第66回高度交通システムとスマートコミュニティー研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日 時 2016年9月14日(水) 10:30〜18:20
会 場 日本大学駿河台キャンパス5号館2階524教室
〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/index.html

議 題  9月14日(水)
[10:30〜11:50] ●セッション1 [IEICE-ITS 1/IPSJ-ITS 1]
[10:30-10:50] ARIB STD-T109互換送信順序形成型アクセス制御方式に関する一検討
〇横森崇宏,藤井雅弘,羽多野裕之,伊藤 篤,渡辺 裕(宇都宮大)
[10:50-11:10] 先進安全自動車推進計画の評価モデルにおける車車間通信での隠れ端末の性質に関する一検討
〇五十嵐悠理,藤井雅弘,羽多野裕之,伊藤 篤,渡辺 裕(宇都宮大)
[11:10-11:30] ZigBeeネットワークを用いた駐車場内ナビゲーションシステムにおけるパケット衝突の影響の解析
〇川島由佳,中村 聡(東京理科大),大野光平(明治大),伊丹 誠(東京理科大)
[11:30-11:50] プローブデータによるエリア流動性情報の生成と全国展開に向けた取り組み
〇花房比佐友,飯島護久,小宮粋史,堀口良太(アイ・トランスポート・ラボ)
[11:50〜12:50]  --- 休憩(60分)---
[12:50〜14:10] ●セッション2 [IEICE-ITS 2]
[12:50-13:10] 歩行者自律航法における加速度センサを用いた歩幅推定に関する研究
〇井上寛崇,羽多野裕之,藤井雅弘,伊藤 篤,渡辺 裕(宇都宮大)
[13:10-13:30] GPSによる測位における残留測距誤差特性に関する一検討
〇服部 暢,藤井雅弘,羽多野裕之,伊藤 篤,渡辺 裕(宇都宮大)
[13:30-13:50] 電磁界・電波伝搬シミュレーションを活用した、都市部における自転車の位置測位精度の評価
〇古川 玲,松本昇紘,淺沼雅行,江森洋都,アキーラ サラディーン,吉敷由起子(構造計画研)
[13:50-14:10] 高速道路における先々行車両加減速情報が追従挙動と燃費に与える影響
〇池田佳樹,松本修一(文教大)
[14:10〜14:20]  --- 休憩(10分)---
[14:20〜16:00] ●セッション4 [IPSJ-ITS 2]
[14:20-14:40] ドライブレコーダデータを用いた推定値フィードバックによるドライバの眠気レベル推定
〇金子祐来,河中治樹,小栗宏次(愛知県立大)
[14:40-15:00] 区画線上に組み込んだ移動走査コードの提案
〇石野友美,河中治樹,小栗宏次(愛知県立大)
[15:00-15:20] キャリブレーション歩行を用いた屋内測位技術に関する検討
〇小川純平,廣橋義寛,飯田康隆,和田卓久,鮫田芳富(東芝)
[15:20-15:40] 認知地図の構築過程に着目したドライバの地点把握度認識手法の提案と評価
〇松山聖路(神奈川工科大),徳永雄一(三菱電機),清原良三(神奈川工科大)
[15:40-16:00] デマンド応答型公共交通を用いたサービス連携プラットフォーム構築に向けて
〇佐野渉二(金沢工業大),落合純一(産業技術総合研究所),平田圭二,鈴木恵二(はこだて未来大),野田五十樹(産業技術総合研究所),中島秀之(東京大)
[16:00〜16:10]  --- 休憩(10分)---
[16:10〜17:10] ●セッション5 [IEEJ-ITS 1]
[16:10-16:30] 車載魚眼カメラ画像の超解像処理における入力枚数と品質のトレードオフ最適化に関する検討
高野照久,〇小野晋太郎(東京大),松下脩暉,川崎 洋(鹿児島大),池内克史(東京大)
[16:30-16:50] 高速道路で発生する事象の情報体系化に関する検討
〇大島 創,田子和利(名古屋電機工業),滝沢正仁(拓殖大)
[16:50-17:10] 高速道路ログデータの高度利用に関する研究
〇小林 寛(中日本高速道路)
[17:10〜17:20]  --- 休憩(10分)---
[17:20〜18:20] ●セッション6 [IEEE ITSS Tokyo]
[17:20-18:20] TBD
〇佐々木邦明(山梨大)
一般講演:発表 15分 + 質疑応答 5分

研究発表会論文募集(終了しました)

 2016年9月14日(水),日本大学駿河台キャンパスにおいて下記の通り研究発表会を開催します.この研究会は,電子情報通信学会ITS研,電気学会ITS研との共催になります.皆様のご発表をお待ちしています.奮ってお申し込みください.
発表内容は,研究成果の発表のみならず,最新技術の紹介,国際会議やデモの報告,問題提起など(これらに限らない),幅広い種類を対象とします.
           記
日時:2016年9月14日(水)
場所:日本大学駿河台キャンパス5号館2階524教室
〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/index.html

申し込み〆切:2016年7月13日(水)23:59 ※変更になりました。
原稿〆切  :2016年8月12日(金)23:59
申し込み先 :https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ITS
よりお申込みください.
【研究会への連絡事項】欄に以下3点につきご記入ください.
○キーワード(プログラム編成のため)
○推薦論文への希望: 希望する / 希望しない
○メーリングリストへの登録: 希望しない(希望しない場合のみ)
-----------------------------------------------------------------

参考
1. 発表申し込みをいただきました方には,後日原稿の依頼をさせていただきます.
2. なお,平成24年度より,原稿が縦長スタイルに変わっていますのでご注意ください.詳細については情報処理学会 研究報告原稿依頼等についてをご参照ください(参考:http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html).原稿仕上がり枚数は,原則として6~8ページ程度とします.
3. 発表をお申し込みの方は自動的にITSメーリングリスト(ML)に登録されます.登録された方には,ITS研究会の活動やITSに関連する情報が電子メールで配布されます.登録を希望しない場合には,申し込みページの【研究会への連絡事項】に「ITSメーリングリスト(ML)を希望しない」旨を記載してください.
4. 高度交通システムの研究に関して,技術の進展に寄与した研究内容を表彰します.なお,表彰対象者は発表時に情報処理学会会員の方に限ります.
5. ここで収集した申し込み情報は,第62回ITS研究会の管理運営のためにのみ用い,ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません.

注意事項
研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前に情報処理学会電子図書館に掲載されます.そのため,研究報告に掲載される論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請の扱い等の際にはご注意ください.詳細については研究会活動のオンライン化と研究報告のオンライン出版(印刷物の廃止)についてをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html
 

調査研究担当への問い合わせフォーム