第175回ソフトウェア工学研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  程 : 2012年3月15日(木)~16日(金)
会  場 : 東京都千代田区神田駿河台1-5
                 化学会館 5階501会議室/6階601会議室 [アクセス:http://www.ipsj.or.jp/map.html]


3月15日(木)


●PM1(13:00-15:00)学生セッション
   
■要求・プロジェクト管理(13:00-15:00)化学会館501会議室
(1) Request For Proposal(RFP)における保守・運用指標の抽出と評価
    ○齊藤康廣,門田 暁人,松本健一(奈良先端科学技術大学院大学)
(2) 説明変数のランダムサンプリングを用いた対数重回帰モデルによるソフトウェア開発工数予測の試み
    ○小西文章(奈良高専専攻科),内田眞司(奈良高専),戸田航史(奈良先端大),門田暁人(奈良先端大)
(3) 同時に複数のプロジェクトを兼務する作業者の作業優先順序決定支援
    ○比護徹治,森一樹,橋浦弘明,古宮誠一(芝浦工大)
(4) SLAに基づくクラウド選択のための要求工学プロセスの提案と評価
    ◯森下月菜,米澤麻衣子,中道上,青山幹雄(南山大学)

■形式手法・設計(13:00-15:00)化学会館601会議室
(5) モデル検査器NuSMVを用いたオントロジーの検証
    ○阿部雄貴,小林秀幸,高橋薫(仙台高専)
(6) アスペクト指向状態遷移言語のPSoCアプリケーションへの適用
    ○川村峰大(東海大学),安倍昌輝(東海大学),長岡拓弥(東海大学),谷川郁太(東海大学),
    原築良(東京都市大学),小倉信彦(東京都市大学),渡辺晴美(東海大学)
(7) レゴプログラム向け状態遷移図設計支援システム
    ○今井康平,紫合治(東京電機大学)
(8) ツールを使用した形式仕様作成の事例研究
    ○井上心太(九大),大森洋一(九大),荒木啓二郎(九大)

●PM2(15:15-16:45)一般セッション
   
■仕様・測定(15:15-16:45)化学会館501会議室

(9) 実行順序依存性のある状態遷移表に対する動作理解支援手法
    ○古家直樹(日立製作所),山岸正知(クラリオン),鈴木康文(日立製作所),
    川上真澄(日立製作所),小川秀人(日立製作所)
(10)制御ソフトウェアの仕様整合性検証技術の調査と分析
    ○大貫智洋(三菱電機)
(11)COSMIC概算法による機能規模測定のコスト削減の検討結果
    ○木村めぐみ,藤井拓(オージス総研)

■解析・設計(15:15-16:45)化学会館601会議室

(12)変更要件に関係するプログラム特定のための処理名抽出
    ◯岡田譲二,坂田祐司(NTTデータ)
(13)トレース解析手法を利用した逸脱コードの特定
    ○久米出(奈良先端大学),柴山悦哉(東京大学)
(14)FMEAを援用した例外処理設計手法
    ○中西恒夫(九州大),久住憲嗣(九州大),福田晃(九州大)


3月16日(金)
   
●AM(10:00-11:30)学生セッション
   
■テスト・デバッグ・保守(10:00-11:30)化学会館501会議室

(15)Webアプリケーションを対象としたテストスイートの評価~ミューテーションテストにもとづいた手法~
    ○深谷雅洋(慶應義塾大学),Rogene Lacanienta(慶應義塾大学),高田眞吾(慶應義塾大学),
    丹野治門(NTTサイバースペース研究所),張暁晶(NTTサイバースペース研究所),
    星野隆(NTTサイバースペース研究所)
(16)プログラマに思い込みを気付かせるデバッグ支援システムの実現に関する一考察
    ○後藤邦仁,太田剛(静岡大学)
(17)プログラムパッケージ名を用いたソフトウェア保守作業におけるプロジェクト理解支援システム
    ○山田洋明,櫨山淳雄(東京学芸大学)

■解析・組込み・アルゴリズム(10:00-11:30)化学会館601会議室
(18)メソッド境界を越えた呼び出しパターン抽出のためのコールグラフ探索戦略
    ○大塲光明,渥美紀寿,小林隆志,阿草清滋(名大)
(19)ハードウェア性能に対する組込みシステムモデルの影響分析手法の提案
    ○鈴木辰昇(茨城大学),上田賀一(茨城大学),中島震(国立情報学研究所)
(20)リング型オーバレイネットワークにおけるルーティングアルゴリズムの提案
    ○手嶋達也,為岡未来,島和之(広島市立大学)
   
●PM(13:00-14:30)一般セッション
   
■モデル・要求・測定(13:00-14:00)化学会館501会議室

(21)ドメイン特化モデルのモデル作成効率評価
    ○川上真澄,小川秀人(日立製作所)
(22)組込み製品群開発における変動管理へのフィーチャーモデルの適用実験
    ○牧隆史,鈴木正人(北陸先端大)
(23)要求仕様書の品質データ分析のためのフレームワークの提案
    ○寺脇由紀(法政大学)  発表キャンセル

■ソフトウェア更新・アプリケーション・報告(13:00-14:30)化学会館601会議室
(23)車載装置向けソフトウェア更新に関するオブジェクトリンク方式
    ○伊藤益夫(三菱電機)
(24)クラウドコンピューティングを基盤とする健康診断ナビゲーションシステムの提案と評価
    ○河原芳昭(南山大学/アルファスタッフ),青山幹雄(南山大学),松永昌樹(ブラザー健康保険組合)
(25)第18回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSEC2011) 参加報告
    ○大森隆行(立命館大),大山勝徳(日大),林晋平(東工大),青山幹雄(南山大)

■表彰式(14:30-15:00)化学会館501会議室


発表募集(発表募集は終了しました)

日  程 : 2012年3月15日(木)~16日(金)

会  場 : 東京都千代田区神田駿河台1-5
                 化学会館 [アクセス:http://www.ipsj.or.jp/map.html]

議  題 : 一般

  • 学生セッションを設け、学生による研究発表を募集します。学生セッションにおける優秀な論文発表に賞を進呈し、研究会開催中に表彰式を行う予定です。奮ってご応募ください。学生セッションでの発表申し込みをご希望の方は、申し込み書の最後に「学生セッション希望」とお書き添え下さい。なお、学生セッションへの申し込みは同一研究室から原則として3件までとさせていただきます。
  • 社会人学生(※)は学生セッションでの発表はできません。一般セッションでのご発表をお願いいたします。 ※発表時の所属が企業等(大学との併記を含む)である者をさします。

発表申込締切  2012年1月20日(金)

  • 下記照会先あて電子メールでお申し込みください。なお、「発表題目、発表者名(登壇者に○)、略称所属、概要(50字程度)、発表申込者連絡先(氏名、Tel、Fax、E-mail)、学生セッション希望の有無」を明記してください。
  • お申し込み後、数日以内に受領メールを差し上げます。1週間経っても受領メールが届かない場合は照会先まで電子メールでお問合せください。
  • 申込者多数の場合、原則として先着順となりますが、今回の研究会では学生セッション発表を優先させていただきますのであらかじめご了承ください。
原稿締切 : 2012年2月20日(月) 厳守 (遅れると原稿は受領されません)

照 会 先 : 紙名 哲生(東京大学)
                  E-mail: sigse175 [at] p.u-tokyo.ac.jp

 

調査研究担当への問い合わせフォーム