第57回高度交通システムとスマートコミュニティ研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日時:2014(平成26)年6月20日(金)14:00~15:15

会場 : グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
カンファレンスルーム タワーB 10階 B08
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1
http://kc-i.jp/
http://www.kc-space.jp/conference/

■受付開始: 13:30
■セッション: 14:00~15:15

[1] 衛星画像を用いたAISデータの誤りと欠損検出技術
発表者:連 燦紅, 岩田 泰明, 松本 俊子, 小野山 隆(株式会社日立ソリューションズ)

[2] 統合ドライビングシミュレータの検討
発表者:清原良三 , 兵藤俊介 , 福山大輔 , 高橋夏海 , 鈴木孝幸 , 高取祐介 , 狩野芳郎 (神奈川工科大学)

[3] 大規模災害急性期サーチ・アンド・レスキュー支援システム
発表者:福井 良太郎(慶應義塾大学), 嶋津 恵子(航空宇宙研究開発機構), 重野 寛(慶應義塾大学)

■The Lab見学会 15:30~

http://kc-i.jp/facilities/thelab/

こちらは、普段より、ご自由にご入場いただけますが、
見学会では施設のコミュニケーターの方に付き添って案内して頂ける予定です. 

発表募集(終了しました)

2014年6月20日(金),大阪において,下記の通り研究発表会を開催します.皆様のご発表をお待ちしています.奮ってお申し込みください.

なお,当研究会は2014年度より研究会名称を「高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)」と改めました.
交通と社会やそこに暮らす人々の行動に関しては密接な関わりがあり,当研究会では,従来より,そういったスマートコミュニティ分野の諸問題に関しても幅広く扱ってきており,この繋がりは今後ますます重要となっていくと考えられます.そのため,この度,より積極的に扱い時代の変化を取り込むべく,対象分野を明示的に拡大した次第です.
従来通りの高度交通システムに関するご発表に加え,より一般的な社会問題の解決など,スマートコミュニティ関連のご発表も歓迎いたします.
ぜひ,この機会にご投稿を検討頂ければ幸いです.
また,発表内容は,研究成果の発表のみならず,最新技術の紹介,国際会議やデモの報告,問題提起など(これらに限らない),幅広い種類を対象とします.
日時 : 2014年 6月 20 日(金)

場所 : グランフロント大阪 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーB 10階 B08
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1
http://kc-i.jp/
http://www.kc-space.jp/conference/

申し込み〆切 : 2014年 5月21日(水) 23:59
原稿〆切   : 2014年 5月28日(水)23:59
申し込み先  :  以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/its

【研究会への連絡事項】欄に以下3点につきご記入ください.
○キーワード(プログラム編成のため)
○推薦論文への希望: 希望する / 希望しない
○メーリングリストへの登録: 希望しない(希望しない場合のみ)
-----------------------------------------------------------------
参考
1. 発表申し込みをいただきました方には,後日原稿の依頼をさせていただきます.
2. なお,平成24年度より,原稿が縦長スタイルに変わっていますのでご注意ください.詳細については情報処理学会 研究報告原稿依頼等についてをご参照ください(参考:http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html).
原稿仕上がり枚数は,原則として6~8ページ程度とします.
3. 発表をお申し込みの方は自動的にITSメーリングリスト(ML)に登録されます.登録された方には,ITS研究会の活動やITSに関連する情報が電子メールで配布されます.登録を希望しない場合には,申し込みページの【研究会への連絡事項】に「ITSメーリングリスト(ML)を希望しない」旨を記載してください.
4. 高度交通システムの研究に関して,技術の進展に寄与した研究内容を表彰します.なお,表彰対象者は発表時に情報処理学会会員の方に限ります.
5. ここで収集した申し込み情報は,第57回ITS研究会の管理運営のためにのみ用い,ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません.

注意事項
研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前に情報処理学会電子図書館に掲載されます.そのため,研究報告に掲載される論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請の扱い等の際にはご注意ください.詳細については研究会活動のオンライン化と研究報告のオンライン出版(印刷物の廃止)についてをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html
 

調査研究担当への問い合わせフォーム