第112回プログラミング研究発表会

プログラミング研究会(PRO)は,
  • プログラミング言語の設計,処理系の実装
  • プログラミングの理論,基本概念
  • プログラミング環境,支援システム
  • プログラミング方法論,パラダイム
  • これらを応用したシステムの開発事例
  • その他,プログラミングに関する面白い話題
を対象とした研究発表の場で,1998年度から毎年3~4回のペースで論文誌を発行しています.PRO論文誌は研究会と密接にリンクしており,研究会で発 表されたもののうちあらかじめ論文投稿を希望し,論文原稿を提出されているものが査読の対象となっています(論文誌投稿を希望しない発表も歓迎します). おおむね研究会から3週間で論文の採否が決定されるという迅速さも大きな特徴です.2017年1月の研究会も多くの発表ならびに論文投稿をお待ちしてお ります.申込期間は11月1日(火)~11月11日(金)23:00,投稿締切は12月9日(金)です.よろしくご検討ください.なお,多数の発表申込みがある場合には,発表をお断りすることがございますので,お早めにお申し込みください.発表申込時で必要なのはタイトルと概要などとなっております.

また,6月,10月の研究会でも試験的に実施した「短い発表」を今回も募集いたします.「短い発表」として申し込まれた場合,通常は質疑込みで45分のところ30分(発表20分・質疑10分)での発表となります.対象となる発表内容は通常の場合と同様ですが,萌芽的なアイデアの提示,進行中の研究の途中報告,システム開発経験や興味深いプログラミング技法の紹介,開発したツールやソフトウェアの紹介などを特に歓迎いたします.予稿は数ページ程度の短いものでも構いません.発表申込締切は通常の発表と同じ11月11日(金)です.通常の発表申込と同様の手順で,「短い発表を希望する」と明記の上担当者までお申し込み下さい.なお,「短い発表」として申し込まれたものは論文誌への投稿はできません.ご了承ください.

なお,2015年度以降,「情報処理学会論文誌:プログラミング (PRO) 」に掲載される英文論文の出版形態に変更があります.英文論文をご投稿される場合,または,採録後の英語化をご検討の方は,以下のアナウンスをご確認ください.
http://sigpro.ipsj.or.jp/sigtra4/
5.英文論文誌JIPとの連携」「6. 和文論文の採録後の英語化
 

発表募集

日 程 : 2017年1月10日(火)~ 12日(木)(12日の開催は発表件数によります)
会 場
 : 沖縄県男女共同参画センター(てぃるる)会議室1・2
       〒900-0036 沖縄県那覇市西3-11-1  交通案内

発表申込締切 : 
     2016年11月1日(火)~11月11日(金)23:00(通常の発表・短い発表の両方とも)

投稿論文原稿提出締切 : 
     2016年12月9日(金)

申込先 : 小出 洋(九州工業大学)
     E-mail: koide [at] ai.kyutech.ac.jp

案内ページ : https://sigpro.ipsj.or.jp/pro2016-4/

調査研究担当への問い合わせフォーム