第104回プログラミング研究発表会

プログラミング研究会(PRO)は,
  • プログラミング言語の設計,処理系の実装
  • プログラミングの理論,基本概念
  • プログラミング環境,支援システム
  • プログラミング方法論,パラダイム
  • これらを応用したシステムの開発事例
  • その他,プログラミングに関する面白い話題
を対象とした研究発表の場で,1998年度から毎年3~4回のペースで論文誌を発行しています.PRO論文誌は研究会と密接にリンクしており,研究会で発表されたもののうちあらかじめ論文投稿を希望し,論文原稿を提出されているものが査読の対象となっています (論文誌投稿を希望しない発表も歓迎します).おおむね研究会から3週間で論文の採否が決定されるという迅速さも大きな特徴です. 2015年6月の研究会も多くの発表ならびに論文投稿をお待ちしております. 参加費は無料です. 申込締切は4月6日(月),投稿締切は5月8日(金)です. よろしくご検討ください. なお,多数の発表申込みがある場合には, 発表をお断りすることがございますので, お早めにお申し込みください. 発表申込時で必要なのはタイトルと概要などとなっております.

なお,「情報処理学会論文誌:プログラミング (PRO) 」に掲載される英文論文の出版形態に変更があります.英文論文をご投稿される場合,または,採録後の英語化をご検討の方は,以下のアナウンスをご確認ください.
http://www.ipsj.or.jp/sig/pro/pro-english-paper.html

プログラム

日 程 : 2015年6月4日(木)~5日(金)
場 所
 : 富山県教育文化会館 501会議室(〒930-0096 富山県富山市舟橋北町7-1)
案内ページ : http://www.trs.cm.is.nagoya-u.ac.jp/event/ipsj-pro2015-1/

※ 1件あたり45分(発表25分,質疑・討論20分)

6月4日(木) ※ 会場は13時から入室可能です.

セッション1(13:30~15:00)
2015-1-(1):13:30-14:15
  「拡張線形ボトムアップ木変換器の関数性の多項式時間判定」
  ○石原 鷹(名大),橋本 健二(名大),関 浩之(名大),酒井 正彦(名大)

2015-1-(2):14:15-15:00
  「D-Bus向けシェル言語の設計と実装」
  ○関口 渚(横浜国立大),倉光 君郎(横浜国立大)

セッション2(15:15~16:45)

2015-1-(3):15:15-16:00
  「Fast, Flexible, and Declarative Construction of Abstract Syntax Trees with PEGs」
  ○倉光 君郎(横浜国立大)

2015-1-(4):16:00-16:45
  「GPGPUのための並行分離論理のCoqによる健全性証明」
  ○朝倉 泉(東工大),増原 英彦(東工大),青谷 知幸(東工大)

懇親会(18:30~20:30)
 ※詳細は懇親会情報のページをご覧ください.


6月5日(金) ※ 会場は9時から入室可能です.

セッション3(9:30~11:45)

2015-1-(5):9:30-10:15
  「単体テストを用いたチュートリアルの自動生成手法」
  ○三上 裕明(東大),五十嵐 健夫(東大),坂本 大介(東大)

2015-1-(6):10:15-11:00
  「関数型言語による高水準なWebアプリケーション開発環境」
  ○逢坂 美冬(東北大),菊地 大介(東北大/日立ソリューションズ東日本),
  上野 雄大(東北大),大堀 淳(東北大),佐々木 加奈子(東北大)

2015-1-(7):11:00-11:45
  「関数型言語からキーバリューストアへの型安全なアクセス機構」
  ○上野 雄大(東北大),大堀 淳(東北大)

※ 会場は12:00に施錠されます.
 

発表募集(募集は終了しました)

日 程 : 2015年6月4日(木)~5日(金)
場 所
 : 富山県教育文化会館 501会議室(〒930-0096 富山県富山市舟橋北町7-1)

発表申込締切 : 2015年4月6日(月)
投稿論文原稿提出締切 : 2015年5月8日(金)

申込先 : 西田 直樹(名古屋大学)  E-mail: nishida [at] is.nagoya-u.ac.jp

案内ページ : http://www.trs.cm.is.nagoya-u.ac.jp/event/ipsj-pro2015-1/

  • 申込みに当たっての注意はプログラミング研究会のページ
    http://www.ipsj.or.jp/sig/pro/ を参照してください.
  • 著者のための手引き
  • 申込みの際には整理のために,Subject欄に以下をご指定ください.
    「PRO2015-1_発表申込み」(カッコ不要)
  • できるだけE-mailでお願いします.
  • 申込み後3日以内に返信がない場合はご連絡下さい.

調査研究担当への問い合わせフォーム