第212回SE研究発表会

第212回ソフトウェア工学研究発表会

この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み,本研究発表会は立命館大学びわこ・くさつキャンパスを主,オンラインを副会場として,ハイブリッドで開催いたします.※感染が急激に拡大した場合、現地開催を取りやめ、オンラインのみでの開催になる場合があることをご了承ください.

参加を希望される方は,以下「参加申込」をご参照の上,情報処理学会マイページから参加申込をお願いいたします(当日でも申込可能です).当日会場で参加される方も,現地での参加申込受付は行いませんので事前にマイページからお申込みをお願いいたします(参加費も会場での支払いは受け付けませんので、マイページからお支払いくださいますようお願いいたします).非会員の方もマイページを開設してお申し込みください.参加申込をしていただくと,ZoomのミーティングURL情報や研究報告のダウンロード方法を記載したメールをお送りします.参加費無料の研究会登録会員/ジュニア会員も,URLの取得と参加者数の把握のため,マイページより参加申込をしてくださいますようお願いいたします.

参考資料:全国大会時のZoom利用の手引き

参加申込のご案内

日   程 : 
2022年12月10日(土)

会   場
 : 
主:立命館大学 びわこ・くさつキャンパス クリエーションコア
  〒525-8577 滋賀県草津市野路東1丁目1-1
  http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/
副:オンライン
※感染が急激に拡大した場合、現地開催を取りやめ、オンラインのみでの開催になる場合があることをご了承ください.

【当日会場にて参加される方へのお願い】
(1)発熱や咳、全身痛などの症状がある場合、行事への参加前に医療機関にご連絡のうえ、受診いただきますようお願いいたします。
    また、体温が37.5度以上ある場合は、会場での参加はお断りします。
    厚生労働省新型コロナウイルス感染症電話相談窓口
    TEL:0120-565653(フリーダイヤル) 午前9時~午後9時まで 日本語対応
(2)風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや頻繁な手洗い、手指消毒など感染症対策に努めるようお願いいたします。
(3)会場ではマスクの着用をお願いいたします。また、受付に設置のアルコール消毒液を必ずご利用ください。
(4)ご自身の体調に不安がある場合は、オンラインでご参加くださいますようお願いいたします。
(5)運営スタッフなどがマスクを着用して対応します。あらかじめご了承くださるようお願いいたします。
 皆さまの健康と安全のためにご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

申込締切 : 2022年12月10日
※当日会場で参加される方も、現地での参加申込受付は行いませんので事前にマイページからお申込みをお願いいたします。
※当日まで申込可能ですが、現在非会員の方などはマイページ開設にお時間がかかる場合もございます。また、参加申込返信メールが迷惑メールと判定されてメール不達となることもありますので、お早目にお申込みくださいますようお願いいたします(メールが届かない場合は、参加費のご入金前に、再度申込画面で他のメールアドレスを入力してお申込みしてください(お申込み情報は上書きされます))。

参加費
参加費(研究報告/税込)
参加種別 金額
SE研究会登録会員/ジュニア会員   0円
情報処理学会名誉会員、正会員、賛助会員 2,000円
情報処理学会学生会員  500円
非会員(一般/学生) 3,000円

申込方法 :
以下アイコンのいずれかよりお申込みください。

※非会員の方もマイページ開設が必要です。開設には費用はかかりません。
 非会員の方で既にマイページを開設済みの方は、そちらのIDでお申込み可能です。
※SE研究会登録会員の費用で参加される場合で、SE研究会にまだ登録されていない方は
 マイページより研究会登録をしてから研究発表会参加のお申込みを行ってください。
 参考:研究会に登録する

membernyukainonmember
  
**お申込みの際の注意事項**

  • 参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。 参考) 情報処理学会プライバシーポリシー
  • 参加費のお支払いはマイページより12月17日(土)までにお願いいたします。当日現地で参加される方も、会場での支払いは受け付けませんので、マイページからお支払いくださいますようお願いいたします。請求書・見積書・納品書・領収書もマイページよりダウンロード可能です。 参考) マイページの利用方法:お支払い
  • 参加申込返信メールが迷惑メールと判定されてメール不達となることがございます。その場合は、参加費のご入金前に、再度申込画面で他のメールアドレスを入力してお申込みください(お申込み情報は上書きされます)。
  • 参加申込後は申込キャンセルは出来ませんのでご注意ください。また、ご入金後の返金もいたしかねますので、参加種別等をご確認の上お申し込みください。

研究報告について
参加申込をしていただいた方にお送りするメールに、研究報告をダウンロードするためのID・パスワード等を記載しております。
研究会登録会員の方は 電子図書館(情報学広場) からもダウンロード可能です。
研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に公開となります。

領収書について
領収書は入金後にマイページよりダウンロード出来ます。
領収書は1回しか発行できませんので、日付、宛名、但し書きをよく確認してから発行してください。
クレジットカード決済の場合は即時発行が可能ですが、それ以外は入金済になるまで2~14営業日程かかります。
参考)マイページの利用方法:お支払いマイページに関するよくある質問

参加申込に関する照会先
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門   E-mail:sig [at] ipsj.or.jp

プログラムや当日運営に関する照会先
情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
西浦 生成(岡山大学)  E-mail:  k-nishiura [at] okayama-u.ac.jp>
徳本 晋(富士通)     E-mail: tokumoto.susumu [at] fujitsu.com

※その他 研究会Webページ もご確認ください。

プログラム

12月10日(土)

■開会(9:00)
−−− 挨拶 ( 5分 ) −−−

■招待講演1(9:05 - 9:35) 座長:竹内 広宜(武蔵大学)
 限られた資源を用いた効率的なデバッグ手法に関する研究
 〇 嶋利 一真(奈良先端科学技術大学院大学)

■招待講演2(9:35 - 10:05) 座長:竹内 広宜(武蔵大学)
 深層学習を用いたソースコード分類に関する研究
 〇藤原 裕士(日本電気株式会社)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

■セッション1(10:20 - 12:00) 機械学習・深層学習 座長:小川 秀人(日立製作所)
(1)10:20 - 10:45
機械翻訳モデルを用いたプログラミング言語によるソースコード生成精度の違いの検討
〇田中駿,山本哲男(龍谷大学)

(2)10:45 - 11:10
Masked Language Modelを用いたAPI推薦手法
〇小林歩夢,山本哲男(龍谷大学)

(3)11:10 - 11:35
LSTMを用いたソースコード内のSQLインジェクション脆弱性検知手法
〇平田悠,山本哲男(龍谷大学)

(4)11:35 - 12:00
深層学習を用いたシャインマスカットの収穫判定支援
〇浦井知彦(個人事業)

−−− 昼休憩 ( 60分 ) −−−

■招待講演3(13:00 - 13:30) 座長:徳本 晋(富士通)
 カバリングアレイと組み合わせ結合を用いた効率的なソフトウェアテスティングプロセスについての研究
 〇鵜飼 大志 (楽天グループ株式会社)

■招待講演4(13:30 - 14:00) 座長:徳本 晋(富士通)
 Characterizing the Quality of Third-party libraries through Runnability and Risk Assessment in the Open Source Ecosystem
 〇Bodin Chinthanet(奈良先端科学技術大学院大学)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

■セッション2(14:15 - 15:30) 分析調査 座長:槇原 絵里奈(同志社大学)
(5)14:15 - 14:40
Scratch作品の再利用による学習効果の分析
〇橋谷直樹,伊原彰紀(和歌山大学)

(6)14:40 - 15:05
ソフトウェア工学研究会研究報告を対象とした産学連携状況の初期調査
〇小川秀人(株式会社日立製作所)

(7)15:05 - 15:30
コールグラフ差分を利用したライブラリアップデート影響解析
〇小泉雄太(日本電信電話株式会社)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

■セッション3(15:45 - 17:00) データ転送・データ通信 座長:山本 哲男(龍谷大学)
(8)15:45 - 16:10
データ転送アーキテクチャモデルに基づくRESTful WebサービスのPUSH/PULL転送方式変更リファクタリング
〇蔭山信二,新田直也(甲南大学)

(9)16:10 - 16:35
データ転送アーキテクチャモデルから生成されるJavaプロトタイプの設計多様化に関する検討
〇藤井宏太,新田直也(甲南大学)

(10)16:35 - 17:00
Topic通信処理記述の解析によるROSアプリケーションのデータフローの可視化
〇村田優斗,石尾隆,嶋利一真,松本健一(奈良先端科学技術大学院大学)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

■セッション4(17:15 - 18:30) デバッグ・不具合予測 座長:神田 哲也(大阪大学)
(11)17:15 - 17:40
分割して抽象化せよ!新しい原理に基づくトップダウンなデバッグ方式
〇久米出(奈良先端科学技術大学院大学),新田直也(甲南大学),中村 匡秀(神戸大学)

(12)17:40 - 18:05
Pycodestyleによる警告とバグ修正の関係に関する定量分析
〇高橋亮至,阿萬裕久,川原稔(愛媛大学)

(13)18:05 - 18:30
事前学習モデルを用いたソースコード片の不具合予測
〇河方健悟,山本哲男(龍谷大学)

発表募集のご案内(終了しました)


原稿締切厳守 !

  • 原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
  • 原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です(締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください)。
  • フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、早めに一度アップロードされることをお勧めします。



日   程 : 2022年12月10日(土)

会   場
 : 
主:立命館大学 びわこ・くさつキャンパス、副:オンライン
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/
※ハイブリッド形式での開催を予定しています.社会情勢によってはオンラインのみで開催されるよう変更されることがあります.

議    : ソフトウェア工学全般

発表申込締切 : 2022年10月20日(木)23時59分

論文提出締切 : 2022年11月17日(木)23時59分 締切厳守
※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ますのでお早目にご投稿いただきますようお願い致します.

論文ページ数 : 8ページ以内

発表申込方法 : 
以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SE/

照  会  先
  : 
情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
西浦 生成(岡山大学)  E-mail:  k-nishiura [at] okayama-u.ac.jp>
徳本 晋(富士通)     E-mail: tokumoto.susumu [at] fujitsu.com

個人情報について

発表申込・参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。同意いただいたうえでお申し込みください。なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。

参考) 情報処理学会プライバシーポリシー