第92回数理モデル化と問題解決研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  時 : 2013年2月27日(水)~28日(木)
場  所 : 武雄市文化会館
                  (佐賀県武雄市武雄町大字武雄 5538 番地 1 Tel: 0954-23-5165)

 プログラム :

2月27日(水)
セッション A1 [09:00 - 10:15](3件)
セッション A2 [10:30 - 12:10](4件)
セッション A3 [13:30 - 15:10](4件)
セッション A4 [15:25 - 16:40](3件)
2月28日(木)
セッション A5 [08:50 - 10:30](4件)
セッション B1 [08:50 - 10:35](5件)
(long 4 + short 1)
セッション A6 [10:45 - 12:55](6件)
(long 4 + short 2)
セッション B2 [10:45 - 11:45](4件)
(short 4)


2月27 日(水)

-------------------------------
■セッション A1(9:00 - 10:15)
(1) 9:00- 9:25
      球充填シミュレーション高速アルゴリズム
      山田修司,菅野仁子,宮内美樹(京都産業大学)

(2) 9:25- 9:50
      視認性と品質を考慮した二次元コードのモジュールパターン最適化
      田尻昌之,谷山大介,小野智司,中山茂(鹿児島大学)

(3) 9:50-10:15
      電子基板生産のラインバランシング問題に対するヒューリスティックな解法(2)
      -ノズル・部品の割当てに制約がある独立実装方式の場合-
      岡本大輔,小西宏明,太田秀典,中森眞理雄(東京農工大学)

-------------------------------
■セッション A2(10:30 - 12:10)
(4) 10:30-10:55
      大画像の複層ベイズ超解像と位置ずれ推定に関する検討
      木下俊貴,三好誠司(関西大学)

(5) 10:55-11:20
      混合正規分布モデルを用いた経時観測蛍光画像からの細胞核の検出と追跡手法
      瀬尾茂人,間下以大,前田栄,竹中要一,石井優,松田秀雄(大阪大学)

(6) 11:20-11:45
      劣化画像のみを用いた荷重メジアンフィルタの多目的遺伝的アルゴリズムによる設計
      鍋谷洋介,花田良子,折登由希子,棟安実治(関西大学)

(7) 11:45-12:10
      遺伝的アルゴリズムによる輝度勾配情報を考慮した荷重メジアンフィルタの設計
      鈴木達也,花田良子,棟安実治(関西大学)

-------------------------------
■セッション A3(13:30 - 15:10)
(8) 13:30-13:55
      Exhaustive Search of Feature Subsets for Support Vector Machine Classification
      北園淳,永田賢二,中島伸一,永福智志,田村了以,岡田真人(東京大学)

(9) 13:55-14:20
      A numerical analysis of learning coefficient in radial basis function network
      徳田悟,永田賢二,岡田真人(東京大学)

(10)14:20-14:45
      ロックアップ期間による制約を考慮した確率的バンディット問題
      小宮山純平,佐藤一誠,中川裕志(東京大学)

(11)14:45-15:10
      OCRによる文字認識誤りを考慮した重み付きトピックモデルに関する検討
      田村一樹,吉川大弘,古橋武(名古屋大学)

-------------------------------
■セッション A4(15:25 - 16:40)
(12)15:25-15:50
      複数時系列遺伝子発現プロファイルを利用した遺伝子制御ネットワーク推定の精度向上手法
      渡邉之人,瀬尾茂人,竹中要一,松田秀雄(大阪大学)

(13)15:50-16:15
      CMO問題に対する改良版EOを用いた発見的解法
      中田章宏,田村慶一,北上始,高橋誉文(広島市立大学)

(14)16:15-16:40
      ベータ次減衰する連想記憶モデルの記憶特性
      宮田龍太,青西亨,綴木馴,倉田耕治(東京工業大学)

(15)16:40-17:05  発表キャンセル
      0次減衰シナプスをもつスパースな連想記憶モデルの特性
      前田一耕,宮田龍太,青西亨,倉田耕治(琉球大学)

--------------------------------------------------------------------------------

2 月 28 日(木)
-------------------------------
■セッション A5(8:50 - 10:30)

(15)8:50- 9:15
      探索解の広範囲分布を維持するParticle Swarm Optimizationの提案と評価
      森一真,山口崇志,マッキン ケネスジェームス,永井保夫(東京情報大学)

(16)9:15- 9:40
      複製対象の解の特性を考慮したEDAによるロングショートポートフォリオのレプリケーション
      折登由希子,花田良子,柴田峻輔,山本久志(広島大学)

(17)9:40-10:05
      ベイズ推定を用いた指数忘却型自己回帰モデルによるトレンド, 季節性を含むデータの予測
      飯田紘士,勝木孝行,恐神貴行,中川裕志(東京大学)

(18)10:05-10:30
      マルチロボット巡回清掃における強化学習を用いた行動計画法の提案と評価
      米田圭佑,加藤千紘,菅原俊治(早稲田大学)

-------------------------------
■セッション B1(8:50 - 10:35)
(19)8:50- 9:15
      疑似独立集合制約と正規化カットを用いたグラフの構造比較
      間澤直寛,原口誠,富田悦次(北海道大学)

(20)9:15- 9:40
      同盟ネットワーク網のトポロジー特性
      古川園智樹,井庭崇(慶應義塾大学)

(21)9:40-10:05
      政策ネットワークと戦後日本の防衛政策
      古川園智樹,井庭崇(慶應義塾大学)

(22)10:05-10:20
      対話型進化計算によるユーザの嗜好を反映したダイジェスト動画の生成
      中村宏,小野智司,中山茂(鹿児島大学)

(23)10:20-10:35
      二次元コードの複製検知を目的とした印刷画像電子透かしの進化的生成
      宮本龍二,前原武,谷山大介,小野智司,中山茂(鹿児島大学)

-------------------------------
■セッション A6(10:45 - 12:55)

(24)10:45-11:10
      アトラクター状態としての基本行為の実世界における学習について
      高田司郎,新出尚之,濱砂幸裕,波部斉,藤田恵(近畿大学)

(25)11:10-11:35
      離散構造化モデル記述言語系OOJの構築と効果的な利用法
      ---分析からプログラムまでの一貫開発とV&V評価実現の検討---
      畠山正行,池田陽祐,三塚恵嗣,大木幹生,加藤木和夫,上田賀(茨城大学)

(26)11:35-12:00
      実世界を直截に記述可能なOOJ記述環境の開発とその利用効果
      池田陽祐,三塚恵嗣,上田賀一,畠山正行(茨城大学)

(27)12:00-12:25
      記述言語系OOJ上で実現する個人規模のV&V環境の提案
      大木幹生,池田陽祐,三塚恵嗣,畠山正行(茨城大学)

(28)12:25-12:40
      集団的健康行動における内的動機付けの変容:
      規範意識の流通を考慮したエージェントシミュレーション
      山田広明,橋本敬(北陸先端科学技術大学院大学)

(29)12:40-12:55
      A new Differential Evolution using Pairwise Exclusive
      Hypervolume for Evolutionary Many-objective Optimization        
      田川聖治(近畿大学)

-------------------------------
■セッション B2(10:45 - 11:45)(short 4)
(30)10:45-11:00
      生物種間の配列類似性を用いた血友病第IX因子遺伝子の解析
      末吉健二,汪巍,青木謙二,坂本眞人(宮崎大学)

(31)11:00-11:15
      タンパク質の立体構造を利用した遺伝病の解析
      汪巍,末吉健二,青木謙二,坂本眞人,古谷博史(宮崎大学)

(32)11:15-11:30
      ONEMAX問題における成功確率
      杜一飛,古賀仁信,坂本眞人,古谷博史(宮崎大学)

(33)11:30-11:45
      DNA を用いた組み合わせ回路の高速化について
      小林聡,長沢亮平,廣瀬亮(電気通信大学)

-------------------------------
 

調査研究担当への問い合わせフォーム