第169回システムとLSIの設計技術研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

・VLSI設計技術研究会(VLD)
 専門委員長  澁谷 利行 (富士通研)
 副委員長  松永 裕介 (九大)
 幹事  峯岸 孝行 (三菱電機),冨山 宏之 (立命館大)
 幹事補佐  宮澤 武廣 (三菱電機マイコン機器ソフトウエア),山本 亮 (三菱電機)

・コンピュータシステム研究会(CPSY)
 専門委員長  吉永 努 (電通大)
 副委員長  安里 彰 (富士通),中島 康彦 (奈良先端大)
 幹事  中野 浩嗣 (広島大),入江 英嗣 (電通大)
 幹事補佐  井上 浩明 (NEC),大川 猛 (宇都宮大)

・リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)
 専門委員長  弘中 哲夫 (広島市大)
 副委員長  渡邊 実 (静岡大),本村 真人 (北大)
 幹事  山田 裕 (東芝),山口 佳樹 (筑波大)
 幹事補佐  谷川 一哉 (広島市大),三好 健文 (イーツリーズ・ジャパン)

・システムLSI設計技術研究会(IPSJ-SLDM)
 主査  福井正博(立命館大)
 幹事  島村光太郎(日立製作所),杉原 真(九大),横山昌生(シャープ)

日 時 : 2015年 1月29日(木) 08:35 - 18:20
      2015年 1月30日(金) 08:30 - 17:50
議 題 : FPGA応用および一般 
会 場 : 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
     http://www.keio.ac.jp/ja/access/hiyoshi.html
     会場世話人: 慶應義塾大学 理工学部 天野英晴

◎29日研究会終了後,懇親会を予定しておりますのでご参加ください.

1月29日(木)

■データベース・NoC(08:35 - 10:15/CPSY)
(1) GPUを用いたドキュメント指向型データベースの高速化
  ○森島 信・松谷宏紀(慶大)
(2) FPGA NICとインカーネルKey-Valueキャッシュを用いたNOSQLの高速化
  ○田村是慶・林 愛美・徳差雄太・松谷宏紀(慶大)
(3) FPGA NIC向けオンライン外れ値検出機構
  ○林 愛美・徳差雄太・松谷宏紀(慶大)
(4) 固定型および適応型ルーティングを切り替え可能なNoC向けTurbo Boost Router
  ○本間夏樹・松村 剛(慶大)・鯉渕道紘(NII)・天野英晴・松谷宏紀(慶大)
(5) 優先度に基づくパケット追い越しとリソース制御を付加したNoCアーキテクチャ
  ○大槻周平・溝谷圭悟・高須雅義(慶大)・山崎大輝(ソニー)・山崎信行(慶大)

--- 10:15-10:35 休憩 ( 20分 )---

■再構成アーキテクチャ(10:35 - 11:35/RECONF)
(6) 光再構成型ゲートアレイの並列構成法の放射線耐性に関する一考察
  ○伊藤宏幸・森脇 烈・渡邊 実(静岡大)
(7) 再構成可能論理回路の設計と評価
  ○嘉藤淳紀・渡辺重佳・二宮 洋・小林 学・三浦康之(湘南工科大)
(8) レイヤ間接続を削減した3次元FPGAアーキテクチャの検討
  ○趙 謙・尼崎太樹・飯田全広・久我守弘・末吉敏則(熊本大)

--- 11:35-12:45 昼食 ( 70分 )---

■招待講演(12:45 - 13:35/RECONF)
(9)[招待講演]マルチモーダルインタラクションに基づく知能共進化アーキテクチャ
  ○山口高平(慶大)

■論理シミュレータ(13:50 - 14:50/SLDM)

(10)マルチコアを用いた高速並列論理シミュレーション手法
  ○竹内勇矢・豊永昌彦・村岡道明(高知大)
(11)FPGAを用いた高速論理シミュレーションエンジン
  ○松本夏樹・村岡道明(高知大)
(12)GP-GPUを用いた高速並列論理シミュレータ
  ○橋口拓哉・青野寛之・豊永昌彦・村岡道明(高知大)

--- 14:50-15:05 休憩 ( 15分 )---

■FPGA応用(1)(15:05 - 16:25/RECONF)
(13)電波望遠鏡用AWF型デジタル分光器に関して
  ○中原啓貴(愛媛大)・中西裕之(鹿児島大)・岩井一正(国立天文台)
(14)残差長の量子化に基づく小面積・高スループット帯域圧縮ハードウェアの提案
  ○上野知洋・伊藤 涼・佐野健太郎・山本 悟(東北大)
(15)ビルディングキューブ法に基づく流体専用計算機のキューブ間データ交換に関する一考察
  ○上野友也・上野知洋・佐野健太郎・山本 悟(東北大)
(16)PWM制御向け高時間分解能信号生成回路のFPGA実装
  ○柏木 瞬・柴田裕一郎・小栗 清・丸田英徳・黒川不二雄(長崎大)
 
--- 16:25-16:40 休憩 ( 15分 )---

■製造・性能考慮手法(16:40 - 18:20/VLD)

(17)クロックツリー遅延解析技術に関する研究
  ○鈴木五郎・竹田隆太郎(北九大)
(18)薄膜BOX-SOIを用いた基板バイアス印加温度センサの検討
  ○小坂 翼・宇佐美公良(芝浦工大)
(19)A Dual-mode Scheduling Strategy for Task Graphs with Data Parallelism
  ○Yang Liu・Lin Meng・Ittetsu Taniguchi・Hiroyuki Tomiyama(Ritsumeikan Univ.)
(20)電源電圧としきい値電圧の同時最適化が集積回路の消費エネルギーに与える影響の解析
  ○竹下俊宏・西澤真一・Islam AKM Mahfuzul・石原 亨・小野寺秀俊(京大)
(21)Cコンパイラの算術最適化を対象としたテストスイートCF3
  ○日比野佑亮・石浦菜岐佐(関西学院大)

1月30日(金)

■FPGA応用(2)(08:30 - 10:10/RECONF)

(22)FPGAアクセラレータを用いたストリーム処理における電力性能最適化に関する検討
  ○福本航太・翁 浩二・副島梨恵・柴田裕一郎・小栗 清(長崎大)
(23)ニューラルネットワークを用いたストリーム画像圧縮アーキテクチャの提案
  ○浜崎 薫・柴田裕一郎・小栗 清(長崎大)
(24)高速ネットワークにおける多バイト遷移非決定性有限オートマトンによる侵入検知
  若林真一・○橋本智明・小石涼平・高口裕貴・永山 忍・稲木雅人(広島市大)
(25)FLOPS-2Dの低レベル通信制御機構の実装と性能評価
  ○喜屋武克樹・新垣 誠・平井裕介・仲宗根宏貴(琉球大)・藤田直行(JAXA)・天野英晴(慶大)・長名保範(琉球大)
(26)Vivado-HLSを用いた数値計算ハードウェアの実装手法に関する検討
  ○仲宗根宏貴・長名保範・長田康敬(琉球大)

--- 10:10-10:30 休憩 ( 20分 )---

■検出技術と設計手法(10:30 - 12:10 /VLD)

(27)剰余SD数演算回路を用いた算術演算誤り検出
  ○根間祐智・田中勇樹・茂木和弘・魏 書剛(群馬大)
(28)トロイネットの特徴に基づくハードウェアトロイ検出手法
  ○大屋 優・史 又華・柳澤政生・戸川 望(早大)
(29)LSI自働設計における凸域探索迷路法の提案
  ○堀野洋平・平山 潤・大石倖子・堤 利幸(明大)
(30)ランダムテストによるCコンパイラの算術最適化機会の検出
  ○橋本淳史・石浦菜岐佐(関西学院大)
(31)同期シフトに基づくDeep Convolutional Neural NetworkのFPGA実装
  ○李 寧・富岡洋一・北澤仁志(東京農工大)

--- 12:10-13:20 昼食 ( 70分 )---

■並列化技術(13:20 - 14:40/CPSY)
(32)GPUにおける疎行列ベクトル積の実装と共役勾配法への適用
  ○浅野翔太郎・稲木雅人・永山 忍・若林真一(広島市大)
(33)多面体モデルに基づく並列化コンパイラにおける制約条件の緩和
  ○尾形冬馬・中野秀洋・宮内 新(東京都市大)
(34)複数FPGAボードを用いたビッグデータ分割処理の高速化
  ○工藤 龍・須戸里織・オゲ ヤースィン・寺田裕太・吉見真聡・入江英嗣・吉永 努(電通大)
(35)2階層Supervisor Processor における信頼性管理機能
  ○山本大貴・久我守弘・尼崎太樹・飯田全広・末吉敏則(熊本大)

--- 14:40-14:55 休憩 ( 15分 )---

■FPGA応用システム(14:55 - 16:15/RECONF)
(36)USB3.0接続の手軽で高速なFPGAアクセラレータの設計と実装
  ○臼井琢真・小林諒平・吉瀬謙二(東工大)
(37)MieruSysプロジェクト:複数のFPGAを用いた先進的な計算機システムの開発
  ○松田裕貴・小川愛理・味曽野智礼(東工大)・藤枝直輝・市川周一(豊橋技科大)・吉瀬謙二(東工大)
(38)同期FIFOのFPGAベンダ非依存記述と高速化設計
  ○泉 知論(立命館大)
(39)PLC命令列のハードウェア化と難読化の検討
  ○宇山和輝・藤枝直輝・市川周一(豊橋技科大)

--- 16:15-16:30 休憩 ( 15分 )---

■リアルタイム処理(16:30 - 17:50/CPSY)
(40)Dependable Responsive Multithreaded Processorにおける低遅延リアルタイム実行
  ○溝谷圭悟・羽鳥雄介・久村雄輔・高須雅義・千代浩之・山崎信行(慶大)
(41)Responsive Linkを用いた通信遅延を考慮したパケットスケジューリング
  ○大沢幸平・萩原秀磨・久村雄輔・溝谷圭悟・高須雅義・山崎信行(慶大)
(42)MPEG符号化データの直接的演算による動体輪郭抽出のリアルタイム処理
  ○丸山彰介・中野秀洋・宮内 新(東京都市大)
(43)誘導結合型三次元積層マルチコアプロセッサにおけるキャッシュ間通信手法の検討
  ○松村正隆(電通大)・近藤正章(東大)・松谷宏紀(慶大)・和田康孝(早大)・本多弘樹(電通大)

 
講演時間 : 一般講演 発表 17 分 + 質疑応答 3 分

今後の予定
 ・ VLD VLSI設計技術研究会(VLD)   [今後の予定はこちら
  ◎VLD研究会ホームページもご覧下さい.
  http://www.ieice.org/~vld/
 ・ CPSY コンピュータシステム研究会(CPSY)   [今後の予定はこちら
 ・ RECONF リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)   [今後の予定はこちら
 ・ IPSJ-SLDM システムLSI設計技術研究会(IPSJ-SLDM)   [今後の予定はこちら
  ◎SLDM研究会ホームページもご覧下さい.
  http://www.sig-sldm.org/
 

発表募集のご案内(募集は終了しました)

★ 電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY)
   専門委員長 吉永 努 (電通大)
   副委員長  安里 彰 (富士通),中島 康彦 (奈良先端大)
   幹事    中野 浩嗣 (広島大),入江 英嗣 (電通大)
   幹事補佐  井上 浩明 (NEC),大川 猛 (宇都宮大)

★ 電子情報通信学会 リコンフィギャラブルシステム研究会 (RECONF)
   専門委員長 弘中 哲夫 (広島市立大)
   副委員長  渡邊 実 (静岡大),本村 真人 (北大)
   幹事    山田 裕 (東芝), 山口 佳樹 (筑波大)
   幹事補佐  谷川 一哉 (広島市立大),三好 健文(イーツリーズ・ジャパン)

★ 電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会 (VLD)
   専門委員長 澁谷 利行  (富士通研) 
   副委員長  松永 裕介(九大)
   幹事    峯岸 孝行(三菱電機),冨山 宏之(立命館大)
   幹事補佐  宮澤 武廣(三菱電機マイコン機器ソフトウエア),山本 亮(三菱電機)

★ 情報処理学会 SLDM研究会 (SLDM)
   主査    福井正博(立命館大)
   幹事    島村光太郎(日立),杉原 真(九大),横山昌生(シャープ)

【テーマ】
「FPGA応用および一般」
【日 程】 平成27年1月29日(木),30日(金)
【会 場】 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎大会議室

●発表申込

*VLDにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-VLD

*CPSYにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-CPSY

*RECONFにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-RECONF

*SLDMにて発表を希望される方は以下URLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
   https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLDM/

・発表日のご希望がある場合には備考欄にその旨をご記入下さい.ただし,プログラム編成の
  都合上,ご希望に沿えない場合もございますのでその際はご容赦下さい.

●発表申込締切 : 2014年11月14日(金)23:59締切
●最終原稿締切 : 2014年12月18日(木)23:59締切
●原稿ページ数  : 6ページ以内
●問合せ先     :  山田裕(東芝) yutaka6.yamada"at"toshiba.co.jp
 

調査研究担当への問い合わせフォーム