第97回音声言語情報処理情報学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

第97回 音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP)プログラム

日時: 2013年7月25日(木)・26日(金)・27日(土)
会場: 宮城県刈田郡蔵王町 遠刈田温泉 壮鳳
(〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉新地東裏山43-1; TEL 0224-34-3161)
http://www.barden.co.jp/

○併催:電子情報通信学会および日本音響学会 音声(SP)研究会
○協賛:IEEE Signal Processing Society Japan Chapter

宿泊・食事代:14,000円(1泊当り、予定)...宿泊及び 3食を含む
   SLP研究会に登録されていない方は研究会参加費が必要です.
   SP研究会に登録されていない方で資料が必要な方は別途資料代が必要です.

【プログラム】

並列開催のため、プログラムは両研究会を総合して一体的に編成しますが、
個々の論文は申し込まれた研究会の予稿集のみ掲載されます。
※タイトルの前につくSP,SLPは、申し込まれた研究会名です。
7/25 ●14:10~16:10  雑音対策 SP-1   断片的な環境測定に基づく雑音除去の検討 ○町田晃平,伊藤彰則(東北大)
SP-2   Single Channel Dereverberation by Feature Mapping Using Limited Stereo Data
○Aditya Arie Nugraha(Toyohashi Univ. of Tech.),Kazumasa Yamamoto(Toyota Nat. Coll. of Tech./Toyohashi Univ. of Tech.),Seiichi Nakagawa(Toyohashi Univ. of Tech.)
SP-3   騒音環境下音声認識に対する識別的アプローチの有効性 第2回CHiMEチャレンジ
○太刀岡勇気(三菱電機),渡部晋治,ルルー ジョナトン,ハーシー ジョン(MERL)
SLP-1  Denoising Autoencoder を用いた残響下大語彙音声認識の検討
○小宮山大樹,石井敬章(千葉大学),篠崎隆宏(東京工業大学),堀内靖雄,黒岩眞吾(千葉大学)
●16:30~18:00  話者
SLP-2  効率的なサンプリング手法を用いた話者モデリング
○俵直弘,小川哲司(早稲田大学),渡部晋治(MERL),中村篤(NTT CS研),小林哲則(早稲田大学)
SLP-3  Fusing deep speaker specific features and MFCC for robust speaker verification 
○Ryan Price,Sangeeta Biswas,Koichi Shinoda (Tokyo Institute of Technology)
SP-4   出力特徴量の状態識別と長時間特徴量を用いた区分的線形変換による声質変換
○池島純,鈴木雅之,齋藤大輔,峯松信明,広瀬啓吉(東大)
   
18:30~20:00 夕食
   
7/26
 ●9:00~11:00  言語モデル 
SLP-4  述語項構造を介したWebテキストからの文選択に基づく言語モデルの評価
○吉野幸一郎,森信介,河原達也(京都大学)
SLP-5  生成型アプローチによるLatent Words Language ModelのN-gram近似
○増村亮,政瀧浩和,大庭隆伸,吉岡理,高橋敏(NTT MI研)
SLP-6  統計的言語モデルにおける確率的潜在意味解析の学習初期化手法の一検討
○大島寛史,川端豪(関西学院大学)
SP-5   重みベクトルの適応的正則化に基づく発音推定
○久保慶伍,サクティ サクリアニ,グラム ニュービッグ,戸田智基,中村 哲(奈良先端大)
   
●11:20~12:20  音声対話,検索
SP-6   質問応答データベースに基づくマルチタスク音声対話システムのタスク作成実験
三宅真司,○伊藤彰則(東北大)
SLP-7  ベイズリスク最小化音声認識の複数仮説を用いた音声検索
○南條浩輝,古谷遼(龍谷大学)
12:20~13:20 昼食
●13:20~15:20 オーガナイズドセッション【招待講演】
SP-7   再訪:ニューラルネットワークによる音声処理
○中川聖一(豊橋技科大)
SP-8   確率的ディープラーニング入門
○安田宗樹(山形大)
●15:40~16:40 オーガナイズドセッション【一般講演】
SLP-8  Deep Neural Networkに基づく日本語音声認識の基礎評価
○神田直之,武田龍,大淵康成(日立製作所)
SLP-9  CSJを用いた日本語講演音声認識のためのDNN-HMMの評価
○三村正人,河原達也(京都大学)
●17:00~18:00 オーガナイズドセッション【招待講演】
SP-9  音声認識の為のディープニューラルネットワーク学習
○松田繁樹(NICT)
18:30~20:00
夕食

7/27
●9:00~10:30 ロボット対話
SLP-10 多人数会話ファシリテーションロボットの主導権奪取手続き
○秋葉巌,松山洋一,小林哲則(早稲田大学)
SP-10  音声操作ロボットの動作とユーザ発話の音響的特徴との関係の分析
○戸塚典子,伊藤彰則(東北大)
SLP-11 音声対話インタフェースにおけるロボットエージェントの優位性の評価
玉川聡(豊橋技術科学大学),○山本一公(豊田工業高等専門学校/豊橋技術科学大学),中川聖一(豊橋技術科学大学)
●10:50~12:20 マルチモーダル
SP-11  Articulatory features based talking heads using speech inversion
Atef Ben-Youssef,○Hiroshi Shimodaira,David A. Braude(Univ. Edinburgh)
SLP-12 ポスター会話における聴衆のマルチモーダルな振る舞いに基づく興味,理解度の推定
○河原達也,林宗一郎,高梨克也(京都大学)
SLP-13  Effect of Captioning Lecture Videos for Learning in Foreign Language
Veri Ferdiansyah,Seiichi Nakagawa(Toyohashi University of Technology)
12:20~13:20 昼食 ☆SP研究会 【問合先】 鈴木基之(大阪工業大学) moto AT m.ieice.org ☆SLP研究会 【問合先】 伊藤 彰則(東北大) aito AT spcom.ecei.tohoku.ac.jp ★音声言語情報処理研究会(IPSJ-SLP) 主査 伊藤 彰則 幹事 篠田 浩一, 駒谷 和範, 佐藤 庄衛 ★音声研究会(SP) 専門委員長 川端 豪  副委員長 河井 恒 幹事 鈴木 基之, 戸田 智基 幹事補佐 大谷 大和, 大庭 隆伸

開催案内

第97回 音声言語情報処理研究会 論文募集

○開催日:2013年7月25日(木)・26日(金)・27日(土) 
○テーマ:認識,理解,対話,一般
○オーガナイズドセッション:「音声情報処理とニューラルネットワーク」
  3件の招待講演+関連する一般講演によるセッションを予定しております
  企画の概要:
    ディープラーニングをキーワードとした第3次ニューラルネットワークブームは
    音声情報処理においても大きな話題となっており、今後の多様な展開が期待され
    る。しかしニューラルネットワークは古くから音声認識をはじめ音声情報処理に
    応用されてきたものの、数年前までは主流の方式ではなかった。またディープニ
    ューラルネットワークではGPUプログラミングを含めこれまでとは異なる知識が
    必要となる。そこでこれからニューラルネットワークを用いた研究に取り組もう
    とする研究者や学生を対象とし、音声情報処理におけるニューラルネットワーク
    利用に関する基礎的な知識を得て新たな発展に繋げることを目的としたセッショ
    ンを企画する
  企画担当:篠崎 隆宏(東京工業大)
            岩野 公司(東京都市大)
            藤本 雅清(NTT)
            成田 知宏(三菱電機)


○会場:宮城県刈田郡蔵王町 遠刈田温泉 壮鳳
    (〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉新地東裏山43-1; TEL 0224-34-3161)
    http://www.barden.co.jp/
○併催:電子情報通信学会および日本音響学会 音声(SP)研究会,
○協賛:IEEE Signal Processing Society Japan Chapter
○発表申込締切: 2013年5月10日(金)
 ※申込時にアブストラクトを50字程度でご記入ください。
○原稿仕上がり枚数: 6~8ページ
 
宿泊・食事代:14,000円(1泊当り、予定)...宿泊及び 3食を含む
    SLP研究会に登録されていない方は別途研究会参加費が必要
    SP研究会に登録されていない方で資料が必要な方は別途資料代が必要 


このたび、情報処理学会音声言語情報処理研究会(SLP)と電子情報通信学会音声
研究会(SP)が、合同で「音泉研究会」を宮城・遠刈田温泉で開催します。
今年も例年どおりふたつの研究会による合同開催(併催)で、2泊3日のスケジュー
ルです。毎年多数の方に参加していただいており、夜の部も含めまして大変盛
況です。本年も多数の方の参加・発表をお待ちしています。

研究発表は、音声認識のための音響モデル・言語モデルなどの基礎技術から、
音声対話・検索などのアプリケーションやマルチモーダルインタフェースまで、 
幅広い発表を募集します。

ただし、共催でなく並列開催です。プログラムは両研究会に申し込まれた分を
総合して一体的に編成しますが、個々の論文は申し込まれた方の予稿集にしか
掲載されませんので、ご注意下さい。

発表申し込みは,

・音声言語情報処理研究会(SLP)
 https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLP/ 
 の申込フォームからお申し込みください.

・音声研究会(SP)
  電子情報通信学会 研究会発表申込システム
  http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=SP
  上にて直接ご記入・送信ください.

また,SPに申し込まれた場合,第1著者として発表を申し込み、発表時に電子情報
通信学会または日本音響学会の会員であり,2013年度末時点で35才以下の発表者
の方は,音声研究会研究奨励賞の選奨対象となります.選奨対象である場合は,
上記申込システムによる入力時,研究会アンケートの研究奨励賞の欄にチェック
を入れて下さい.

SLPに申込まれた場合は,自動的に山下記念研究賞の選奨対象となります.

SLP 問合先:伊藤彰則(東北大学) aito [at] spcom.ecei.tohoku.ac.jp
SP  問合先:鈴木基之(大阪工業大学) moto [at] m.ieice.org

★情報処理学会 音声言語情報処理研究会(SLP)
 主査 伊藤 彰則
 幹事 篠田 浩一、駒谷 和範、佐藤 庄衛

調査研究担当への問い合わせフォーム