第108回MPS・第46回BIO合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

【プログラムに若干の変更があります。関係者はどうぞご確認ください。(2016/6/3)】

7月4日(月)
・A会場(B250室) MPS 一般セッション [13:30 - 16:10]
(1)[MPS] 13:30 - 13:55 (25分)
進化的条件判断ネットワークの画像分類過程の可視化
○小林 雅幸, 菅沼 雅徳, 崎津 実穂, 長尾 智晴 (横浜国立大学)
 
(2)[MPS] 13:55 - 14:20 (25分)
ユニットの冗長化による耐故障性を考慮した進化型ニューラルネットワーク
○工藤 理人, 菅沼 雅徳, 長尾 智晴 (横浜国立大学)
 
(3)[MPS] 14:20 - 14:45 (25分)
モジュール切替による未知環境に適応可能な探索エージェントの行動制御
○畠 崇人, 菅沼 雅徳, 長尾 智晴 (横浜国立大学)
 
(4)[MPS] 14:45 - 15:10 (25分)
遺伝的プログラミングを用いた階層的な特徴構築による画像分類
○菅沼 雅徳, 土屋 大樹, 白川 真一, 長尾 智晴 (横浜国立大学)
 
(休憩10分)
 
(5)[MPS] 15:20 - 15:45 (25分)
ネットワーク型n人版囚人のジレンマゲームでの協調率に関するRandom Graphの優位性
○當眞 ジェイソン 翔 (東京大学), 佐藤 尚 (沖縄工業高等専門学校)
 
(6)[MPS] 15:45 - 16:10 (25分)
Levy Flightを用いたESによる施設レイアウト問題の解法
○趙 冬青, アラン二ヤ クラウス, 狩野 均 (筑波大学)
 
・B会場(C210室) MPS 一般セッション [13:30 - 15:10]
(7)[MPS] 13:30 - 13:55 (25分)
文字列の集合上の確率分布における中央文字列および中心文字列に対する整数計画問題
林田 守広 (京都大学), ○小谷野 仁 (理化学研究所)
 
(8)[MPS] 13:55 - 14:10 (15分)
記号の順序によるウェブアプリケーション攻撃の特徴抽出
○松田 健 (長崎県立大学)
 
(9)[MPS] 14:10 - 14:25 (15分)
レシピの材料表における語の出現頻度とその特徴
○但馬 康宏, 菊井 玄一郎 (岡山県立大学)
 
(10)[MPS] 14:25 - 14:40 (15分)
クラウドブローカーシステムにおけるWeb三層システムの最適化数理モデルの検討
○齋藤 篤志 (北海道大学), 三浦 克宜 (北見工業大学), 棟朝 雅晴 (北海道大学)
 
(11)[MPS] 14:40 - 14:55 (15分)
Grammar-based Compression for Unrooted Trees and Subclass of Plane Graphs Using Integer Linear Programming
Morihiro Hayashida (Kyoto University), Yue Cao (Kyoto University ), ○Yang Zhao (AIST)
 
(12)[MPS] 11:55 - 15:10 (15分)
Improving Accuracy for Predicting Heterodimeric Protein Complexes Using Combination Kernels
○Peiying Ruan (AIST), Morihiro Hayashida (Kyoto University), Tatsuya Akutsu (Kyoto University), Jean-Philippe Vert (Curie Institute)
 
 
 
7月5日(火)
・A会場(B250室) MPS 一般セッション [09:55 - 11:35]
(13)[MPS] 09:55 - 10:20 (25分)
世界日本学モデルベースシステムによる安寧空間構築の研究
○沢 恒雄 (遊工学研究所)
 
(14)[MPS] 10:20 - 10:45 (25分)
個人別セールスプロモーション効果の推定
○奥野 拓也 (明治大学/NTTアイティ株式会社), 中村 和幸 (明治大学)
 
(15)[MPS] 10:45 - 11:10 (25分)
ギブスサンプラーに基づくアミノ酸配列モチーフの高精度抽出法
○高橋 誉文, 北上 始, 福本 翔平, 森 康真, 田村 慶一 (広島市立大学)
 
(16)[MPS] 11:10 - 11:35 (25分)
ショウジョウバエの初期視覚系モデルの比較研究
○池田 英彬 (東京工業大学), 鈴木 力憲 (University of Maryland), 森本 高子 (東京薬科大学), 青西 亨 (東京工業大学)
 
・B会場(C210室) BIO 一般セッション [09:30 - 11:35]
(17)[BIO] 09:30 - 09:55 (25分)
SHAKE法に着目した分子動力学ソフトウェアmyPresto/OmegageneのCPU・GPU混在環境における高速化
○後藤公太(東工大)・笠原浩太(立命館大)・大上雅史(東工大)・中村春木(大阪大)・秋山 泰(東工大)
 
(18)[BIO] 09:55 - 10:20 (25分)
フラグメント分割に基づく超高速化合物プレスクリーニング手法 ESPRESSO
○柳澤渓甫・小峰駿汰・鈴木翔吾・大上雅史・石田貴士・秋山 泰(東工大)
 
(19)[BIO] 10:20 - 10:45 (25分)
ランク学習を用いたNTDs薬剤標的タンパク質候補選択の改良
○曽我光瑛・石田貴士(東工大)
 
(20)[BIO] 10:45 - 11:10 (25分)
3次元畳み込みニューラルネットワークを用いたタンパク質リガンド結合ポケットの予測
○各務直人・石田貴士(東工大)
 
(21)[BIO] 11:10 - 11:35 (25分)
疾患リスクの評価へ向けた加法準同型性暗号によるプライバシー保護HMMの実装と評価
○三品気吹・浜田道昭(早大)
 
(昼食休憩85分)
 
・A会場(B250室) 合同企画セッション [13:00 - 17:15]
(22)[IBISML] 13:00 - 13:25 (25分)
非線形埋込み型特徴量選択のための単結合ニューラルネットワークの提案
○須藤明人(東大)・樋口知之・中野慎也・斎藤正也(統計数理研)・矢部貴大・関本義秀(東大)
 
(23)[MPS] 13:25 - 13:50 (25分)
クラスタリングによる海洋データの構造視覚化
○林 勝悟 (大阪大学), 細田 滋毅 (海洋研究開発機構), 小野 智司 (鹿児島大学), 沼尾 正行 (大阪大学), 福井 健一 (大阪大学)
 
(24)[MPS] 13:50 - 14:15 (25分)
錯視を利用したARマーカーによる低負荷なカメラ位置推定手法の検討
○堀江 大輔, 勝間 亮 (大阪府立大学)
 
(休憩15分)
 
(25)[BIO] 14:30 - 14:55 (25分)
機械学習を用いた非モデル生物におけるミトコンドリア及び関連オルガネラタンパク質の予測手法
○久米慶太郎・天笠俊之・橋本哲男・北川博之(筑波大)
 
(26)[BIO] 14:55 - 15:20 (25分)
活性値情報のグループ化とランク学習による化合物スクリーニング
○鈴木翔吾・大上雅史・秋山 泰(東工大)
 
(27)[BIO] 15:20 - 15:45 (25分)
主成分分析を用いた教師なし学習による変数選択法を用いたがんにおけるmRNA-miRNA相互作用のより信頼性のある同定
○田口善弘(中央大)
 
(休憩15分)
 
(28)[NC] 16:00 - 16:25 (25分)
ヒト機能的MRIを用いた強迫性に関わる全脳機能的結合の同定
○高木 優(奈良先端大/ATR)・酒井雄希(京都府立医科大/ATR)・田中沙織(ATR)
 
(29)[NC] 16:25 - 16:50 (25分)
神経細胞におけるスパイクトリガー平均を併用した位相応答曲線のスパース同時推定
○新垣 万・五十嵐康彦(東大)・大森敏明(神戸大)・岡田真人(東大/理研)
 
(30)[NC] 16:50 - 17:15 (25分)
受容野相関モデルを利用した大脳皮質局所回路の大域的クラスタ性の解明
○渡邉航平・寺前順之介・若宮直紀(阪大)
 
(休憩15分)
 
・A会場(B250室) 招待講演 [17:30 - 18:30]
(31)[招待講演] 眼球運動適応制御の神経機構 ~ 動物実験・小脳BMI・神経回路モデリング統合アプローチとロボット制御、居眠り運転防止、運動学習促進技術への応用 ~
○平田 豊(中部大)
 
 
7月6日(水)
・A会場(B250室) BIO 一般セッション [10:00 - 11:45]
(32)[BIO] 10:00 - 10:25 (25分)
最適グラフ発見に基づく蛋白質表面からの結合部位抽出におけるグラフの抽象化
○八鳥真弥・三井拓真・大川剛直(神戸大)
 
(33)[BIO] 10:25 - 10:50 (25分)
細胞生存率曲線に基づくサブクラスの推定による酵素反応パターンからの化合物毒性予測
○遠山耕平・矢島大嗣・今石浩正・大川剛直(神戸大)
 
(34)[BIO] 10:50 - 11:15 (25分)
蛋白質分子表面マッチングと項目集合からの排他的選択を考慮したバイクラスタリングを用いた重要特徴点抽出
○西村宏人・阪上絢人・大川剛直(神戸大)
 
(35)[BIO] 11:15 - 11:30 (15分)
Experimental Analysis of the Behavior of Short Time Series Clustering(ショートトーク)
○QUEMADA-LOPEZ, Marta・OHSAKI, Miho・KATAGIRI, Shigeru (Doshisha U.)
 
(36)[BIO] 11:30 - 11:45 (15分)
ファーマコフォアフィンガープリントを利用した薬剤活性予測の改良(ショート・トーク)
○松山祐輔・石田貴士(東工大)
 
・B会場(C210室) IBISML 一般セッション [10:00 - 11:40]
 
(37)[IBISML] 10:00 - 10:25 (25分)
教師あり学習に基づく2変量時系列の因果推論
○近原鷹一・藤野昭典(NTT)
 
(38)[IBISML] 10:25 - 10:50 (25分)
不均衡な2値分類のための半教師あり学習法
○藤野昭典・上田修功(NTT)
 
(39)[IBISML] 10:50 - 11:15 (25分)
スパースモデルのための特徴と標本の同時セーフスクリーニング
○柴垣篤志・烏山昌幸(名工大)・畑埜晃平(九大)・竹内一郎(名工大)
 
(40)[IBISML] 11:15 - 11:40 (25分)
多ドメインマッチング相関分析のL1正則化法
○小嶋啓右(阪大)・廣瀬 慧(九大)・下平英寿(阪大)
 
(昼食休憩80分)
 
・A会場(B250室) NC 一般セッション [13:00 - 15:45]
(41)[NC] 13:00 - 13:25 (25分)
予測的な眼球運動の学習における小脳の役割
○三木俊太郎(中部大)・ロバート ベイカー(ニューヨーク大)・平田 豊(中部大)
 
(42)[NC] 13:25 - 13:50 (25分)
Oculofeedbackシステムの開発とマイクロサッカードフィードバック実験
○惠本序珠亜・平田 豊(中部大)
 
(43)[NC] 13:50 - 14:15 (25分)
配色の視認性予測のための色覚モデルの構築と評価
吉岡拓耶・○篠沢佳久(慶大)
 
(休憩15分)
 
(44)[NC] 14:30 - 14:55 (25分)
神経回路の同期的活動に対するモジュール構造の影響に関する計算論的研究
○守谷 哲・山本英明・秋間学尚・平野愛弓・庭野道夫(東北大)・久保田 繁(山形大)・佐藤茂雄(東北大)
 
(45)[NC] 14:55 - 15:20 (25分)
L0ノルム最適化手法に基づく高次元データの判別分析
○伊藤紀基・佐藤 匡(電通大)・樺島祥介(東工大)・宮脇陽一(電通大)
 
(46)[NC] 15:20 - 15:45 (25分)
局所的な競合度と順行伝播する教師信号で学習するディープニューラルネットワーク
○篠崎隆志(NICT)
 
・B会場(C210室) IBISML 一般セッション [13:00 - 14:15]
 
(47)[IBISML] 13:00 - 13:25 (25分)
可変ビン幅ヒストグラム密度推定法を組み込んだ確率的トピックモデルの提案
○金 秀明・岩田具治・澤田 宏(NTT)
 
(48)[IBISML] 13:25 - 13:50 (25分)
k集合に対する敵対的バンディット問題
○永浦良平・畑埜晃平・瀧本英二(九大)
 
(49)[IBISML] 13:50 - 14:15 (25分)
DTW距離の平滑化による時系列データの因子分析
○網井 圭(京大)
 

発表募集

****************************************************************
             
                               情報処理学会

     「第 46 回バイオ情報学(BIO)研究会」

     「第 108 回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会」

                                     合同研究会
      

  電子情報通信学会 ニューロコンピューティング(NC)研究会

 情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会  との連催

             講演募集 および 連動論文投稿のご案内

****************************************************************

 日時:平成2874()6()

 会場:沖縄科学技術大学院大学メインキャンパス
     (住所 〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1)
 
    URL:
http://www.oist.jp/access-map

発表申込締切: 平成285月19日(木) ※延長しました。

予稿集原稿締切:平成2862() (厳守)
連動論文投稿締切日とは異なりますので十分にご注意ください。

発表申込方法: 以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください。

BIO研究会はこちらからお申込ください。
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/BIO/

MPS研究会はこちらからお申込ください。
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MPS/

なお、「研究会への連絡事項」欄には

(1) 発表タイプ(下記より選択)
・ショートトーク(予稿2ページ[推奨],発表 10 分,質疑応答 5 分)

・ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表 20 分,質疑応答 5 分)

・ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表 20 分,質疑応答 5 分)及び

TBIO へ投稿(※ TBIO投稿申し込みフォームも併せてご記入ください)

・ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表 20 分,質疑応答 5 分)及び

TOM へ投稿(※ TOM投稿申し込みフォームも併せてご記入ください)

(2) 発表者の身分,研究会登録の有無について(該当するものを選択)
1. 社会人

2. 学生,SIGBIO登録会員

3. 学生,この発表申し込み後にSIGBIO会員登録予定

4. 学生,SIGBIO登録予定なし(SIGBIO学生奨励賞の対象外となります)

5. 学生,SIGMPS登録会員

6. 学生,この発表申し込み後にSIGMPS会員登録予定

7. 学生,SIGMPS登録予定なし

をご記入下さい。

注1)バイオ情報学研究会では、研究会と連動してトランザクション TBIO への
     投稿を受け付けます。連動投稿では通常のTBIO同様、英語の原稿のみを受け付け、

     採否の判定を研究会の開催日にお伝えを致します。

     TBIO への投稿原稿の〆切は 6 5 () 17:00 です!
     TBIO へ投稿する場合は,講演はロングトークのみとなります.

     詳細は、下記-----以下をご覧ください。

注2)MPS 研究会では,研究会と連動してトランザクション TOM への投稿を受け付けています.

     TOM への投稿原稿の〆切は 6 5 () 17:00 (厳守)です!
     TOMへ投稿する場合は,講演はロングトークのみとなります.

なお、SIGBIO研究会およびSIGMPS研究会登録は情報処理学会のホームページより行うことができます。
また、情報処理学会会員でなくとも準登録会員として登録することができます。

学会のホームページhttp://www.ipsj.or.jp/より「入会する」を選んで詳細をご覧ください。

また、「バイオ情報学論文誌」(TBIO)でも、研究会登録会員を著者に含む優秀論文に対し、

SIGBIO論文賞」を授与しておりますので、奮って研究会登録をお願いいたします。

ご発表申込後、別途後日に情報処理学会より執筆要領、提出締切などのお知らせが届きます。
詳細は執筆要領をご確認ください。

※原稿作成についてはこちら

https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

---------------------------------------------------------------------------

発表申し込み時に、「研究会への連絡事項」の欄に、
「ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表 20 分,質疑応答 5 分)及び TBIOへ投稿」

を選択される皆様へ(TBIOは英文論文誌です)

 ● TBIO 投稿申し込みフォーム
の内容を記載して下さい。記載がない場合は、TBIO へ投稿しないものと

判断されてしまいますのでご注意下さい。

http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/bio/submission_j.txt
をご覧ください。

また、TBIO への投稿原稿は、以下の
● TBIO の原稿の投稿方法 に従って投稿して下さい。

  TBIO の論文原稿と予稿集の原稿の 2 つの原稿の提出が必要です!

  ★ 予稿の提出が締切に遅れた場合は発表も投稿もキャンセルとなります!

  ★ 論文誌原稿の提出が締切に遅れた場合は研究会と非連動の扱いとなり、

  ★ 判定を研究会でお伝えすることは保証できません!

● TBIO の原稿の投稿方法
 6 5日(日) 17:00 の締切までにPDFのページ数無制限の投稿論文を

         To: tbio-editors at @googlegroups.com
         Cc: 担当編集委員

に電子メールで送信してください。担当編集委員から連絡がなく、
担当編集委員が不明の場合は、担当編集委員に CC しなくて構いません。

・問合先: 吉本 潤一郎(奈良先端科学技術大学院大学)
juniti-y[AT]is.naist.jp

[AT]@に直してください。

---------------------------------------------------------------------------

発表申し込み時に,「研究会への連絡事項」の欄に,
「ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表 20 分,質疑応答 5 分)及び TOMへ投稿」

を選択される皆様へ

 「研究会への連絡事項」の欄に,以下の『TOM 投稿申し込みフォーム』の内容を記載して下さい.
記載がない場合は,TOM へ投稿しないものと判断されてしまいますのでご注意下さい.

また,TOM への投稿原稿は,以下の『TOM の原稿の投稿方法』に従って投稿して下さい. 

 注意:
TOM の論文原稿と予稿集の原稿の 2 つの原稿の提出が必要です.

・予稿の提出が締切に遅れた場合は発表も投稿もキャンセルとなります.

・論文誌原稿の提出が締切に遅れた場合は研究会と非連動の扱いとなり,判定を研究会でお伝えすることは保証できません.

TOM へ投稿する場合,発表は,ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表 20分,質疑応答 5 )のみとなります.

●TOM 投稿申込みフォーム:次の事項をすべて含めて作成ください.
 + キーワード(直接関係するもの3個以内と間接的に関係するもの5個以内)

 + 論文中で参照する予定の参考文献(新規性や有効性に直接関係するもの3件以内と間接的に関係するもの数件)

 + 論文の内容に関して,以下の中から当てはまるもの(複数でも可)を選び,
それぞれの説明を300文字程度の日本語もしくは100語程度の英語で行なう.

  (日本語300文字/英語100語を越えても可)

   - 1.『新しい数理モデルの提案』の場合: どのような新規性を提案するか説明する.
   - 2.『既存数理モデルの改良』の場合: 改良点にどのような新規性があるかを説明する.
   - 3.『特定の応用分野に限定した新しい数理モデルの提案』の場合:
   提案するモデルが当該応用分野に対して有効である根拠と特定の応用分野に限定する理由を説明する.

   - 4.『既存数理モデルの新しい応用分野への適用』の場合:
   既存モデルが当該応用分野に対し有効である根拠とこれまでになぜモデルの適用がなされていなかった
   かの説明をする.

   - 5.『既存数理モデルの概知応用分野に対するより効果的な適用』の場合:提案手法の既存手法に対する
   有効性を説明する.

   - 6.『その他の本論文誌対象分野』の場合:
   投稿予定の論文の概要とそれがなぜ上記15に該当しないか,新規性もしくは有効性をどのように
   主張するかを説明する.
  (この説明文は適切な査読者選定のために必須のものです.新規性/有効性に関する説明を簡潔明瞭に
 記述して下さい.なお,上記6項目は本論文誌の採録基準でもあります.)

  + 似た内容あるいはタイトルで,当学会あるいは他学会に論文投稿がある場合は,
  発表内容と本投稿内容の差異を300文字程度の日本語もしくは100語程度の英語で簡単に
  記述してください.
  また,既発表論文のコピーを提出して頂ければ,査読者選定に役立ちますので,可能ならば提出を
  お願い致します.
 (国際学会や研究会での発表は,学会規定により既発表とはみなされませんが,似たタイトルのものがある
場合,査読者の助けとするため,上記に準じて記述/提出いただいても結構です.)

  + 投稿論文の査読者を推薦できる方3名を以下に記載して下さい.
   ただし,著者と同じ組織に属する人、利害関係のある人は控えて下さい.

         氏名        所属
  1.

  2.

  3.

 ● TOM の原稿の投稿方法
65 17:00」の締切までに,PDFの投稿論文(ページ数無制限)を下記宛

に電子メールで送信してください. 担当編集委員から連絡がなく,担当編集委員が不明の場合は,
担当編集委員に CC しなくて構いません.

  To: trans-mps-editors (at) ipsj.or.jp
  Cc: 担当編集委員

--------------------------------------------------------------------

108MPS研究会およびTOM連動投稿に関するお問合せは

林田守広 (e-mail: morihiro (at) kuicr.kyoto-u.ac.jp)

までお願いいたします.

----------------------------------------------------------------------

【発表について】
発表時に特別な機材を必要とされる方は,事前に申込先までご連絡下さい.
通常は,パソコン接続用のプロジェクタを用意しております.
発表用のパソコンは,持ち込みが原則となっています.

以下の URL も参考にして下さい.
 MPS 研究会に関する最新情報は

   http://www.ipsj.or.jp/sig/mps/

トランザクション TOM に関する最新情報は
   http://www.ipsj.or.jp/sig/mps/TOM/   をご覧下さい.

 ---------------------------------------------------------------------

【ペーパレスについて】

標記の研究発表会はペーパレスで行います.

BIO研究会またはMPS 研究会にご登録されている方>
研究発表会の【一週間前】に「情報学広場」の電子図書館(https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/)で
当研究発表会の資料を公開します.当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか,
ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください.

BIO研究会またはMPS 研究会にご登録のない方>
当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします.
当日はネットワークにアクセスできるPCをご持参ください.

尚,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めて
すべて「情報学広場」でご購読いただけます.是非この機会に登録をご検討ください.

電子図書館「情報学広場」の利用方法などは下記をご参照下さい.
http://www.ipsj.or.jp/e-library/digital_library.html

**********************************************************************
   CFP のこれ以下の説明は,TOM に投稿される方への注意事項です

**********************************************************************

 1)本論文誌に投稿して不採録となった論文を修正して再投稿する場合,
  論文誌のみの投稿(注)となります. 下記の「TOM 申し込み方法 2」

  に従ってお申し込み下さい.TOM 原稿の投稿方法は上記 CFP と同じです.

  この時,判定のタイミングと口頭発表の有無に対して,次の2種類の投稿方法があります.

+ 研究会当日に判定/口頭発表ありの場合申し込み時に,
  『投稿のタイプ:論文誌再投稿』,『研究会当日の判定希望:有』を選択し,
前回の論文 ID を記載して下さい.申し込み締切日と TOM 原稿の締切日は,
それぞれ,該当研究会の発表申し込み締切日,TOM 原稿の締切日と同一です.

  ただし,研究会発表用予稿は必要ありません.また,口頭発表は,査読結果によって
研究会当日に求められることがありますので,その準備をして研究会に
参加して下さい.

+ 判定は不定期/口頭発表なしの場合
  申し込み時に,『投稿のタイプ:論文誌再投稿』,『研究会当日の判定希望:無』

を選択し,前回の論文 ID を記載して下さい.研究会とは無関係に投稿できます.

  ただし,研究会と連動した論文誌投稿とは異なり,投稿論文の判定日が決まって

いないため,査読期間が長引く可能性があります.口頭発表は必要ありません.

2)過去に本研究会で研究発表を行なった予稿原稿をもとに論文誌投稿を行なう
  場合,論文誌のみの投稿(注)となります.下記の「TOM 申し込み方法 2」

  に従ってお申し込み下さい.TOM 原稿の投稿方法は上記 CFP と同じです.

  この時,判定のタイミングと口頭発表の有無に対して,次の2種類の投稿方法があります.

+ 研究会当日に判定/口頭発表ありの場合
  申し込み時に,『投稿のタイプ:既発表投稿』,『研究会当日の判定希望:有』を
選択し,第何回MPS研究会に発表したかを記載して下さい.申し込み締切日と

  TOM 原稿の締切日は,それぞれ,該当研究会の発表申し込み締切日,TOM 原稿の

締切日と同一です.ただし,研究会発表用予稿は必要ありません.また,口頭発表は,
査読結果によって研究会当日に求められることがありますので,その準備をして研究会に参加して下さい.

+ 判定は不定期/口頭発表なしの場合
  申し込み時に,『投稿のタイプ:既発表投稿』,『研究会当日の判定希望:無』を
  選択し,第何回MPS研究会に発表したかを記載して下さい.

  研究会と連動せずに無関係にTOM原稿を投稿できます.ただし,研究会と連動した

論文誌投稿とは異なり,投稿論文の判定日が決まっていないため,査読期間が長引く
可能性があります.口頭発表は必要ありません.

3)TOM への原稿投稿後のタイトル・著者変更は担当編集委員にお問い合わせ下さい.
  原則として認めませんが,担当編集委員の判断により個別対処致します.

  担当編集委員がわからない場合は編集委員長までお問い合わせください.
 

4)投稿した原稿を論文投稿締切後に差替える場合は,投稿された論文の判定を
当該研究会でお伝えすることは保証できません.

(注)1) および 2) に該当する論文誌投稿の場合,MPS研究会での正式な講演はありませんし,
研究会での予稿原稿も必要ありません.つまり,この場合の論文誌投稿は情報処理学会事務局とは
無関係であり,学会誌の会告のページのプログラムも掲載されず,研究会技術研究報告には
印刷されないわけです.

『研究会当日に判定/口頭発表あり』の場合,通常の研究会発表と連動した論文誌投稿から,
研究会発表部分を削除した形になりますが,投稿論文の締切は通常の研究会発表と連動した論文誌投稿の
締切と同じ日になります.

また,研究会当日に判定を行なう関係上,正規の研究会講演とは別枠で投稿論文に関する発表を
求められる場合がありますので,研究会には参加が必須となります.

『判定は不定期/口頭発表なし』の場合,研究会当日の判定はありませんので,口頭発表は必要ありません.
この場合,査読手順は通常の基幹論文誌投稿の場合に準じて行なわれます.
このため,判定日を明確にお約束できません.

TOM 申し込み方法2」
   メールのタイトルを「TOM 論文投稿希望」とし,以下の情報を記載して,
    To: trans-mps-editors (at) ipsj.or.jp

   にお申し込み下さい.

  +投稿のタイプ(いずれかを選択して下さい)
   論文誌再投稿 or 既発表投稿

  + 研究会当日の判定希望(いずれかを選択して下さい)
    or

  + 過去の発表に関する情報
    過去の論文 ID(論文誌再投稿の場合): MPS??-??-?

    過去に発表した研究会(既発表投稿の場合): ?? MPS 研究会

  + タイトル
  +  著者全員の氏名(論文での掲載順)

  +  講演者氏名(研究会当日の判定希望有の場合のみ)

  + 講演者所属(研究会当日の判定希望有の場合のみ)

  + 本発表に関する連絡先(資料,講演プログラム等の送付先)

    氏名:
    所属:

   住所:
   電話番号:

    メールアドレス:

  + 75文字程度の日本語での概要もしくは30語程度の英語での概要
    (研究会のホームぺージ掲載用に,研究会講演のみの場合と同様の長さの概要が必要です.)
  + キーワード(直接関係するもの3個以内と間接的に関係するもの5個以内)
  + 論文中で参照する予定の参考文献(新規性や有効性に直接関係するもの3件以内と間接的に関係するもの数件)
  + 論文の内容に関して,以下の中から当てはまるもの(複数でも可)を選び,
  それぞれの説明を300文字程度の日本語もしくは100語程度の英語で行なう.
  (日本語300文字/英語100語を越えても可)

    - 1.『新しい数理モデルの提案』の場合: どのような新規性を提案するか説明する.
    - 2.『既存数理モデルの改良』の場合: 改良点にどのような新規性があるかを説明する.
    - 3.『特定の応用分野に限定した新しい数理モデルの提案』の場合:
     提案するモデルが当該応用分野に対して有効である根拠と特定の応用分野に限定する理由を
     説明する.
    - 4.『既存数理モデルの新しい応用分野への適用』の場合: 
     既存モデルが当該応用分野に対し有効である根拠とこれま
でになぜモデルの適用が
     なされていなかったかの説明をする.

    - 5.『既存数理モデルの概知応用分野に対するより効果的な適用』の場合: 
      提案手法の既存手法に対する有効性を説明する.
    - 6.『その他の本論文誌対象分野』の場合:
    投稿予定の論文の概要とそれがなぜ上記15に該当しないか,
    新規性もしくは有効性をどのように主張するかを説明する.

    (この説明文は適切な査読者選定のために必須のものです.新規性/有効性に関する説明を
   簡潔明瞭に記述して下さい.なお,上記6項目は本論文誌の採録基準でもあります.)

  + 似た内容あるいはタイトルで,当学会あるいは他学会に論文投稿がある場合は,
    既発表内容と本投稿内容の差異を300文字程度の日本語もしくは100語程度の英語で簡単に記述して
    ください.
   また,既発表論文のコピーを提出して頂ければ,査読者選定に役立ちますので,可能ならば提出を
   お願い致します. (国際学会や研究会での発表は,学会規定により既発表とはみなされませんが,
  似たタイトルのものがある場合,査読者の助けとするため,上記に準じて記述/提出いただいても結構です.)

  + 投稿論文の査読者を推薦できる方3名を以下に記載して下さい.
    ただし,著者と同じ組織に属する人,利害関係のある人は控えて下さい.

          氏名        所属
1.

2.

3.

----------------------------------------------------------------------

TOM への投稿の形式について】

----------------------------------------------------------------------

『情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用(TOM)』への投稿に際しては,
査読作業における郵送時間の短縮等を目的として,電子メールでの投稿を標準としています.
このとき原稿を以下の形式で送付してください.

投稿はできるかぎり電子メールにて「PDF形式」で送付してください.このとき,
圧縮ソフト等を利用して,容量を小さくすることは好ましいですが,
特殊な
ソフトを利用した場合は,どのような処理をしたのかを担当編集委員に伝えてください.
場合によっては別の送付方法を要求される場合があります.

独自ファイル形式のままでの電子的送付は,担当編集委員において再生が不可能な場合が]
あるので他のデータ形式で再送をお願いすることがあります.

標準的な「PDF形式」で送付できない場合は,担当編集委員が承諾した場合に限り,
救済措置として紙ベースでの原稿を受付ける場合があります.ただしこの
場合,
以下の2点がともに満たされることが必須条件です.

+ 通常の締切日(「PDF形式」で送付する場合)より7日前までに担当編集委員の元に
郵送等で到着すること.これに遅れた場合は不採録とします.

+ 論文が採録された際に,カメラレディ形式の原稿を著者が自分で準備できること.
(本論文誌では写植は行なわず,著者の責任でカメラレディ原稿を準備い
ただきます.)
カメラレディ原稿を自力で作成する能力がない場合には,本論文誌では投稿を受付けられません.

----------------------------------------------------------------------
【採録結果の通知】

----------------------------------------------------------------------

研究会と連動して TOM への論文投稿を場合には,下記のように判定がなされます.
本論文誌への採録/不採録については,研究会開催日当日に(原則として研究会終了直後に)
開催される編集委員会の席上において,1件ずつ協議の上で決定し,
その場で投稿者ご本人にお伝えします.

投稿者は研究会終了後,事情が許す場合は会場に残り,採否結果を直接聞いてください.
採否結果が出た論文については1件ごとに著者を個別にお呼びして結果をお伝えします.
査読者から指示された採録条件等も,その際にご説明します.
投稿件数が多かった場合など,編集委員会の議事進行の都合によっては,

研究会終了後12時間程度かかってしまう例もありますので,十分にご承知おき下さい.
会場に残られない場合には,翌日以降に編集長または担当編集委員
から電子メールで
結果をお伝えします.

会場に残って結果を直接聞かれるか否かの選択は投稿者の自由としますが,
場を離れる場合には必ず編集委員会に断ってからお帰りいただくようにお願いします.
「条件つき採録」の場合などに,著者の意見を確認しないと採否が決定できない場合がありますので,
可能であれば会場に残って当日中に採否結果
を聞いていただくことを推奨します.

 **********************************************************************
情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用のご案内

**********************************************************************

情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会では,平成10年度より研究会運営
による
論文誌を発行することになりました.この論文誌は,既存の情報処理学会論文誌の
別冊として刊行されることになります.本論文誌に投稿するには,
本研究会にて
通常の研究発表を行なってもらう必要があります.研究会論文誌投稿に関する
具体的な手順は以下の通りです.

1)研究会開催日より11週~12週間(各回のCFPを御覧下さい)前までに研究会
申し込みをすると同時に,本論文誌投稿の意志表明を行なって下さい.なお,

申込先は

    To: trans-mps-editors (at) ipsj.or.jp

   です.また,本研究会の対象分野に関しては,下記 URL の「情報処理学会
  論文誌数理モデル化と応用が取り上げる分野」を参照して下さい.

     URLhttp://daemon.ice.uec.ac.jp/MPSPortal/TOM/announce.html

2)研究会開催日より約 3 4 週間ほど前までに,6ページ以内の研究会予稿を
  情報処理学会事務局の指示に従って提出し,同じく約 4 週間ほど前

  (詳細は各回の CFP を御覧ください)までにページ数制限なしの論文誌投

 稿論文原稿をPDF形式で

     To: trans-mps-editors (at) ipsj.or.jp

     Cc: 担当編集委員

 宛に電子メールで送って下さい.(担当編集委員不明の場合は,CC しなくてよい)

3)研究会当日,講演の後,査読者もしくは本論文誌エディタとの詳細な質疑応答を行なった後,
 当日のうちに採録/不採録の判定を行ないます.

  プレゼンテーションが非常に悪い場合は判定結果に悪影響を与える場合があります.

4)採録決定後は,本論文誌エディタの指定する締切日までに,カメラレディ原稿を用意して下さい.
 書式に関しては別途指示を行ないます.

5)TOMの論文にページ数の制限はありませんが,刷り上がり1ページあたり
所定の掲載料をお支払いただきます.掲載料については,以下を参考にして下さい.

http://www.ipsj.or.jp/trans/tran-keisai.html

6)本論文誌は年間 3 回程度発行の予定です.

**********************************************************************

 

 

調査研究担当への問い合わせフォーム