第158回システムLSI設計技術研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

★VLSI設計技術研究会(VLD)
   専門委員長 山田 晃久(シャープ)  副委員長 池田 誠(東大)
   幹事      竹中 崇(NEC),中武 繁寿(北九州市大)

★電子部品・材料研究会(CPM)
   専門委員長 竹村 泰司(横浜国大)  副委員長 高野 泰(静岡大学)
   幹事      圓佛 晃次(NTT),阿部 克也(信州大)
   幹事補佐   小舘 淳一(NTT),佐藤 知正(神奈川大)

★集積回路研究会(ICD)
   専門委員長 吉本 雅彦(神戸大)  副委員長 山村 毅(富士通研)
   幹事      松岡 俊匡(阪大),竹内 健(中大)
   幹事補佐   渡辺 理(東芝),大内 真一(産総研),土谷 亮(京大)

★コンピュータシステム研究会(CPSY)
   専門委員長 天野 英晴(慶大)  副委員長 安里 彰(富士通),吉永 努(電通大)
   幹事      入江 英嗣(電通大),中野 浩嗣(広島大)
   幹事補佐   井上 浩明(NEC)

★ディペンダブルコンピューティング研究会(DC)
   専門委員長 梶原 誠司(九工大)  副委員長 金川 信康(日立)
   幹事      中村 友洋(日立),土屋 達弘(阪大)

★リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)
   専門委員長 安永 守利(筑波大)  副委員長 京 昭倫(ルネサスエレクトロニクス),渡邊 実(静岡大)
   幹事      渡邊 誠也(岡山大),山田 裕(東芝)
   幹事補佐   山口 佳樹(筑波大)

★システムLSI設計技術研究会(IPSJ-SLDM)
   主査  村岡 道明(高知大)
   幹事  小松 裕成(富士通),岩田 直樹(ソニー),戸川 望(早大)

日 時 2012年11月26日(月) 10:30~17:15
           2012年11月27日(火) 09:00~18:00
           2012年11月28日(水) 09:00~17:15

会 場 九州大学医学部百年講堂
           (〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号.地下鉄箱崎線「馬出九大病院前」下車 徒歩8分.
             http://www.med.kyushu-u.ac.jp/100ko-do/
             九州大学 システム情報科学研究院 杉原 真.092-642-6257)

議 題 デザインガイア2012 -VLSI設計の新しい大地—

連 催 電子情報通信学会 VLSI設計技術研究会(VLD),ディペンダブルコンピューティング研究会(DC)
併 催 電子情報通信学会 電子部品・材料研究会(CPM),集積回路研究会(ICD),
           コンピュータシステム研究会(CPSY)リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)


11月26日(月)

■動作合成(1)(10:30~11:45)   座長: 高木一義(京都大学)
(1)/VLD  10:30 - 10:55
     Java VMを搭載した再構成可能なシステムのためのリソースシェアリング手法
     ~ インスタンス生成タイミングでの再構成 ~
     ○伊藤仁貴・田中清史(北陸先端大)

(2)/VLD  10:55 - 11:20
     配列アクセス実行条件の厳密な解析に基づくスカラリプレイス技術
     ○竹鼻宏晃・瀬戸謙修(東京都市大)

(3)/VLD  11:20 - 11:45
     島内消費電力量見積もりにもとづく温度特性を考慮したRDRアーキテクチャ向け高位合成手法
     ○川村一志・柳澤政生・戸川 望(早大)

■システム設計技術(1)(10:30~11:45)   座長: 小松聡(東京大学)
(4)/VLD  10:30 - 10:55
     組込みシステムのアーキテクチャ探索における性能ボトルネック解析
     ○安藤友樹(名大)・柴田誠也(NEC)・本田晋也(名大)・冨山宏之(立命館大)・高田広章(名大)

(5)/VLD  10:55 - 11:20
     再帰的制約記述を用いた組合せ列挙ZDDの効率的な構築手法
     ○岩下洋哲・川原 純(JST)・湊 真一(北大)

(6)/VLD  11:20 - 11:45
     Partially-Programmable Circuits with CAMs
     ○Atsushi Matsuo・Shigeru Yamashita(Ritsumeikan Univ.)・Hiroaki Yoshida(Fujitsu Laboratories of Amerika)

■招待講演(1)(13:00~13:50)   座長: 山田晃久(シャープ)
(7)/VLD  13:00 - 13:50
    [招待講演]組込み自己テストによるフィールド高信頼化について
     ○梶原誠司(九工大)

■プロセッサアーキテクチャ(14:30~15:20)   座長: 安里彰(富士通)
 ・ CPSY  14:30 - 14:55
     スヌープキャッシュをベースにした投機的メモリアクセス機構の提案
     ○関口祐司・十鳥弘泰・大津金光・大川 猛・横田隆史・馬場敬信(宇都宮大)

  ・ CPSY  14:55 - 15:20
     履歴情報詳細化によるパス予測の高精度化の検討
     ○十鳥弘泰・馬場敬信・大川 猛・大津金光・横田隆史(宇都宮大)

■招待講演(2)(14:30~15:20)   座長: 山田晃久(シャープ)
(8)/VLD  14:30 - 15:20
    [招待講演]LUMIX ミラーレス一眼Gシリーズの開発について
     ○房 忍(パナソニック)

■招待講演(3)(16:00~16:50)   座長: 天野英晴(慶応大)
 ・ CPSY  16:00 - 16:50
    [招待講演]世界の基本技術となったway selection cache
     ○井上弘士(九大)

■セキュア設計(16:00~17:15)   座長: 吉村正義(九州大学)
(9)/VLD  16:00 - 16:25
     鍵ベース構成のState Dependent Scan Flip-Flopを用いたセキュアスキャンアーキテクチャ
     ○跡部悠太・史 又華・柳澤政生・戸川 望(早大)

(10)/VLD  16:25 - 16:50
     Camellia暗号回路に対するスキャンベース攻撃手法
     ○小寺博和・柳澤政生・戸川 望(早大)

(11)/VLD  16:50 - 17:15
     歩留まり改善のための2つの遅延値に調整可能な遅延素子に対する遅延調整手法
     ○増子 駿・小平行秀(会津大)

■ディペンダブル設計(1)(16:00~17:15)   座長: 福田大輔(富士通研究所)
(12)/VLD  16:00 - 16:25
     ランダム・テレグラフ・ノイズに起因した組合せ回路遅延ゆらぎに対する基板バイアスの影響
     ○松本高士(京大)・小林和淑(京都工繊大)・小野寺秀俊(京大)

(13)/VLD  16:25 - 16:50
     低電力かつ省面積な耐ソフトエラー多重化フリップフロップ ~ DICE ACFF ~
     ○久保田勘人・増田政基・小林和淑(京都工繊大)

(14)/VLD  16:50 - 17:15
     商用FPGAのばらつきとBTIによる経年劣化
     ○石井翔平・小林和淑(京都工繊大)


11月27日(火)

■ネットワークオンチップ(09:00~10:15)    座長: 久我守弘(熊本大)

  ・ CPSY  09:00 - 09:25
     3次元NoCにおけるバスとネットワークを併用したルーティング手法
     ○加賀美崇紘・松谷宏紀(慶大)・鯉渕道紘(NII)・天野英晴(慶大)

  ・ CPSY  09:25 - 09:50
     ネットワークオンチップにおける仮想チャネル利用法の再考
     ○笹河良介・藤枝直輝・高前田(山崎) 伸也・吉瀬謙二(東工大)

  ・ CPSY  09:50 - 10:15
     Network Performance of Multifunction On-chip Router Architectures
     ○Shinya Takamaeda-Yamazaki・Naoki Fujieda・Kenji Kise(Tokyo Tech)

■最適化(09:00~10:15)   座長: 高橋篤司(東京工業大学)
(15)/VLD  09:00 - 09:25
     先見近傍解生成による焼きなまし法の並列化手法
     ○太田悠介・伊藤和人(埼玉大)

(16)/VLD  09:25 - 09:50
     GPGPUによる準ニュートン法を用いた解析的配置の高速化手法
     ○小平行秀(会津大)・高島康裕(北九州市大)

(17)/VLD  09:50 - 10:15
     プログラマブル論理デバイスを対象とした配置配線問題の整数計画法に基づく定式化
     ○西山大樹・稲木雅人・若林真一・永山 忍(広島市大)

■応用システム(10:30~11:20) 座長: 吉瀬謙二(東工大)
  ・ CPSY  10:30 - 10:55
     トリプルDES回路に組み込まれたハードウェアトロイの試作とその検知手法の検討
     ○望月陽平・熊木武志・藤野 毅(立命館大)

  ・ CPSY  10:55 - 11:20
     再構成可能なリアルタイムビジョンアーキテクチャのFPGAへの実装
     ○平岩丈治・天野英晴(慶大)

■動作合成(2)(10:30~11:45)   座長: 瀬戸謙修(東京都市大学)
(18)/VLD  10:30 - 10:55
     高位合成における繰り返し回数未決定ループに対する投機実行手法
     ○荒木達真・高瀬英希・高木一義・高木直史(京大)

(19)/VLD  10:55 - 11:20
     束データ方式による非同期式パイプライン回路を対象とした動作合成手法
     ○濱田尚宏・齋藤 寛(会津大)

(20)/VLD  11:20 - 11:45
     クロック周波数向上のための動作合成におけるコントローラ設計手法
     ○祖父江亮哉(立命館大)・原 祐子(奈良先端大)・稗田拓路・谷口一徹・冨山宏之(立命館大)

■招待講演(13:00~13:50)   座長: 安永 守利(筑波大)
  ・ RECONF  13:00 - 13:50
    [招待講演]FPGAの応用事例 ~ 並列計算機とネットワーク ~
     ○児玉祐悦(筑波大)

■リコンフィギャラブルアクセラレータ(13:50~14:40)   座長: 渡邊 誠也(岡山大)
  ・ RECONF  13:50 - 14:15
     SOTBを用いた低消費電力リコンフィギャラブルアクセラレータの設計
     ○蘇 洪亮・王 蔚涵・天野英晴(慶大)

  ・ RECONF  14:15 - 14:40
     組込みシステムを対象としたリコンフィギャラブルJavaアクセラレータの一検討
     ○高田誠也・尼崎太樹・飯田全広・久我守弘・末吉敏則(熊本大)

■低消費電力設計(13:00~14:40)   座長: 原祐子(奈良先端科学技術大学院大学)
(21)/VLD  13:00 - 13:25
     Accurate I/O Buffer Impedance Self-Adjustment using Vth and Temperature Sensors
     ○Zhi Li・Hiroshi Tsutsui・Hiroyuki Ochi・Takashi Sato(Kyoto Univ.)

(22)/VLD  13:25 - 13:50
     加算器アーキテクチャ比較・評価のための消費エネルギー解析モデルの提案
     ○小西奈緒・宇佐美公良(芝浦工大)

(23)/VLD  13:50 - 14:15
     HDRアーキテクチャを対象とした同時実行指向スケジューリングを用いたクロック設計考慮低電力化
     高位合成手法
     ○赤坂宏行・柳澤政生・戸川 望(早大)

(24)/VLD  14:15 - 14:40
     SAAV:AVHDRアーキテクチャを対象とした動的複数電源電圧指向の低電力化高位合成手法
     ○阿部晋矢(早大)・宇佐美公良(芝浦工大/早大)・柳澤政生・戸川 望(早大)

■システム設計技術(2)(13:00~14:40)   座長: 伊藤和人(埼玉大学)
(25)/DC  13:00 - 13:25
     解の再利用を用いたSATに基づくテスト生成におけるインスタンス順序と変数割当順序の決定法
     ○上田健司・岩垣 剛・市原英行・井上智生(広島市大)

(26)/DC  13:25 - 13:50
     耐過渡故障データパス合成における演算器バインディングのためのヒューリスティックアルゴリズム
     ○中祖達也・大窪涼子・岩垣 剛・市原英行・井上智生(広島市大)

(27)/VLD  13:50 - 14:15
     Dynamic Timing-Test Scheduling for Post-Silicon Skew Tuning
     ○Mineo Kaneko(JAIST)

(28)/VLD  14:15 - 14:40
     DAGパタンを効率よく共有するためのデータ構造の提案
     ○松永裕介(九大)

■ポスターセッション (15:00~16:20)(担当研専:DC)

■基調講演(17:00~18:00)   座長: 山田晃久(シャープ)
(29)/共通  17:00 - 18:00
    [基調講演]動的再構成プロセッサ(DRP)技術の現状と今後の展望
     ○本村真人(北大)・古田浩一朗・粟島 亨・志田靖斉(ルネサス エレクトロニクス)


11月28日(水)

■リコンフィギャラブルアーキテクチャ(09:00~10:15)   座長: 山口 佳樹(筑波大)
  ・ RECONF  09:00 - 09:25
     スケールフリーネットワークに基づくFPGA配線構造の提案
     ○早馬悟司・尼崎太樹・飯田全広・久我守弘・末吉敏則(熊本大)

  ・ RECONF  09:25 - 09:50
     0.18um CMOS プロセス ダイナミック光再構成型ゲートアレイVLSI
     ○窪田貴之・渡邊 実(静岡大)

 ・ RECONF  09:50 - 10:15
     偏光依存性ホログラムメモリを用いた9コンテキスト光再構成型ゲートアレイ
     ○森脇 烈・渡邊 実(静岡大)・荻原昭文(神戸高専)

■LSI・集積回路および実装技術(1)(9:25~10:15)
  ・ ICD  10:00 - 10:25
     車載表示器向け映像処理LSI"Cammue"
     ○小川吉大・加藤義幸・篠原 隆・藤田偉雄・峯岸孝行(三菱電機)

  ・ ICD  10:25 - 10:50
     SoC高速電力見積システムFPA2の開発
     ○佐々木貴行(富士通研)

■配置配線(09:00~10:15)   座長: 小平行秀(会津大学)
(30)/VLD  09:00 - 09:25
     アナログ集積回路での近接共通重心配置制約を考慮した配置手法の研究
     ○藤吉邦洋・上 慧太朗(東京農工大)

(31)/VLD  09:25 - 09:50
     Routability-oriented Common-Centroid Capacitor Array Generation
     Jing Li・Bo Yang(DAL)・○Qing Dong・Shigetoshi Nakatake(Univ. of Kitakyushu)

(32)/VLD  09:50 - 10:15
     ビアプログラマブルロジックVPEXの配置配線ツールを用いた性能評価
     ○大谷 拓・堀 遼平・上岡泰輔(立命館大)・吉川雅弥(名城大)・藤野 毅(立命館大)

■リコンフィギャラブル応用(10:30~11:45)   座長: 柴田 裕一郎(長崎大)
  ・ RECONF  10:30 - 10:55
     大規模グラフの最大クリーク問題に対する部分再構成可能FPGAを用いたハードウェア解法
     ○三浦智香子・永山 忍・若林真一・稲木雅人(広島市大)

  ・ RECONF  10:55 - 11:20
     インデックス生成器を用いたコネクト6の必勝パターン検出器に関して
     ○椎原康士郎・井戸川裕樹・中原啓貴(鹿児島大)

  ・ RECONF  11:20 - 11:45
     エクステンシブル・プロセッシング・プラットフォームへの電波望遠鏡用小型分光器の実現に関して
     ○中原啓貴・中西裕之(鹿児島大)・笹尾 勤(九工大)

■LSI・集積回路および実装技術(2)(10:30~11:45)

  ・ CPM  10:50 - 11:15
     多層BD記録学習向け信号品質評価回路の開発
     ○中村悠介・峯邑浩行・黒川貴弘・星沢 拓(日立)

  ・ ICD  11:15 - 11:40
     Dual-Rail RSLメモリ方式を利用したサイドチャネル攻撃耐性を有するAES暗号回路
     ○橋本祐樹・汐崎 充・久保田貴也・藤野 毅(立命館大)

■ノイズ解析(10:30~11:45)   座長: 宇佐美公良(芝浦工業大学)
(33)/VLD  10:30 - 10:55
     デジタルLSIにおけるLSIチップ・パッケージ・ボードを統合した電源雑音協調評価
     ○吉川薫平・佐々木悠太(神戸大)・市川浩司(デンソー)・齊藤義行(パナソニック)・永田 真(神戸大)

(34)/VLD  10:55 - 11:20
     伝送線路特性のベクトルフィッティングによる有理関数近似と等価回路合成
     ○本多大介・關根惟敏・浅井秀樹(静岡大)

(35)/VLD  11:20 - 11:45
     双安定ポテンシャル回路による低S/N比信号の高感度検出
     ○金井久亮・李 ウェン・今川健吾・幕内雅巳・植松 裕・大坂英樹(日立)

■FPGAシステムとハードウェア開発(13:00~14:15)   座長: 長名 保範(琉球大)
  ・ RECONF  13:00 - 13:25
     分散オブジェクトORBエンジンの導入によるFPGA搭載システム連携の短期間開発事例
     ○大川 猛・高野創司・植竹大地・横田隆史・大津金光・馬場敬信(宇都宮大)

 ・ RECONF  13:25 - 13:50
     複数のFPGAクラスタ用RC-OSの性能評価
     ○児島 彰・弘中哲夫(広島市大)

  ・ RECONF  13:50 - 14:15
     SysMLを用いたモデルベースハードウェア開発の試行
     ○山崎亮太(東海大)・清水尚彦(東海大/IP ARCH,Inc.)

■設計事例(13:25~14:15)   座長: 稲木雅人(広島市立大学)
(60)/VLD  13:00 - 13:25  発表キャンセル
     動的再構成プロセッサを用いたアダプティブ画像処理の実現 
     ~ DAPDNAを使用した超高速画像処理回路設計手法 ~
     ○山田和雄・玉谷光之・奥山潤一・松本大輔(富士ゼロックス)

(36)/VLD  13:25 - 13:50
     3次元FPGAアレイHPCシステムVocaliseの性能評価
     ○集 祐介・黎 江・久保泰正・田向 権・関根優年(東京農工大)

(37)/VLD  13:50 - 14:15
     WEBアプリ回路と直結したTCP/IPスタック回路の性能評価
     ○藤田琴子・田向 権・関根優年(東京農工大)

■電力解析(13:00~14:15)   座長: 高島康裕(北九州市立大学)
(38)/VLD  13:00 - 13:25
     電源分配回路網の非構造メッシュ化と局所陰的LIMによる高速過渡解析
     ○岡田慎吾・浅井秀樹(静岡大)

(39)/VLD  13:25 - 13:50
     陽的かつ無条件安定な手法による電源分配回路網の高速過渡解析
     ○西崎統大・關根惟敏・浅井秀樹(静岡大)

(40)/VLD  13:50 - 14:15
     仮想グランド線電圧の自動検出による細粒度パワーゲーティング制御
     ○工藤 優・宇佐美公良(芝浦工大)

■高信頼性化と画像認識(14:30~15:20)   座長: 中原 啓貴(鹿児島大)
  ・ RECONF  14:30 - 14:55
     動的再構成機能を用いた故障回避手法の定量的信頼性評価
     ○郡浦宏明(阪大)・今川隆司(京大)・密山幸男(高知工科大)・橋本昌宜・尾上孝雄(阪大)

  ・ RECONF  14:55 - 15:20
     階層型特徴学習機構を有する画像認識システムの回路化
     ○小笠原 麦・横田 怜・田向 権・関根優年(東京農工大)

■ディペンダブル設計(2)(14:30~15:20)   座長: 上村大樹(富士通セミコンダクター)
(69)/VLD  14:55 - 15:20  発表キャンセル
     ビアプログラマブルアナログ回路VPAのチップ設計と特性評価
     ○上田佳祐・中澤 亮・堀 遼平・汐崎 充・藤田智弘・藤野 毅(立命館大)

(41)/VLD  14:30 - 14:55
     超低電圧動作に向けたプロセッシングエレメントの消費エネルギーの実測と解析
     ○安西祥生・工藤 優・太田雄也・太田一輝・宇佐美公良(芝浦工大)

(42)/VLD  14:55- 15:20
     中性子起因一過性複数パルスの電源電圧及び基板バイアス依存性測定
     ○原田 諒(阪大)・密山幸男(高知工科大)・橋本昌宜・尾上孝雄(阪大)

■テスト(1)(14:30~15:45)   座長: 市原 英行(広島市立大学)
(43)/VLD  14:30 - 14:55
     フィールドテストのための温度・電圧モニタ回路構成の検討
     ○津森 渉・三宅庸資・佐藤康夫・梶原誠司(九工大)

(44)/VLD  14:55 - 15:20
     マルチサイクルBISTにおけるスキャン出力の電力低減の手法
     ○王 森レイ・佐藤康夫・宮瀬紘平・梶原誠司(九工大)

(45)/DC  15:20 - 15:45
     遷移故障テストパターンに基づいた微小遅延故障能力向上手法
     ○若杉諒介・細川利典(日大)・吉村正義(九大)

■テスト(2)(16:00~17:15)   座長: 岩垣 剛(広島市立大学)
(46)/DC  16:00 - 16:25
     ネットリストを用いたドントケアビット数の見積り手法に関する研究
     ○宮瀬紘平・梶原誠司・温 暁青(九工大)

(47)/DC  16:25 - 16:50
     テスト圧縮効率化のためのテスト生成法の一考察
     ○楠山友紀乃・山崎達也・細川利典(日大)・吉村正義(九大)・山崎浩二(明大)

(48)/DC  16:50 - 17:15
     桁上げ生成二重化によるフォールトセキュアな並列プレフィックス加算器の構成法
     ○鬼頭信貴(中京大)・高木直史(京大)


一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分


【SLDM 関係 問合せ先】
   SLDM研究会 担当 戸川 望 宛
   E-mail: sldm2011 @ tog.cs.waseda.ac.jp(@前後のスペースを削除して下さい)
 

論文募集のご案内(発表募集は終了しました)

デザインガイア2012
—VLSI設計の新しい大地—

日  程 : 2012年11月26日(月)~28日(水)
会  場
 : 九州大学 百年講堂

発表申込締切 : 2012年8月31日(金)  ⇒ 9月7日(金)に延長しました

●主催研究会/テーマ
 恒例となっております「デザインガイア」を標記日程,会場にて開催致します.7つの第1種研究会の共催・併催・連催の研究会ですが,以下の組み合わせでサブテーマを設定しております.奮って発表をお申し込み下さい.

  • IPSJ-SLDM研究会/VLD研究会/DC研究会
    「VLSIの設計/検証/テストおよび一般」
  • CPSY研究会
    「コンピュータシステムの設計・検証技術および一般」
  • RECONF研究会
    「リコンフィギャラブルシステムにおける設計技術および一般」
  • CPM研究会/ICD研究会
    「高性能プロセッサ・システムLSIの実装設計および一般」

●ポスタセッション
 デザインガイア2012では、以下の要領でポスタ発表を募集致します.奮ってご応募下さい.

    目的:デザインガイアでの研究会発表内容についてじっくり議論する場,
                および研究者間で交流する場を提供する.
        日時:11月27日(火) 午後(予定)

    申込方法:デザインガイア発表申込時に申請(ポスタ発表のみの申込は不可).
        表彰:優秀な発表を表彰します.

●全体講演/招待講演
   すべての研究会合同の全体講演を企画しております.
   「動的再構成プロセッサ(DRP)技術の現状と今後の展望」
              本村真人(北大)、古田浩一朗、粟島亨、志田靖斉(ルネサスエレクトロニクス)
   これ以外にも,サブテーマごとに多数の招待講演を予定しております.

●発表申込

  • 同じサブテーマを冠している研究会は、どの研究会を申し込み研究会としていただいても取り扱いは同じになります。
  • 発表日のご希望がある場合には備考欄にその旨をご記入下さい。ただし、プログラム編成の都合上、ご希望に沿えない場合もございますのでその際はご容赦下さい。

●問合せ先
*ご不明な点は以下のアドレス宛にメールでお問い合わせ下さい(atを@に置換してスペースを削除してください)。
   vld-gaia12 at mail.ieice.org

*各研究会関係窓口
     VLD         竹中 崇(NEC),中武 繁寿(北九大)
     DC           吉村 正義(九大),井上 浩明NEC)
     CPSY        安里 彰(富士通)
     RECONF   渡邊 誠也(岡山大),
     ICD          渡辺 理(東芝)
     CPM         小舘 淳一(NTT)
     IPSJ-SLDM 戸川 望(早大)


調査研究担当への問い合わせフォーム