第166回システムとLSIの設計技術研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★ 電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会 (VLD)
    専門委員長  池田 誠  (東京大学)
    副委員長     澁谷 利行  (富士通研究所) 
    幹事           中武 繁寿 (北九州市大),峯岸 孝行  (三菱電機)

★ 情報処理学会 SLDM研究会 (SLDM)
    主査        福井正博(立命館大)
    幹事        島村光太郎 (日立),杉原 真 (九大),横山昌生(シャープ)


日  時  2014年5月29日(木) 08:30 - 16:30
会  場  北九州国際会議場
               〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目9-30
交通案内 JR小倉駅より徒歩5分  http://www.convention-a.jp/access/
会場世話人連絡先 九州大学 杉原真 093-541-5931

議  題  システム設計および一般(5月28日はLSIとシステムのワークショップと共同企画)


5月29日(木)

■物理設計1(08:30 - 09:45)  座長: 小平行秀(会津大学)
(1) VLD 08:30-08:55
      階層構造制約を伴うアナログフラアプラン手法の提案
      ○中武繁寿(北九州市大)
(2) VLD 08:55-09:20
      チャネル分割によるプログラマブル遅延素子の特性検証
      ○室岡大二郎・永尾滉二・張 宇・中武繁寿(北九州市大)
(3) VLD 09:20-09:45
      劣勾配法による半周近似配線長の解析的最小化
      ○香山聡太・宮下 弘(北九州市大)

■招待講演(09:55 - 10:55)  座長: 池田誠(東京大学)
(4) VLD[招待講演]半正定値緩和を用いたマルチパターニングリソグラフィ
      ○松井知己(東工大)

■物理設計2(11:05 - 11:55)  座長: 高島康裕(北九州市立大学)

(5) VLD  11:05-11:30
      SystemCモデルから束データ方式による非同期式回路を合成する合成フローの提案
      ○小峰太一・齋藤 寛(会津大)
(6) VLD  11:30-11:55
      半正定値緩和法を用いたLELECUTトリプルパターニングのためのレイアウト分割手法
      ○小平行秀(会津大)・松井知己(東工大)・横山陽子・児玉親亮(東芝)
      高橋篤司(東工大)・野嶋茂樹・田中 聡(東芝)

■回路・ゲートレベル(13:25 - 15:05)  座長: 中武繁寿(北九州市立大学)
(7) VLD  13:25-13:50
      ゲートレベルパイプライン型自己同期回路のエラー耐性の評価
      ○崔 伝キ・池田 誠(東大)
(8) VLD  13:50-14:15
      ゲートレベルデュアルパイプライン型自己同期回路によるWallace tree乗算器のSOTB65nmCMOSによる設計
      ○田村雅人・池田 誠(東大)
(9) SLDM 14:15-14:40
      ランダムウォーク電源網解析の高速化に向けた節点解析順序の検討
      ○岡崎 剛・廣本 正之・佐藤 高史(京都大)
(10)SLDM 14:40-15:05
      低電圧起動回路を用いた省電力チップ間非接触通信回路
      ○佐川 善彦・廣本 正之・佐藤 高史(京都大)・越智 裕之(立命館大)

■設計技術・設計事例(15:15 - 16:30)   座長: 島村光太郎(日立)

(11)VLD  15:15-15:40  発表キャンセル
      CEGAR法を用いたLUT回路のブーリアンマッチングの高速化手法
      ○松永裕介(九大)
(11)VLD  15:15-15:40
      多重ループの自動パイプライン化手法とその評価
      ○中辻裕亮・南部真宏・神戸尚志(近畿大)
(12)SLDM 15:40-16:05
      圏論を用いた同期回路-ステートマシン対応の一般化
      ○西村俊二・尼崎太樹・末吉敏則(熊本大)
(13)SLDM 16:05-16:30
      リチウムイオン蓄電池の高精度残量予測システムの開発と実装
      ○林 磊・河原林直記・福井正博(立命館大学)
 

発表募集のご案内(募集は終了しました)

★ 電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会 (VLD)
    専門委員長  池田 誠  (東京大学)
    副委員長     澁谷 利行  (富士通研究所) 
    幹事           中武 繁寿 (北九州市大),峯岸 孝行  (三菱電機)

★ 情報処理学会 SLDM研究会 (SLDM)
    主査        村岡 道明 (高知大)
    幹事        岩田 直樹 (ソニー),島村光太郎 (日立),杉原 真 (九大)

【テーマ】
「システム設計および一般」
【日 程】 平成26年5月28日(水),29日(木)
【会 場】 北九州国際会議場

●発表申込

*VLDにて発表を希望される方は以下よりお申し込み下さい.
   http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-VLD

*SLDMにて発表を希望される方は以下URLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
   ※「研究会への連絡事項欄」に登壇者が学生か一般か [一般/学生] 入力して下さい.
   https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SLDM/

・発表日のご希望がある場合には備考欄にその旨をご記入下さい.ただし,プログラム編成の
  都合上,ご希望に沿えない場合もございますのでその際はご容赦下さい.

●発表申込締切 : 2013年3月14日(金)23:59締切
●最終原稿締切 : 2013年4月22日(火)23:59締切
●原稿ページ数  : 6ページ以内
●問合せ先     :  SLDM  杉原 真(九大) sugihara "at" slrc.kyushu-u.ac.jp
 

調査研究担当への問い合わせフォーム