第182回ソフトウェア工学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  程  : 2013年10月24日(木)~25日(金)
会  場  : ITビジネスプラザ武蔵 6階  交流室1
                   (石川県金沢市武蔵町14-13)
                   アクセス:http://www.bp-musashi.jp/guide/about/
                   交通案内:JR金沢駅から、徒歩10分 、バスで2区間(武蔵ヶ辻)下車 、又は、タクシーで3分
                   入口は、「めいてつ・エムザ」スタジオ通り下堤町側エレベータをご利用ください。

連立開催 : 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
                   電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会(IEICE/SS)

10月24日(木)

■(10:30-11:30)/SIG-SS
(1) 組込みCISCアセンブラの記号モデル検査
      ○渡邊健太,張 恵禛,櫻井孝平,山根 智(金沢大)

(2) 組込みCISCマイコンのアセンブリプログラムに対する振舞い抽出器の開発とモデル検査への適用
      ○公下亮佑,山根 智,櫻井孝平(金沢大)

(3) 書き換え規則に基づくAPIベース言語拡張のためのCOINSを用いたフレームワークの設計と実装
      ○塩出拓也,川端英之,北村俊明(広島市大)

■テスト・解析(11:30 - 12:30)/SIG-SE
(4) フレームワークアプリケーションに於ける副作用の兆候を抽出する動的解析手法
      ○久米出(奈良先端科学技術大学院大学),新田直也(甲南大学),
      中村匡秀(神戸大学),柴山悦哉(東京大学)

(5) デルタ抽出プラグインの実装とそのプログラム理解に対する有効性評価
      ○松岡智大,新田直也(甲南大学)

(6) Concolic Testingを用いた結合テスト向けテストデータ生成手法の提案
      ○丹野治門,星野隆(NTT),Sen Koushik(University of California,Berkeley),
      高橋健司(NTT Innovation Institute Inc.)

■(13:30 - 15:30)/SIG-SS
(7) 有向グラフ分析によるソフトウェア保守性評価の試み
      ○中村光宏(富士通/横浜国大),中嶋久彰,木野本玲子(富士通),濱上智樹(横浜国大)

(8) プログラムの関数・変数関係の一表現法
      ○高橋耶真人,福原和哉,猪股俊光,新井義和,今井信太郎(岩手県立大)

(9) コードレビュー支援システムのための関数・変数関係の可視化実現法
      ○福原和哉,高橋耶真人,猪股俊光,新井義和,今井信太郎(岩手県立大)

(10)再利用実績に基づいたコード片検索手法の提案
      ○石原知也,堀田圭佑,肥後芳樹,楠本真二(阪大)

(11)ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いたコミットの分割
      ○切貫弘之,堀田圭佑,肥後芳樹,楠本真二(阪大)

(12)サービス指向リポジトリマイニングを効率化するキャッシュ機構の実装
      ○坂元康好,まつ本真佑,佐伯幸郎,中村匡秀(神戸大)

■要求・設計(15:40 - 17:40)/SIG-SE
(13)ソフトウェアプロダクトラインにおける非機能特性を考慮した製品導出支援手法の提案
      ○永野寛丸,岸知二(早稲田大学)

(14)ソフトウェア開発プロセスモデルを用いた形式手法の導入効果の検討
      ○日下部茂,林信宏,大森洋一,荒木啓二郎(九州大学)

(15)ドメイン用語辞書の再利用に向けたグループ化
      ○大森洋一,日下部茂,林信宏,荒木啓二郎(九州大学)

(16)フレームワークサンプルアプリケーションを利用した実行シナリオの実装支援ツールの開発
      ○縄江保宏,新田直也(甲南大学)

(17)実行シナリオに基づくレイヤアーキテクチャの評価手法
      ○小林謙太郎,新田直也(甲南大学)

(18)プログラム理解支援を目的とした分散ペアプログラミングのコミュニケーションログの活用
      ○秀毛嶺維馬,奥野拓(公立はこだて未来大学)

■会議報告(17:40 - 17:55)/SIG-SE
(19)第21回要求工学国際会議(RE2013)参加報告
      ○斎藤忍(NTTデータ),中川博之(電気通信大学),中谷多哉子(筑波大学),青山幹雄(南山大学)


10月25日(金)

■招待講演(10:15 - 11:00)
(20)ソフトウェアサイエンス:今と昔(仮題)
      片山 卓也(北陸先端科学技術大学院大学長)

■システム開発(11:10 - 12:30)/SIG-SE
(21)ソフトウェア開発プロジェクトをまたがるJust-In-Timeバグ予測の実験的評価
      ○福島崇文,亀井靖高,鵜林尚靖(九州大学)

(22)PBLにおけるデザイン思考の導入事例
      ○大迫周平,亀井靖高,細合晋太郎(九州大学),加藤公敬(富士通),
      石塚昭彦,坂口和敏(富士通デザイン),川高美由紀(FUJITSUユニバーシティ),
      森田昌嗣,鵜林尚靖,福田晃(九州大学)

(23)センサデータサーバのための分散データベースの構築,運用に関する考察
      ○永井琢也,満田成紀,福安直樹,松延拓生,鯵坂恒夫(和歌山大学)

(24)組込みソフトウェア向けの故障木解析手法
      ○高橋正和(山梨大学)

■(13:30-14:30)/SIG-SS
(25)ランダムテストを利用した制約のあるインタラクションテストの効率的なテストケース生成
      ○平﨑靖博,小島英春,土屋達弘(阪大)

(26)設計書に基づくテスト項目抽出手法の提案および既存開発プロセスへの適用
      ○張 暁晶,丹野治門,星野 隆(NTT)

(28)BDDを前提とした仕様と利用の比較の手法  発表キャンセル
      ○及川 翔,神谷年洋(公立はこだて未来大)

(27)And/Or/Call グラフの提案とソースコード検索への応用
      ○神谷年洋(未来大)

■コードクローン・プログラム解析(14:40 - 16:15)/SIG-SE
(28)テキストマイニング技術を応用したメソッドクローン検出手法の提案
      ○山中裕樹(大阪大学),吉田則裕(奈良先端科学技術大学院大学),崔恩瀞,井上克郎(大阪大学)

(29)ソースコードを構成する処理ブロックの特徴に着目したコードクローン推定技術
      ○垣谷広輝,安藤優作,平山雅之(日本大学),菊地奈穂美(沖電気工業)

(30)版管理システムを用いた開発プロセスに適したコードクローン修正支援ツールの検討
      ○藤原雄介,藤原賢二,吉田則裕,飯田元(奈良先端科学技術大学院大学)

(31)ソフトウェアプロダクト間での Logical Coupling 検出に向けた予備的な調査
      ○中村高士,早瀬康裕,北川博之(筑波大学)

(32)ソフトウェアプロダクトライン国際会議(SPLC2013)参加報告
      ○岸知二(早稲田大学),石田裕三,坂田祐司,中西恒夫(九州大学),
      野田夏子(芝浦工業大学),野中誠(東洋大学),林好一(SRA),久住憲嗣(九州大学),
      山内和幸(エクスモーション),吉村健太郎(日立製作所),鷲崎弘宜(早稲田大学)

発表募集(募集は終了しました)

日  程 : 平成25年10月24日(木)午後~10月25日(金)夕刻

会  場 : ITビジネスプラザ武蔵(金沢市内)
                アクセス:http://www.bp-musashi.jp/guide/about/

連立開催
 : 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
                   電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会(IEICE/SS)

議  題 :  ソフトウェア工学全般
                 ソフトウェアサイエンス全般

発表申込締切 : 平成25年9月3日(火)23時59分

論文提出締切 : 平成25年9月24日(火)23時59分締切厳守
                            ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                               締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
                               また,フォントの埋め込みがされていないとエラーとなり投稿できませんので,
                               お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

論文ページ数(フォーマットの違いにより) :
         8ページ以内(情報処理学会ソフトウェア工学研究会)
         6ページ以内(電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会)

お申し込み方法 : 
         【情報処理学会ソフトウェア工学研究発表会への発表申込】
             以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
             SE研究会   -    https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/SE/

         【電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会への発表申込】
             以下の Web による発表申し込みページから必要事項を入力してお申込ください.
             http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=SS

照 会 先  : 
         情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 (IPSJ/SIGSE)
              櫻井孝平(金沢大学) E-mail: sakurai [at] ec.t.kanazawa-u.ac.jp
              菊地奈穂美(沖電気工業) E-mail: kikuchi386 [at] oki.com

         電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 (IEICE/SS)
             中島 震(国立情報学研究所) E-mail: nkjm [at] nii.ac.jp
             緒方 和博(北陸先端科学技術大学院大学) E-mail: ogata [at] jaist.ac.jp
 

調査研究担当への問い合わせフォーム