 論文ページ数はなるべく偶数ページになるようにお願いいたします。
    • 論文にはページ番号(ノンブル)は入れないで下さい。
    • PDF作成条件によっては、原稿がA4でもレターサイズのPDFができてしまう場合がありますので、必ず変換されたPDFがA4であることを確認して下さい。

    4.PDF作成オプションについて

    投稿されたPDFファイルは、WindowsおよびMacintosh対応のDVD-ROMに掲載されますので、必ずフォントの埋め込みがされたPDFを作成願います(作成時はジョブオプションを高品質またはプレス品質を選択して下さい)。

    5. 色使い

    色使い文字も含め、色使いの制限は特にありません。ただし、モノクロプリンタで出力したものを論文集の原稿として利用しますので、黄色など、色によっては明確に出ない場合がありますので十分注意して下さい。

    6.ファイル形式

    電子原稿は、Adobe Reader 7.0以上で表示または印刷可能なPDF(Portable Document Format)ファイルで提出して下さい。

    7.ファイル名

    必ず拡張子(.pdf)がついているファイルをお送り下さい。 作成するアプリケーションとOS 原稿を作成するアプリケーションの制限はありません。OSはWindows7以上またはMac10.8以上を推奨します。
  • 原稿見本

    テンプレートファイル サンプル ファイル サンプルPDF 完成見本

    dotxアイコン

    FITpaper.dotx(41k)

    docxアイコン

    FITpaper.docx(32k)

    PDFアイコン

    FITpaper.docx(32k)

    • テンプレートには最小限のスタイル設定を行っていますが、基本フォーマット(用紙サイズ、マージン、フォントなど)を厳守いただければどんなスタイルを使用されても問題はございません。あくまで作成例とお考え下さい。
    • テンプレートファイルおよびサンプルファイルは、ご使用のディスク上にダウンロードのうえご使用下さい。
    • Windowsをお使いの方は、該当リンク箇所をマウスで右クリックしていただき、“対象をファイルに保存”すればダウンロードできます。
    • Macintoshをお使いの方は該当リンク箇所をマウスで押しながら“リンクをディスクにダウンロード”を選んで下さい。
    • Macintoshの場合ブラウザソフトによっては、ファイルタイプをソースに設定してダウンロードして下さい。またダウンロードしたファイルアイコンがブラウザアイコンになる場合はアプリケーションからドキュメントを開いて下さい。
  • 原稿送信

    原稿送信方法

    1. 発行された登録番号とパスワードを半角で入力して、「次へ」をクリックしてください。
    2. 「参照」ボタンをクリックして、対象のファイルを指定し、送信ボタンをクリックしてください。
      ※ファイル指定欄には、直接ファイル名を入力しないで、必ず「参照」ボタンをクリックして選んでください。
    3. 送信が正常に終了すると、受付終了画面が表示されます。
    4. 送信が正常に終了すると、電子メールでも送信結果が配信されます。

    原稿差し替え方法

    1. 一度送信された原稿は、原稿送信締切日までは何度でも差し替えることができます。
    2. 上記〔原稿送信方法〕と同様の手順で送信してください。
    3. 新たに送信されたファイルは元のファイルに上書きされます。
    4. 差し替えとして送信するファイル名は、以前に送ったファイル名と異なっても構いませんが、拡張子(.pdf)は必ず同じものを付けてください。
  • 著作権について

    本フォーラムの論文送信に際し、「FIT著作権規程」が適用されており、著作権を譲渡していただくことで論文受付を実施しております。必ず下記のFIT著作権規程をご確認いただき、ご同意いただいたうえで論文をご送信下さいますようお願い申し上げます。

    なお、著作権譲渡契約書に関しましては、FITでは紙媒体の提出を省略し、原稿送信の際に「著作権譲渡に同意します」 ボタンを設けることで対処することとさせていただきます。

    なお、講演申込者の方は、全ての共著者(連名者)が本著作権譲渡に関して同意されていることを確認のうえ、講演申込登録、原稿送信をしてください。後日トラブルがあった場合は、申込者が責任を持って対応してください。

    FIT運営規程 (抜粋)

    第6条 FITにおいて発表される著作物の著作権はIPSJとIEICEが共有する。双方とも、互いの事前承認を取る必要はなく、著作権法第21条から第28条に定められた著作権の権利の全部又は一部に相当する行為を行うことができる。但し、事後に互いに書面報告を行う。

    FIT著作権規程

    当大会講演論文集に掲載される論文の著作権は、会員の利益につながる活動のため以下のとおり、電子情報通信学会と情報処理学会に帰属することになりますので了承のうえ、投稿して下さい。
    1. 大会論文集に掲載される論文等の著作権(複製、翻訳、翻案、電子的形体での利用等のすべてを含む包括的な著作権)は、電子情報通信学会と情報処理学会の共有とする。
    2. 国際会議、他学会との共催など特別の事情により、1項の適用が困難な場合は、別途協議の上、処置する。
    3. 著者自身が自分の論文を複製、翻訳、翻案、電子的形体等の形で利用することは差支えない。また、本会はこれに対し異議の申立てをしたり、妨げることはしない。但し、営利目的の出版物に投稿する場合のみ、電子情報通信学会と情報処理学会に申出ることとする。
    4. 第三者から論文等の複製、翻訳、翻案、電子的形体での利用に関する許諾の要請があり、電子情報通信学会または情報処理学会において必要と認めた場合は、電子情報通信学会または情報処理学会において要請に応ずることができる。但し、営利目的の出版物に対する許諾については、著者に連絡する。
    5. 電子情報通信学会または情報処理学会が第三者に対して複製、翻訳、翻案、電子的形体での利用等の許諾を有償で行ったことにより収入のあった場合は、FIT活動に有効に利用するものとする。
  • 注意事項

    • ファイルサイズが3MBを超えるファイルは送信することができません。 原稿送信は、必ず講演申込みの手続きを済ませてから行って下さい。
    • PDFファイルにはセキュリティ設定をかけないで下さい。
    • 必ず拡張子(****.pdf)が付いたファイルを送信して下さい。
    • ファイル名やディレクトリ名は、できるだけ英数または日本語を使用し、半角カタカナ、スペース、ピリオド、スラッシュ、半角の記号(\,%,&,",#,$)などを含まないで下さい。
    • 講演原稿投稿締切期日までに原稿が投稿されていない場合は、講演申込みを取り下げたものと判断させていただきますのでご注意下さい。なお、原稿未着により講演取下げとなった場合でも、ご請求させていただく費用(登録情報にもとづく費用)はご納入いただくことになりますのであらかじめご注意下さい。