第99回音声言語情報処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

            ◆ 第15回音声言語シンポジウム◆

           音声研究会(SP)
        音声言語情報処理研究会(SLP)
         2研究会連立開催研究会

           開催のご案内
          ~~~~~~~~~~~~~~
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

★音声研究会(SP)
専門委員長 川端 豪 (関西学院大)  副委員長 河井 恒 (KDDI研)
幹事 鈴木 基之 (阪工大), 戸田 智基 (奈良先端大)
幹事補佐 大谷 大和 (東芝), 大庭 隆伸 (NTT)

★音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP)
主査 伊藤 彰則 (東北大)
幹事 篠田 浩一 (東工大), 駒谷 和範 (名大), 佐藤 庄衛 (NHK技研)

日時 2013年12月19日(木) 09:55~17:40
   2013年12月20日(金) 09:45~17:55

会場  筑波大学文京キャンパス(〒112-0012 東京都文京区大塚
3-29-1.http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html)

議題  第15回音声言語シンポジウム

オーガナイズドセッション 「音声合成で用いられる他分野の成果・他
分野で用いられる音声合成研究の成果」
音声合成の研究では、他の研究分野で発展した技術を導入したことがブ
レイクスルーにつながり、飛躍的な進歩が得られたことがたびたびあり
ます。逆に、音声合成分野で培われた技術が他の研究分野に応用される
こともあります。そこで、音声合成を超えて各分野の新たな発展期すた
め、音声合成で用いられる他分野の成果や、他分野で用いられる音声合
成の成果に関して幅広く議論するセッションを企画しました。


≪プログラム≫

12月19日(木) 午前  開会挨拶 (09:55~10:05)

--- 開会挨拶 ( 10分 ) ---

12月19日(木) 午前  音声認識 (10:05~11:45)

(1) 10:05 - 10:30
分布間距離ベクトルに基づく音響的類似度とサブワード事後確率の併用による音
声検索語検出の改善
山本直樹(静岡大学大)・甲斐充彦(静岡大学大)

(2) 10:30 - 10:55
音声入力による音声ドキュメント検索における単語重要度を考慮した ベイズリ
スク最小化音声認識
志々見亮(同志社大)・西田昌史(同志社大)・南條浩輝(龍谷大)・ 山本誠
一(同志社大)

(3) 10:55 - 11:20
HMM状態系列間の照合による音声中の検索語検出精度向上
高橋仁基(岩手県立大)・伊藤慶明(岩手県立大)・李時旭(産総研)・田中和
世(筑波大)・小嶋和徳(岩手県立大)・石亀昌明(岩手県立大)

(4) 11:20 - 11:45
音節単位DNN-HMMによる音声認識の検討
関博史(豊橋技科大)・中川聖一(豊橋技科大)

--- 昼休み ( 75分 ) ---

12月19日(木) 午後  音声一般 (13:00~13:50)

(5)/SP  13:00 - 13:25
誤り単語の視覚・聴覚提示における事象関連電位による違和感分析
○小田垣 佑・サクティ サクリアニ・ニュービッグ グラム・戸田智基・中村
哲(奈良先端大)

(6)/SP  13:25 - 13:50
ピッチ特徴量を用いた自閉症スペクトラム障害児と定型発達児の識別
○柿原康博・滝口哲也・有木康雄(神戸大)・中井 靖(川崎医療短大)・高田
 哲(神戸大)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

12月19日(木) 午後  音声対話 (14:00~15:40)

(7) 14:00 - 14:25
説得対話コーパスの構築と分析
平岡拓也(奈良先端大)・ニュービッグ=グラハム(奈良先端大)・サクテイ=
サクリアニ(奈良先端大)・戸田智基(奈良先端大)・中村哲(奈良先端大)

(8)/SP  14:25 - 14:50
Efficient Phoneme Set Design Using Phonetic Decision Tree in
Dialogue-Based English CALL Systems for Japanese Students
○Xiaoyun Wang(Doshisha Univ.)・Jinsong Zhang(Beijing Language and
Culture Univ.)・Masafumi Nishida・Seiichi Yamamoto(Doshisha Univ.)

(9) 14:50 - 15:15
ARキャラクタとの英会話練習時における交代潜時のタイムプレッシャーによる制御
鈴木直人(東北大)・廣井富(大阪工大)・藤原祐磨(大阪工大)・黒田尚孝
(大阪工大)・戸塚典子(東北大)・千葉祐弥(東北大)・伊藤彰則(東北大)

(10) 15:15 - 15:40
音声操作ロボットの意図せぬ動作に対するユーザ発話のパラ言語的特徴に関する分析
戸塚典子(東北大)・伊藤彰則(東北大)

--- 休憩 ( 20分 ) ---

12月19日(木) 午後  声質変換 (16:00~17:40)

(11)/SP  16:00 - 16:25
Improvement of AF-based voice conversion for arbitrary speakers
○Narpendyah Wisjnu Ariwardhani(TUT)・Yurie Iribe(Aichi Prefectureal
Univ.)・Katsurada Kouichi(TUT)・Tsuneo Nitta(Waseda Univ.)

(12)/SP  16:25 - 16:50
辞書選択型非負値行列因子分解による構音障害者の声質変換
○相原 龍・滝口哲也・有木康雄(神戸大)

(13)/SP  16:50 - 17:15
雑音環境下におけるセグメント特徴を考慮したNMFによる声質変換
○藤井貴生・相原 龍・滝口哲也・有木康雄(神戸大)

(14)/SP  17:15 - 17:40
話者依存型Conditional Restricted Boltzmann Machineによる声質変換
○中鹿 亘・滝口哲也・有木康雄(神戸大)

12月20日(金) 午前  音声対話・合成 (09:45~10:35)

(15) 09:45 - 10:10
接客時間推定に向けた従業員の位置・音声データによる発話クラスタリング
川瀬徹也(岐阜大)・竹原正矩(岐阜大)・田村哲嗣(岐阜大)・天目隆平(産
総研)・蔵田武志(産総研)・速水悟(岐阜大)

(16)/SP  10:10 - 10:35
言語モデルと音響モデルを利用したアクセント句境界の自動推定
○鈴木啓史・郡山智樹(東工大)・能勢 隆(東北大)・篠崎隆宏・小林隆夫
(東工大)

12月20日(金) 午前  オーガナイズドセッション1(招待講演) (10:45~11:45)

(17)/SP  10:45 - 11:45
[招待講演]Acoustic Modeling Using Restricted Boltzmann Machines and
Deep Belief Networks for Statistical Parametric Speech Synthesis and
Voice Conversion
○Zhenhua Ling・Linghui Chen・Lirong Dai(USTC)

--- 昼休み ( 90分 ) ---

12月20日(金) 午後  オーガナイズドセッション2(招待講演) (13:15~14:15)

(18)/SP  13:15 - 14:15
[招待講演]A Unified Trajectory Tiling Approach to High Quality Speech
Rendering
○Yao Qian・Frank Soong(MSRA)

--- 休憩 ( 10分 ) ---

12月20日(金) 午後  オーガナイズドセッション3(招待講演) (14:25~15:25)

(19)/SP  14:25 - 15:25
[記念講演]東芝の音声合成技術 ~ 閉ループ学習から最近の取り組みまで ~
○赤嶺政巳(東芝)

12月20日(金) 午後  オーガナイズドセッション4(招待講演) (15:25~16:25)

(20)/SP  15:25 - 16:25
[フェロー記念講演]多様な音声合成に向けた取組みと課題
○小林隆夫(東工大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

12月20日(金) 午後  オーガナイズドセッション5(一般講演) (16:40~17:55)

(21)/SP  16:40 - 17:05
OJADを支える音声合成技術 ~ 音声を合成しない音声合成技術の使い方 ~
○峯松信明・中村新芽・橋本浩弥・広瀬啓吉(東大)

(22)/SP  17:05 - 17:30
HMM音声合成技術の歌唱スタイル生成Job Pluginへの応用
○橘 誠・才野慶二郎・久湊裕司(ヤマハ)

(23) 17:30 - 17:55
DAISYコンテンツ作成のための音訳支援システム - DaisyRings(TM)の実装と予備評価
布目光生(東芝)・黒田由加(東芝)・水岡良彰(東芝)・森田眞弘(東芝)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演:発表 50 分 + 質疑応答 10 分

◆日本音響学会 音声研究会(SP)、【協賛】人工知能学会  言語・音声理解と対話
処理研究会(SLUD)、IEEE Signal Processing Society Japan Chapter、【後援】
INTERSPEECH 2010実行委員会

◎音声言語情報処理研究会(SLP)の発表: (1)-(4),(7),(9),(10),(15),(23)
音声研究会の発表(SP): (5),(6),(8),(11)-(14),(16)-(22)
音声研究会(SP)研究奨励賞対象者の発表は(6),(8),(12),(13),(14),(16)です。
◎シンポジウム実行委員:
実行委員長:川端豪(関西学院大)
副委員長 :伊藤彰則(東北大)
幹事:河井恒(KDDI研), 篠田浩一(東工大)
委員:鈴木基之(大阪工大), 戸田智基 (奈良先端大),
   大庭隆伸(NTT), 大谷大和(東芝),
   西澤信行(KDDI),志賀芳則(NICT),山本一公(豊橋技科大),
   駒谷和範(名古屋大),佐藤庄衛(NHK技研)

開催案内

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

            ◆ 第15回音声言語シンポジウム◆

               音声研究会(SP)
             音声言語情報処理研究会(SLP)
         2研究会連立開催研究会

           発表募集のご案内
          ~~~~~~~~~~~~~~
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

音声言語処理の研究は,大規模コーパスの整備と機械学習を背景に急速
に進展しています。この背景のもと、1999年より,音声言語シンポジウ
ムが開催されており,毎年,招待講演等の企画と多くの一般発表が行わ
れ,大変盛況なイベントとなっています。

下記の要領で第15回音声言語シンポジウムを開催します。音声言語処理
に関する幅広い分野の研究発表を募集いたします。皆様からの多数の投
稿を心よりお待ち申しております。

シンポジウムでの発表は,例年通り口頭発表とポスター発表で行う予定
です。どちらの形式で発表いただくかは,実行委員会で決定致しますが,
ポスター発表を希望される場合には希望をお知らせいただければプログ
ラム編成の参考とさせていただきます。

なお,電子情報通信学会と情報処理学会は連催(連立開催)となり,発
表申込み,原稿の提出はそれぞれの学会ごとに行うことになっておりま
す。著作権は発表を申し込んだ学会に帰属することになりますが,どち
らの学会に申し込んでも,情報処理学会の電子図書館および電子情報通
信学会技術研究報告の両方に掲載される予定です。

                             記

主催:情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)
   電子情報通信学会・日本音響学会 音声研究会(SP)

協賛:人工知能学会  言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)
   IEEE Signal Processing Society Japan Chapter

開催日:2013年12月19日(木),20日(金)

場所:筑波大学文京キャンパス
   http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

オーガナイズドセッション TBD

発表申込先: 以下のwebサイトからお申込みください。
  各学会の様式での原稿作成となります。

  ・情報処理学会音声言語情報処理研究会(SLP) に申し込まれる場合,
     https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLP/
  ・電子情報通信学会音声研究会(SP)に申し込まれる場合,
    http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=SP

※ポスター発表を希望される場合には,備考欄に「ポスター希望」とご記入下さい。
 オーラル・ポスターの希望についてはご期待に添えないことがありますので
  あらかじめご了承ください。

発表申込締切:2013年10月18日(金)※延長しました

シンポジウム実行委員:
実行委員長:川端豪(関西学院大学)
副委員長 :伊藤彰則(東北大)
幹事:河井恒(KDDI研), 篠田浩一(東工大)
委員:鈴木基之(大阪工大), 戸田智基 (奈良先端大),
   大庭隆伸(NTT), 大谷大和(東芝),
   西澤信行(KDDI),志賀芳則(NICT),山本一公(豊橋技科大),
   駒谷和範(名古屋大学),佐藤庄衛(NHK放送技術研究所)

問合先:
・河井 恒 (SP)
    KDDI
    hi-kawai [at] kddilabs.jp
・篠田 浩一 (SLP)
    東京工業大学
    shinoda [at] cs.titech.ac.jp

調査研究担当への問い合わせフォーム