第88回数理モデル化と問題解決研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  時 : 2012年5月17日(木)
場  所 : 名古屋大学 ベンチャービジネスラボラトリー
                 (住所 〒464-8603 愛知県名古屋市千種区不老町)
                 アクセス: http://www.vbl.nagoya-u.ac.jp/access/index.html

 プログラム :

 
ルームA
ルームB
5月17日(木)
セッション A1 [09:00 - 10:15](3件)
セッション A2 [10:30 - 12:10](4件)
セッション B1 [10:30 - 12:10](4件)
セッション A3 [13:30 - 14:45](3件)
セッション B2 [13:30 - 15:10](4件)
セッション A4 [15:25 - 16:20](3件)
  1
long + 2 short  talks

5月17 日(木)


●セッション A1(9:00 - 10:15)
(1) 9:00 -  9:25
      重複コミュニティ発見のための重み付き線グラフ
      吉田哲也(北海道大学)

(2) 9:25 -  9:50
      コミュニティ構造に基づくノード表現を用いたネットワーク分断法
      吉田哲也,山田佑(北海道大学)

(3) 9:50 - 10:15 発表キャンセル
      Twitter ネットワークにおけるモチーフパターン変化の分析
      大久保誠也,小出明弘,武藤伸明,斉藤和巳,池田哲夫(静岡県立大学)

(3)9:50 - 10:15 発表キャンセル
      繰り返し囚人のジレンマゲームにおける協調行動の創発をもたらすシグナリング
      黒島麻衣(名古屋大学),石川正俊(東京大学)

(3) 9:50 - 10:15
      進化型繰り返し囚人のジレンマにおける最適戦略の探究
      糸井良太,田中美栄子(鳥取大学)

●セッション A2(10:30 - 12:10)
(4) 10:30 - 10:55
      ポートフォリオ最適化問題における縁付きヘッセ行列の極値判定を用いたGAの初期解決定法の有効性
      折登由希子,蔵澄亨,山本久志,辻村泰寛(広島大学)

(5) 10:55 - 11:20
      A2MOSA:アーカイブの適応的調整による多目的シミュレーテッドアニーリング法
      武田康士,野間口大,藤田喜久雄(大阪大学)

(6) 11:20 - 11:45
      最適性を保証する多重解像度表現を用いた離散直線当てはめ
      宮武孝尚,中力雅人,清水郁子(東京農工大学)

(7) 11:45 - 12:10
      大規模仮想空間における動的領域分割手法
      榎原博之,吉岡啓,松崎頼人(関西大学)

●セッション B1(10:30 - 12:10)

(8) 10:30 - 10:55
      推薦システムのためのベイズ決定理論に基づく状態遷移確率の構造を未知としたマルコフ決定過程
      桑田修平,前田康成,松嶋敏泰,平澤茂一(早稲田大学)

(9) 10:55 - 11:20
      ベイズモデルに基づく判別特徴選択
      田中佑典,上田修功,田中利幸(京都大学)

(10)11:20 - 11:45
      Estimating Distribution of Dendritic Membrane Resistance Using Markov Random Field
      Jun Kitazono, Toshiaki Omori, Toru Aonishi, and Masato Okada(東京大学)

(11)11:45 - 12:10
      言語モデルの違いによるHMMを用いたテキストセグメンテーションの性能比較
      但馬康宏(岡山県立大学)

●セッション A3(13:30 - 14:45)

(12)13:40 - 14:05 発表キャンセル
      事前選択による多重非線形部分空間法の汎化能力向上方式
      北村拓也,石田大知,田中佑典(富山高等専門学校)

(13)14:05 - 14:30 発表キャンセル
      類似性に基づいた Hybrid SVM の開発
      北村拓也,城岸英治(富山高等専門学校)

(12)13:30 - 13:55
      Pitman-Yor過程に基づく確率的木挿入文法モデル
      進藤裕之,藤野昭典,永田昌明(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

(13)13:55 - 14:20
      ロボット群の他個体誘引行動におけるフェロモン・トレイル持続時間調整機能の有効性
      藤澤隆介,清水裕亮,松野文俊(八戸工業大学)

(18)14:20 - 14:45
      UMLとの比較評価に基づくオブジェクト指向分析設計記述言語OONJの記述技法の特徴
      池田陽祐,三塚恵嗣,上田賀一,畠山正行(茨城大学)

●セッション B2(13:30 - 15:10)
(14)13:30 - 13:55
      人間乱数によるSOMを利用した個人識別の可能性
      田中侑希,田中美栄子(鳥取大学)

(15)13:55 - 14:20
      RMTテストの性能検証~NIST乱数検定との比較~
      三賀森悠大,楊欣,糸井良太,田中美栄子(鳥取大学)

(16)14:20 - 14:45
      モーメント分析法によるランダム行列理論を用いた乱数度評価法の改良
      楊欣,糸井良太,田中美栄子(鳥取大学)

(17)14:45 - 15:10
      株式市場の主成分追跡 ~RMT-PCAによる四半期間の主要業種抽出~
      山本敦史,木戸丈剛,田中美栄子,高石哲也(鳥取大学)

●セッション A4(15:25 - 16:20)

(19)15:25 - 15:50
      Balanced $(C_{5},C_{14})$-Foil Designs and Related Designs
      潮和彦(近畿大学)

(20)15:50 - 16:05
      Exclusive Hypervolumeの近似手法
      田川聖治(近畿大学)

(21)16:05 - 16:20
      ベイジアンネットワークを用いた株式指数予測の改良
      原田昌朗,北栄輔(名古屋大学)

発表募集(発表募集は終了しました)

日  時 : 2012年5月17日(木)(申し込み多数の場合は,18日も開催)
場  所 : 名古屋大学 ベンチャービジネスラボラトリー
                 (住所 〒464-8603 愛知県名古屋市千種区不老町)
                 アクセス: http://www.vbl.nagoya-u.ac.jp/access/index.html


講演申込みおよび TOM への投稿の申込み締切 : 2012年3月22日(木)

※その他、発表申込詳細はMPS研究会Webページをご覧ください。

 

調査研究担当への問い合わせフォーム