第130回SLP研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館(情報学広場)で公開します。
    ※2019年度より研究発表会当日用サイトのID・パスワードの事前配布は行わないことになりました。研究会に登録されている方で研究発表会に参加されない場合の論文のダウンロードには上記電子図書館をご利用くださいますようお願いいたします。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

開催案内

=====================================================================

          ◆ 第21回音声言語シンポジウム ◆

             音声研究会(SP)

           音声言語情報処理研究会(SLP)

             2研究会連立開催研究会

======================================================================

□開催日:2019年12月6日(金)

□会場:NHK放送技術研究所
〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11
(小田急線 成城学園前駅 からバスで10分)
アクセス: https://www.nhk.or.jp/strl/about/access.html

□主催:電子情報通信学会・日本音響学会 音声研究会(SP)
  情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)

□協賛:IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter

◆議題:
第21回音声言語シンポジウム
オーガナイズドセッション:「多様化・深化・融合する音声言語処理の現状と未来」

◆連続開催:自然言語処理シンポジウム(NLC/NL研, 12/4-5) (本シンポジウム前、同一会場にて)
  http://www.ieice.org/~nlc/wiki/wiki.cgi

○動画中継:
今回の研究会では,インターネットを利用した研究発表の動画配信を行う予定です.
  なお,企業からの発表など,動画配信をしない,閉じた発表の方がより密度
  の高い発表ができる場合もあるかと思います.その場合には,積極的に動画配信を
  せずに,会場で深い議論を展開し,聴講者と意見交換して頂ければと考えています.
  動画配信の可否は当日担当者にお申し出下さい.
  ライブ中継した画像は研究会終了後に編集してYouTubeで限定公開します.
 (ただし,研究会として不適切と判断したものについては削除することがあります.)

○参加費について
SPとSLPは連催です。申込先または主目的で参加する、どちらか1つの研究会の参加費をお支払いください.
同一会場で直前に開催される自然言語処理シンポジウム(NL/NLC)は、プログラム上は一体となって
いますが,順に開催される別の研究会です.両者に参加する場合は「SPかSLP」への参加費と
「NLかNLC」への参加費がそれぞれ必要です.

○SP技報完全電子化
2018年より,電子情報通信学会 音声研究会(SP) の技術研究報告は完全電子化されました.
参加費の詳細、および研究会年間登録制度については以下をご参照ください.
http://www.ieice.org/iss/jpn/notice/e_gihou.html

□プログラム:
12/6(金)09:30 — 09:35【オープニング】
12/6(金)09:35 — 10:25【セッション1 深化する音声言語処理】2件
12/6(金)10:35 — 11:35【招待講演】徳田恵一先生(名工大)
12/6(金)12:45 — 13:45【招待講演】松山洋一先生(早大)
12/6(金)14:00 — 15:30【ポスターセッション】11件
12/6(金)15:40 — 16:55【セッション2:多様な音声言語処理】3件
12/6(金)17:05 — 18:05【招待講演】亀岡弘和様(NTT/東京大学)
12/6(金)18:05 — 18:15【学生ポスター賞表彰・クロージング】

——— プログラム詳細 ———

【12/6(金)】

09:30 — 09:35【オープニング】

09:35 — 10:25【セッション1 深化する音声言語処理】2件
(1) [SP] マルチチャネル音声強調のための時間領域畳み込みデノイジングオートエンコーダ
○俵 直弘・小林哲則・小川哲司(早大)

(2) [SLP] CNNフロントエンドによるEnd-to-End連続DPマッチングの高速化
○田中智宏・篠崎隆宏 (東工大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

10:35 — 11:35【招待講演】
(3) [SP][招待講演]統計的音声合成の進展と展望
○徳田恵一(名工大)

--- 休憩 ( 70分 ) ---

12:45 — 13:45【招待講演】
(4) [SLP]社会的知能を有する会話AIメディアの実現に向かって
○松山洋一(早大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

14:00 — 15:30【ポスターセッション】11件
(5) [SLP] Development and Evaluation of Kaldi Extension Tools with Python
○Wang Yu, Nishizaki Hiromitsu, Kobayashi Akio, Utsuro Takehito (Univ. of Yamanashi)

(6) [SLP] 既知雑音環境下における雑音除去効果の音声認識による評価
○LEOW CHEE SIANG, Nishizaki Hiromitsu (Univ. of Yamanashi), Kobayashi Akio (Tsukuba Univ. of Technology), Utsuro Takehiro (Univ. of Tsukuba)

(7) [SLP] CNNベース識別モデルによるF0推定と歌唱および会話音声における評価
○川村智規・甲斐充彦 (静岡大)・中川聖一 (中部大)

(8) [SLP] Speech-linguistic Multimodal Representation for Depression Severity Assessment
○Rodrigues Makiuchi Mariana, Warnita Tifani, Uto Kuniaki, Shinoda Koichi (Tokyo Institute of Technology)

(9) [SLP] Native Listeners' Shadowing of Non-native Utterances as Spoken Annotation for Comprehensibility of the Utterances
○Lin Zhenchao, Inoue Yusuke, Ando Shintaro, Saito Daisuke, Minematsu Nobuaki (Univ. Tokyo)

(10) [SP] 言語対の音素事後確率を用いた第二言語学習者の発音習熟度判別
○森 凜太朗・李 晃伸(名工大)

(11) [SP] ラベリング作業を必要としないseq2seq音響特徴量推定手法の有効性
○栗原 清・清山信正・熊野 正(NHK)

(12) [SP] 公共空間におけるスピーチプライバシー保護を目的とした合成音声によるサウンドマスキングの検討
○次井貴浩・高木信二・橋本 佳・大浦圭一郎・南角吉彦・徳田恵一(名工大)

(13) [SP] クラウドソーシングを用いた感情音声データベースJTESへの主観ラベルの付与と分析
○山中麻衣・能勢 隆・千葉祐弥・伊藤彰則(東北大)

(14) [SP] Estimation of three-dimensional tongue shape from midsagittal tongue contour using regression models
○Tatsuya Kitamura(Konan Univ.)・Hisanori Makinae(NRIPS)・Masashi Ito(TIT)

(15) [SP] ℓ2ノルム正則化に基づく時変複素音声分析
○舟木慶一(琉球大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

15:40 — 16:55 【セッション2:多様な音声言語処理】3件
(16) [SLP] 民話を対象としたアイヌ語音声コーパスとEnd-to-End音声認識
○松浦孝平・上乃 聖・三村正人・坂井信輔・河原達也 (京大)

(17) [SP] 歌声合成におけるニューラルボコーダの比較検討
○和田蒼汰・法野行哉・高木信二・橋本 佳・大浦圭一郎・南角吉彦・徳田恵一(名工大)

(18) [SP] 発話感情認識における音素事後確率を利用した表現学習とデータ拡張の評価
○岡田慎太郎(名大)・安藤厚志(名大/NTT)・戸田智基(名大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

17:05 — 18:05【招待講演】
(19) [SLP] 画像変換/系列変換アプローチを用いた音声変換
○亀岡弘和(NTT/東京大学)

18:05 — 18:15【学生ポスター賞表彰・クロージング】

-------------------------------------------------------------------------

音声言語情報処理研究会(SLP)学生ポスター賞対象者の発表は(5)~(9)です。
音声研究会(SP)学生ポスター賞対象者の発表は(13),(15),(16)です。
※SPの若手研究者(35才以下)のご発表は、音声研究会研究奨励賞の選奨対象となります。
※SLPのご発表は、山下記念研究賞の選奨対象となります。

一般発表:発表20分+質疑応答5分
ポスター講演:発表 90 分
問い合わせ先
・李 晃伸 (SP)
   名古屋工業大学
   ri [at] nitech.ac.jp
・俵 直弘 (SLP)
   NTT
   naohiro.tawara [at] ieee.org

シンポジウム実行委員:
実行委員長:河井 恒 (NICT)
副委員長 :西村 雅史 (静岡大学)
幹事:李 晃伸 (名工大),俵 直弘 (NTT)
委員:塩田 さやか (首都大学東京),秋田 祐哉 (京都大学),太刀岡 勇気 (デンソーアイティーラボラトリ)
岡本 拓磨 (NICT),能勢 隆 (東北大),松田 繁樹 (コトバデザイン)

研究発表会発表募集

★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは 何度でもご自身でアップロード可能 です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

            ◆ 第21回音声言語シンポジウム ◆

         音声研究会(SP

      音声言語情報処理研究会(SLP

       2研究会連立開催研究会

         発表募集のご案内

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

下記の要領で第21回音声言語シンポジウムを125(), 6()に開催します.
1999年より開催されている本シンポジウムでは,毎年,音声言語に関する
招待講演等の企画と多くの一般発表が行われ,盛況なイベントとなっています.
本年も,音声言語処理に関する幅広い分野の研究発表を募集いたします.
皆様からの多数の投稿を心よりお待ち申しております.
今回,「多様化・深化・融合する音声言語処理の現状と未来」と題するオーガナイズ
ドセッションでは,このたび ISCA medal 2019 を受賞された名工大の徳田恵一先生,
および早稲田大学のGCS研究機構主任研究員で会話エージェント,ヒューマン-AIイン
タラクションの研究を精力的に進めておられる松山洋一先生の両先生をお招きした
招待講演を企画しております.
音声認識・音声合成・音声対話・感情音声・音声インタラクション・音声分析・対話
言語処理・応用システムなど,音声言語処理に関する幅広い分野の発表を募集します.
口頭発表セッションのほか,ポスターセッションでは学生の発表に対してSPより「音
声研究会学生ポスター賞」ならびにSLPより「SLP学生ポスター賞」の選奨がそれぞれ
あります.研究のスタートアップ段階の発表も歓迎します.音声言語処理,自然言語
処理の多くの専門家にアイデアを聞いてもらえるまたとない機会ですので,学生の皆
様も奮ってご応募ください.(ポスター発表の予稿は2ページ以上です)
発表申込締切は1011()です.皆様からの多数の投稿をお待ちしております.
なお、今年度は同一会場にてNLC/NLによる自然言語処理シンポジウム(12/4-5)が
直前に連続開催されます.また,SLUDによる対話シンポジウムもその前の日(12/2-3)に
都内で開催予定です.対話-自然言語処理-音声言語処理と続く special week となって
おり,より多くの関連分野の研究者との交流・参加を期待しております.本CFPの末尾に
各シンポジウムの情報のリンクがありますので、合わせてのご参加をぜひご検討ください。 

○開催日:2019125(), 6()
○テーマ:一般
○オーガナイズドセッション:
 「多様化・深化・融合する音声言語処理の現状と未来」
〇会場:NHK放送技術研究所
    〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11
    (小田急線 成城学園前駅 からバスで10)
    アクセス: https://www.nhk.or.jp/strl/about/access.html
○主催:電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)
     情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)
○協賛:IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter
○発表申込締切: 20191018() 

本研究会は,電子情報通信学会SPと情報処理学会SLPの連催(連立開催)
です.著作権は発表を申し込んだ学会に帰属します.どちらの学会に申し
込んでも,予稿は情報処理学会の電子図書館および電子情報通信学会技術
研究報告の両方に掲載されます.
-------------------------------------------------------------------------------
◆ 発表申込について
SPもしくはSLPのどちらかの研究会へ発表申込を行います.それぞれの
研究会の発表申込方法は以下をご覧ください.
-------------------------------------------------------------------------------
SPへの申し込みの方はこちら
発表申込みは,電子情報通信学会 研究会発表申込システム
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=SP
より、開催回の「発表申込受付中」リンクからご記入・送信ください. 

研究会への投稿に関するご案内・方法・FAQ
https://www.ieice.org/jpn/kenkyuukai/toukou.html
にございますので合わせてご覧ください. 

発表の予稿は6ページ以内,日本語・英語いずれによる記述も可です. 

ポスターセッションでの発表を希望される方は,発表申し込み時に「講演
の分類」の欄で「ポスター講演」を選択してください.
(オーラル・ポスターの希望についてはご希望に添えないことがあります
のであらかじめご了承ください.) 

音声研究会では若手研究者(35才以下)の優秀発表に対して,音声研究会
研究奨励賞を設けさせていただいております.2019年度末時点で35
以下の発表者(第一著者)の方は,音声研究会研究奨励賞の選奨対象と
なります.選奨対象である場合は,上記申込システムによる入力時,
研究会アンケートの研究奨励賞の欄にチェックを入れて下さい. 

学生の方がポスターセッションへ申し込まれるときは,申込システムへの入力時,
研究会アンケートの「音声研究会学生ポスター賞」の欄にチェックを入れてください. 

ポスターセッションで発表された学生の中から,音声研究会学生ポスター
賞選奨規定に従い,優れた発表を行った方を表彰いたします.
なお,
対象となる発表は,第一著者が
  * 今年度末時点において26歳以下
  * 発表時に修士課程以下に在学中  であるものに限ります.

SP技報完全電子化】
20184月より,電子情報通信学会の音声研究会を含む情報システムソサ
イエティ(ISS)に属するすべての第一種研究会は,技術研究報告(以下、技報)
完全電子化研究会となりました.完全電子化に伴い,ISSの技報の冊子体の
作成は2017年度末で終了し,2018年度以降は冊子体の技報は発行されません. 

また,技報完全電子化によって,個人を対象とした参加費および研究会
年間登録制度が導入されております。詳細については以下をご参照ください.
http://www.ieice.org/iss/jpn/notice/e_gihou.html
------------------------------------------------------------------------------
SLPへの申し込みの方はこちら
発表申込みは,情報処理学会ホームページのSLP研究会申込ページ
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLP/
からお申込みください.
○原稿締切: 2019115()2359まで ※厳守 

発表申込および原稿作成については以下のホーム
ページもご覧ください. 
○研究発表会で発表する
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/happyo.html
○研究報告原稿作成について
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
SLP研究会Webページ
http://sig-slp.jp/

ポスターセッションでは,英語による発表を歓迎します.発表の予稿は
2-6ページで,日本語・英語いずれによる記述も可とします. 

ポスターセッションでの発表を希望される方は,発表申し込み時に
【研究会への連絡事項】の欄へ「ポスター発表希望」と記入してください.
(オーラル・ポスターの希望についてはご希望に添えないことがあります
のであらかじめご了承ください.) 

また学生の方は、自動的に下記学生賞の対象となりますが、発表時点の学年
により対象となる賞が異なりますので、【研究会への連絡事項】の欄へ
発表時点の学年(学部、修士、博士後期課程)を記入してください。

[SLP学生ポスター賞]
ポスターセッションで発表された学生の中から,優れた発表を行った方を
表彰いたします.選考対象となる場合は【研究会への連絡事項】の欄へ
「学生ポスター発表賞対象発表」と記入してください. 

選考対象となるのは,以下の発表です.
当該年度末において修士2年以下であり,音声言語情報処理研究会に第1著者
としてポスター講演としての発表を申し込み,当日発表を行い,発表時に情
報処理学会学生会員で,かつ音声言語情報処理研究会の登録会員である者. 

詳細URL: http://www.ipsj.or.jp/award/slp-award1.html

[SLP研究会企業賞]
本研究会のダイヤモンドレベル企業スポンサー名をお借りして、1月~12
までに行われた研究会で業績の優れた発表、あるいは将来性のある発表を
行った学生に企業賞を授与します. 

選考対象となるのは,以下の発表です.
SLP研究会に第1著者として発表を申し込み,発表時において博士学生,修士
学生,もしくは学部生であり、当日実際に発表を行った者.

詳細URL: http://www.ipsj.or.jp/award/slp-award2.html

選考対象となる場合は【研究会への連絡事項】の欄へ
SLP研究会企業賞対象発表」と記入してください.
※さらにSLPへ申し込まれた場合は,自動的に山下記念研究賞の選奨対象となります.
-------------------------------------------------------------------------
●参加費について
SPSLPは連催ですので,申込先または主目的で参加する1つの研究会の
参加費をお支払いください.NLNLCは連催ですので,申込先または主目的で
参加する1つの研究会の参加費をお支払いください.(SP/SLP)(NL/NLC)
プログラム上は一体となっていますが,順に開催される別の研究会です. 

両者に参加する場合「SPSLP」への参加費と「NLNLC」への参加費が
それぞれ必要です.
※電子情報通信学会の申し込みサイトには,「掲載料」との記述がある場合
がありますが,掲載料はかかりません.ただし,今年度から当日参加される
発表者にも参加費をお支払い頂きます.
なお,何らかの事情でWeb からのお申込みができない場合は,
問い合わせ先まで E-mail でご連絡下さい.
-------------------------------------------------------------------------
●関連シンポジウムについて
今年度は下記の関連シンポジウムが同一週に都内で集中開催の予定となっております。
より多くの関連分野の皆様からの、奮ってのご参加を期待しております.
NLC/NL 自然言語処理シンポジウム(12/4-5)@NHK技研(同一会場)
  NLC: http://www.ieice.org/~nlc/nlsympo19.html
  NL: https://nl-ipsj.or.jp/2019/09/15/nl243-cfp/
SLUD 対話システムシンポジウム(12/2-3)@早稲田大学 西早稲田キャンパス
  https://jsai-slud.github.io/sig-slud/87th-sig.html
-------------------------------------------------------------------------
問い合わせ先
・李 晃伸 (SP)
  名古屋工業大学
  ri [at] nitech.ac.jp
・俵 直弘 (SLP)
  NTT
 naohiro.tawara [at] ieee.org

シンポジウム実行委員:
実行委員長:河井 恒 (NICT)
副委員長 :西村 雅史 (静岡大学)
幹事:李 晃伸 (名工大),俵 直弘 (NTT)
委員:塩田 さやか (首都大学東京),秋田 祐哉 (京都大学),太刀岡 勇気 (デンソーアイティーラボラトリ)
   岡本 拓磨 (NICT),能勢 隆 (東北大),松田 繁樹 (コトバデザイン)

調査研究担当への問い合わせフォーム