第136回OS研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

◆第136回 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会
 (主査:廣津 登志夫(法政大),
   幹事:齋藤 彰一(名工大)・高宮 安仁(日本電気(株))・高野 了成(産総研)・山田 浩史(農工大))

共  催  理化学研究所計算科学研究機構

日  時  平成28年2月29日(月)9:40~17:15
          3月 1日(火)9:30~15:50

会  場  理化学研究所計算科学研究機構 1Fセミナー室
     http://www.aics.riken.jp/jp/map/
     〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-26

●2月29日(月)

□9:00 -  受付

□09:40 - 09:45 オープニング

■09:45 - 11:15 ストレージとファイルシステム(座長:山内 利宏(岡山大))
(1) クラスタファイルシステムにおけるファイル配置のためのハッシュ空間分割手法
  芝 公仁,丈達 翔太(龍谷大学)

(2) 仮想デスクトップのストレージトラフィックにおけるブロック間相関関係の解析
  熊野 達夫,小沢 年弘(富士通研究所)

(3) 二重キャッシュ環境の参照の局所性を考慮したキャッシュを有するファイルシステム
  杉本 洋輝(工学院大学),光来 健一(九州工業大学),山口 実靖(工学院大学)

■12:45 - 14:15 データベースとKVS(座長:広渕 崇宏(産総研))
(4) KSMとバルーニングを用いた仮想化環境におけるI/O性能の向上
  徳田 大輝,御代川 翔平,山口 実靖(工学院大学)

(5) Recursive Incremental Computation for Efficient Window Aggregate over Array Database
  Jiang Li,Hideyuki Kawashima,Osamu Tatebe(University of Tsukuba)

(6) 暗号化データベースシステムにおける総和計算の並列化技法に関する評価
  堀尾 健太郎,川島 英之,建部 修見(筑波大学)

■14:30 - 16:00 オペレーティングシステム(1)(座長:下沢 拓(日立))
(7) 多様な障害へ対応したカーネルレベル障害検知機能の提案と実装
  岩間 響子(名古屋工業大学),毛利 公一(立命館大学),齋藤 彰一(名古屋工業大学)

(8) Mintオペレーティングシステムを用いたNICドライバの開発支援手法の実現
  藤田 将輝,乃村 能成,谷口 秀夫(岡山大学)

(9) ベアメタルクラウドにおけるハードウェア保護
  東 耕平(東京大学),竹腰 開(筑波大学),深井 貴明(筑波大学),品川 高廣(東京大学),
  加藤 和彦(筑波大学)

□16:15 - 17:15 「京」見学


●3月1日(火)

■9:30 - 11:30 データ処理(座長:山田 浩史(農工大))
(10)Plan9によるコマンドベースMapReduceとIoTへの応用
  中原 健志,佐藤 未来子,並木 美太郎(東京農工大学)

(11)ログの自動挿入によるスレッド間のデータ依存関係の追跡
  窪田 貴文,吉村 剛,河野 健二(慶應義塾大学)

(12)複数レイヤにおける多重並列化の自動調停に関する検討
  穐山 空道,小川 宏高(産業技術総合研究所)

(13)縮退表現に基づくシーケンスパタン集合の圧縮
  川島 英之,建部 修見(筑波大学)

■13:00 - 14:30 リソース管理(座長:尾上 浩一(富士通))
(14)Tenderにおけるコア-メモリ間の関係が性能に与える影響
  堀井 基史,山内 利宏,谷口 秀夫(岡山大学)

(15)メモリ消費のふるまいに基づくメインメモリ管理手法
  中川 岳,川田 裕貴,追川 修一(筑波大学)

(16)システムに対する急激な負荷上昇の早期検出方式の評価
  横山 晴道,菅原 智義(NEC グリーンプラットフォーム研究所)

■14:45 - 15:45 オペレーティングシステム(2)(座長:高宮 安仁(NEC))
(17)マルチコア環境における優先度逆転を抑制するAnT オペレーティングシステムのスケジュール機構
  鴨生 悠冬,山内 利宏,谷口 秀夫(岡山大学)

(18)リブートを伴うOSアップデートにおけるダウンタイム削減手法
  寺田 献,山田 浩史(東京農工大学)

□15:45 - 15:50 クロージング


●照会先: 齋藤彰一(名工大) shoichi"at"nitech.ac.jp

 

発表募集(募集は終了しました)

●日 程: 2015年2月29日(月)~ 3月1日(火)
場 所: 理化学研究所計算科学研究機構(神戸市)

発表申込締切: 2016年1月12日(金) → 15日(金)23:59締切 延長しました!

●原稿提出締切: 2016年2月2日(火)23:59締切
               ※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                 締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
                 また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
                 お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

推奨ページ数: 6~8ページ(ただし,ページ超過/ページ不足に制限を設けない)

発表申込方法: 以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
                https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/OS/

照会先: 齋藤彰一(名工大) shoichi"at"nitech.ac.jp
                          

調査研究担当への問い合わせフォーム