第104回数理モデル化と問題解決研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日 程 : 2015年7月27日(月)
場 所 : Monte Carlo Resort (ラスベガス)

(1) A study on Non-Correspondence in Spread between Objective Space and Design Variable Space
  and Application to Genetic Search
  Yoshikawa Tomohiro,Yoshida Toru,Kishigami Toshihiro(Nagoya University)

(2) Codebook Graph Coding of Descriptors
  Yoshida Tetsuya(Nara Women's University),Yamada Yuu(Hokkaido University)

(3) 多チャンネル脳波の空間情報を利用した個人分類手法
  石川 由羽,吉田 智奈美,高田 雅美,鴨 浩靖,城 和貴(奈良女子大学)

(4) A Method to Maintain the Field Coverage by Static and Mobile Sensor Nodes Using Wireless Charging
  Tsuchiya Yuki,Katsuma Ryo(Osaka Prefecture University)

(5) Performance Evaluation of Golub-Kahan-Lanczos Algorithm with Reorthogonalization
  by Classical Gram-Schmidt Algorithm and OpenMP
  Takata Masami(Nara Women's University),Ishigami Hiroyuki,Kinji Kimura,
  Fujii Yuki,Tanaka Hiroki,Nakamura Yoshimasa(Kyoto University)

(6) Dimension Reduction Using Nonnegative Matrix Tri-Factorization in Multi-label Classification
  Kimura Keigo,Kudo  Mineichi,Sun Lu(Hokkaido University)

(7) 遺伝的プログラミングを用いた音楽自動生成 -コード進行とベースラインの一事例-
  國松 香苗,石川 由羽,高田 雅美,城 和貴(奈良女子大学)

(8) Semi-supervised based learning for Idiopathic Interstitial Pneumonia on High Resolution CT image
  Shouno Hayaru(University of Electro-Communications),Kido Shoji(Yamaguchi University)

(9) 近代書籍に特化した認識手法のための効率的な学習データ収集法
  上坂 和美,粟津 妙華,石川 由羽,高田 雅美,城 和貴(奈良女子大学)

(10)Residual Inter-Contact Time for Opportunistic Networks with Pareto Inter-Contact Time: Two Nodes Case
  Gao Juntao,Ito Minoru(Nara Institute of Science and Technology)

(11)Web of Wine Words: Hierarchy Visualization of Wine Speak by Restricted Bootstrap
  Flanagan Brendan,Hirokawa Sachio(Kyushu University)

(12)Recipe Clustering based on Japanese Food Guide Spinning Top
  Tajima Yasuhiro,Suwa Yoshihiro,Kikui Genichiro,Inoue Rikako,
  Kubota Megumi(Okayama Prefectural University)

(13)ぬいぐるみデバイスとの感情吐露促進インタラクションがもたらす心的効果の検証
  馬瀬 春香(奈良女子大学),米澤 朋子(関西大学),城 和貴(奈良女子大学)

※その他詳細は研究会Webページをご覧ください。
 

調査研究担当への問い合わせフォーム