第167回データベースシステム・第132回情報基礎とアクセス技術合同研究発表会


標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

発表募集

=========================================================================
情報処理学会 第167回 データベースシステム研究会 (SIG-DBS)
情報処理学会 第132回 情報基礎とアクセス技術研究会 (SIG-IFAT)
電子情報通信学会 データ工学研究会 (DE)
合同研究会開催(WebDB Forum 2018と一体開催)のご案内と発表募集
=========================================================================

【日  程】
 2018年9月12日(水)~14日(金) (WebDB Forum 2018との一体開催)
【場  所】 東京工業大学 大岡山キャンパス(〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1)
       〒152-8550 東京都目黒区大岡山2丁目12-1
       https://www.titech.ac.jp/maps/

【申込締切】
 2018年7月14日(土)
【原稿締切】 2018年8月8日(水) 23時59分 締切
       ※締切を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
        その場合,発表キャンセルとなりますのでご注意ください.

【 テーマ 】
  ビッグデータを対象とした管理・情報検索・知識獲得および一般

情報処理学会データベースシステム研究会(SIG-DBS),情報処理学会情報基礎とアクセス技術研究会(SIG-IFAT)と電子情報通信学会データ工学研究会(DE)は,データ管理・情報検索・知識獲得の理論・応用に関する研究論文を募集いたします.また,これらのテーマに限らず,両研究会が取り扱う研究領域に関する研究論文を歓迎いたします.

本合同研究会は WebDB Forum 2018 と一体開催されます.WebDB Forum 2018では,日本の Web+DB コミュニティの産学連携の場,質の高い研究発表の場として,
  • 企業からの技術報告セッション
  • 招待講演・パネル討論などで構成する特別セッション
  • 海外の著名な研究者と若手の気鋭研究者によるiDB特別セッション
  • 情報処理学会論文誌:データベース(TOD)に採択された論文の口頭発表
などを行う予定です.本合同研究会にお申し込みいただいた論文は,TOD に採択された論文とともに一般論文セッションの中でご発表いただきます.

WebDB Forumは,WebやDB分野の第一線で活躍する大学・企業研究者など300-400名程度の方々に例年ご参加いただいており,本合同研究会でご発表いただくことで活発な議論や研究へのフィードバックが期待されます.今年は交通至便な東京工業大学大岡山キャンパスでの開催です.皆様のご投稿をお待ち申し上げております.

発表申込方法
発表申込,原稿の提出はいずれかの研究会に行っていただきます.一つの研究会のみに所属されている場合は,そちらをお選びください.複数の研究会に所属されている場合,または,いずれの研究会にも所属されていない場合は,どの研究会をお選びいただいても結構です.なお,発表時には申込み研究会の区別なくセッションを構成する予定です.各研究会への発表申込は以下のURLから行ってください.

 DBS: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DBS/
 IFAT: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IFAT/
 DE  : http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-DE
 (※) 登録の際に,下記3点を必ずご記入ください.
   (DBS/IFATは「研究会への連絡事項」欄,DEは「申込フォーム」欄に記入)
  (1) 発表者種別についていずれかをお選びください:
   ・学生
   ・一般
  (2) WebDB Forumでのポスター・デモ発表についていずれかをお選びください:
     (WebDBフォーラム2018では,合同研究会の発表者には,原則として,ポスター発表
       を行っていただくことをお願いしております)
   ・ポスター+デモ発表を希望する
   ・ポスター発表のみを希望する
   ・希望しない
  (3) TOD80号への投稿についていずれかをお選びください:
   ・発表希望論文はTOD80号にテクニカルノートとして投稿中であり,そちらが不採録の場合に,
     本合同研究会での発表を希望する.
    (採録の場合には,WebDB Forum 2018 ではTODテクニカルノートとしてご発表いただき,
      本合同研究会への申込みはキャンセルとなります.)
   ・該当しない

【発表申込みについて】

  • 受付は先着順で行ない,発表申込数が予定件数を上回った場合には,それ以降にお申し込みの方に,次回の研究会にまわっていただくようお願いする場合がございます.
  • ポスター・デモ発表についても定員内の先着順となります.また,ポスター・デモ発表の会場に入られる方全員についてWebDB Forum 2018への参加登録が必要です.
  • TOD80号テクニカルノートにご投稿中で,不採録となった場合に研究会での発表を希望される方は,一旦,本合同研究会での発表をお申し込みください.TOD80号テクニカルノートとして採録された際には,研究会へのお申し込みをキャンセルいたします.
  • 締切後の発表キャンセルは原則としてできません(ただし,TOD80号不採録時に本合同研究会での発表を希望するとしていた論文が採録された場合にはキャンセルとなります).発表申込後にキャンセルの必要が生じた場合には,なるべく早くご連絡ください.
  • 発表申込後,原稿提出締切までに原稿が到着しない場合には,発表を取り消させていただくことになりますのでご注意ください.
  • 原稿提出締切後の原稿差替えはできません.
【研究報告について】
  • DBS/IFAT: 情報処理学会の研究会はペーパーレスでの開催となり,印刷した研究報告は配布いたしません.また,研究報告は研究会開催初日の1週間前に公開されます.特許出願等の際はご留意ください.
    (DBS/IFAT研究会にご登録済みの方がDBS/IFATで発表を行われる場合)
     研究発表会の研究報告が研究会開催初日の1週間前より情報処理学会電子図書館で閲覧
     できます.事前に研究報告PDFをご自分のPCにダウンロードし研究会にご持参ください.
     ※電子図書館のご利用にはユーザ登録(無料)が必要です.
    (DBS/IFAT研究会にご登録のない方がDBS/IFATで発表を行われる場合)
     研究会当日にUSBメモリの読めるPCをご持参ください.研究会会場にて,
     USBメモリからコピーすることで研究報告PDFを閲覧することができます.
  • DE: この研究会は「技報完全電子化研究会」として開催されます.技報の電子データ取得のためには,DE研の年間購読を行っていただくか,今回の研究会の技報権付きの参加費のお支払いを行っていただく必要があります.この機会に年間購読の申し込みをご検討下さい.(http://www.ieice.org/jpn/books/kenkyuuhoukoku.html)
【原稿作成方法】 

【参加費】
本合同研究会はWebDB Forum 2018との一体開催となりますが,参加登録については,WebDB Forum 2018と本合同研究会で個別に行っていただく必要があります.合同研究会への参加費とは別にWebDB Forum 2018への参加費がかかりますのであらかじめご留意ください.
  • DBS/IFAT: 参加者種別や発表件数によって参加費の額が変わります.また,DBSあるいはIFAT研究会に参加の方については,合同研究会参加費はIFAT研究会に準拠いたします.
    http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html
  • DE: 今年度から参加費が必要です(「学生・D/L権なし」の場合を除く).
    参加費は,参加者種別や,技報のダウンロード権(D/L権)によって異なります.正式には,追って,http://db-event.jpn.org/webdbf2018/ に掲載いたします.  
    年間購読者:無料
    学生・D/L権なし:無料
    学生・D/L権あり:当日1,000円,事前540円
    信学会会員:当日3,000円,事前2,700円
    信学会非会員:当日4,000円,事前3,780円
    【注】学生信学会会員については上記以外の取り扱いがあります.
参加費が確定次第 http://db-event.jpn.org/webdbf2018/ に掲載いたします.
(参考: WebDB Forum 2017 http://db-event.jpn.org/webdbf2017/registration.html)

WebDB Forum 2018のセッションのうち,本合同研究会からの発表論文が含まれるセッション以外(招待講演,特別セッション,技術報告セッション,ポスターレセプション,iDB特別セッション,本合同研究会からの発表論文が含まれない一般論文セッションなど)に参加するためには,別途,WebDB Forum 2018に参加登録をしていただく必要があります.WebDB Forum 2018の参加登録につきましては,詳細が決まりましたら http://db-event.jpn.org/webdbf2018/ に掲載いたします.

ポスター発表,デモ発表を希望される場合も,発表会場に入られる方全員について WebDB Forum 2018への参加登録が必須となります.また,WebDB Forum2018での発表論文から選定される企業賞の対象となるのは,発表者が WebDB Forum 2018に参加登録いただいている論文のみになりますのでご注意ください.

【お問合せ先】
 
 ・ DBS: 山本 岳洋(京都大学) <tyamamot "at" dl.kuis.kyoto-u.ac.jp>
 ・ IFAT: 蔵川 圭 (国立情報学研究所)<kurakawa "at" nii.ac.jp>
 ・ DE:   大島 裕明(兵庫県立大学) <ohshima "at" ai.u-hyogo.ac.jp>

 

調査研究担当への問い合わせフォーム