第153回CE研究発表会

※本会主催イベントにおける新型コロナウイルス感染症への対策について(2020.2.3)

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館(情報学広場)で公開します。
    ※2019年度より研究発表会当日用サイトのID・パスワードの事前配布は行わないことになりました。研究会に登録されている方で研究発表会に参加されない場合の論文のダウンロードには上記電子図書館をご利用くださいますようお願いいたします。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

開催案内

 第153回CE研究発表会
 
日 程 :2020年 2月 15日(土)-16日(日)
共 催 :国立大学法人大阪教育大学    
会 場 :大阪教育大学 天王寺キャンパス(大阪市天王寺区南河堀町4-88)
    中央館2F 214教室,215教室 ※正門(北口)入って正面にある7階建ての建物です.
会場へのアクセス:https://osaka-kyoiku.ac.jp/campus_map.html#tennoji
 
【参加費(聴講)】
研究会登録会員:無料
学会正会員:2000円
学会会員学生:500円
学会非会員学生:1000円
非会員:3000円
初等中等教育関係者(児童・生徒を含む):聴講無料
大阪教育大学関係者(CE153のみ):聴講無料
 
詳しい情報は下記URLをご覧ください.
 
【プログラム】
※学生セッションは2会場で並行発表で行われます。
※一般発表及び特別講演は214教室で行います。
 
2/15(土)
10:20-10:30 オープニング
●10:30-12:10 学生セッション(1) (214教室,並行発表) 座長:中野 由章 (神戸市立科学技術高等学校)
[1] Scratch を用いたトレインシミュレーターでPISA 型学力「数学的リテラシー」を育む
 公文 英斗(大阪教育大学), 内藤 優樹(大阪教育大学), 山本 樹(堺市立三国丘中学校), 上出 吉則(大阪教育大学)
[2] Scratchを用いたサイクロイドの幾何学的近似アプローチ—ICTで動きの遷移状況を可視化するー
 伊藤 寿佑記(大阪教育大学), 大北 峻(大阪教育大学), 吉川 隼人(大阪教育大学), 浦瀬 奈都(大阪教育大学附属平野中学校), 上出 吉則(大阪教育大学)
[3] 器械運動における身体軌跡の可視化の検討
 櫻井 大暉(立命館大学情報理工学部), 大井 翔(立命館大学情報理工学部), 後藤 壮史(奈良県王寺町立王寺小学校), 野間 春生(立命館大学情報理工学部)
[4] 農作業記録と環境データを利用した農作業の振り返り支援システムの開発と評価
 菅野 祐馬(岩手県立大学大学院), 高木 正則(岩手県立大学), 市川 尚(岩手県立大学)
 
●10:55-12:10 学生セッション(2) (215教室,並行発表) 座長:長瀧 寛之 (大阪電気通信大学)
[5] データサイエンス教育を目的とした慣性計測センサを用いた学習教材の検討
 渕 崇洋(大阪電気通信大学), 是常 友哉(大阪電気通信大学), 白濱 勝太(大阪電気通信大学大学院), 上東 亜祐希(大阪電気通信大学大学院), 上善 恒雄(大阪電気通信大学)
[6] レスポンス・アナライザーの開発・分析に関する研究
 海老原 宏樹(東京電機大学大学院 情報環境学研究科), 近藤 郁哉(東京電機大学大学院 情報環境学研究科), 高野 辰之(関東学院大学 理工学部), 小濱 隆司(東京電機大学 情報環境学部), 宮川 治(東京電機大学 情報環境学部)
[7] 学習者用デジタル教科書と一体的な使用を可能としたワークシートの開発と評価
 大山 洋俊(東京学芸大学), 加藤 直樹(東京学芸大学)
発表取消 ソースコードに対するコメント位置推定のための抽象構文木に基づいた特徴量に関する検討
 嘉陽 桃子(琉球大学), 當間 愛晃(琉球大学), 赤嶺 有平(琉球大学), 山田 孝治(琉球大学), 遠藤 聡志(琉球大学)
 
12:10-13:30 昼休み
 
●13:30-15:00 一般発表セッション(1) 座長:渡辺 博芳 (帝京大学)
[8] 企業の新入社員研修におけるプログラミング教育の実践例
 塩崎 正人(フルタニ産業株式会社), 敦賀 誠一(フルタニ産業株式会社), 中川 宙(フルタニ産業株式会社), 古谷 芳康(フルタニ産業株式会社), 吉田 典弘(羽衣国際大学)
[9] Pythonを用いたプログラミングスキルの基礎力習得のための「情報機器の操作」シラバスの提案
 吉田 典弘(羽衣国際大学), 越智 徹(大阪工業大学)
[10] 「高等学校情報科『情報I』教員研修用教材」第3章へのPyPENの適用
 中西 渉(名古屋高等学校)
 
15:00-15:15 休憩
 
15:15-16:15 一般発表セッション(2) 座長:越智 徹(大阪工業大学)
[11] 学習間隔に応じた得点計算法の運用評価 -SQL実習支援システムへの適用-
 石川 大輔(茨城大学大学院理工学研究科), 岡田 信一郎(茨城大学工学部)
[12] ミニドローンを用いた小・中学校連携プログラミング教育の環境と教材の開発
 大森 康正(上越教育大学), 今出 亘彦(上越教育大学), 南雲 秀雄(新潟青陵大学), 武村 泰宏(大阪芸術大学)
[13] 簡易脳波計と教育版マインクラフトを用いたビジュアルプログラミング学習時の難易度の評価
 梅澤 克之(湘南工科大学), 中澤 真(会津大学短期大学部), 石井 雄隆(千葉大学), 小林 学(早稲田大学), 中野 美知子(早稲田大学), 平澤 茂一(早稲田大学)
 
16:15-16:30 休憩
 
16:30-17:30 特別講演 2020年代の情報教育とその未来 進行:越智徹(大阪工業大学)
 2020年代の情報教育とその未来
 兼宗進(大阪電気通信大学,CE研主査),新津勝二(大阪教育大学)
 
18:00 情報交換会
 
 
2/16(日)
●10:30-11:45 学生セッション(3) (214教室,並行発表) 座長:林 浩一(ピースミール・テクノロジー)
[14] 中学生のSNS、ゲームへの依存傾向に対する調査
 一上 さおり(放送大学大学院修士課程), 辰己 丈夫(放送大学)
[15] 中学生向けプログラミングと英語力についての考察
 平野 恵(放送大学大学院修士課程(大妻中野中学校・高等学校)), 辰己 丈夫(放送大学)
[16] ブロック言語とテキスト言語の双方で学習可能な中学生を対象とするプログラミング教材の提案
 小谷 悠介(大阪教育大学), 望月 久稔(大阪教育大学)
 
●10:30-11:45 学生セッション(4) (215教室,並行発表) 座長:
[17] 作問学習における思考力・判断力・表現力の目標設定・自己評価・他者評価の継続的な実践と分析
 佐藤 雅希(岩手県立大学大学院), 高木 正則(岩手県立大学), 市川 尚(岩手県立大学)
[18] 「共通教科情報」での実生活と関連付けた知的財産権に関する問題を題材とした作問学習の実践と評価
 加藤 弘祐(岩手県立大学大学院), 高木 正則(岩手県立大学), 市川 尚(岩手県立大学)
[19] チャットボットを利用した数学のつまずき箇所の理解を支援する学習支援システムの開発と評価
 小菅 李音(岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科), 高木 正則(岩手県立大学大), 市川 尚(岩手県立大学)
 
11:45-13:15 昼休み
 
●13:15-14:15 一般発表セッション(3) 座長:隅谷 孝洋 (広島大学)
[20] AIについて体験的に学習した中学生のAIに対する理解度と意識の関係
 板垣 翔大(大阪教育大学大学院連合教職実践研究科), 浅水 智也(宮城教育大学附属中学校), 佐藤 和紀(常葉大学教育学部), 中川 哲(東北大学大学院情報科学研究科), 安藤 明伸(宮城教育大学教育学部), 堀田 龍也(東北大学大学院情報科学研究科)
[21] CGI による動的なネットワークサービス提供体験ができるプログラミング教材の提案
 光永 法明(大阪教育大学)
[22] 一般情報教育におけるAmazon Web Servicesを利用したサーバ構築演習
 鈴木 大助(北陸大学)
 
14:45-15:00 休憩
 
●15:00-16:00 一般発表セッション(4) 座長:渡邉 景子 (東京女子体育大学)
[23] 教科「情報」は関係者からどの程度理解されているのか
 中園 長新(東京福祉大学)
[24] 情報分野におけるコンピュータ利用特性を活かしたブラウザ型CBTシステムの開発
 香西 省治(データアクセス株式会社), 角谷 良彦(株式会社マインド・アーキテクト), 西田 知博(大阪学院大学), 植原 啓介(慶應義塾大学), 萩谷 昌己(東京大学), 萩原 兼一(大阪大学)
 
16:05-16:10 クロージング
 
【発表時間】
・一般発表セッション(30分)
   発表 20分
   質疑応答 10分
・学生セッション(25分)
   発表 15分
   質疑応答 10分
・研究論文セッション(35分)
   発表 20分
   助言者コメント紹介 5分
   質疑応答 10分

【情報交換会】
参加申込はこちらから
日付: 2020年2月15日(土) 研究会終了後(18:00開始予定)
場所:花さき じんの庵    大阪府大阪市天王寺区大道5-4-12(会場より徒歩1分)
会費:学生 3000円,社会人(有職学生含む) 5000円(予定)
申込締切:2020年2月12日(水) 午前9時 先着40人予定
 

研究発表会発表募集

 ★★★★★★★★★★★★★★★ 原稿締切厳守 ! ★★★★★★★★★★★★★★★★
・原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、
  発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
・原稿締切までは 何度でもご自身でアップロード可能 です。
  (締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください。)
・フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、
  早めに一度アップロードされることをお勧めします。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
情報処理学会 コンピュータと教育研究会
153回研究発表会 

開催日:2020年 2月 15日(土)~ 16日(日)
開催会場:大阪教育大学 天王寺キャンパス(大阪市天王寺区南河堀町4-88)

申込締切:12月20日(金) ※件数によってはこの前にクローズ
発表申し込みが多数の場合、先着順といたしますのでご了承ください。
発表をご希望の方は,申込に関する詳細をご確認の上,投稿システムより発表申込を行ってください.
学生セッションでの発表を希望する場合は、発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に「学生セッション希望」と記入して下さい。
研究論文セッションでの発表を希望する場合は、発表申込フォームの"研究会への連絡事項"欄に「研究論文セッション希望」と記入して下さい。
 
投稿締切:1月22日(水)
 
締め切り日の深夜12時で、投稿システムは無慈悲に受付停止します。期限までに投稿されなかった場合は、自動的にキャンセル扱いとなりますので、くれぐれも締め切り厳守でお願いいたします。
 

参加費:
CE研究会登録会員 → 無料 情報処理学会学生会員 → 500円
情報処理学会個人,賛助会員(学生会員を除く) → 1500円 ☆
非会員学生 → 1000円
その他 → 2500円 ☆
初等中等教育関係者(児童・生徒を含む) → 聴講無料
☆発表件数20以上の場合は、+500になります。
 (参加費規定についてはこちら
 
発表時間:
一般発表セッション(30分)
発表20分 質疑応答10分
 
学生セッション(25分)
発表15分 質疑応答10分
 
研究論文セッション(35分)
発表20分 助言者コメント紹介5分 質疑応答10分

 

調査研究担当への問い合わせフォーム