第26回コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2014)

日    時  :  2014年11月19日(水)~20日(木)
                 (併催研究会: 2014年11月18日(火))
場    所  :  芝浦工業大学 豊洲キャンパス
                 〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5

主    催
   : 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)研究会
シンポジウムWebページ : http://www.ipsj.or.jp/sig/os/index.php?ComSys2014

※今年のシンポジウムは、同日程・同会場で開催される「WebDBフォーラム2014」と同時開催となっており、
   参加者はどちらの会議の発表も聴講できるようになっております(論文集をご希望の場合はご購入が必要です)。

参加申込

参加費(税込)
参加種別
11/11(火)までの申込
当日受付
OS研究会登録会員(論文集含む)
\15,000
\25,000
情報処理学会会員(論文集含む)
\18,000
非会員(論文集含む)
\20,000
発表学生(論文集含む) \8,000
聴講学生会員(論文集アクセス権なし) \   0
聴講学生非会員(論文集アクセス権なし) \1,000
論文集のみ \4,000

事前申込締切 : 2014年11月6日(木) → 11日(火)延長しました!

申込方法 : 事前申込は締め切りました。当日受付にてお手続きください。
                  以下の参加申込書にてお申込みください。
                  https://www.ipsj.or.jp/02moshikomi/event/event-ComSys2014.html

※参加されず「論文集のみ」ご購入の場合は申込方法が異なります。
   以下の内容を、11月11日(火)までに研究部門宛にE-mail(sig"at"ipsj.or.jp)にてお送り下さい。
   電子図書館(情報学広場)からダウンロードするためのチケット番号をメールにてお送りします。
   論文集の詳細は下記「論文集について」の項をご参照ください。
    [氏名 、勤務先、送付先住所(勤務先 / 自宅)、郵便番号、住所、Tel 、E-mail、
      請求書 :  通、 見積書 :  通、 納品書 :  通、請求書記載名義]

**お申込みの際の注意事項**

  • Webによる申込は、11月11日(火)までとします。その後は、当日現地でお申込下さい。
  • 参加費の当日現金払いも受け付けますが、なるべく振込でのお支払いにご協力ください。お振込みは原則12月末までにお願いいたします。
  • 参加申込後、やむを得ず参加を取り消される場合は、事前申込締切日までにご連絡ください。取り消しの連絡のない場合は、準備の都合上、参加費を徴収させていただきます。
  • 今年のシンポジウムは、同日程・同会場で開催される「WebDBフォーラム2014」と同時開催となっており、参加者はどちらの会議の発表も聴講できるようになっております。論文集をご希望の場合は別途ご購入ください。
参加費振込先 : こちらをご覧下さい。

領収証について
 :
        参加申込時に領収証を希望された方にはご入金を確認し次第郵送で送らせていただきます。
        クレジットカード決済された場合は、決済した日の翌月中旬頃の発送となります。
        当日現金払いの方には当日お渡しします。

論文集について :
        媒体での論文集の提供は行いません。論文集を含む参加種別で申込をしていただいた方には、
        論文集が公開されましたら(公開日:2014年11月12日)、電子図書館(情報学広場)から
        ダウンロードするためのチケット番号とダウンロード方法をメールにてお送りします。

問い合わせ先  :
       〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
       一般社団法人 情報処理学会 調査研究 研究部門
       E-mail:sig"at"ipsj.or.jp  TEL:(03)3518-8372

プログラム

※ ComSys2014の一般講演の1件の発表時間は30分(発表20分+質疑10分が目安)です。

── 11月18日(火) ──

DBS/OS/EMB合同研究会

 
── 第1日目 11月19日(水) ──

○受付(401・402室前フロア 9:30~)

○オープニング(A会場:大講義室 9:50~10:00)

●特別セッション1(WebDB + ComSys 合同パネル)(A会場:大講義室 10:00~11:30)
(1) ビッグデータ基盤技術の最前線
   司会:大阪大学 鬼塚 真
   パネリスト:慶應義塾大学 河野 健二
       東京農工大学 山田 浩史
       大阪大学 鬼塚 真
       産業技術総合研究所 油井 誠
       NTTデータ 下垣 徹
       リクルートテクノロジーズ  伊藤 敬彦

●招待講演(A会場:大講義室 12:40~14:00)
(2)Hivemall: Apache Hiveを用いたスケーラブルな機械学習ライブラリ
     油井誠
     独立行政法人産業技術総合研究所情報技術研究部門データサイエンス研究グループ

●ポスターインデキシング(D会場:401室 14:30~15:00)

● 特別セッション2(WebDB Forum 2014)(A会場:大講義室 16:20~17:50)
 ・ オープンデータの現在と展望     
     平本健二(内閣官房政府CIO補佐官/経済産業省CIO補佐官),
     村上明子(日本IBM),大向一輝(国立情報学研究所)

●ポスターレセプション・表彰式(食堂 18:00~)


── 第2日目 11月20日(木) ──

○受付(401・402室前フロア 9:30~)

●一般講演1:セキュリティ(D会場:401室 10:00~11:30)
(3) プライバシを保護するためのVPNを用いたソーシャルアプリケーション実行環境
      海沼直紀,新城靖,登大遊,肖焜瑶,佐藤聡,中井央(筑波大学)

(4) Detection of Visual Clickjacking Vulnerabilities in Incomplete Defenses
      Yusuke Takamatsu,Kenji Kono(Keio University)

(5) SELinuxポリシ処理系のユーザ空間実装
      滝澤峰利,橋本正樹(情報セキュリティ大学院大学),
      辻秀典(情報セキュリティ大学院大学/情報技研),田中英彦(情報セキュリティ大学院大学)

●一般講演2:ミドルウェア(D会場:401室 12:30~13:30)
(6) リアルタイム処理と省電力を支援するロボットミドルウェア
      住谷拓馬(芝浦工業大学),松原豊(名古屋大学),中野美由紀,菅谷みどり(芝浦工業大学)

(7) データセンタ間通信による性能低下を抑えた広域分散型キーバリューストア構築手法
      堀江光(慶應義塾大学),浅原理人(NEC グリーンプラットフォーム研究所),
      山田浩史(東京農工大学),河野健二(慶應義塾大学)

●一般講演3:仮想化・ストレージ(D会場:401室 13:50~15:20)
(8) RDMAを用いた仮想マシンイメージストレージに向けて
      高橋一志(電気通信大学/JST CREST), 佐々木慎(電気通信大学),
      大山恵弘(電気通信大学/JST CREST)

(9) ブロックストレージとの組み合わせによるメモリストレージ容量拡張手法
      追川修一(筑波大学)

(10)仮想化システムのソフトウェア若化のための軽量なVMマイグレーション
      大庭裕貴,光来健一(九州工業大学)

○クロージング(D会場:401室 15:20~ )


── 11月21日(金) ──

BitVisor Summit

 

調査研究担当への問い合わせフォーム