第189回AL研究発表会

第189回アルゴリズム研究発表会

この度の新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、本研究発表会はハイブリッド開催を予定しております。ただし、今後の状況によってはオンラインでの開催のみに変更することがあります。
また、本研究発表会は 第21回情報科学技術フォーラム(FIT2022) 内での開催となります。 参加申込詳細は決まり次第、本ページに掲載いたします。

参考資料:FIT2021オンライン参加について(昨年度版)

参加申込

日   程  : 2022年9月15日(木)
会   場  : 現地開催(慶應義塾大学矢上キャンパス)とオンライン開催を併用したハイブリッド開催(予定)

今回はFIT2022(第21回情報科学技術フォーラム)内で、電子情報通信学会コンピュテーション研究会(COMP)との連催で開催されます。

※参加申込詳細は決まり次第本ページに掲載いたします。

プログラム

9月15日(木)

■10:30-12:00(COMP発表3件)
(1)ストリーミングデータにおけるアイテム頻出数を求める省領域乱択アルゴリズム
○垣村尚徳(慶大)・新田 陸(日本IBM)

(2)直並列グラフに含まれる極小誘導シュタイナー部分グラフの効率良い列挙
○大野木 駿(豊橋技科大)・和佐州洋(法政大)

(3)双方向マッチングにおける新しいindividual fairnessに関する一考察
○中村 徹・磯原隆将(KDDI総合研究所)

=============================
□13:00-13:10 「情報処理学会コンピュータサイエンス領域奨励賞」の表彰式
=============================

■13:10-14:40(AL発表3件)
(4)離散化アプローチによる共通展開図の非存在性の証明
Elena Arseneva (St Petersburg State University), Erik D. Demaine (CSAIL, MIT), ○Tonan Kamata (JAIST), Ryuhei Uehara (JAIST)

(5)UNOを用いた数独に対するゼロ知識証明について
○田中 滉大(東北大学),水木 敬明(東北大学)

(6)ボードゲーム「ノッカノッカ」の一般化と解析
○池内 明伸(九州大学),山口 勇太郎(大阪大学)


※一般講演:発表 25 分 + 質疑応答 5 分
※本研究会は無査読で実施しています。

発表募集(募集は終了しました)


原稿締切厳守 !

  • 原稿締切日の24時を過ぎるとシステムに投稿が出来なくなり、発表も取り消しとなりますのでご注意ください。
  • 原稿締切までは何度でもご自身でアップロード可能です(締切後は、原稿の差替え(再アップロード)、発表の取り消しもできませんのでご注意ください)。
  • フォントが正しく埋め込まれていないといったトラブルもありますので、早めに一度アップロードされることをお勧めします。



日   程  : 2022年9月13日(水)~ 15日(木)(FIT2022内で開催/3日間の内いずれかの日程で開催予定)
会   場  : 現地開催(慶應義塾大学矢上キャンパス)とオンライン開催を併用したハイブリッド開催(予定)

今回はFIT2022(第21回情報科学技術フォーラム)内で、電子情報通信学会コンピュテーション研究会(COMP)との連催で開催されます。

発表申込締切: 2022年7月11日 → 18日(月)23時59分 締切 延長しました!

原稿提出締切: 2022年8月9日(火)23時59分 締切厳守

23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ますので,
お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

発表申込方法 :
以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/AL/

※申込みフォームの「研究会への連絡事項欄」に以下についてご入力ください.
(1)生年月:19__年__月
(2)ショートトークを希望:する/しない
(3)発表時間に特別のご希望があれば明記下さい.

* 発表者生年月は受賞候補者選考等に必要な場合がありますのでご協力願います.

個人情報について

発表申込・参加申込にてご提供頂いた個人情報は、情報処理学会プライバシーポリシーに則って適切に管理します。同意いただいたうえでお申し込みください。なお、研究会幹事より直接ご連絡させていただく場合もございますのでご了承願います。

参考) 情報処理学会プライバシーポリシー