第34回ゲーム情報学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

開催案内

第34回ゲーム情報学研究会(発表件数9件)

日時:平成27年7月4日(土)10:30 - 16:45
場所:九州工業大学サテライト福岡天神
      〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目7番11号イムズ11F
      https://www.kyutech.ac.jp/facilities/satellite-campus/
      https://www.ims.co.jp/floor/detail.php?f=11F

主査:伊藤毅志 幹事: 篠田正人,大久保誠也,保木邦仁,横山大作
--------------------------------------------------------------------
[プログラム]
  一般講演(30分):発表 25 分 + 質疑応答 5 分
  [10:30 -- 12:00] その他ゲーム) (3件)
  [13:30 -- 15:30] 将棋 (4件)
  [15:45 -- 16:45] 不完全情報ゲーム (2件)
--------------------------------------------------------------------

●[10:30 -- 12:00] その他ゲーム (3件)

1) Deep Learning vs Multidimensional Classification in Human-Guided Text Mining
   ○Zhanikeev Marat(九州工業大学)

   Deep (Neural) Learning has recently become popular in AI
   research. The method is traditionally showcased in vision-related
   tasks where input can be easily regulated. However, when applied to
   text mining, the irregular textual input becomes a
   hurdle. Overcoming the hurdle involves processing the text and
   using its frequency distribution as a numeric input. This paper
   compares the technology with a recently proposed method in
   multidimensional classification. The specific feature in focus is a
   human-guided system where the learning dataset is not available at
   once but arrives gradually, along with human annotation.

2) 第1回UEC杯デジタルカーリング大会報告
   ○伊藤 毅志,森 健太郎,北清 勇磨(電気通信大学)

  2015年3月19日に電気通信大学で第1回となるデジタルカーリング大会が開催
  された。コンピュータ部門は6つのプログラム、人間部門は4チームが参加
  した。コンピュータ部門では大渡勝己さんが開発した「歩」が優勝決定戦で
  加藤修さんが開発した「じりつくん」を破って優勝を果たした。本報告では、
  コンピュータ部門のプログラムをそれぞれ100試合ずつ対戦させた試合結果
  をプレイログを交えて紹介するとともに、上位プログラムの思考アルゴリズ
  ムについても触れる。

3) モンテカルロシミュレーションを用いたレッドゾーン内における最適な戦略推定
   ○島野 雄貴,福島 稜規,伊藤 毅志,岩崎 敦,大河原 一憲(電気通信大学)

   アメリカンフットボールの試合は, 1プレイごとに区切られており, かつ攻
   撃側と守備側が明確なため, よりよい戦略を企てることが勝敗に大きく影響
   する.  本研究では, 得点に深く関与するレッドゾーン (敵陣20yd) での最
   適なプレイ選択の推定について, モンテカルロシミュレーションを用いて検
   討する.

●[13:30 -- 15:30] 将棋 (4件)

4) プロ棋士の棋譜データベースを用いない局面評価関数の学習法についての考察
   ○五十嵐 治一,森岡 祐一,山本 一将(芝浦工業大学)

   本論文では,コンピュータ将棋において,プロ棋士の棋譜データベースを用
   いることなく,コンピュータが自己または他者との対局のみを通じて局面評
   価関数を学習し,棋力向上を図る方法について考察した.その結果,学習エー
   ジェント自身との自己対局や他者との対局を行い,勝敗や主観的評価,探索
   における最善応手手順や自分の対局譜から,強化学習や教師付学習を用いて
   局面評価関数を学習し,棋力を向上させる方法を提案する.

5) 「一見良い手」を含めた初心者向け詰将棋解説文生成の提案
   ○石脇 滉己,荒川 達也(群馬工業高等専門学校)

   将棋対局の棋譜や詰将棋の手順は難解な場合が多く,一般の将棋ファンがそ
   れらを楽しむためには音声や文章による解説が欠かせない.通常,これらの
   解説はプロ棋士やアマチュア高段者など高い棋力を持つ人間が担当するが,
   最近のコンピュータ将棋の強さを活かして,解説自動化に向けた研究がいく
   つか行われている.しかし,それらは主に指し将棋を対象としたものである.
   そこで,本研究では詰将棋を対象として,詰将棋解説文の自動生成を目標と
   する.本稿では,特に初心者向けの解説生成を目標とし,そのために評価関
   数を用いて初心者が間違えやすい手(=「一見良い手」と呼ぶ)を抽出して
   解説文を作成する方法を提案する.また,既存の詰将棋作品に対して,試作
   システムにより解説生成を行った結果について報告する.

6) 機械学習を用いた将棋における棋風の学習の研究
   ○大森 翔太朗,金子 知適(東京大学)

   プレイヤの個性に関する研究が人工知能の分野で取り組まれている.本研究
   では,将棋の指し手の選択に注目し,コンピュータプログラムで棋風を実現
   する方法について提案する.棋風としては,プレイヤが攻めや受けなど特徴
   を持つ指し手を選ぶ傾向についてに着目する. 棋風を統計的に分析した過去
   の研究を参考に攻めの特徴と受けの特徴を決め,攻めと受けの棋風について,
   それぞれの特徴の現れているプレイヤの棋譜を選別する.そしてそれらの棋
   譜を教師に評価関数の機械学習を行う. 提案手法で学習したプログラムと,
   一般の棋譜で学習したプログラムの差を,攻めと受けに関する次の一手問題
   を題材に評価する予定である.

7) コンピュータ将棋の現状 2015春
   ○瀧澤 武信(早稲田大学)

   第25回世界コンピュータ将棋選手権が2015年5月に開かれた.今回は46チー
   ムの申し込みがあった.コンピュータ将棋の実力も大いに上がっており,
   2015年の選手権までに行われたプロ棋士との対局でトップ棋士とほぼ同等の
   実力があることが示されている.この報告では同選手権における将棋ソフト
   ウエアの実力について考察する.

●[15:45 -- 16:45]  不完全情報ゲーム(2件)

8) ニューラルネットワークを用いた麻雀の打牌選択方法の提案
   ○松井 一晃,的場 隆一(富山高等専門学校)

   不完全情報ゲームである麻雀の打牌選択には,「鳴き」と呼ばれるアクショ
   ンにより手番が変化することもあり,完全情報ゲームの研究で一般的なモン
   テカルロ木探索による木構造の作成は困難である.また同じ不完全情報ゲー
   ムであるポーカーで用いられているゲーム理論も,麻雀ではルールが複雑な
   ため適応するのは難しい.このため,麻雀において人間プレイヤを満足させ
   るコンピュータプレイヤの開発は困難であるといえる. 本研究では,人間
   プレイヤは局面の状態を総合的に判断して打牌選択していることに注目して,
   不完全情報ゲームである麻雀においてコンピュータプレイヤに打牌選択させ
   る方法を提案する.打牌選択の方法として,現在の局面の状態を入力するこ
   とにより,各種類の牌について打牌に適しているかを評価した値を出力する
   3層ニューラルネットワークを評価関数として使用した.評価関数の各パラ
   メータの調整には,バックプロパゲーションを用いて教師データの打牌とコ
   ンピュータプレイヤの打牌が一致するように調整した.教師データの打牌に
   は,インターネット麻雀サーバである「東風荘」のレーティング2000以上の
   プレイヤの牌譜を使用した.結果として,教師データの打牌とコンピュータ
   プレイヤの打牌の一致率は31.3%となった.作成したコンピュータプレイヤ
   の最終的な性能評価は,「東風荘」にて実際に対局させてレーティングを計
   測することにより行う.

9) 大貧民プログラムにおけるヒューリスティック戦略の評価
   ○田頭 幸三,但馬 康宏,菊井 玄一郎(岡山県立大学)

   コンピュータによるゲームの思考アルゴリズムの研究は囲碁,将棋などのボー
   ドゲームに限らず,トランプゲームに対しても行われている.特に大貧民に
   ついては,毎年,電気通信大学がUECコンピュータ大貧民大会を開催してい
   る.この大会は,大貧民をプレイするクライアントプログラム同士を対戦さ
   せ,最も強いクライアントを決める大会であり,機械学習を用いた無差別級
   とヒューリスティックな戦略を用いたライト級の2つの部門がある.本研究
   では,コンピュータ大貧民大会ライト級のヒューリスティック部門に向けて
   製作し,優勝したプログラムから,戦略の一部分を変更した場合の強さの変
   化を比較することで,勝利するのに有効な戦略について分析を行った.その
   結果,勝利するには,しばりを発生させる場合は強いカードを持っている場
   合に優先する戦略,同じ枚数の組が多いカードを提出し,次の自分の番にカー
   ドを減らしやすくする戦略,勝てる可能性が高ければ強いカードから出す戦
   略の有効性が高いと判断できた.
 

発表募集

----------------------------------------------
 情報処理学会第34回ゲーム情報学研究会発表募集
----------------------------------------------

◎日程
    平成27年7月4日(土) (発表件数が多い時は7月3日(金)も実施します)
◎会場
  九州工業大学サテライト福岡天神
         〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目7番11号イムズ11F
         https://www.kyutech.ac.jp/facilities/satellite-campus/

◎申込締切
    平成27年5月7日(木)
◎論文締切
    平成27年6月9日(火)
◎申込先
    以下の情報処理学会新投稿システムの「発表申込」よりお申込みください。
    https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/GI/
※原稿執筆についてはこちらをご確認ください。
※原稿ページ数:8ページ以内

◎照会
    大久保 誠也(静岡県立大学)
    E-mail: s-okubo[AT]u-shizuoka-ken.ac.jp
  ※[AT]は@に直してください。

ゲーム情報学研究会のホームページも御参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/sig/gi/

★研究報告オンライン化について★

本会は、平成20年度に論文誌(ジャーナル・トランザクション)のオンライン化
をおこない, 平成21年度(2009年度)から研究会刊行物(研究報告)も全面
オンライン化しています.

※ゲーム情報学研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】 に情報処理学会電子図書館で当研究発表会の資料
を公開します。 これに伴い公知日は6月26日(金)となりますのでご注意くださ
い。可能な方は、ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください。

※ゲーム情報学研究会にご登録のない方

当日受付で資料を入れたUSBメモリをお貸しいたします。

尚、当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含め
て すべて電子図書館でご購読いただけます。是非この機会に登録をご検討く
ださい。 登録に関してはこちらをご参照ください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/toroku.html

調査研究担当への問い合わせフォーム