第157回マルチマディア通信と分散処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

==========
本研究会は合宿形式で実施します.参加者は事前に参加登録を行った上で,下記の宿への宿泊が必須となります.この点が通常の研究発表会と異なりますので,ご注意ください.(参加登録は締め切りました.多くの皆様のご登録,ありがとうございました.)
==========

第157回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)
主査: 勝本 道哲(勝本総研)
幹事: 山室 雅司(NTTソフトウェア),藤田 茂(千葉工大),新保 宏之(KDDI研),乃村 能成(岡山大学)

【第157回担当】
プログラム担当: 後藤 真孝(東芝)
会場担当: 木谷 友哉(静岡大学)

* 日時・会場
日時: 2013年10月17日(木)- 18日(金)
会場: 舘山寺サゴーロイヤルホテル
〒431-1209 静岡県浜松市西区舘山寺町3302
アクセス:http://www.3535.co.jp/royal/index.htm

* 宿泊情報:
【1泊】 10,000円(4人部屋)
【定員】宿の都合により,参加人数や部屋割りに定員がありますので,原則相部屋でお願いします.同じグループを同室にする等のご希望は可能な範囲で対応する予定です.
部屋割りの結果,2人部屋,1人部屋のご希望に対応できる場合もありますが,追加料金(+5,000円程度の見込み)のご負担をお願いいたします.
申込や部屋割希望が多数の場合は,先着順優先を基本といたします.ご了承ください.
【備考】発表者も必ず参加申込を行ってください.参加申込の方法は下記をご参照ください.
また,二次会も計画しておりますので,奮ってご参加ください(参加費: 2,000円程度の見込み).

* プログラム

* 【10月17日(木)】
** Session 1 無線ネットワーク (14:00-15:40) 座長: 長谷川 剛(大阪大学)

14:00-14:30
(1) フェイズ毎の繰り返し回数と温度パラメータを考慮したWMN-SAの性能評価
○坂本 真仁,小田 哲也,バロリ レオナルド,池田 誠(福岡工業大学)

14:35-15:05
(2) BalloonNet: 災害復旧のための建物包囲型無線ネットワークノード配置法
○孫 為華(大阪大学),木谷 友哉(静岡大学),松尾 真也,柴田 直樹,伊藤 実(奈良先端)

15:10-15:40
(3) 秘密分散通信のためのアドホックルーティング手法
○金持 徹也,桧垣 博章(東京電機大学)

--- 15:40-15:50 休憩 ---

** Session 2 データ解析 (15:50-18:05) 座長: 山本 眞也 (山口東京理科大)

15:50-16:20
(4) ソーシャルコーディングにおける有益な提案の抽出について
○檀上 未来,乃村 能成,谷口 秀夫(岡山大学)

16:25-16:55
(5) M2Mデータ解析手法の検討
○安田 晃久(NPO法人M2M研究会),北上 眞二(三菱電機)

17:00-17:30
(6) 位置情報を用いた二輪車モーションセンシングデータへの正解データ自動ラベリング手法の一提案
○神村 吏,木谷 友哉(静岡大学)

17:35-18:05
(7) DPS研究会主査レポート
○勝本 道哲(奈良先端/勝本総研)

* 【10月18日(金)】
** Session 3 無線通信システム (9:00-10:05) 座長: 植田 和憲(高知工科大)

9:00-9:30
(8) 3G及びZigBeeを利用したクラウドセンサネットワークシステムの検討と試作
○平谷 拓也,鷹箸 孝典,中沢 実(金沢工業大学),大黒 篤(構造計画研究所)

9:35-10:05
(9) VANETを用いたモバイルデータ3Dオフローディングの提案
○西岡 哲朗,木谷 友哉,太田 剛,峰野 博史(静岡大学)

--- 10:05-10:15 休憩 ---

** Session 4 情報サービス (10:15-11:55) 座長: 横山 正典(NTT)

10:15-10:45
(10) ストレージ・ネットワークの直接転送エンジンを用いたSSDキャッシュサーバの提案
○後藤 真孝,村上 瑛美,秋山 晴彦,村井 信哉(東芝)

10:50-11:20
(11) エージェント指向による情報システム構築のためのエージェントに対する要求仕様
○藤田 茂(千葉工業大学)

11:25-11:55
(12)「粋なはからいコンピューティング」実現に向けた基盤技術の検討
○勝本 道哲(奈良先端/勝本総研),安本 慶一(奈良先端)

発表申込(終了しました)

第157回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)研究発表会
主査: 勝本 道哲(勝本総研)
幹事: 山室 雅司(NTTソフトウェア),藤田 茂(千葉工大),新保 宏之(KDDI研),乃村 能成(岡山大学)
プログラム担当: 後藤 真孝(東芝)
会場担当: 木谷 友哉(静岡大)

      研究発表会開催のご案内・投稿の募集

表記の研究発表会を下記のとおり予定しております.奮ってご応募のほど,よろしくお願い申し上げます.

■■■■■ 御注意ください ■■■■■
+ 参加者は会場となる宿への宿泊が原則 *必須* となります.
  この点が通常の研究発表会とは異なりますので,ご注意ください.

+ 通常御案内差し上げている発表申込とは *別に* 参加申込が 必要となります.下記「参加登録方法」を御覧いただき, 参加申込(宿予約)を別途完了してください.

+ 宿泊人数に制限があるため,発表申込,参加申込とも基本的に先着順で,上限に達した場合は,お断りさせていただくこともございます.
■■■■■■■■■■■■■■■

■日時・会場
 日時: 2013年10月17日(木)から 18日(金)
 場所: 舘山寺サゴーロイヤルホテル(〒431-1209 静岡県浜松市西区舘山寺町3302)
 アクセス:http://www.3535.co.jp/royal/index.htm
■テーマ: コンテキストアウェアネス、ユビキタスコンピューティング(ただし必ずしもこれらに限定しません)
■発表申込締切 2013年8月26日(月)9月13日(金) 23:59 締切 延長しました!
■最終原稿締切 2013年9月24日(火) 23:59 締切
■原稿ページ数  6ページ以内
■発表申込方法 下記Webページよりお申し込みください.
 https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/
 (合わせて,下記参加登録も忘れずにお願いします)
■参加登録方法
以下の情報を添えて,dps157-la[at]ipsjdps.org までメールでお申し込み下さい.
1通のメールで複数人分を申し込んでいただいても結構です.その場合は,下記を複製して人数分並べて下さい.
-------------------------------------
* DPS157 参加者(宿泊者) 情報
 + お名前:
 + 御所属:
 + 連絡先メール:
 + 性別:
 + たばこ: 禁煙 or 喫煙 (一方を消して下さい)
 + 会場へのシャトルバス(10/17 浜松駅 12:45発予定)ご利用希望の有無:
    有 or 無 (一方を消して下さい)
 + 登壇者ですか: はい or いいえ
   (発表申込は,https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/ からも手続きが必要です)
 + その他: 2人部屋、1人部屋の希望がある場合は,それも付記してくだい.
-------------------------------------

* 【宿泊に関する備考】
 + 1泊1人 10,000円程度 (4人部屋)
 + 宿の都合により,参加人数や部屋割りに定員がありますので,原則相部屋でお願いします.同じグループを同室にする等のご希望は,可能な範囲で対応する予定です.
 + 部屋割りの結果,2人部屋,1人部屋のご希望に対応できる場合もありますが,追加料金(+5,000円程度の見込み)のご負担をお願いいたします.
+ 申込や部屋割希望が多数の場合は,先着順優先を基本といたします.ご了承ください.
 + また,二次会も計画しておりますので,奮ってご参加ください  (参加費: 2,000円程度の見込み).

-------------------------------------

■照会先  プログラム担当: 後藤 真孝(東芝)   dps157[at]ipsjdps.org ※[at]を@に置き換えてください.

(参考)
 発表申し込みをいただきました方には,後日学会事務局から原稿の依頼をさせていただきます.(上記申し込みの連絡者の方にご連絡します.)
 なお,2012年度より,原稿が【縦長スタイル】に変わっていますのでご注意ください.
 詳細については以下のURLをご参照ください.
 http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

(注意事項)
 研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前に情報処理学会電子図書館 (BookPark) に掲載されます.そのため,研究報告に掲載される論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請の扱い等の際にはご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
  http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html
 

調査研究担当への問い合わせフォーム