第136回音声言語情報処理研究発表会

この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み,本研究発表会は現地開催を中止し,オンライン開催となりました.

参加を希望される方は,情報処理学会マイページから参加申込(2月24日頃開始予定)をお願いいたします .
※当日でも申込可能です.

参考資料:全国大会時のZoom利用の手引き

発表募集のご案内

★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
========================================================================
第136回 音声言語情報処理研究会 
========================================================================
 
2020年3月度
音声研究会(SP)・応用/電気音響研究会(EA)・信号処理研究会(SIP)・共催
超音波研究会(US)・音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)連催
研究会 発表申し込みのご案内
========================================================================
日 時:2021年3月3日(水),4日(木)
場 所:オンライン開催(Zoom利用)
========================================================================
 
2021年3月3日, 4日に、音声(SP)/応用音響(EA)/信号処理(SIP)研究会の共催にて 
研究会をオンライン開催いたします。
発表形式は口頭発表とポスター発表の両方を募集いたします。
なお、多数のお申し込みをいただいた場合、口頭発表の一部がポスター発表 
となる可能性もございますので、ご留意願います。
たくさんの発表お申込みをお待ちしております。
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
2020年3月度
音声(SP)/応用音響(EA)/信号処理(SIP)共催
超音波研究会(US)・音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)連催
研究会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
★電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)
 専門委員長 河井 恒  
 幹事 高道 慎之介,小川 哲司 幹事補佐 井島 勇祐
 
★電子情報通信学会 応用音響研究会 および日本音響学会 電気音響研究会(EA)
 専門委員長 古家 賢一 副委員長 梶川 嘉延,松井 健太郎
 幹事 加古 達也,小山 翔一 幹事補佐 小松 達也,若林 佑幸
 
★電子情報通信学会 信号処理研究会(SIP)
 専門委員長 林 和則 副委員長 坂東 幸浩, 田中 聡久
 幹事 小西 克巳,杉本 憲治郎 幹事補佐 田中 雄一
 
★電子情報通信学会および日本音響学会 超音波研究会(US)
 専門委員長 三浦 光 副委員長 近藤 淳, 小池 義和
 幹事 小山 大介,荒川 元孝 幹事補佐 平田 慎之介
 
★情報処理学会 音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)
 主査  北岡 教英
 幹事  秋田 祐哉, 太刀岡 勇気, 高島 遼一, 高道 慎之介
 
 
○開催日:2021年3月3日(水)・4日(木)
○テーマ:音声,応用/電気音響,信号処理,一般
○会場 :オンライン開催(Zoom利用)
○主催 :電子情報通信学会および日本音響学会 音声研究会(SP)
電子情報通信学会 応用音響研究会 および日本音響学会 電気音響研究会(EA)
電子情報通信学会 信号処理研究会(SIP)
電子情報通信学会および日本音響学会 超音波研究会(US)
情報処理学会 音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)
○協賛:IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter, APSIPA Japan 
Chapter
○発表申込締切:2021年1月18日(月)(原稿締切:2月初旬頃(詳細は学会からの 
メールをご覧ください))
 
 
本研究会は連催(連立開催)です.著作権は発表を申し込んだ学会に帰属します.どちらの学会に申し込んでも,予稿は情報処理学会の電子図書館および電子情報通信学会技術研究報告の両方に掲載されます.
 
-------------------------------------------------------------------------------
◆ 発表申込について
 
SP/EA/SIP/USもしくはIPSJ-SLPのいずれかの研究会へ発表申込を行います.それぞれの研究会の発表申込方法は以下をご覧ください.
 
-------------------------------------------------------------------------------
◆ SPへの申し込みの方はこちら
 
発表申込みは,電子情報通信学会 研究会発表申込システム
より、開催回の「発表申込受付中」リンクからご記入・送信ください.
研究会への投稿に関するご案内・方法・FAQ は
にございますので合わせてご覧ください.
 
発表の予稿は6ページ以内,日本語・英語いずれによる記述も可です.発表形態・選奨については,追ってご連絡いたします.
 
音声研究会では若手研究者(35才以下)の優秀発表に対して,音声研究会研究奨励賞を設けさせていただいております.2020年度末時点で35才以下の発表者(第一著者)の方は,音声研究会研究奨励賞の選奨対象となります.選奨対象である場合は,上記申込システムによる入力時,研究会アンケートの研究奨励賞の欄にチェックを入れて下さい.
 
【SP技報完全電子化】
2018年4月より,電子情報通信学会の音声研究会を含む情報システムソサイエティ(ISS)に属するすべての第一種研究会は,技術研究報告(以下、技報)完全電子化研究会となりました.完全電子化に伴い,ISSの技報の冊子体の作成は2017年度末で終了し,2018年度以降は冊子体の技報は発行されません.また,技報完全電子化によって,個人を対象とした参加費および研究会年間登録制度が導入されております。詳細については以下をご参照ください.
------------------------------------------------------------------------------
◆ EAへの申し込みの方はこちら
発表申込みは、
 の「発表申込受付中」をクリックし、フォームからお申込みください。
------------------------------------------------------------------------------
◆ SIPへの申し込みの方はこちら
発表申込みは、
 の「発表申込受付中」をクリックし、フォームからお申込みください。
------------------------------------------------------------------------------
◆ USへの申し込みの方はこちら
発表申込みは、
 の「発表申込受付中」をクリックし、フォームからお申込みください。
------------------------------------------------------------------------------
◆ SLPへの申し込みの方はこちら
 
発表申込みは,情報処理学会ホームページのSLP研究会申込ページ
からお申込みください.発表申込および原稿作成については以下のホームページもご覧ください.
○研究発表会で発表する
○研究報告原稿作成について
○SLP研究会Webページ
 
発表の予稿は2-6ページで,日本語・英語いずれによる記述も可とします.発表形態については,追ってご連絡いたします.また学生の方は、自動的に学生賞の対象となりますが、発表時点の学年により対象となる賞が異なりますので、【研究会への連絡事項】の欄へ発表時点の学年(学部、修士、博士後期課程)を記入してください。
 
[SLP研究会企業賞]
本研究会のダイヤモンドレベル企業スポンサー名をお借りして、1月~12月までに行われた研究会で業績の優れた発表、あるいは将来性のある発表を行った学生に企業賞を授与します.
 
選考対象となるのは,以下の発表です.SLP研究会に第1著者として発表を申し込み,発表時において博士学生,修士学生,もしくは学部生であり、当日実際に発表を行った者.
 
選考対象となる場合は【研究会への連絡事項】の欄へ「SLP研究会企業賞対象発表」と記入してください.
 
※さらにSLPへ申し込まれた場合は,自動的に山下記念研究賞の選奨対象となります.
-------------------------------------------------------------------------
 
 
●参加費について
研究会は連催となっておりますが,プログラム上は混合です.申込先または主目的で参加する1つの研究会の参加費をお支払いいただければ,すべてのプログラムに参加可能です.
 
※電子情報通信学会の申し込みサイトには,「掲載料」との記述がある場合がありますが,掲載料はかかりません.ただし,今年度から当日参加される発表者にも参加費をお支払い頂きます.
 
なお,何らかの事情でWeb からのお申込みができない場合は,問い合わせ先まで E-mail でご連絡下さい.
 
問い合わせ先
(SP) 井島 勇祐
E-mail: yusuke.ijima.xb[at]hco.ntt.co.jp
(EA) 加古 達也
E-mail: tatsuya.kako.tx[[at]hco.ntt.co.jp
(SIP) 小西 克巳
E-mail: konishi[at]hosei.ac.jp
(US)荒川 元孝
E-mail: arakawa[at]ecei.tohoku.ac.jp
(IPSJ-SLP) 秋田 祐哉
E-mail: akita[at]econ.kyoto-u.ac.jp
====================================================================

調査研究担当への問い合わせフォーム