第114回数理モデル化と問題解決研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日 程 : 2017年7月17日(月)
場 所 : Monte Carlo Resort (ラスベガス)

(1) Augmented Implicitly Restarted Lanczos Bidiagonalization 法の改良
  石田 遊也(京都大学),高田 雅美(奈良女子大学),木村 欣司,中村 佳正(京都大学)

(2) Lax Pair of Discrete Nahm Equations and its Application
  Kinji Kimura(Kyoto University)

(3) ワイブル分布によるハードディスクドライブの寿命時間の最尤推定について
  小泉 大城(小樽商科大学)

(4) アンサンブル学習を用いた近代書籍文字認識
  藤本 馨,石川 由羽,高田 雅美,城 和貴(奈良女子大学)

(5) Predicting Strengths of Protein-protein Interactions Through Online Regression Algorithms
  Morihiro Hayashida(National Institute of Technology, Matsue College),
  Mayumi Kamada(Kyoto University),Hitoshi Koyano(Riken)

(6) 上肢の表面筋電位を用いた手形状認識
  岩本 万由子,石川 由羽,高田 雅美,城 和貴(奈良女子大学)

(7) Online Regression Algorithm with Nonlinear Transformation and Its Application
  to Prediction of Protein-protein Interaction Strengths
  Morihiro Hayashida(National Institure for Technology, Matsue College),
  Mayumi Kamada(Kyoto University),Hitoshi Koyano(RIKEN)

(8) 注射技術における刺入角度によるスキルレベル抽出
  松田 健(長崎県立大学),真嶋 由貴恵(大阪府立大学)

(9) Performance Evaluation of a Combination of the Parallel Bisection Method and the Block
  Inverse Iteration Method with Reorthogonalization for Eigenvalue Problems on MIC processor
  Sho Araki(Kyoto University),Hiroyuki Ishigami(Yahoo Japan Corporation),
  Masayuki Osawa,Kinji Kimura,Yoshimasa Nakamura(Kyoto University)

(10)Clustering News to Create Sentiment Indexes That Help Predict Stock Prices
  Hiroshi Ishijima(Chuo University),Takuro Kazumi(CyberAgent, Inc.)

(11)階層型確率的主成分分析モデルによるテクスチャの生成
  鈴木 藍雅(筑波大学/産業技術総合研究所)

(12)びまん性肺疾患画像における特徴選択手法の比較
  小野 賢志(JALインフォテック),小岩井 誠(NTTコムウェア),
  庄野 逸(電気通信大学),木戸 尚治(山口大学)


※その他詳細は研究会Webページをご覧ください。
 

調査研究担当への問い合わせフォーム