第186回ソフトウェア工学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  程 : 平成26年11月13日(木)~14日(金)
会  場 : 大阪大学 コンベンションセンター 会議室2 (大阪府吹田市山田丘1-1)
                 [アクセス: http://55099zzwd.coop.osaka-u.ac.jp/convention/map.html ]

共  催 
:  大阪大学 大学院情報科学研究科

プログラム : 

●11月13日(木)

■リポジトリマイニング(13:00-14:30)

(1) コードクローン編集者数に着目した開発履歴の分析
      ○辻 健二,崔 恩瀞(大阪大学),吉田 則裕(名古屋大学),春名 修介,井上 克郎(大阪大学)
(2) 開発履歴分析を用いたコードクローン内外における欠陥発生率の調査
      ○中山 直輝(奈良先端科学技術大学院大学),吉田 則裕(名古屋大学),
         藤原 賢二,飯田 元(奈良先端科学技術大学院大学)
(3) オープンソース開発でのコード修正におけるコーディング規約違反の変化に関する調査
      ○織田 泰輔,阿萬 裕久,佐々木 隆志,川原 稔(愛媛大学)

■テスト・開発支援(14:40-16:10)
(4) レビューサイトの情報を利用したスマートフォンアプリケーションの開発支援
      ○清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦(電気通信大学)
(5) 大規模システム開発におけるテスト工程へのネットワークリプレイ手法の適用
      ○臼井 崇文,田中 修一,秦野 康生,森 拓郎(日立製作所)
(6) ドメインテスト技法に基づく網羅的なテストデータ自動生成手法の提案
      ○丹野 治門,張 暁晶(NTT)

■ソフトウェア工学一般・参加報告(16:20-17:50)
(7) スプレッドシートを利用したビジネスルールエンジンの実装
      ○小池 賢一,大松 史生(三菱電機),谷屋 直隆,小清水 麻衣(三菱電機インフォメーションシステムズ)
(8) テキストマイニングを用いた価値創造教育カリキュラムの効果分析
      ○大迫 周平,亀井 靖高,細合 晋太郎,石田 繁巳,鵜林 尚靖,福田 晃(九州大学)
(9) 要求工学に革新を,要求工学で革新を-第22回要求工学国際会議(RE2014)参加報告-
      ○斎藤 忍(NTTデータ),井出 昌浩(クニエ/南山大学),小形 真平(信州大学),
        中川 博之(大阪大学),位野木 万里(工学院大学),大久保 隆夫(情報セキュリティ大学院大学),
        青山 幹雄(南山大学)

●11月14日(金)

■予測・見積もり(9:15-10:45)

(10) 保守性・再利用性が低いファイルの予測:産業データを用いた研究
      ○津田 直彦,高田 正樹,鷲崎 弘宜,深澤 良彰(早稲田大学),
        杉村 俊輔,保田 裕一朗,二上 将直(小松製作所)
(11) 複数組織のデータに見るシステムリスクと開発コストの関係
      ○野中 誠(東洋大学)
(12) 作業時間と単価に基づくシステム運用費用の分析
      ○角田 雅照(奈良先端科学技術大学院大学/近畿大学),
        門田 暁人,松本 健一(奈良先端科学技術大学院大学),
        大岩 佐和子,押野 智樹(経済調査会)

■モデル(10:55-12:25)
(13) Event-Bを用いたリアクティブシステムのモデリングケーススタディ
      ○來間 啓伸(日立製作所),中島 震(国立情報学研究所/総合研究大学院大学)
(14) 通信キャリア向けサービス制御ノードの開発における形式仕様策定
      ○馬 庚元,林 信宏,大森 洋一,日下部 茂,荒木 啓二郎(九州大学 ),
         吉武 浩,古賀 昭男,原田 英治,杜 翔,井上 康生(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)
(15) 近似的構成管理について
      ○岸 知二,宮里 章太(早稲田大学),野田 夏子(芝浦工業大学)

■フレームワーク・アーキテクチャ(13:55-15:25)
(16)影響波及を考慮したフレームワークアプリケーションのプログラム修復支援手法
      ○森岡 友樹,新田 直也(甲南大学)
(17)アスペクト指向を利用したアーキテクチャ設計に関する考察
      ○野田 夏子(芝浦工業大学),岸 知二(早稲田大学)
(18)複数クラスを横断する情報隠蔽を実現するリファクタリングフレームワーク
      ○高橋 祐介,新田 直也(甲南大学)

■プログラム解析(15:35-16:35)
(19)オープンソースソフトウェアを用いたシステムの開発支援ツール
      ○青山 裕介(九州工業大学),黒岩 丈瑠(三菱電機),久代 紀之(九州工業大学)
(20)例外処理の経路に着目した効率的な初期化漏れ検出手法の提案
      ○岩崎 慎司,坂田 祐司(NTTデータ )
 
 

発表募集(発表募集は終了しました)

日  程 : 平成26年11月13日(木)~14日(金)

会  場 : 大阪大学 コンベンションセンター 会議室2
                 大阪府吹田市山田丘1-1
                 [アクセス: http://55099zzwd.coop.osaka-u.ac.jp/convention/map.html ]

共  催 
:  大阪大学 大学院情報科学研究科

議  題 :  一般

発表申込締切 : 平成26年9月25日(木)23時59分

論文提出締切 : 平成26年10月16日(木)23時59分締切厳守
                            ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                               締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
                               また,フォントの埋め込みがされていないとエラーとなりますので,
                               お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

論文ページ数 : 8ページ

発表申込方法 :  以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください.
                          https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SE/

照 会 先  : 吉田則裕(名古屋大学) E-mail: yoshida [at] ertl.jp
                  長谷川勇(スクウェア・エニックス) E-mail: hasegawa.isamu [at] gmail.com
 

調査研究担当への問い合わせフォーム