第85回モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム・第71回高度交通システムとスマートコミュニティ合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■日程:
2017年11月15日(水):Work in Progress (WiP)
2017年11月16日(木), 17日(金) :通常研究発表会
■会場:
2017年11月15日(水):
秋保グランドホテル(〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原12-2)
2017年11月16日(木), 17日(金) :
東北大学 電気通信研究所(〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1-1)
交通アクセス: http://www.riec.tohoku.ac.jp/ja/access/

プログラム
********************************************
2017年11月15日(水) WiP講演時間 発表8分,質疑4分
********************************************
(送迎バスは12時仙台駅発の予定です。詳細は参加登録された方に後日メールでお知らせします。)
● 13:00-14:00 WiPセッション1
1. [ITS71-1] 完全自動運転を用いた公共交通機関の経済的有効性検討
〇中村 恭脩, 梅津 高朗(滋賀大学)
2. [ITS71-2] 車載ステレオカメラを用いた道路脇壁検出方法に関する研究
〇樫村 亮多, 宮崎 剛(神奈川工科大学)
3. [ITS71-3] 車載単眼カメラを用いたひし形の道路標示の検出
〇宮崎 航, 宮崎 剛(神奈川工科大学)
4. [ITS71-4] オートバイに搭載した単眼カメラによる道路マンホール検出に関する研究
〇安達 選, 宮崎 剛(神奈川工科大学)
5. [ITS71-5] 車載ステレオカメラを用いた歩道上の子供検出方法に関する研究
〇清水 健史, 宮崎 剛(神奈川工科大学) 
● 14:10-15:10 WiPセッション2
6. [ITS71-6] マイクロフォンを用いた列車・自動車同時検出システムの提案
〇佐藤 孝嗣(九州大学), 石田 繁巳(九州大学), 梶村 順平(九州大学), 内野 雅人(九州大学), 田頭 茂明(関西大学), 福田 晃(九州大学)
7. [ITS71-7] 自動運転車・手動運転車の混在環境における隊列制御への通信妨害攻撃の影響について
〇濱崎 福平(静岡大学), 陳 ヒョン兌(名古屋大学), 奥田 裕之(名古屋大学), 石原 進(静岡大学)
8. [ITS71-8] V2Xを用いた二輪車事故削減手法の提案
〇梅本 笙, 清原 良三(神奈川工科大学)
9. [ITS71-9] 車載カメラ画像を用いた路面標示劣化度合い推定手法の検討
〇菅 一生, 横山 達也, 白石 陽(はこだて未来大学)
10. [MBL85-1] 車載測域センサを用いた近傍車両の車両種判定
〇出水 利治(はこだて未来大学), 中村 嘉隆(はこだて未来大学), 木谷 友哉(静岡大学), 稲村 浩(はこだて未来大学) 
● 15:20-16:20 WiPセッション3
11. [ITS71-10] VANETにおける位置依存情報に対する要求の地理的分布情報に基づいた位置依存情報配信手法に関する検討
〇山田 暁裕, 石原 進(静岡大学)
12. [ITS71-11] VANETにおいて固定基地局を用いて高到達確率を保証する経路制御法RDVの拡張に関する一検討
〇荒木 大志, 吉廣 卓哉(和歌山大学)
13. [MBL85-2] 屋内環境における高精度測位手法の検討
〇石丸 智也, 宮村 紅葉, 富樫 宏謙, 古川 浩(九州大学)
14. [MBL85-3] エナジーハーベスティング技術を用いた人の滞留把握のためのセンシングデバイスの研究
〇渡邊 幸樹, 稲村 浩, 中村 嘉隆(はこだて未来大学)
15. [MBL85-4] スロット化CSMAを用いた無線メッシュ網構築方式における最適な通信速度の検討
〇森 康弘, 吉廣 卓哉(和歌山大学)
● 16:30-17:30 WiPセッション4
16. [ITS71-12] バスの実運行情報と乗客数情報を活用した運行シミュレーションと可視化
〇新井 雄大, 廣井 慧, 河口 信夫(名古屋大学)
17. [ITS71-13] 乗降情報を用いたBRT運行・経路設計手法の検討
〇山本 翠, 梅津 高朗(滋賀大学)
18. [ITS71-14] 大学キャンパスのバス待ち列の現況と各キャンパスの対策
〇司 隆(慶應義塾大学), 佐藤 雅明(慶應義塾大学), 伊藤 昌毅(東京大学), 厳 網林(慶應義塾大学)
19. [MBL85-5] 所有者のWebページ閲覧挙動を用いたスマートフォン端末向け認証方式の検討
〇飯澤 悠介, 中村 嘉隆, 稲村 浩(はこだて未来大学)
20. [MBL85-6] グループ内貢献心とグループ間競争心を刺激するヘルスケア促進システム
〇麻生 祐輝(愛知工業大学), 四ツ谷 昂亮(愛知工業大学),伊藤 信行(三菱電機エンジニアリング株式会社), 内藤 克浩(愛知工業大学),中條 直也(愛知工業大学), 水野 忠則(愛知工業大学), 梶 克彦(愛知工業大学)
● 18:30-20:00 夕食
● 21:00- ディスカッション 
********************************************
2017年11月16日(木) 一般講演時間 発表20分,質疑5分
********************************************
● 13:00-14:15 ITSセッション
21. [ITS71-15] 離散ウェーブレット変換を用いた路側設置マイクによる省リソース車両検出手法の検討
〇久保 一雄(九州大学), 李 承諭(九州大学), 石田 繁巳(九州大学), 田頭 茂明(関西大学), 福田 晃(九州大学)
22. [ITS71-16] 自転車の障害物回避挙動検出手法における速度変化特徴の有効性の検討
〇武安 裕輔, 白石 陽(はこだて未来大学)
23. [ITS71-17] 複数事業者の路線バス運行実績データに基づく到着時刻予測モデルの提案と精度検証
〇今井 瞳, 廣井 慧, 河口 信夫(名古屋大学/名古屋大学未来社会創造機構/NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)) 
● 14:25-15:40 MBLセッション1
24. [MBL85-7] 物理的接触を根拠としたIoTデバイスのためのアクセス制御手法
〇遠藤 徹, 武田 敦志(東北学院大学)
25. [MBL85-8] センサーネットワークにおける分散型深層学習の設計と実装
〇福島 悠太, 三浦 太樹, 濱谷 尚志, 山口 弘純, 東野 輝夫(大阪大学)
26. [MBL85-9] 自律分散型タスクオフロードを用いたエッジコンピューティング
〇志野 嘉紀, 笹井 一人, 北形 元, 木下 哲男(東北大学) 
● 15:50-17:05 MBLセッション2
27. [MBL85-10] 創造活動のための情報資源の能動的獲得と集積機能の検討
〇河間 勇気, 福谷 遼太, 高橋 秀幸, 木下 哲男(東北大学)
28. [MBL85-11] センサデータを用いた低コストな屋内行動推定システムの検討
〇岸川 裕佑, 今井 信太郎, 新井 義和, 猪股 俊光(岩手県立大学)
29. [MBL85-12] ユーザ状態推定における推定精度と消費電力の最適化
〇山本 直樹, 落合 桂一, 稲垣 章弥, 神山 剛, 深澤 佑介(株式会社NTTドコモ) 
● 17:15-18:15 招待講演
30. [ITS71-18] 人・自然・情報システムが調和・止揚・共生する持続可能な社会へ向けて- 百年の俯瞰 -
〇白鳥 則郎(東北大学)
********************************************
2017年11月17日(金)
********************************************
● 9:00-11:00 パネルディスカッション(事前申込制)
参加希望の方は必ず11月10日(金)までにmbl-85@ishilab.netへご連絡ください。

発表募集(終了しました)

MBL研究会,ITS研究会は以下の日程で東北大学電気通信研究所との共催で研究発表会を開催します.皆様のご発表をお待ちしています.奮ってお申し込みください.
発表内容は,研究成果の発表のみならず,最新技術の紹介,国際会議やデモの報告,問題提起など(これらに限らない),幅広い種類を対象とします.

■日程: 2017年11月16日(木), 17日(金) 
※11/15(水)には秋保グランドホテル(〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原12-2)にて,WiPセッションを開催いたします.詳細は末尾のご案内をご覧ください.

■会場: 東北大学 電気通信研究所 〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1-1
交通アクセス: http://www.riec.tohoku.ac.jp/ja/access/

■懇親会:研究会初日11月16日(木)に懇親会を予定しております.詳細は研究会のWebご案内いたします.

■申込締切: 2017年9月15日 22日(金) 23:59 延長しました!

■原稿締切: 2017年10月23日(月) 23:59 (厳守)
※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

■発表申込方法:以下の各研究会の申込ページの「発表申込」メニューからお申込ください.
申込後に申込研究会の変更はできませんのでご注意ください.
後日、情報処理学会より論文提出依頼のメールが送られます.なお, 原稿仕上がり枚数は,原則として6~8ページ程度とします. 
 *MBL研究会発表申込:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MBL/
 *ITS研究会発表申込:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ITS/

【研究会への連絡事項】欄に以下4点につきご記入ください.
○キーワード(プログラム編成のため)
○推薦論文への希望: 希望する / 希望しない
○発表申込をした研究会のメーリングリストへの登録: 希望しない(希望しない場合のみ)
*発表をお申し込みの方は自動的に申込研究会のメーリングリスト(ML)に登録されます. 
登録された方には,研究会の活動や関連する情報が電子メールで配布されます.
○発表セッション: WiPセッション / 通常セッション

■お問い合わせ ([at]を@と置き換えてください.)
第85回MBL研究会担当幹事 : mbl-85[at]ishilab.net
MBL研究会Webページ: http://www.ishilab.net/mbl/

第71回ITS研究会担当幹事:Tokunaga.Yuichi[at]MitsubishiElectric.co.jp,Yashiro[at]net.it-chiba.ac.jp,ta-umedu[at]biwako.shiga-u.ac.jp
ITS研究会Webページ:http://www.ipsj.or.jp/sig/its/
-------------------------------------------------------------------------------------
11/15(水)には秋保グランドホテルにて,WiPセッションを開催いたします.
WiPでは,ワークショップ参加者と泊まり込みで議論を行うことで,アイディアの発展,研究の促進を図ります.
M1やB4で,研究にとりかかったばかりの学生の研究に関する投稿を是非ご検討ください.
対象は限定していませんので誰でも参加できます.WiPの中で優秀だったものは,通常発表の中で発表していただく予定です.
WiPの原稿枚数は1~6ページで、タイトルとアブストラクトによる投稿やスライド原稿( 6 or 8 in 1)も可能です.

WiPに参加される方は,参加登録および参加費(11月15日の宿泊費込み16,000円,現地支払い)が必要です.
WiPに参加してご意見をくださる方も大歓迎です.前泊される先生方はぜひ夜はWiP会場にお泊まりください.

** WiP参加登録方法
下記のURLよりお申し込みください.締切は,発表者:9月15日(金),聴講のみ:10月6日(金)です.
https://goo.gl/forms/JA7G5gPgadGT5mZv2
発表参加者は別途,研究会ごとに以下のURLより発表申し込みが必要です.発表申込締切および原稿締切は通常研究会と同じですので,ご注意ください.
 
MBL研究会への発表申込
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MBL/
ITS研究会への発表申込
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ITS/

** 宿泊に関する備考
+ 1泊1人 16,000円 (11月15日の宿泊費込み,4-6人相部屋)
+ 部屋の空き状況にもよりますが,6,000円の追加で一人部屋も可能です.
+ 宿の都合により,参加人数や部屋割りに定員がありますので,原則相部屋でお願いします.同じグループを同室にする等のご希望は,可能な範囲で対応する予定です.
+ 旅館への送迎バス(片道500円,往復1,000円)を用意します.希望される方は参加登録と合わせてお申し込みください.
+ 申込多数の場合は,先着順優先を基本といたします.ご了承ください. 
------------------------------------------------------------------------------------- 

調査研究担当への問い合わせフォーム