第85回数理モデル化と問題解決研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日  時 : 2011年9月15日(木)~16日(金)
場  所 : 室蘭工業大学 C 棟 204 号室 および 205 号室
                 (住所 〒050-8585 北海道室蘭市水元町 27 番 1 号)
                 キャンパスマップ
                 http://www.muroran-it.ac.jp/syomu/gaiyo/H22haichizu1.html
                 # 会場は上記配置図の 3 になります.

プログラム :

 
ルームA
ルームB
9月15日(木)
セッション A1 [11:00 - 12:40](4件)
セッション A2 [14:00 - 15:40](4件)
セッション A3 [15:55 - 17:35](4件)
9月16日(金)
セッション A4 [09:25 - 10:40](3件)
セッション B1 [09:25 - 10:40](3件)
セッション A5 [10:55 - 12:35](4件)
セッション B2 [10:55 - 11:55](4件)
セッション A6 [14:00 - 16:05](5件)

9 月 15 日(木)

■セッション A1(11:00 - 12:40)

12 1)11:00-11:25
      整数最小極大フローに対するアルゴリズム   
      吉 永康、 施 建明(室蘭工業大学)

(2) 11:25-11:50
      属性表現のスパース性を考慮したNMF   
      木村 圭吾、吉田 哲也(北海道大学)

(3) 11:50-12:15
      ダイバージェンスに基づくNMFを用いた転移学習   
      木村 圭吾、吉田 哲也(北海道大学)

(4) 12:15-12:40
      ネットワークのノード情報を考慮した正則化モジュラリティ固有空間法   
      吉田 哲也(北海道大学)

----------
■セッション A2(14:00 - 15:40)

(5) 14:00-14:25  発表キャンセル
      幼児エージェント集団における語彙の世代学習とその特徴   
      上野祐輝、菅原俊治(早稲田大学)

13 5)14:00-14:25
      An improvement of stochastic algorithm for solving the Sum-of-Ratios problem   
      Yangyang Hu ・Shinya Watanabe・Yongkang Ji・Jianming Shi(Muroran Institute of Technology)

5 6)14:25-14:50
      A GPU accelerated Fragment-Based de Novo Ligand Design by a Bayesian Optimization Algorithm   
      Mohamed Wahib, Asim Munawar, Masaharu Munetomo, Kiyoshi Akama(Hokkaido University)

6 7) 14:50-15:15
      サポートベクターマシンを用いた血友病Bデータベースの解析
      -アミノ酸置換の第Ⅸ因子活性への影響-   
      青木 謙二、末吉健二、石橋太郎、坂本眞人、古谷博史(宮崎大学)

7 8) 15:15-15:40
      Liquid statemachineを用いたタイミング制御システムの研究
      眞鍋秀聡 田中繁 西野哲朗(国土交通省)

----------
■セッション A3(15:55 - 17:35)

8 9) 15:55-16:20
      大貧民における相手手札推定   
      西野順二、西野哲朗(電気通信大学)

9 10)16:20-16:45
      実世界の多様性に適応したBDIロボットについて   
      藤田 恵、片山 寛子、新出 尚之、高田 司郎(奈良女子大学)

10 11)16:45-17:10
      不動産の価格とリターンの時系列モデルと応用   
      石島博、前田章、谷山智彦(中央大学)

11 12)17:10-17:35
      ICAによる光トポグラフィーデータからのノイズ除去手法   
      横田山都、廣安知之、横内久猛(同志社大学)

-----------------------------

9 月 16 日(金)

■セッション A4(9:25 - 10:40)

1 13) 9:25-9:50
      多クラス分類のためのデータ分布に基づく階層化手法の提案   
      久須田 樹哉、渡邉 真也、施 建明、Paul Horton(室蘭工業大学)

(14)9:50-10:15
      進化型多目的最適化に基づく少数方向投影からのCT画像再構成   
      大江 将悟, 渡邉 真也, 塩谷 浩之(室蘭工業大学)

(15)10:15-10:40
      Multi Constrained Route Optimization for Electric Vehicles (EVs) using Simulated Evolution (SimE)   
      Umair F. Sidiqqi, Yoichi Shiraishi and Sadiq M. Sait(University of Gunmma)

----------
■セッション B1(9:25 - 10:40)

(16)9:25-9:50
      動的環境問題におけるBOAへの混合ベイジアンネットワーク導入の効果について   
      堀 伸哉、棟朝 雅晴、赤間 清(北海道大学)

(17)9:50-10:15
      積み込み、積み下ろし順序を考慮した3次元パッキング問題に関する研究   
      小畑尚輝 太田秀典 中森眞理雄(東京農工大学)

(18)10:15-10:40
      多種球充填モデルとその応用例   
      山田 修司、菅野 仁子、宮内 美樹(京都産業大学)

----------
■セッション A5(10:55 - 12:35)

(19)10:55-11:20
      資産評価モデルにおける短期・長期ボラティリティの影響   
      小林 寛司、宮崎 浩一(電気通信大学)

(20)11:20-11:45
      外れ値の影響を緩和したリスク最小化ポートフォリオモデル   
      吉井 芳樹、宮崎 浩一(電気通信大学)

(21)11:45-12:10
      ポートフォリオ構築問題における時系列予測モデルの活用   
      猪瀬悟史、鈴木智也(茨城大学)

(22)12:10-12:35
      決定論的ジャンプ過程のシステム同定と長期予測に適したサンプリング手法の検討   
      大塚陽介, 鈴木智也(茨城大学)

----------
■セッション B2(10:55 - 11:55)

(23)10:55-11:10
      カーネル密度推定を用いた文字列の最適配置手法   
      宮本 健、田中 昭二(三菱電機)

(24)11:10-11:25
      OneMax問題と非対称突然変異の関係について   
      古賀 仁信、馬 青蓮、坂本 眞人、古谷 博史(宮崎大学)

(25)11:25-11:40
      数理モデルを用いたフィッシャーの投資原則に関する研究   
      中村大樹(室蘭工業大学)

(26)11:40-11:55
      ある特殊形状のソーシャルネットワークの生成の研究   
      武者 佑哉、原田 紀夫(拓植大学)

----------
■セッション A6(14:00 - 16:05)

(27)14:00-14:25
      e-口コミを活用したe-learning教材の開発とその評価   
      松本多恵、高田雅美、城和貴(奈良女子大学)

(28)14:25-14:50
      強化学習を用いたチーム編成の効率化モデルの環境変化に対する評価   
      佐藤大樹 菅原俊治(早稲田大学)

(29)14:50-15:15
      Cooperation between Repository and Researcher Database   
      Kensuke Baba, Toshie Tanaka, Emi Ishita, Masao Mori, Eisuke Ito, and
      Sachio Hirokawa(Kyushu University)

(30)15:15-15:40
      Event Detection using Archived Smart House Sensor Data obtained
      using Symbolic Aggregate Approximation   
      Ayaka ONISHI, Chiemi WATANABE(Ochanomizu University)

(31)15:40-16:05
      Semi-ShuffledBF : Performance Improvement of a Privacy-Preserving Query Method
      for a DaaS Model Using a Bloom filter   
      Shizuka Kaneko, Toshiyuki Amagasa, Chiemi Watanabe(Ochanomizu University)
 

発表募集(発表募集は終了しました)

日  時 : 2011年9月15日(木)~16日(金)
場  所 : 室蘭工業大学 C 棟 204 号室 および 205 号室
                 (住所 〒050-8585 北海道室蘭市水元町 27 番 1 号)
                 キャンパスマップ
                 http://www.muroran-it.ac.jp/syomu/gaiyo/H22haichizu1.html
                 # 会場は上記配置図の 3 になります.

論文誌投稿ならびに研究会発表申込み締切 : 2011年7月31日(日)

※その他、発表申込詳細はMPS研究会Webページをご覧ください。

 

調査研究担当への問い合わせフォーム