第168回システムとLSIの設計技術研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★VLSI設計技術研究会(VLD)
  専門委員長  澁谷 利行 (富士通研)
  副委員長    松永 裕介 (九大)
  幹事        峯岸 孝行 (三菱電機), 冨山 宏之 (立命館大)
  幹事補佐    宮澤 武廣 (三菱電機マイコン機器ソフトウエア), 山本 亮 (三菱電機)

★ディペンダブルコンピューティング研究会(DC)
  専門委員長  金川 信康 (日立)
  副委員長    井上 美智子 (奈良先端大)
  幹事        岩田 浩司 (鉄道総研), 土屋 達弘 (阪大)

★システムLSI設計技術研究会(IPSJ-SLDM)
  主査 福井 正博 (立命館大学)
  幹事 島村 光太郎 (日立), 杉原 真 (九州大), 横山 昌生 (シャープ)

日  時  2014年11月26日(水) 09:15~17:55
           2014年11月27日(木) 09:30~17:15
           2014年11月28日(金) 09:15~16:25

会  場  ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター)
          (〒874-0828 大分県別府市山の手町12番1号.
            JR別府駅から徒歩15分またはバス5分
           (行先番号③扇山団地行き、または、行先番号⑧スギノイパレス行き、170円)
            大分大学 工学部 知能情報システム工学科 大竹 哲史.0977-26-7111)

議  題  デザインガイア2014 -VLSI設計の新しい大地-

11月26日(水)

■タイミング設計手法 (09:15~10:30) 座長: 峯岸孝行(三菱電機)
(1)/VLD 09:15 - 09:40
      タイミングエラーへの耐性を持つフリップフロップ設計
      ○鈴木大渡・史 又華・戸川 望(早大)・宇佐美公良(芝浦工大)・柳澤政生(早大)

(2)/VLD 09:40 - 10:05
      タイミングエラー予測回路による再構成可能デバイス上でのデータ依存最適化回路設計
      ○川村一志・阿部晋矢・史 又華・柳澤政生・戸川 望(早大)

(3)/VLD 10:05 - 10:30
      回路面積を考慮したSuspicious Timing Error Prediction回路の挿入位置決定手法の改良と評価
      ○吉田慎之介・史 又華・柳澤政生・戸川 望(早大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■組み込みハードウエア (10:45~12:00) 座長: 戸川 望(早大)
(4) 10:45 - 11:10
      同一命令セットヘテロジニアスマルチコアに適したリアルタイムシステム向けタスクマイグレーション手法
      ○岩田 淳・高瀬 英希・高木 一義・高木 直史(京都大)

(5) 11:10 - 11:35
      割込みハンドラのハードウェア化を実現するシステムレベル設計手法
      ○安藤 友樹・本田 晋也・高田 広章・枝廣 正人(名古屋大)

(6) 11:35 - 12:00
      システムレベル設計における制御システム向けプロファイル機構
      ○繆 同徳・安藤 友樹・本田 晋也・高田 広章・枝廣 正人(名古屋大)

■回路設計手法 (10:45~12:00) 座長: 中武 繁寿(北九州市大)
(7)/VLD 10:45 - 11:10
      タイミング制約を含んだ回路記述方式とその意味論
      ○西村俊二・尼崎太樹・末吉敏則(熊本大)

(8)/VLD 11:10 - 11:35
      一般同期方式における低電力化と高速化を実現するためのテクノロジーマッピング手法
      ○川口純樹・小平行秀(会津大)

(9)/VLD 11:35 - 12:00
      65nm薄膜 BOX-SOI とバルクプロセスにおける SET パルス幅の電圧依存性の評価
      ○曽根崎詠二・古田 潤・小林和淑(京都工繊大)

--- 休憩 ( 1時間30分 ) ---

■フェロー就任記念講演 (13:30~14:30) 座長: 村岡 道明 (高知大)
(10)13:30 - 14:30[フェロー記念講演]プロセッサ設計自動化技術と医療機器への応用
      ○今井正治(大阪大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■回路・物理設計 (14:45~16:00) 座長: 小平行秀(会津大)
(11)/DC 14:45 - 15:10
      TSV故障検出回路の制御部改良および観測部における面積削減の検討
      ○宮本陽平・四柳浩之・橋爪正樹(徳島大)

(12)/VLD 15:10 - 15:35
      アナログフロアプランにおける階層構造制約を考慮した解析的配置手法
      ○中武繁寿(北九州市大)

(13)/VLD 15:35 - 16:00
      RTNを考慮したSRAM不良確率の高速計算
      ○粟野皓光・廣本正之・佐藤高史(京大)

■タイミング設計手法 (14:45~16:00) 座長: 原祐子(東工大)
(14)/VLD 14:45 - 15:10
      FPGAの配線遅延特性を利用したフロアプラン指向高位合成手法
      ○藤原晃一・柳澤政生・戸川 望(早大)

(15)/VLD 15:10 - 15:35
      HDRアーキテクチャを対象とした製造ばらつき耐性と低レイテンシを両立可能なマルチシナリオ
      高位合成手法
      ○井川昂輝・阿部晋矢・柳澤政生・戸川 望(早大)

(16)/VLD 15:35 - 16:00
      集合対間配線における総配線長および配線長差の削減手法
      ○中谷勇太・高橋篤司(東工大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■設計事例 (16:15~17:55) 座長: 横山昌生(シャープ)
(17)/VLD 16:15 - 16:40
      k近傍法に基づいた高速処理かつ低消費電力汎用パターン認識プロセッサ
      ○山崎翔悟・赤澤智信・安 豊偉・マタウシュ ハンス ユルゲン(広島大)

(18)/VLD 16:40 - 17:05
      運転者支援のためのリアルタイム道路標識認識システムのFPGA実装
      ○山本真晴・Anh-Tuan Hoang・小出哲士(広島大)

(19)/VLD 17:05 - 17:30
      大腸内視鏡画像診断支援のための高速なVisual Word特徴量変換アーキテクチャ
      ○杉 幸樹・小出哲士・Anh-Tuan Hoang・岡本拓巳・清水達也・玉木 徹・
      Bisser Raytchev・金田和文・小南陽子・吉田成人・田中信治(広島大)

(20)/VLD 17:30 - 17:55
      大腸内視鏡診断支援のためのSupport Vector Machineを用いたタイプ識別ハードウェアの設計
      ○岡本拓巳・小出哲士・Anh-Tuan Hoang・杉 幸樹・清水達也・玉木 徹・
      Bisser Raytchev・金田和文・小南陽子・吉田成人・田中信治(広島大)

■ディペンダブル (16:15~17:55) 座長: 小林和淑(京都工繊大)
(21)/VLD 16:15 - 16:40
      DTMOSを用いたサブスレッショルド回路の高速化設計
      ○福留祐治・史 又華・戸川 望(早大)・宇佐美公良(芝浦工大)・柳澤政生(早大)

(22)/VLD 16:40 - 17:05
      エラートレラントアプリケーションのための論理合成におけるドントケア拡大について
      ○稲岡智哉・市原英行・岩垣 剛・井上智生(広島市大)

(23)/VLD 17:05 - 17:30
      耐ソフトエラーデータパス回路の最適設計のためのチェック変数選択
      ○呉 政訓・金子峰雄(北陸先端大)

(24)/VLD 17:30 - 17:55
      ハードウェアトロイに含まれるネットに着目したハードウェアトロイ検出手法
      ○大屋 優・史 又華・柳澤政生・戸川 望(早大)


11月27日(木)

■ポスターセッション(09:30 - 11:30)

--- 休憩 ( 2時間 ) ---

■基調講演(1) (13:30~14:30) 座長: 澁谷 利行(富士通研)
(25)/共通 13:30 - 14:30
      [招待講演]体内埋め込み型医療機器のMR安全性の現状と展望
      ○黒田 輝(東海大)・小林章浩(バイオビュー)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■基調講演(2) (14:45~15:45) 座長: 吉河 武文(パナソニック)
(26)/共通 14:45 - 15:45
      [招待講演]モバイルディスプレイ技術の最新動向と今後の展開
      ○仲島義晴(ジャパンディスプレイ)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■設計手法(1) (16:00~17:15) 座長: 富田憲範(富士通研)
(27)/VLD 16:00 - 16:25
      Timing-Test Scheduling for PDE Tuning Considering Multiple-Path Testability
      ○Mineo Kaneko(JAIST)

(28)16:25 - 16:50
      複数故障モデルに対する多重故障テストパタン生成
      ○藤田 昌宏(東京大学)・ミシュチェンコ アラン(カリフォルニア大学バークレー校)

(29)/VLD 16:50 - 17:15
      インデックス生成器合成のためのベクタ対集合の非明示的列挙手法について
      ○松永裕介(九大)


11月28日(金)


■テスト設計手法 (09:15~10:55) 座長: 梶原誠司(九工大)
(30)/DC 09:15 - 09:40
      クリティカルエリアに基づくブリッジ故障テスト生成および評価に関する一考察
      ○新井雅之(日大)・中山裕太・岩崎一彦(首都大東京)

(31)/DC 09:40 - 10:05
      キャプチャセーフテストベクトルを利用した低消費電力テスト生成法
      ○平井淳士・細川利典・山内ゆかり・新井雅之(日大)

(32)/DC 10:05 - 10:30
      キャプチャ消費電力削減のためのテストポイント挿入法
      ○高橋慶安・山崎紘史・細川利典(日大)・吉村正義(京都産大)

(33)/DC 10:30 - 10:55
      キャプチャ消費電力削減のためのマルチサイクルキャプチャテスト生成法
      ○山崎紘史・西間木 淳・細川利典(日大)・吉村正義(京都産大)

■設計手法(2) (09:15~10:55)座長: 島村光太郎 (日立)
(34)/VLD 09:15 - 09:40
      不揮発メモリを対象とした最大ハミング距離と最小ハミング距離を制約した符号による
      書き込み手法のエネルギー評価
      ○古城辰朗・多和田雅師・柳澤政生・戸川 望(早大)

(35)/VLD 09:40 - 10:05
      不揮発メモリの書き込み削減手法の回路構成
      ○多和田雅師・木村晋二・柳澤政夫・戸川 望(早大)

(36)/VLD 10:05 - 10:30
      ゲートレベルパイプライン型自己同期回路最適化の検討
      ○伊東 敦・池田 誠(東大)

(37)/VLD 10:30 - 10:55
      メモリをベースにしたマイコン周辺回路用フィールドプログラマブルデバイスのLSI実装
      ○川村嘉郁・岡田尚也・松田吉雄(金沢大)・松村哲哉(日大)・牧野博之(阪工大)・有本和民(岡山県立大)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■フェロー就任記念講演(11:10 - 12:10)
  ・ CPSY 11:10-12:10[フェロー記念講演]やわらかいハードウェア研究を顧みて 
      ~ リコンフィギャラブルシステムとFPGA ~
      ○末吉敏則(熊本大)

--- 休憩 ( 1時間20分 ) ---

■インターコネクト技術(1) (13:30~14:30)座長: 橋本 昌宜(阪大)
(38)/共通 13:30 - 14:30
      [招待講演]高速インターコネクト技術動向(仮)
      ○坂井靖文(富士通研)

--- 休憩 ( 15分 ) ---

■インターコネクト技術(2)(14:45 - 16:25)座長: 石橋 孝一郎(電通大)
  ・ ICD 14:45-15:35[招待講演]装置内光インターコネクト向け25Gb/s CMOS光トランシーバの開発
      ○竹本享史・山下寛樹・松岡康信(日立)

  ・ ICD 15:35-16:25[招待講演]30Gbps光LSIの量産試験向けテスト手法の提案
      ○渡邊大輔(AT)・増田 伸(ATL)


■高位合成 (14:45~16:25) 座長: 松永 裕介(九大)
(39)/VLD 14:45 - 15:10
      マルチプレクサ数を最小化するフィールドデータ抽出器の構成手法
      ○伊東光希・川村一志・柳澤政生・戸川 望(早大)・田宮 豊(富士通研)

(40)/VLD 15:10 - 15:35
      HDR-mcvを対象とした複数クロックドメインおよび複数電源電圧による低電力化高位合成手法
      ○阿部晋矢・史 又華(早大)・宇佐美公良(芝浦工大/早大)・柳澤政生・戸川 望(早大)

(41)/VLD 15:35 - 16:00
      遅延ばらつき許容量を最適化するRDRアーキテクチャ向け高位合成手法
      ○萩尾勇太・柳澤政生・戸川 望(早大)

(42)/VLD 16:00 - 16:25
      演算の移動度を利用した束データ方式による非同期式回路の電力最適化手法の検討
      ○保坂隼也・齋藤 寛(会津大)

■フォールトトレラント (14:45~16:25) 座長: 吉村正義(京都産大)
(43)/DC 14:45 - 15:10
      FPGAにおけるオンチップ遅延測定について
      ○安部賢太朗・三宅庸資・梶原誠司・佐藤康夫(九工大)

(44)/DC 15:10 - 15:35
      クラスタ分析を用いた教師あり学習によるLSIのバーイン不良予測の一手法
      ○鉄川彰吾・宮本誠也・大竹哲史(大分大)・中村芳行(ルネサス)

(45)/DC 15:35 - 16:00
      多数決スイッチ回路によるn-フォールトトレラントシステムの諸考察
      ○岩井仁司

(46)/DC 16:00 - 16:25
      時間的三重化によるソフトエラー耐性向上の解析的評価
      ○土井龍太郎・橋本昌宜・尾上孝雄(阪大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分


☆VLD研究会
   【問合先】峯岸孝行 (三菱電機)
   E-mail: minegishi.noriyuki@aj.mitsubishielectric.co.jp Tel: 0467-41-2944
   ◎VLD研究会ホームページもご覧下さい.
   http://www.ieice.org/~vld/

☆DC研究会 今後の予定 [ ]内発表申込締切日
   12月19日(金) 高岡テクノドーム [10月14日(火)] テーマ:安全性,一般
   【問合先】土屋 達弘 (大阪大学大学院情報科学研究科)
   E-mail:t-tutiya@ist.osaka-u.ac.jp
   ◎最新情報は,DC研究会ホームページを御覧下さい.
   http://www.ieice.org/iss/dc/jpn/index.html

☆IPSJ-SLDM研究会
   【問合先】杉原真(九州大学)Email sldm2013@soc.ait.kyushu-u.ac.jp
   ◎SLDM研究会ホームページもご覧下さい.
   http://www.sig-sldm.org/

 

発表募集のご案内(募集は終了しました)

**********************************************************************
デザインガイア2014  —VLSI設計の新しい大地—
2014年11月26日(水)~28日(金)
ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター)
**********************************************************************

●主催研究会/テーマ
  恒例となっております「デザインガイア」を標記日程,会場にて開催致します.7つの第1種研究会の共催・併催・連催の研究会ですが,以下の組み合わせでサブテーマを設定しております.奮って発表をお申し込み下さい.
  • IPSJ-SLDM研究会/VLD研究会/DC研究会 「VLSIの設計/検証/テストおよび一般」
  • CPSY研究会 「コンピュータシステムの設計・検証技術および一般」
  • RECONF研究会 「リコンフィギャラブルシステムにおける設計技術および一般」
  • CPM研究会/ICD研究会 「高性能プロセッサ・システムの実装・インターコネクト(電気・光・無線)および一般」
●ポスタセッション
  デザインガイア2014では,引き続き以下の要領でポスタ発表を募集致します.奮ってご応募下さい.
  目的 : デザインガイアでの研究会発表内容についてじっくり議論する場,
            および研究者間で交流する場を提供する.
  日時 : 11月27日(木) 午前(予定)
  申込方法 : デザインガイア発表申込時に申請(ポスタ発表のみの申込は不可).
  表彰 : 優秀な発表を表彰します.

●基調講演/招待講演

  すべての研究会合同の基調講演を企画しております.今年は下記の基調講演を予定しております.
   「体内埋め込み型医療機器とMRI(仮題)」 黒田 輝(東海大学)
  これ以外にも,サブテーマごとに多数の招待講演を予定しております.

●発表申込
・同じサブテーマを冠している研究会は,どの研究会を申し込み研究会としていただいても
  取り扱いは同じになります.
・発表日のご希望がある場合には備考欄にその旨をご記入下さい.ただし,プログラム編成の都合上,
  ご希望に沿えない場合もございますのでその際はご容赦下さい.

●発表申込期限:2014年9月7日(日) 23:59締切

●原稿提出期限:2014年10月23日(木) 23:59締切

●問合せ先
*ご不明な点は以下のアドレス宛にメールでお問い合わせ下さい
  ( [at]を@に置換してスペースを削除してください)。
    vld-gaia14 [at] mail.ieice.org

*各研究会関係窓口
    VLD 峯岸孝行 (三菱電機),冨山宏之(立命館大),山本亮(三菱電機),宮澤武廣(三菱マイコン)
    DC 吉村正義 (京都産業大),井上浩明(NEC)
    CPSY 安里彰(富士通)
    RECONF 谷川一哉(広島市大)
    ICD 吉田毅(広大)
    CPM 小館淳一(NTT)
    IPSJ-SLDM 杉原真(九大)
 

調査研究担当への問い合わせフォーム