第106回人文科学とコンピュータ研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

◆第106回 人文科学とコンピュータ研究会発表会
主査:  松村敦
幹事:  亀田尭宙、鹿内菜穂、土山玄、山田太造
共催:  国立国会図書館

会場情報
日時 2015年5月16日(土)
会場 国立国会図書館 東京本館(東京都千代田区永田町 1-10-1)

懇親会(調整中)

募集内容と締切
(1)募集内容
申し込みは締め切りました
一般口頭発表 合計 8件~10件
(今回もロング形式[通常の発表]に加えてショート形式を追加します。)

ショート:15~20分程度の持ち時間(質疑を含む)
ロング:20分~25分程度の持ち時間(質疑を含む)
(※ロング/ショートでも2p~8pの予稿は必要となります。[この範囲であれば枚数
は自由です])

参加費(聴講)
研究会登録会員:無料
学会正会員:1500円
学会会員学生:500円
学会非会員学生:1000円
非会員:2500円
  詳しい情報は下記URLをご覧ください.
  http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html


【プログラム】

[10:00-10:05]
開会の挨拶

[10:05-10:30]
(01)Perfumeのダンスはなぜ難しいのか?ー多変量ヒルベルトーファン変換によ
るモーション解析
○蔡 東生(筑波大学)
・董 然(筑波大学)
・浅井 信吉(会津大学)

ヒルベルトーファン変換(Hilbert-Huang Transform:HHT)は、経験的モード分解
により、信号を複数の固有モード関数に分解し、ヒルベルト変換をかけ、時間周
波数特性を分析する。時間 周波数特性への鋭敏性は、フーリエ変換、ウエーブ
レット変換より遥かに鋭敏で、本発表では、多変量HHTを用い、パヒューム、能
楽、文楽などの動 作を、ワルツ、ヒップホップ、サルサなどの踊りと比較する。

[10:30-10:50]
(02)「ECONOトリビア」QWERTY記事顛末記
○安岡 孝一(京都大学)

「パソコンのキーボードのキーの配列が不自然だと思ったことはありませんか」
から始まる読売新聞記事(2015年3月2日)に反論を試みた.記事 のごく一部は訂
正されたものの,反論の大部分は徒労に終わり,「連続して打つ頻度の高い文字
を遠ざける並び方に変えた」というガセネタが,再々流 布される結果となっ
た.このような局面において,人文情報学に何ができるのか,問題提起と考察を
試みる.

[10:50-11:15]
(03)日本型ダークツーリズムが直面する情報学的課題について
○井出 明(追手門学院大学)

ヨーロッパで発達したツーリズムの新しいカテゴリーである”Dark
Tourism(ダークツーリズム)”は、日本においても観光学の新しいトピックであ
ると考えられてきた。しかし「記憶の承継」を重視する日本型のダーク ツーリ
ズムは、メメント・モリの概念やカタルシスの文化を有するヨーロッパとは異な
るコンテクストで解釈されつつある。本報告では、日本型ダーク ツーリズムの
抱える問題が極めて情報学的なものであることを示すとともに、「記憶の承継」
が直面する課題について言及する。

[11:15-11:35]
(04)平安時代漢字字書総合データベースの拡張と和訓対応
○劉 冠偉(北海道大学)
・李 媛(北海道大学)
・池田 証壽(北海道大学)

我々の研究室では、日本の平安時代(中古)に編纂された漢字字書である『篆隷
万象名義』、『新撰字鏡』、『類聚名義抄』を総合したデータベースを 構築し
ている。中国撰述の『玉篇』系字書のデータベースを独自に構築し、それを土台
として、公開済みの『説文解字』や『広韻』データをも参照し て、本文入力と
校正を進めている。これらのデータは漢字データが中心であり、和訓(日本語)
のデータが未整備である。平安時代漢字字書の和訓の同 定の方法として、室町
時代(中世)、江戸時代(近世)、明治時代(近代)の漢和字書のデータを追加
すれば、より効率的かつ正確に行うことができる と考えられる。中世は『和玉
篇』、近世は『増続大広益会玉篇大全』(毛利貞斎)、近代は『大字典』(上田
萬年)を拡張の候補としている。今回、 『大字典』の和訓データ(品詞情報を
含む)について一応の整理がついたので、その概要と平安時代漢字字書総合デー
タベースとの拡張と和訓対応につ いて報告する。

[11:35-12:40] お昼休み

学生ポスターセッション
[12:40-12:50]
ショートプレゼンテーション

[12:50-14:05]
ポスターセッション
(05)洒落本を対象とした東西対照コーパスの設計と構築
○北﨑 勇帆(東京大学大学院)

洒落本は,近世期に刊行された小説の一形態であり,近世日本語の口語資料とし
ての有用性が高い.この洒落本には,書名や話の粗筋を同一にしなが ら,江戸
板・上方板で内容や語彙に異同のある作品が存在する.上方で刊行されたものが
後に江戸で改作された『月花余情』組と,江戸で刊行されたも のが後に上方で
刊行された『郭中奇譚』組である.本稿ではそのような江戸・上方間で改作が行
われた洒落本のテキストをTEI P5に準拠してマークアップすることにより,当時
の東西言語の比較資料として用いることができる対照コーパスを構築した.

(06)ロシア語によるSNSからの情報の収集・分析に向けて
○世利 彰規(東京大学大学院)

本発表ではロシア語で書かれたソーシャルメディアを用いた言説分析の経過を報
告する。SNSの中でもツイッターを資料として用いる。まず先行する 電子化され
たロシア語の言語資料について紹介する。次にツイッターからデータを取得する
上で使用したAPIやツールについて説明する。さらにロシ ア語を分析する上で
の, ロシア語の文法に関わる固有の問題について述べる。最終的に「日本」とい
うキーワードで検索して取得したツイートを数量や共起頻度などの角度から分析
し, ツイッターを使用するロシア人がもっている日本についてのイメージを取り
出すことを目指す。

(07)19世紀イギリス政府文書における財政・統計関連の史料マークアップ例の提示
○小風 尚樹(東京大学大学院)

近年、人文学研究のための資史料について、Text Encoding Initiative (TEI)
に準拠した形式でのマークアップ手法の議論が蓄積してきている。本報告では、
2013年に公表された、Kathryn Tomasek, Syd Baumanによる財務記録史料
(Historical Financial Records) のマークアップ手法についての提案を検討す
るとともに、報告者の研究領域に関する19世紀のイギリス政府文書史料につい
て、財政の流れや統計に関するもの をピックアップし、それらをマークアップ
することで、この手法の妥当性や応用可能性の一端を明らかにしたい。該当史料
を保管する英国国立公文書館 では、手稿史料のマークアップとデジタル公開が
始まっているものの、その進捗は全体の5%に留まっている。今後の大規模な
マークアップ事業の進展 に際し、その手法をめぐる議論に貢献するための試論
としたい。

(08)OpenCVを利用した活字画像の切り出しと比較 —大正新脩大藏經『一切経音
義』の活字字形研究に向けて—
○王 一凡(東京大学大学院)

画像処理ライブラリOpenCVを用い、SATが公開する『大正新脩大藏經』画像のう
ち「一切経音義」部分に含まれる、最大3種類の異なる号数の 活字で印刷された
ページから、活字を自動で切り出し、データベース上のテキストデータと対応づ
ける。また、切り出した画像と他の画像との類似度比 較によるテキストデータ
ベースの整合性チェックへの応用を試みる。

(09)原資料の構造を反映したデジタルアーカイブの構築
○田中 僚(筑波大学大学院)
・松村 敦(筑波大学)
・宇陀 則彦(筑波大学)

近年,様々なデジタルアーカイブが増加している.しかしながら,ほとんどのデ
ジタルアーカイブは利用者が原資料の構造を理解できるように構築され ていな
い.利用者はフォンド,サブフォンド,シリーズ,ファイルを個別ではなく文脈
の中でとらえることではじめて,原資料の構造を理解する.本研 究では原資料
の構造を反映したデジタルアーカイブを構築し,資料ページへのアクセスを制限
した.これにより,利用者は構造の順にのみアクセスする ことになる.その結
果,利用者は原資料の構造を文脈として理解することが可能になった.

[14:05-14:15] 休憩

企画セッション
CH×NDL=?
—NDLがもっと活用されるようにするためにCHにできること・NDLにできること—
[14:15-14:25]
趣旨説明
○永崎 研宣(人文情報学研究所)

[14:25-14:50]
NDLデータ紹介(司会:永崎研宣)
(10)NDLラボの取り組みとデジタルヒューマニティーズ
○川島 隆徳(国立国会図書館)
・丹治 美玲(国立国会図書館)

国立国会図書館では,2013年からNDLラボという事業に取り組んでいる.この事
業では,外部機関との協力により新しい図書館サービスを実証実 験することを
目的としており,いくつかの実験的システムが稼働している.このような「ラ
ボ」事業は,海外でも事例が増えてきているが,その中には デジタルヒューマ
ニティーズと関わりが深いものも多い.本稿では,NDLラボ事業の内容と提供可
能なデータ,デジタルヒューマニティーズ分野との 更なる連携の可能性につい
て述べる.

[14:50-16:00]
NDL研究紹介(司会:川島隆徳)
(11)モバイルで読む近代デジタルライブラリー
○橋本 雄太(京都大学大学院)

近年のスマートフォンとタブレットデバイスの急速な普及にともなって、デジタ
ルアーカイブの資料をこれらのモバイルデバイス上で閲覧するための情 報環境
を望む声が多くなっている。発表者は、国立国会図書館の運営する「近代デジタ
ルライブラリー」の公開資料をiOS/Androidデバイス 上で閲覧するためのモバイ
ルアプリケーション「近デジリーダー」を開発、公開している。本発表では、
「近デジリーダー」の開発と公開の過程で得ら れた知見を報告する。

(12)「翻デジ」とNDL
○永崎 研宣(人文情報学研究所)

翻デジ2014は、国立国会図書館で公開されているパブリックドメインのデジタル
化資料、とりわけ、近代デジタルライブラリーの資料の翻刻を目指 しつつ、翻
刻クラウドソーシングの在り方を提示するために開始されたプロジェクトであ
り、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会のSIGの活動の 一環である。本発表
では、2014年に開始された経緯と、若干の技術的な背景について触れた後、2015
年版に向けた方向性について報告したい。

(13)クラウドソーシングってどうですか?Crowd4U×NDLデータの事例
○森嶋 厚行(筑波大学)
・川島 隆徳(国立国会図書館)
・原田 隆史(同志社大学)
・宇陀 則彦(筑波大学)

近年,クラウドソーシングは問題解決の新しいアプローチとして注目を集めてい
る. 本講演では,クラウドソーシングの応用事例として,クラウドソーシング
プラットフォームCrowd4Uを用いたNDLデータ利用プロジェクトについて説明す
る. Crowd4Uは,非営利・公益・学術目的のクラウドソーシングプラットフォー
ムであり, 公益と学術のタスクが稼働している.Crowd4Uは大学によって開発が
行われており, プロジェクトの要望に応じて様々な機能追加が日々行われてい
る. L-Crowdプロジェクトは,Crowd4U上でNDLデータを用いて行われているプロ
ジェクトの 一つであり,ISBNによる書誌誤同定の判定をマイクロタスクで行お
うというものである. 本講演では,本事例の紹介を通じて,クラウドソーシン
グを利用した公益・学術 プロジェクトの可能性を議論したい.

[16:00-16:10] 休憩

[16:10-17:40]
パネルディスカッション
司会:永崎研宣(人文情報学研究所)
パネリスト:
 川島隆徳(国立国会図書館)
 橋本雄太(京都大学大学院)
 森嶋厚行(筑波大学)

[17:40-17:50]
奨励賞発表
閉会の挨拶

発表募集

◆第106回 人文科学とコンピュータ研究会発表会
主査:  松村敦
幹事:  亀田尭宙、鹿内菜穂、土山玄、山田太造

会場情報
 日時 2015年5月16日(土)
 会場 国立国会図書館 東京本館(東京都千代田区)
※国立国会図書館との共催イベントになります。

【募集内容と締切】
 発表申込締切 2015年3月18日(水)※延長しました
 原稿提出締切 2015年4月20日(月)

○募集内容

・学生ポスターセッション 合計 6~8件

 学生ポスターセッションの中で優秀な発表には、「奨励賞」が授与されます。
 学生のみなさま、奮ってご参加ください!

・一般口頭発表 合計 4~5件

 ・ショート:15~20分程度の持ち時間(質疑を含む)
 ・ロング:20分~25分程度の持ち時間(質疑を含む)
  ※ロング/ショートでも2p~8pの予稿は必要となります。
  (この範囲であれば枚数は自由です)


○申込方法
申込書のページ( https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/CH/ )をご利用ください
(なお、原稿提出はこちらのページから行っていただきます)
「研究会への連絡事項」欄に「学生ポスターセッション」か「一般セッション」か、ご記入ください。
投稿システムで申込後、「講演 申込完了のお知らせ」という件名のメール が自動配信されます。
担当幹事より、「講演申込受理 のお知らせ」という件名のメールで、
整理 番号とパスワード、原稿執筆の詳細が届き、正式受理となります。
正式受理の連 絡がない場合は照会先までご連絡くだ さい。
先着順にて、定足数に達し次第、締め切りとさせていただきます。
お申込み後、原稿提出時の発表ご辞退はお控えいただくようにお願いします。

【プログラム】
未定


【懇親会】
未定


お問い合わせ先†
亀田 尭宙(京都大学)
E-mail: kameda■cias.kyoto-u.ac.jp
(@を■に変更しています)
 

調査研究担当への問い合わせフォーム