第103回ドキュメントコミュニケーション研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■日時:2016年11月18日(金) 10:00-17:10

■会場:セコム本社 セコムホール(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル)
http://www.secom.co.jp/corporate/outline/map.html

■プログラム
10:00-10:10 開会挨拶
10:10-10:40 一般講演(1)
(1)不確実性への対処におけるドキュメントの役割と企業文化に関する検討
大野 邦夫(モナビITコンサルティング)
10:45-11:15 一般講演(2)
(2)インテリジェントコンテンツにおけるAXの役割と考察
関根 哲也(インフォパース)
11:20-11:50 一般講演(3)
(3)ドキュメントとしてのオープンデータ
本田 正美(島根大学)
11:50-13:00 昼休み
13:00-14:00 招待講演(1)
(4)UXデザインにおける価値伝達
安藤 昌也(千葉工業大学)
14:05-15:05 招待講演(2)
(5)ドキュメント理解の多様性
井関 龍太(大正大学)
15:05-15:15 休憩
15:15-16:15 招待講演(3)
(6)ドキュメント制作会社が取り組んだ「ロボット×UX」
山本 利宏(日立テクニカルコミュニケーションズ)
16:20-17:00
(7)パネルディスカッション(安藤 昌也、井関 龍太、山本 利宏,モデレータ:中挾 知延子(研究会主査、東洋大学))
17:00-17:10 閉会挨拶

発表募集(終了しました)

この度103回研究会では、当研究会活動20周年記念として、やや開催規模を拡大し、ドキュメントベースのコミュニケーションにかかる多方面の研究者の知見を紹介・討論することで、DC研究の向うべき新たな方向や研究領域を見出すことを企画しました。ドキュメントコミュニケーションを下支えする要素技術から応用技術の研究発表を募集します。
当日は、先般『UXの教科書』を刊行された千葉工業大学の安藤昌也先生によるUXデザインにおける価値伝達、大正大学の井関龍太先生による文章理解モデル、および日立テクニカルコミュニケーションズ社 山本利宏氏による接客ロボット制御のテキスト構築について招待講演を頂き、書き手、読み手、コンテンツ・伝え方の側面からパネルディスカッションを行います。
通常のドキュメント技術、コミュニケーション技術に関わる発表内容に加えて、関連する業界の動向紹介やプロジェクト事例紹介などの研究発表を広く募集します。
奮って参加のほど、よろしくお願いいたします。

■開催日:平成28年(2016年)11月18日(金)

会場:セコム本社 セコムホール 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 セコム本社ビル
http://www.secom.co.jp/corporate/outline/map.html

テーマ:「ドキュメントコミュニケーション基礎および運用技術」
ドキュメントコミュニケーション研究会では、広義のドキュメントを用いたコミュニケーション研究を行っています。

申込先: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/dc よりお申込みください。

スケジュール:
発表申込〆切:2016年9月21日(水)23:59
論文締切:   2016年10月24日(月)23:59

原稿枚数:6~8ページ

参加費用:http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html
ドキュメントコミュニケーション研究会登録会員(個人会員、賛助会員、準登録(個人)): 無料
情報処理学会 名誉会員、正会員、賛助会員: 1,500円
情報処理学会 学生会員: 500円
非会員: 2,500円
・発表者も同様の参加費をいただきます。
・年間を通して参加される場合には、当研究会への登録をお勧めします。

■懇親会:当日は、会場近くにて懇親会を予定しております。実費での参加となりますが、多くの方の参加をお願いします。事前に参加人数を把握したく、参加の方は担当までご連絡お願いします。
h-nonoyama[at]secom.co.jp 103回研究会担当幹事 野々山(セコム)

主査:中挾知延子(東洋大学),幹事:天笠俊之(筑波大学)、菅沼明(有明工業高等専門学校)、鈴木俊哉(広島大学)、高橋慈子(ハーティネス)、野々山秀文(セコム)、守島浩(日立)

■最新情報は研究会Webページを御覧ください
  DC研究会のページ   http://sigdd.sakura.ne.jp/


 

調査研究担当への問い合わせフォーム