第93回音声言語情報処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

第93回 音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP)
(第8回 音声言語情報処理技術デベロッパーズフォーラム)

日時: 平成24年10月26日(金)
会場: NHK放送技術研究所 技研講堂
    (〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11)
       交通アクセス: http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/map.html

【プログラム】

●一般講演(10:00-11:45)
10:00-10:35
(1)リスク最小化学習に基づく識別的言語モデル
◯小林 彰夫, 奥 貴裕, 藤田 悠哉, 佐藤 庄衛(NHK技研), 中川 聖一(豊橋技科大)

10:35-11:10
(2)非負値行列因子分解に基づき動的適応したn-gram言語モデルによるパープレキシティ削減効果の分析
○藤田 悠哉, 奥 貴裕, 小林 彰夫, 佐藤 庄衛(NHK技研)

11:10-11:45
(3)音声データの隠れ属性を利用した異種音響モデル群の構築
○福田 隆,立花 隆輝,西村 雅史(日本IBM), Upendra Chaudhari, Bhuvana Ramabhadran(IBM Watson Research), Puming Zhan (Nuance Communications)

●デベロッパーズフォーラム(1)(13:00-14:35)
13:00-14:00
(4)(招待講演)
しゃべってコンシェルと言語処理
○吉村 健(NTTドコモ)

14:00-14:35
(5)議会の会議録作成のための音声認識の現状 --衆議院のシステムを中心に--
○河原 達也(京都大学)

●デベロッパーズフォーラム(2)(14:50-16:35)
14:50-15:25
(6)話速変換技術・音声変換技術の放送および関連ビジネスへの応用
○都木 徹(NHKエンジニアリングサービス), 今井 篤, 清山 信正, 世木 寛之, 田高 礼子(NHK技研), 田澤 直幸, 岩鼻 幸男(NHKエンジニアリングサービス)

15:25-16:00
(7)音声合成の多様性向上の取り組み
○籠嶋 岳彦, 橘 健太郎, 布目 光生, 森田 眞弘(東芝)

16:00-16:35
(8)キャラクターとの会話体験を提供する音声応答の試験サービス
○花沢 健, 辻川 剛範(NEC)

●NHK放送技術研究所ご紹介・デモ(16:50-17:30)
  16:50-17:10 NHK技研全体のご紹介(5分)、スーパーハイビジョン上映(15分)
  17:10-17:20 音声認識による字幕制作のデモ(10分)
  17:20-17:30 音声合成(株価読み上げなど)のデモ(10分)
 

発表募集※締切ました。

第93回 音声言語情報処理研究会 (SIG-SLP) 論文募集
(第8回 音声言語情報処理技術デベロッパーズフォーラム)

日時: 平成24年10月26日(金)
会場: NHK放送技術研究所 技研講堂
    (〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11)
       交通アクセス: http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/map.html

申込締切:8月24日(金)
              申し込みはこちらのリンクからお願いします.
              http://goo.gl/7SvYz

問合先:三木 清一(NEC)  k-miki (at) bq.jp.nec.com


  10月のSLP研究会は、これまでご好評頂いております「音声言語情報処理技術
 デベロッパーズフォーラム」として、音声認識・音声合成などの音声言語情
 報処理技術の実用化・普及に焦点をおいた情報交換・議論の場を企画します。
  近年、スマートフォン等の携帯端末における本分野の実用化にはめざましい
 ものがあります。また、官公庁や企業の業務システムでの適用も着実に進んで
 おり、ユーザに快適性・利便性をもたらしています。本企画では、そのよう
 な導入事例を踏まえて、実用化を成功させるポイントについて、議論できれ
 ばと考えています。
  音声技術を用いた実用システム開発等の経験や、音声言語処理の実用的な技
  術開発について、企業の方を中心に発表を集めたいと考えています。
  また、本研究会では上記に限らず、音声認識・合成・音声対話などの音
  声言語情報処理に関する研究発表も広く募集します。

 当日は、招待講演として、NTTドコモ吉村様より、「しゃべってコンシェル」
 の開発についてご講演頂く予定です。また、8k4k映像と22.2マルチチャネル音
 響のスーパーハイビジョンを技研講堂にてご体験頂く等、NHK技研の最近の研
 究成果をご紹介頂く場も設けました。


★ 研究会登録のご案内
年に2回以上の参加を見込まれる方は登録される方が(ほぼ)お得になります.

研究会登録は下記のページから行えます.
 http://www.ipsj.or.jp/09sig/kenkyukai/toroku.html

調査研究担当への問い合わせフォーム