第140回OS研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日 程 :  2017年5月16日(火)~17日(水)
場 所 
: ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート
     〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村字冨着 1550番地1
テーマ : システムソフトウェア一般
照会先 : 光来健一 (九州工業大学)
     kourai あっと ci.kyutech.ac.jp(あっとを @ に置き換えてください)

プログラム :

5月16日(火)
 
□オープニング(13:35~13:40)
 
■セッション1:クラウド(13:40~14:55)

(1) マルチテナントシステムの開発を支援するIaaS環境
  古橋 健斗,松本 拓也,福田 章浩(芝浦工業大学)
 
(2) シャドウデバイスを用いた帯域外リモート管理を継続可能なVMマイグレーション
  鵜木 智矢,光来 健一(九州工業大学)
 
(3) 仮想化環境におけるクラウド・アプリケーションのためのカーネル内実行フレームワーク
  大須賀 敦俊,縣 直道,窪田 貴文,河野 健二(慶應義塾大学)
 
■セッション2:OS構成法(15:10~16:00)
(4) Gears OS におけるコード記述
  宮城 光希,河野 真治(琉球大学) 発表キャンセル
 
(4) 走行中プロセスを他プロセスから複製する機能の提案
  鈴木 森羅,乃村 能成,谷口 秀夫(岡山大学)
 
(5) Gears OS における並列処理
  東恩納 琢偉,伊波 立樹,河野 真治(琉球大学)
 
■セッション3:IoT, 組込み(16:15~17:30)
(6) I/OデバイスのIoT化を実現するソフトウェアExpEtherの提案
  鈴木 順,辻 聡,林 佑樹,竹中 崇(NEC)
 
(7) SOTBを用いたCPUの省電力OSスケジューラの基本設計
  濱田 槙亮,小柴 篤史,並木 美太郎(東京農工大学)
 
(8) A low overhead trace and compression system for Automotive RTOS
  ロペス ハイロ,下沢 拓(日立製作所),芹沢 一,
  蛯名 朋仁(日立オートモティブシステムズ),峯 博史(日立製作所)


5月17日(水)

■セッション4:資源管理(9:00~10:15)

(9) ソフトウェア若化を指向するインメモリDBMS
  十文字 優斗,山田 浩史(東京農工大学)
 
(10)マルチコアにおけるリアルタイム性とCPU使用効率を両立した組込みシステム向けVMMの開発
  内匠 真也,磯崎 宏,橋本 幹生,金井 遵(東芝)
 
(11)可視化コンテンツ共有のためのネットワークスライス自動構築システム
  遠藤 新,木戸 善之,伊達 進,下條 真司(大阪大学)
 
■セッション5:ビッグデータ(10:30~11:45)
(12)Operating System Integrated Tracef for Database Management System in Big Data Processing
  谷川 桂子,久木 和也,畑崎 恵介(日立製作所)
 
(13)Cgroupsを利用したHadoopにおける落ちこぼれタスクのリソース制限による再現
  岩井 良成,杉木 章義,棟朝 雅晴(北海道大学)
 
(14)アプリケーションレベルのメモリ管理を考慮した HugePage 割り当て機構
  清水 祐太郎,山田 浩史(東京農工大学)
 
■セッション6:データベース(13:15~14:05)
(15)Raftに基づく分散データベースの性能解析
  梶原 顕伍,川島 英之,建部 修見(筑波大学)
 
(16)ユニケージ開発手法に基づく Unix ファイルシステムを用いたデータベースの構築と操作
  中村 和敬,當仲 寛哲(ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所)
 
(18)非破壊木構造データベース Jungle のサービス利用法にそった改良
  仲松 栞,照屋 のぞみ,河野 真治(琉球大学) 発表キャンセル
 
■セッション7:仮想化(14:20~15:35)
(17)可視化ミドルウェアのスイッチングモジュールの設計と実装
  石田 和也,木戸 善之,伊達 進,下條 真司(大阪大学)
 
(18)言語処理系を組み込んだVMMによるOSの効率的な監視システム
  市川 遼,並木 美太郎(東京農工大学)
 
(19)命令フィルタの導入による仮想デバイスエミュレーションの脆弱性回避
  石黒 健太,小笠原 純也,河野 健二(慶應義塾大学)
 
□クロージング(15:35~15:40)

 

発表募集(募集は終了しました)

========================================================================
情報処理学会
第140回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会 (OS)

発表論文募集のお知らせ

主査 廣津 登志夫
幹事 光来 健一・齋藤 彰一・広渕 崇宏・山田 浩史
========================================================================

情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)研究会が主催する5月の研究会を下記の要領で開催致します.
システムソフトウェア全般に関する先進的・萌芽的な研究の発表を是非ご検討ください.

テーマ
 : システムソフトウェア一般

日 程
 :  2017年5月16日(火)~17日(水)

場 所 
: ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート
     http://www.hotelmonterey.co.jp/okinawa/
     〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村字冨着 1550番地1
     
重要日程:発表申込〆切:2017年3月29日(水) 23:59
     論文原稿〆切:2017年4月19日(水) 23:59
      ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
       原稿締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
       また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
       お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

推奨ページ数
     6~8ページ(ただし,ページ超過/ページ不足に制限を設けない)

発表申込方法

     下記URLよりお申し込みください.なお,日程の都合により,登録会員優先,
     先着順等で発表件数を限らせていただくこともございます.あらかじめご了承下さい.
     https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/OS/

照会先 : 光来健一 (九州工業大学)
      kourai あっと ci.kyutech.ac.jp(あっとを @ に置き換えてください)
                          

調査研究担当への問い合わせフォーム