第55回BIO研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

開催案内

********************************************
情報処理学会第55回バイオ情報学研究会のご案内
********************************************

日時:平成30年9月18日(火) 14:00-16:55
会場:鶴岡メタボロームキャンパス共用棟1F大会議室
(〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上246番地2)

https://www.city.tsuruoka.lg.jp/static/TsuruokaMetabolomeClusuter/access.html
(生命医薬情報学連合大会(IIBMP 2018)の前日開催となります)

【プログラム】
(1) 14:00-14:25(25分)
疾患とDrugMatrixデータセットとの間の遺伝子発現の統合解析におけるテンソル分解ベースの教師なし特徴抽出を用いた候補薬物の同定
〇田口善弘(中央大学)

(2) 14:25-14:40(15分)
少ない遺伝子発現データを活用するための畳み込みニューラルネットワークと転移学習による毒性予測システム
〇高橋弘樹、山根順子、藤渕航(京都大学)

(3) 14:40-15:55(15分)
遺伝子モジュールに基づく細胞間類似度算出法の開発
〇小櫻裕司、藤渕航(京都大学)

(4) 15:55-15:10(15分)
ncRNA-疾患関連性の予測法の改良
〇母里卓也(東邦大学)、林田守広(松江工業高専)、阿久津達也(京都大学)、ナチェル
ホセ(東邦大学)

(25分休憩)

(5) 15:35-16:00(25分)
libRCGA: 動力学モデルの高速なパラメータ推定のための遺伝的アルゴリズムライブラリ  
〇前田和勲(九州工業大学)、C. Boogerd
Fred(アムステルダム自由大学)、倉田博之(九州工業大学)

(6) 16:00-16:25(25分)
EMU tracing: 与えられた代謝ネットワークにより原料elementary metabolite unit
(EMU)から生成し得る代謝産物EMUの列挙
〇太田潤(岡山大学)

(7) 16:25-16:40(15分)
有用化合物を生産・増産する代謝ネットワークを設計するアルゴリズム
〇田村武幸(京都大学)

(8) 16:40-16:55(15分)
アメリカネナシカズラのゲノム解析
〇大林武、横山隆亮、山田和範、青木裕一、田高周、西羽美、木下賢吾、西谷和彦(東北大学)
 

発表募集

*********************************************
情報処理学会「第55回バイオ情報学(BIO)研究会」
講演募集 及び 連動論文投稿のご案内
*********************************************

日時:平成30年9月18日(火) 13:00-18:00
会場:鶴岡メタボロームキャンパス共用棟1F大会議室
(〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上246番地2)
https://www.city.tsuruoka.lg.jp/static/TsuruokaMetabolomeClusuter/access.html
(生命医薬情報学連合大会(IIBMP 2018)の前日開催となります)

発表申込締切:平成30年8月6日(月)
TBIO連動論文投稿締切:平成30年8月19日(日)
予稿集原稿締切:平成30年8月27日(月)(延長はありません)

※IPSJ Transactions on Bioinformatics (TBIO) 連動論文に投稿する場合は,
研究会予稿集用原稿と論文誌用原稿の両者を提出いただく必要があります.
それぞれ,投稿先と締切が異なりますので十分ご注意ください.
詳細は下記をご覧ください.

発表申込方法: 以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/BIO/

その際,「研究会への連絡事項」欄には

(1) 発表タイプ(下記より選択)
・ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)
・ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)及びTBIOへ投稿
(※ TBIO投稿申し込みフォームも併せてご記入ください)
・ショートトーク(予稿2ページ[推奨],発表10分,質疑応答5分)
・ディスカッショントラック(予稿は表題・著者・概要のみ記載,発表10分,
質疑応答5分)

(2) 発表者の身分,研究会登録の有無について(該当するものを選択)
・社会人,SIGBIO登録会員
・社会人,SIGBIO非登録会員
・学生,SIGBIO登録会員
・学生,この発表申し込み後にSIGBIO登録予定
・学生,SIGBIO登録予定なし(SIGBIO学生奨励賞の対象外となります)

をご記入下さい.

注1)バイオ情報学研究会では,研究会と連動してトランザクションTBIOへの投稿を
受け付けます.連動投稿では通常のTBIO同様,英語の原稿のみを受け付け,採否の判定を研究会の開催日にお伝えします.
TBIOへの投稿原稿の締切は8月19日(日)17:00です!
TBIO へ投稿する場合は,講演はロングトークのみとなります.
詳細は,下記の----------で挟まれた箇所をご覧ください.

注2)昨年度より,発表タイプとして新たに「ディスカッショントラック」を設けています.
ディスカッショントラックには,将来的に論文化を検討している萌芽研究,論文誌や国際会議などに採択された研究,国際会議等の参加報告(研究動向調査),あるテーマに関するレビューなど,参加者にとって有用な話題・情報提供であれば,原則として,いかなる内容でも発表可能です.
予稿集には,表題,著者リスト,概要のみの掲載となりますので,お気軽に発表をご検討ください.
なお,ディスカッショントラックにおける発表は,各種賞受賞の対象外となりますこと,あらかじめご了承ください.

また,従来の「SIGBIO学生奨励賞」に加えて,
「SIGBIO優秀プレゼンテーション賞」
を設けています.
本賞は,評価が高い発表を行ったバイオ情報学研究会登録者(準登録者を含む),情報処理学会ジュニア会員を対象に,学生・一般の区別なく贈呈します.
TBIOでも,研究会登録会員を著者に含む優秀論文に対し,「SIGBIO論文賞」を授与しておりますので,奮って研究会登録をお願いいたします.

SIGBIO研究会への登録は情報処理学会のホームページより行うことができます.
また,情報処理学会会員でなくとも準登録会員として登録することができます.
学会のホームページhttp://www.ipsj.or.jp/より「入会する」を選んで詳細をご覧ください. 

発表申込後,別途,情報処理学会より,執筆要領,提出締切などのお知らせが届きます.
詳細は執筆要領をご確認ください.
※原稿作成についてはこちら
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

---------------------------------------------------------------------------
発表申し込み時に,「研究会への連絡事項」の欄で,
「ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)及びTBIOへ投稿」
を選択される皆様へ(TBIOは英文論文誌です)

●「TBIO投稿申し込みフォーム」の内容を記載して下さい.
記載がない場合は,TBIOへ投稿しないものと判断されてしまいますので
ご注意下さい.
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/bio/submission_j.txt
をご覧ください.

●TBIOへの投稿原稿は,以下の「TBIOの原稿の投稿方法」に従って投稿して下さい.
 ★TBIO の論文原稿と予稿集の原稿の2つの原稿の提出が必要です!
 ★予稿の提出が締切に遅れた場合は発表も投稿もキャンセルとなります!
 ★論文誌原稿の提出が締切に遅れた場合は研究会と非連動の扱いとなり,
判定を研究会でお伝えすることは保証できません!

●TBIOの原稿の投稿方法
8月19日(日)17:00までにPDFのページ数無制限の投稿論文を
To: tbio-editors[AT]googlegroups.com  ※[AT]は@になおしてください。
Cc: 担当編集委員
に電子メールで送信してください.
なお,原稿提出までに担当編集委員から連絡がない場合は,
担当編集委員にCcする必要はありません.
---------------------------------------------------------------------------

【ペーパレスについて】
標記の研究発表会はペーパレスで行います.

<BIO研究会にご登録されている方>
研究発表会の【一週間前】に「情報学広場」の電子図書館
https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/)で当研究発表会の資料を公開します. 
当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか,
ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください.

<BIO研究会にご登録のない方>
当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします.
当日はネットワークにアクセスできるPCをご持参ください.

なお,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めてすべて「情報学広場」でご購読いただけます.是非この機会に登録をご検討ください.

電子図書館「情報学広場」の利用方法などは下記をご参照下さい.
http://www.ipsj.or.jp/e-library/digital_library.html

【問合せ先】
阿久津達也(京都大学 化学研究所)
E-mail: takutsu[AT]kuicr.kyoto-u.ac.jp ※[AT]は@になおしてください。 

調査研究担当への問い合わせフォーム