第99回音楽情報科学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
「音学シンポジウム2013」
(第99回情報処理学会音楽情報科学研究会)
の参加募集(会場:お茶の水女子大学)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2013年度、情報処理学会 音楽情報科学研究会(SIGMUS)は発足20周年を迎え、
年間を通じた様々な企画を予定しています。
その第一弾として5月11日(土)〜5月12日(日)の2日間、
「音学シンポジウム2013」と題し、音楽に限らず音・聴覚・言語に関係する
様々な分野でご活躍の12名の超一級研究者による招待講演セッションと、
54件ものポスターセッションを、「シングルトラック」形式で見逃すこと
なく皆様にご堪能頂けるシンポジウムを開催します。
聴講参加費も特別に無料にしましたので、是非ご参加下さい。

==================================
【開催概要】

■日時・会場
日時:2013年5月11日(土)9:00 - 2013年5月12日(日)17:30
会場:お茶の水女子大学 理学部3号館
   招待講演セッション会場 7階701号室
   ポスターセッション会場 2階会議室
住所:〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
交通:http://www.ocha.ac.jp/access/index.html


■研究会参加費
情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS)は発足20周年であり、広く一般の方にも
ご来場いただき音楽情報処理の最新の研究に触れていただきたいという願いから、
今年度の研究発表会は
	■■■ 聴講のみであればどなたでも無料 ■■■
でご参加いただけます。

予稿集が必要な場合は、通常通りの下記の参加費を頂くことになります。
  研究会登録者・準登録者:無料
  一般: 情報処理学会正会員:2,000円
  一般: 情報処理学会非会員:3,000円
  学生: 情報処理学会学生会員:500円
  学生: 情報処理学会学生非会員:1,000円
  (http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html)
 注) 論文は紙でなくPDFでの配付ですので、パソコン等をご持参下さい。


■懇親会
懇親会はポスターセッション後に同じ会場で立食形式で行います。
食事をしながら「音学」の議論を深めるチャンスなので、ぜひご参加ください!

日時:2013年5月11日(土)17:30 - 20:30
会場:お茶の水女子大学 理学部3号館 2階会議室
参加費:一般4000円、学生2000円
    当日研究会会場受付で集金します。
申込期日・申し込み方法は後日お知らせします。

■ポジションペーパー名札
音楽情報科学研究会では従来から参加者の交流促進や議論活性化に活用できる
ポジションペーパー名札を導入しています。
	http://www.sigmus.jp/?page_id=1223
聴講のみのご参加の方も上記ページの説明をよくお読みになって、参加当日までに
同様の名札を作成して会場へご持参されることをお勧めします。


■ライブ動画中継
招待講演に対してインターネットを利用した研究発表の動画中継を行います。


■託児スペース
今回の音学シンポジウムは、子連れでもご参加頂けるよう、発表会場と同じ建物に
託児スペースを設けます。また、研究会でベビーシッター手配を行うことが
可能です。さらに、研究会からベビーシッター利用料の補助を出すことについても
検討中です。利用をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

託児スペース照会先:平井重行(京都産業大学)
	E-mail: contact[at]sigmus.jp

==================================
【研究発表会プログラム】

5月11日(土)

● 8:30 受付開始

● 開会の辞:9:00-9:10

●「音声の認識と合成」セッション:9:10-10:40
(1) 【招待講演】音声認識は(どのようにして)できたのか?
河原 達也 (京都大学)

(2) 【招待講演】統計的機械学習問題としての音声合成
徳田 恵一 (名古屋工業大学)

●「聴覚の末梢と中枢」セッション:10:50-12:20
(3) 【招待講演】聴覚における寸法知覚と最適末梢系
入野 俊夫 (和歌山大学)

(4) 【招待講演】音を聴く脳と身体のメカニズム
柏野 牧夫 (NTT)

●昼休み:12:20-13:30

●ポスターセッション:13:30-15:30

(5) 【一般発表】家族空間における言語活動に基づいた発達および景観設計
長山 知由理 (お茶の水女子大学)

(6) 【一般発表】conteXinger:日常のコンテクストを歌い上げるVOCALOID
西村 綾乃, 椎尾 一郎 (お茶の水女子大学)

(7) 【一般発表】発話観測システムNDI Waveのセンサの改良
北村 達也 (甲南大学), 能田 由紀子 (ATR-Promotions), 波多野 博顕 (甲南大学), 
吐師 道子 (県立広島大学), 西谷 実 (アドバンストシステムズ(株))

(8) 【一般発表】スペクトル包絡と基本周波数の同時推定のための無限カーネル線形予測分析法
吉井 和佳, 後藤 真孝 (産業技術総合研究所)

(9) 【一般発表】ベイジアンネットワークを用いた四声体和声付け:音の前後関係を考慮したモデルの検討
鈴木 峻平, 北原 鉄朗 (日本大学)

(10) 【一般発表】芸術的逸脱の生成モデルにおける決定木のバックオフに基づく鍵盤楽器演奏の自動表情付け
奥村 健太, 酒向 慎司, 北村 正 (名古屋工業大学)

(11) 【一般発表】楽器演奏経験による音の時間情報処理精度向上と聴性脳幹反応への影響
饗庭 絵里子 (産業技術総合研究所/日本学術振興会特別研究員PD/関西学院大学), 
津崎 実 (京都市立芸術大学), 長田 典子 (関西学院大学), 中川 誠司 (産業技術総合研究所)

(12) 【一般発表】物理モデルを用いたギターにおけるグリッサンド音の生成法
古市 朝美, 白木 善尚 (東邦大学)

(13) 【一般発表】擬似正弦波成分を用いた残響・雑音にロバストなオーディオフィンガープリンティング
澁谷 崇, 安部 素嗣, 西口 正之 (ソニー株式会社)

(14) 【一般発表】Importance of Regularization in Superresolution-Based Multichannel 
Signal Separation with Nonnegative Matrix Factorization
北村 大地, 猿渡 洋, 鹿野 清宏 (奈良先端科学技術大学院大学), 近藤 多伸, 高橋 祐 (ヤマハ株式会社)

(15) 【一般発表】日本語HMM音声合成のコンテキストラベルにおける文節の利用
橋本 浩弥, 広瀬 啓吉, 峯松 信明 (東京大学)

(16) 【一般発表】カッティング・レコード - 予め吹き込むべき音響のない(もしくはある)レコード盤の提案
城 一裕 (情報科学芸術大学院大学)

(17) 【一般発表】音列に注目したゲーム音楽の楽曲構造分析
菅野 幸夫 (岡山理科大学)

(18) 【一般発表】モバイル携帯端末を用いた環境音収集とその認識手法の検討
津田 貴彦, 中西 恭介, 松山 みのり, 西村 竜一 (和歌山大学), 山田 順之介 (NTT), 
河原 英紀, 入野 俊夫 (和歌山大学)

(19) 【一般発表】人間の脳幹における音脈分凝の神経相関
山岸 慎平, 芦原 孝典 (東京工業大学), 大塚 翔 (東京大学), 古川 茂人, 柏野 牧夫 (NTT)

(20) 【一般発表】音声基本周波数の藤崎モデル指令列の統計的語彙モデル
石原 達馬 (東京大学), 吉里 幸太 (東京大学), 亀岡 弘和 (東京大学/NTT), 
齋藤 大輔 (東京大学), 嵯峨山 茂樹 (東京大学)

(21) 【一般発表】非定常雑音・時変残響環境下におけるパワースペクトル領域セミブラインド音声強調
池澤 浩気, 北条 伸克, エスピ ミケル (東京大学), 亀岡 弘和 (東京大学/NTT), 嵯峨山 茂樹 (東京大学)

(22) 【一般発表】複合ウェーブレットモデルとHMMの統合モデルによるテキスト音声合成
北条 伸克, 吉里 幸太 (東京大学), 亀岡 弘和 (東京大学/NTT), 齋藤 大輔, 嵯峨山 茂樹 (東京大学)

(23) 【一般発表】スペクトログラムの長距離滑らかさを考慮した調波打楽器音分離
橘 秀幸 (東京大学), 亀岡 弘和 (東京大学/NTT), 小野 順貴 (NII), 嵯峨山 茂樹 (東京大学)

(24) 【一般発表】音脈の知覚変化に対する頭部運動の影響
戸嶋 巌樹 (NTT), 近藤 洋史 (NTT), Pressnitzer Daniel (CNRS/Université Paris Descartes), 柏野 牧夫 (NTT/東京工業大学)

(25) 【研究紹介】音脈のリセットに対する音源移動と頭部運動の影響
近藤 洋史 (NTT), Pressnitzer Daniel (CNRS/ENS), 戸嶋 巌樹, 柏野 牧夫 (NTT)

(26) 【研究紹介】楽器音分析合成に基づく音量・音色・旋律の置換
糸山 克寿, 奥乃 博 (京都大学)

(27) 【研究紹介】音楽と映像が同期した音楽動画の自動生成システム
平井 辰典, 大矢 隼士, 森島 繁生 (早稲田大学/JST)

(28) 【研究紹介】混合音中で複数回出現する未知の音の検出に選択的注意は必要か?
益冨 恵子 (東京工業大学/NTT), Barascud Nicolas, Overath Tobias (UCL Ear Institute),
柏野 牧夫 (東京工業大学/NTT), McDermott Josh H. (Massachusetts Institute of Technology), Chait Maria (UCL Ear Institute)

(29) 【ディスカッション】高齢者と成人に対する音声特徴の比較
三田 康博, 尾関 智子 (東海大学)

(30) 【ディスカッション】光学文字認識による音楽演奏インタラクションに関する考察
卯田 駿介, 馬場 哲晃, 串山 久美子 (首都大学東京)

(31) 【ディスカッション】書き起こし文と音声認識を組み合わせた講義字幕の効率的作成
上田 展久 (無所属)

●「マイクアレイとスピーカアレイ」セッション:15:30-17:00
(32) 【招待講演】非同期録音機器を用いたマイクロフォンアレイ信号処理
小野 順貴 (NII)

(33) 【招待講演】三次元音場再現方式の概要
安藤 彰男 (NHK技研)

●懇親会:17:30-20:00


5月12日(日)

●「計算機による音楽の理解と生成」セッション:9:00-10:30
(34) 【招待講演】音楽の生成と理解
片寄 晴弘 (関西学院大学)

(35) 【招待講演】未来を切り拓く音楽情報処理
後藤 真孝 (産業技術総合研究所)

●「音声の信号分解と情報分解」セッション:10:40-12:10
(36) 【招待講演】音声生成過程と信号観測過程のモデルに基づくマルチチャンネル音声強調
中谷 智広 (NTT)

(37) 【招待講演】音声における情報分解(仮題)
峯松 信明 (東京大学)

●昼休み:12:10-13:30

●ポスターセッション:13:30-15:30

(38) 【一般発表】歌唱合成音声のハスキーボイス化
佐々木 星太朗, 白木 善尚 (東邦大学)

(39) 【一般発表】調和度に基づく和音性評価モデル -音楽ムードの色彩に基づく画像検索システムへの応用-
飛谷 謙介 (関西学院大学), 饗庭 絵里子 (関西学院大学/産業技術総合研究所/日本学術振興会特別研究員PD),
下斗米 貴之 (玉川大学脳科学研究所), 谷 光彬 (関西学院大学), 長田 典子 (関西学院大学), 藤澤 隆史 (長崎大学)

(40) 【一般発表】SUACスタジオレポート2013
長嶋 洋一 (静岡文化芸術大学)

(41) 【一般発表】トランペット演奏時における音高や強度の変化が口唇周囲の筋肉に及ぼす影響
松方 翔吾 (日本大学), 寺澤 洋子 (筑波大学/JST), 松原 正樹 (筑波大学), 北原 鉄朗 (日本大学)

(42) 【一般発表】ヴァイオリン弓の製作者のモデルの違いによる操作性の研究
横山 真男 (明星大学)

(43) 【一般発表】誤り・任意の弾き直し・弾き飛ばしを含む演奏音響信号への高速な楽譜追跡
中村 友彦, 中村 栄太, 嵯峨山 茂樹 (東京大学)

(44) 【一般発表】ピアノ演奏スキルの解明-ピアノ未経験者における学習方法と学習効率に関する実験的検証
三宅 祐美, 中村 あゆみ, 合田 竜志 (関西学院大学), 古屋 晋一 (ハノーファー音楽演劇大学),
巳波 弘佳, 長田 典子 (関西学院大学)

(45) 【一般発表】事例に基づいたモノラル音楽のステレオ化
平原 大輔, 堀田 政二 (東京農工大学)

(46) 【一般発表】大脳皮質聴覚野ピッチ細胞は視覚野複雑細胞と計算論的に相同か?
寺島 裕貴 (東京大学), 岡田 真人 (東京大学/理化学研究所)

(47) 【一般発表】知覚年齢に沿った歌声声質制御のための音響特徴量の調査
小林 和弘, 戸田 智基 (奈良先端科学技術大学院大学), 中野 倫靖, 後藤 真孝 (産業技術総合研究所),
ニュービッグ グラム, サクリアニ サクテイ, 中村 哲, 土井 啓成 (奈良先端科学技術大学院大学)

(48) 【一般発表】聴覚音源定位に刺激時間パターンが与える影響に関する考察
澤井 賢一 (東京大学/JST), 佐藤 好幸 (電気通信大学), 合原 一幸 (東京大学)

(49) 【一般発表】周波数特性が異なる楽曲のクロマベクトル解析と和音認識
植村 あい子, 石倉 和将, 甲藤 二郎 (早稲田大学)

(50) 【一般発表】声から身体情報を求める
小林 真優子, 西村 竜一, 入野 俊夫, 河原 英紀 (和歌山大学)

(51) 【一般発表】音と映像が同期するSMF再生アプリケーション
脇田 朋幸, 菅野 幸夫 (岡山理科大学)

(52) 【一般発表】ピアノ演奏CGアニメーションの自動生成
~肌質感リアルタイムレンダリングと演奏モーションのヒューマナイズ~
村松 昇, 飛谷 謙介, 平田 純也, 巳波 弘佳 (関西学院大学), 
古屋 晋一 (ハノーファー音楽演劇大学), 長田 典子 (関西学院大学)

(53) 【一般発表】指揮システム: “VirtualPhilharmony” 楽器ごとの個別タイムラインによる スケジューラ管理
馬場 隆 (関西学院大学), 橋田 光代 (相愛大学), 片寄 晴弘 (関西学院大学)

(54) 【一般発表】音楽聴取による連続的な情動変化についての一検討(仮題)
吹野 美和 (パナソニック株式会社)

(55) 【一般発表】日本語歌詞からの多重唱の自動作曲
桐淵 大貴, 深山 覚, 齋藤 大輔, 嵯峨山 茂樹 (東京大学)

(56) 【一般発表】Sinsy~隠れマルコフモデルに基づく歌声合成の現状と今後~
大浦 圭一郎, 南角 吉彦, 徳田 恵一 (名古屋工業大学)

(57) 【研究紹介】ピッチ知覚と音源定位に関わるメカニズムの独立性
古川 茂人 (NTT), 鷲澤 史歩, 越智 篤, 柏野 牧夫 (NTT/東京工業大学)

(58) 【研究紹介】定量的ピアノ演奏分析のための音楽演奏表情データベース
橋田 光代 (相愛大学), 松井 淑恵 (奈良県立医科大学), 
北原 鉄朗 (日本大学), 片寄 晴弘 (関西学院大学)

(59) 【研究紹介】周波数変調弁別と聴覚末梢処理特性との関係: 耳音響放射を用いた検討
大塚 翔 (東京大学), 山岸 慎平 (東京工業大学), 広田 光一 (東京大学),
古川 茂人 (NTT), 柏野 牧夫 (NTT/東京工業大学)

(60) 【研究紹介】A design process of musical interface "PocoPoco": An interactive artwork case study
KIKUKAWA YUYA, YOSHIIKE TOSHIKI, SUZUKI TATSUHIKO (Tokyo Metropolitan University),
KANAI TAKAHARU (Sharp Corporation), BABA TETSUAKI KUSHIYAMA KUMIKO (Tokyo Metropolitan University)

(61) 【研究紹介】音のテンポと呼吸数の組み合わせが自律神経系に与える影響
渡辺 謙 (東京工業大学), 大石 悠貴 (NTT), 柏野 牧夫 (NTT/東京工業大学)

(62) 【研究紹介・ディスカッション】音楽表現の生成モデリングの検討 
~熟練度に依存しない演奏表現の解析技術を目指して~
小泉 悠馬, 伊藤 克亘 (法政大学)

(63) 【ディスカッション】ダイナミックサイン音のデザインへ向けて 
~サイン音セレクターからサイン音コントローラーへ~
和氣 早苗 (同志社女子大学)

(64) 【ディスカッション】音声分析合成方式WORLDを基盤とした協調的創造活動の取り組み
森勢 将雅 (山梨大学), 修羅場P, Custom.Maid, 飴屋P, Zteer

●「自然言語処理分野の動向」:15:30-16:20
(65) 【招待講演】音楽・音声処理と統計的自然言語処理
持橋 大地 (統計数理研究所)

●「音学研究の事業展開」:16:30-17:20
(66) 【招待講演】聴覚コンピューティングと産業応用
柏野 邦夫 (NTT)

●ポスター賞授賞式、閉会の辞:17:20-17:30

==================================
研究会の最新情報につきましては,研究会Webページをご覧下さい.
  音楽情報科学研究会 http://www.sigmus.jp/
■2013年5月シンポジウム担当
・企画/招待講演セッション担当	亀岡弘和(東大・NTT)
・ポスターセッション担当	糸山克寿(京大)
・会場担当 			伊藤貴之(お茶大)
・懇親会担当 			大石康智(NTT)
・広報担当 			帆足啓一郎(KDDI研究所),後藤真孝(産総研)
・補佐担当 			平賀瑠美(筑波技術大),平田圭二(未来大)

主査:平賀瑠美(筑波技術大)
幹事:北原鉄朗(日本大)/後藤真孝(産総研)/馬場哲晃(首都大学東京)/
   三輪眞弘(情報科学芸術大学院大)/吉井和佳(産総研)

==================================

発表募集

□■ 「音学シンポジウム2013」(第99回情報処理学会音楽情報科学研究会)の開催案内 ■□

2013年度,情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS)は発足20周年を迎え,年間を
通じた様々な企画を予定しています.その第一弾として5月11日(土)~5月12日(日)
の2日間,「音学シンポジウム2013」と題し,音楽に限らず音・聴覚・言語に関係す
る様々な分野でご活躍の12名の超一級研究者による招待講演セッションと,一般発
表募集によるポスターセッションを,「シングルトラック」形式で見逃すことなく
皆様にご参加頂けるシンポジウムを開催します.予稿集は有料ですが,聴講は無料です.

■開催にあたって

本企画のポイントは,「音・聴覚・言語に関係する(音楽に限らない)あらゆる研究
分野がターゲット」である点と「シングルトラックで進行するシンポジウム形式」に
あります.国内には日本音響学会春季/秋季研究発表会や情報処理学会全国大会など
音に関係する研究者が一堂に会する場がありますが,これらの全国大会では分野ごと
のセッションがいつも別々の会場でパラレルに行われるため,分野間の交流を積極的
に促進する仕組みにはなっていません.今回の企画は,音に関係する様々な分野の研
究発表をあえてシングルトラックで進行することにより,分野間での議論や交流をよ
り活性化させようという動機のもと発案したものです.将来的には本企画のような
シンポジウムが音・聴覚研究界でも毎年行われるようになれば,いっそう広い知識や
ノウハウをもった研究者が国内で続々と生まれてくることが期待され,今回がその記
念すべき第1回シンポジウムとして歴史に残る回となることを我々は願っております.
以上のような趣旨のため,今回のシンポジウムは,SIGMUS関係のイベントとは言え,
音楽という枠には一切捉われず,音声情報処理,聴覚,音響信号処理,自然言語処理,
機械学習などの分野で顕著な功績を挙げられている方々を招待講演者としてお招きし,
ご講演頂くことを予定しています.

また,一般発表申込によるポスター発表を下記の要領で募集します.企画趣旨のと
おり,ポスター発表に関しても音・聴覚・言語に関係するあらゆるテーマを対象と
します.ポスター発表の内容は,

  1) 一般発表ポスター(通常の,未発表の研究成果)

だけでなく

  2) 研究紹介ポスター(学会既発表の成果)

や
  3) ディスカッションポスター(議論を目的とした発展途上の成果)

も,今回の企画の趣旨から歓迎します.原稿ページ数は6ページ以内が規定ですが,
1~2ページ程度でも構いません.2)の場合,原稿の著作権を本学会に譲渡していた
だく必要があることから,出版済みの論文をそのまま提出するのではなく,改めて
短くまとめ直すなどした原稿を提出する必要があるのでご注意ください.3)の場合,
今後の方針を聴衆と議論したい研究という位置づけで,他のポスターと区別できる
よう「若葉マーク」をパネルに付ける予定です.申し込みの備考欄には,2)の場合
「既発表」,3)の場合「若葉マーク希望」と明記ください.なお,優れたポスター
発表にはポスター賞を授与する予定です.奮ってご応募ください.


■招待講演者(予定)

本シンポジウムでは,以下の豪華な12名(五十音順,敬称略)による招待講演を
予定しております.
・安藤彰男(NHK技研)
・入野俊夫(和歌山大)
・小野順貴(NII)
・柏野邦夫(NTT)
・柏野牧夫(NTT)
・片寄晴弘(関学大)
・河原達也(京大)
・後藤真孝(産総研)
・徳田恵一(名工大)
・中谷智広(NTT)
・峯松信明(東大)
・持橋大地(統数研)


■日時・会場

日時:2013年5月11日(土),12日(日)

会場:お茶の水女子大学 理学部3号館
   招待講演セッション会場 7階701号室
   ポスターセッション会場 2階会議室
住所:〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
交通:http://www.ocha.ac.jp/access/index.html


■ポスター発表申込要領

発表申込締切:2013年3月18日(月)
原稿締切:2013年4月16日(火)
発表申込フォーム:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MUS/

【注意】
申し込みの際、備考欄には,
 2)研究紹介ポスターの場合「既発表」,
 3)ディスカッションポスターの場合「若葉マーク希望」と明記ください.

フォームからのお申し込みができない方がいらっしゃいましたら,
下記のメールアドレスまでお問い合わせください.
照会先:糸山 克寿(京都大学)
E-mail:contact[at]sigmus.jp

原稿のフォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
尚、発表申込みをされた方で4/3までに「講演申込受理のお知らせ」のメールが
届かない場合は,情報処理学会事務局(sig[AT]ipsj.or.jp)までご連絡ください.

研究会の最新情報につきましては,研究会Webページをご覧下さい.
  音楽情報科学研究会 http://www.sigmus.jp/


■2013年5月シンポジウム担当
・企画/招待講演セッション担当	亀岡弘和(東大・NTT)
・ポスターセッション担当	糸山克寿(京大)
・会場担当 		伊藤貴之(お茶大)
・懇親会担当 		大石康智(NTT)
・広報担当 		帆足啓一郎(KDDI研究所)
・補佐担当 		平賀瑠美(筑波技術大),平田圭二(未来大)

調査研究担当への問い合わせフォーム