デジタルプラクティス論文マニフェスト

プラクティス論文(digital practice paper) とは
① 自らの経験に基づく(based on own experience )
② 新規性よりも有用性を重視した(focus on usefulness rather than novelty )
③ 再利用可能な(reusable )
④ 論理性を持つ(logical )
知見(knowledge )を表現した論文である。

論文誌デジタルプラクティスは、2020年10月に生まれ変わります。
2010年2月に創刊した論文誌デジタルプラクティスは、10年間に渡り、情報処理技術の様々なプラクティスを皆様にお届けしてきました。
この度、論文誌デジタルプラクティスを改め、新設する論文誌トランザクション デジタルプラクティスと、会誌デジタルプラクティスコーナー、既存のDPレポートを通じて、質の高い論文、速報性の高い論文をより分かりやすく皆様にお届けして参ります。

2020年7月刊行分まで 2020年10月刊行分以降
論文誌デジタルプラクティス 特集号投稿論文、一般投稿論文、推薦論文[採録審査あり] 論文誌トランザクション デジタルプラクティス[採録審査あり]
特集号招待論文(共同編集あり) 会誌デジタルプラクティスコーナー(共同編集なし)。概要を会誌紙媒体に掲載し、論文本体は電子版として公開
JISA招待論文
その他招待論文
DPレポート[採録審査なし] DPレポート[採録審査なし]


このページの先頭へ