第185回ソフトウェア工学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

開催日時 : 平成26年7月9日(水)午後~11日(金)夕刻
会  場  : 富良野文化会館(富良野市内)
交通手段 : 次のページを参考にしてください
                   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/feg/bmap/07/bfm1802.htm

連立開催 : 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 (IEICE/SS)
                   電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (IEICE/KBSE)
                   情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)

●7月9日(水)

■レビュー・分析(15:00-16:30)

(1) コードレビュー時の読み方教示によるレビュー効率の向上
      ○應治 沙織・上野 秀剛(奈良工業高等専門学校)
(2) 第三者によるソフトウェア開発作業評価のための作業記録の保護手法
      ○池田 祥平・上野 秀剛(奈良工業高等専門学校)
(3) 作業時間に基づくソフトウェア保守ベンチマーキングの試み
      ○角田 雅照(奈良先端科学技術大学院大学/近畿大学)・
      門田 暁人・松本 健一(奈良先端科学技術大学院大学)・大岩 佐和子・押野 智樹(経済調査会)
(4) 発見容易性に基づくソフトウェアバグの分析 発表キャンセル
      ○西口 絢人・中川 尊雄・門田 暁人(奈良先端科学技術大学院大学)・
      上野秀剛(奈良工業高等専門学校)・松本 健一(奈良先端科学技術大学院大学)


●7月10日(木)

■タスクスケジューリング・時間制約(9:00-10:30)

(4) 多様なタスクスケジューリング問題への解集合プログラミングの適用
      ○小林 弘幸・土屋 達弘・中川 博之・小島 英春(大阪大学)
(5) ビジネスプロセスのための時間制約表現
      ○飯島 正(慶應義塾大学)
(6) 値付きタスクオートマトンに基づくコストを意識した実時間タスクスケジューリング
      ○結縁 祥治・亀井 達朗(名古屋大学)

■PBL・開発プロセス(10:40-12:10)
(7) IoTシステムを題材としたPBLの導入提案
      ○細合 晋太郎・石田 繁巳・亀井 靖高・大迫 周平(九州大学)・
      井垣 宏(大阪大学)・鵜林 尚靖・福田 晃(九州大学)
(8) ソフトウェア進化の理解を目的とした遅延相関分析手法:OSSプロジェクトデータへの適用
      ○山谷 陽亮・大平 雅雄(和歌山大学)
(9) 開発履歴を利用した風林火山モデルに基づく開発者特性の分析
      ○五田 篤志・山崎 尚・玉田 春昭(京都産業大学)・畑 秀明(奈良先端科学技術大学院大学)・
      角田 雅照(近畿大学)・井垣 宏(大阪大学)

■Web・スマートフォン(13:10-15:10)
(10)GUIビルダによるスマートフォンアプリケーション向けモデル駆動開発手法
      ○松井 浩司・松浦 佐江子(芝浦工業大学)
(11)擬似マルウェア体験によるAndroidパーミッションと脅威の関係の学習
      ○加藤 真・松浦 佐江子(芝浦工業大学)
(12)ユーザビリティ要求確認を支援するWebプロトタイプ自動生成手法
      ○紙森 翔平・小形 真平・海尻 賢二(信州大学)
(13)UI機能テストのためのHTML構造パターンの抽出手法の提案と評価
      ○神谷 年洋(はこだて未来大学)

■形式手法・言語(15:20-17:20)
(14)反例からの検査式自動生成による不具合原因特定支援
      ○青木 善貴(日本ユニシス)・松浦 佐江子(芝浦工業大学)
(15)Improving efficiency of pseudo-Boolean solver that uses SAT solver and BDD
      ○Masahiko Sakai(Nagoya University)・Hidetomo Nabeshima(University of Yamanashi)
(16)Malbolge低級アセンブラにおけるコード配置アドレスの自動決定
      ○加藤 起騎・酒井 正彦・坂部 俊樹・西田 直樹(名古屋大学)
(17)MathMLで書かれた数式に対する検索手法の提案
      ○片岡 晃久・甲斐 博(愛媛大学)


●7月11日(金)

■リファクタリング(9:00-10:30)

(18)機能捜索結果を利用したプレファクタリング支援
      小松田 卓也・○林 晋平・佐伯 元司(東工大)
(19)設計抽象化のためのリファクタリングパターンとその評価実験
      ○艾 迪・鵜林 尚靖・李 沛源・李 宇寧・細合 晋太郎・亀井 靖高(九州大学)
(20)A Tool for Suggesting Program Elements to Be Changed in Next Edit
      ○Yang Yujiang(Waseda University)・Sakamoto Kazunori(National Institute of Informatics)・
      Washizaki Hironori・Fukazawa Yoshiaki(Waseda University)

■コードクローン・デバッグ(10:40-12:10)
(21)機械学習を用いたコードクローンの危険予測手法
      ○今里 文香・堀田 圭佑・肥後 芳樹・楠本 真二(大阪大学)
(22)ソフトウェア開発におけるコピーアンドペーストによって生じたコード片に対する調査
      ○大田 崇史・井垣 宏・堀田 圭佑・肥後 芳樹・楠本 真二(大阪大学)
(23)Javaマルチスレッドプログラム向けの拡張ペトリネットを用いた実行の再現を利用した
      デバッグ支援ツールの試作
      ○北野 翔一郎・片山 徹郎(宮崎大学)

■テスト(13:10-15:10)
(24)On Coverage for State Transition Testing and Model Checker-Based Test Case Generation
      ○Cassia de Souza Carvalho・Tatsuhiro Tsuchiya(Osaka University)
(25)ソースコード生成を利用した結合テスト向けデータベース生成手法の提案
      ○丹野 治門・張 暁晶・生沼 守英(NTT)
(26)モデルベーステストにおけるトレーサビリティの確保と活用
      ○張 暁晶・丹野 治門・生沼 守英(NTT)
(27)動的記号実行によるメソッドの複雑度を考慮したテストケース自動生成
      ○高松 宏樹・佐藤 晴彦・小山 聡・栗原 正仁(北海道大学)

※発表時間 :発表20分+質疑応答10分が目安となります。

 

発表募集(募集は終了しました)

日  程 : 平成26年7月9日(水)午後~7月11日(金)夕刻
会  場 : 富良野文化会館(富良野市内)
                 アクセス:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/feg/bmap/07/bfm1802.htm
                 最寄駅 :富良野駅

連立開催
 : 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
                   電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (IEICE/KBSE)
                   電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 (IEICE/SS)

協  賛
 : 日本ソフトウェア科学会 ソフトウェア工学の基礎研究会 (FOSE)

議  題
 : ソフトウェア工学全般/知能ソフトウェア工学全般/ソフトウェアサイエンス全般

発表申込締切 : 平成26年4月25日(金)23時59分

論文提出締切 : 平成26年6月9日(月)23時59分締切厳守
                            ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                               締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
                               また,フォントの埋め込みがされていないとエラーとなり投稿できませんので,
                               お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

論文ページ数(フォーマットの違いにより):
       8ページ以内(情報処理学会 ソフトウェア工学研究会)
       6ページ以内(電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会)
       6ページ以内(電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会)

発表申込方法 : 
    【情報処理学会 ソフトウェア工学研究発表会への発表申込】
      以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
      https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SE/

    【電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会への発表申込】
     以下のURLの「発表申込受付中」メニューよりお申込ください.
      http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=KBSE

    【電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会への発表申込】
     以下のURLの「発表申込受付中」メニューよりお申込ください.
      http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=SS

照 会 先
  : 
    情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
          亀井靖高(九州大学)
          E-mail: kamei [at] ait.kyushu-u.ac.jp

   電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 (IEICE/KBSE)
          青木善貴(日本ユニシス株式会社 総合技術研究所 インキュベーションラボ)
          E-mail: yoshitaka.aoki [at] unisys.co.jp

   電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 (IEICE/SS)
          小林 隆志(東京工業大学)
          E-mail: tkobaya [at] cs.titech.ac.jp

 

調査研究担当への問い合わせフォーム