第106回IFAT・第85回DD合同研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

開催日:平成24年3月26日(月)・27日(火) 

会場:[http://www.shirayuri.ac.jp/campus/map/
            白百合女子大学2号館2階大会議室(東京都調布市緑ヶ丘1-25)

テーマ :「絆を強める情報アクセス技術、共有できるドキュメントおよび一般」

3月26日(月)
 
[10:00〜11:30] セッション1:デジタルコンテンツの処理・管理技術
 
(1) テキストに現れる感情やコミュニケーションタイプの推定に基づく顔文字の推薦
    江村優花,○関洋平(筑波大)
 
(2) RDF を利用した和歌データの管理に関する提案
    ○白井 涼子, 波多野 賢治(同志社大)
 
(3) 専門家の人物像を通じた技能伝承を支援する文書共有ならびに活用の研究
    ○大野邦夫(職業大)
 
[11:30-13:00] 昼休み (DD研運営委員会、IFAT研運営委員会)
 
[13:00-16:30] 特別セッション:NTCIR
 
(4) 曖昧なクエリと(不) 明快なクエリ: NTCIR-10 INTENT-2と1CLICK-2タスクへの誘い
    酒井 哲也(MRSA)
 
(5) NTCIR-9 総括と今後の展望
    酒井哲也(MRSA),上保秀夫(筑波大),神門典子(NII),加藤恒昭(東大),他 NTCIRオーガナイザ
 
(途中休憩20分を含む)
 
 
3月27日(火)
 
[13:00〜14:30] セッション2: ニュース
 
(6) 速報性・詳細性を考慮したニュース映像検索システムの検討
    ○孟 洋,片山 紀生,佐藤 真一(NII)
 
(7) 視覚的情報の役割に着目したニュースショット分類による震災テレビ報道の分析
    ○片山 紀生,孟 洋,佐藤 真一(NII)
 
(8) 適合的ビットデータ化によるニュースストリームデータの圧縮方法の提案
    ○松本 みなみ,三浦 孝夫(法大)
 
[14:50〜16:20] セッション3: 検索・エージェント
 
(9) エージェント協調のための確率的戦略の構築
    ○新井 成一,三浦孝夫(法大)
 
(10) Using eye-trackers as relevance feedback input device in ostensive image search UI
    Viktors Garkavijs(総研大), Noriko Kando(情報研)
 
(11) Wikiなどからの組織プロファイルとクローラを利用した情報収集
    ○徳永秀和,片岡啓介(香川高専)

発表募集(終了しました)

開催日:平成24年3月26日(月)・27日(火) 

会場:[http://www.shirayuri.ac.jp/campus/map/
            白百合女子大学2号館2階大会議室(東京都調布市緑ヶ丘1-25)

テーマ :「絆を強める情報アクセス技術、共有できるドキュメントおよび一般」

 東日本大震災からまもなく1年になろうとしています。我々は人と人との絆の尊さを身をもって体験し、互いにつながっているという感覚がどれほど災害 で傷ついた人々の心に安らぎを与えているか察するに余りあります。震災直後から情報のアクセスや共有が、被災者支援という面でも大きな貢献をしています。 APIなどを活用して蓄積したSNSサイト、特にコミュニティQAサイトや マイクロブログを対象とした大量のデータから、時間的推移により変化 する情報にアクセスする技術への取り組みが盛んになりつつあります。 また、SNSアーカイブや電子書籍もさかんになってきた現在、 人々はあまりにもドキュメントにアクセスしやすくなっております。 その一方でさまざまな面からの考慮が必要になっています。情報弱者への配慮、多言語への対応はもちろんのこと、 今後は多文化共生の社会が受け入れられるドキュメントの姿が求められると考えられます。 情報技術がこのような多様な情報共有の場を人々に提供することで、人の絆を強めていくことに貢献していくことができると考えられます。 そこで、情報処理学会DD研究会とIFAT研究会が 共同で、このような課題に関する研究会を企画しました。 関連する研究者の方、ご発表を検討くださいますようお願い致します。 さまざまな観点からのご発表をお待ちしています。 なお、上記以外の一般発表も通常通り募集いたします。 デジタルドキュメント・情報基礎とアクセス技術に関する幅広いご発表をお待ち しています。

  • 発表申込締切:2012年1月31日(火)
  • 原稿締切:2012年2月27日(月)
  • 原稿ページ数制限予定:6~8ページ
  • 発表時間予定:1件30分 
  • 申込方法と申込先および申込書式
申込方法:下記「研究会発表申込書」により、DDかIFATかの希望に応じて、原則それぞれの照会先までE-mailで直接お申し込みください。お手数ですが 送信エラーに備えてもう片方の照会先にも Ccしていただきますようお願いいたします。申込担当者が E -mail を受け付けましたら,必ず返信を送りますので、2~3日以内に返信のない場合はご連絡ください。
申込先: 情報基礎とアクセス研究会/デジタル・ドキュメント研究会
 <デジタルドキュメント研究会側>
 中挾知延子(東洋大学)  E-Mail: chiekon(at)toyo.jp
 <情報基礎とアクセス研究会(IFAT)側>
 栗山和子(白百合女子大学)  E-Mail: kuriyama(at)shirayuri.ac.jp

発表申込み及び電子化に関する補足
 ・受け付けは先着順で行なっております。締切間際になりますと、申し込み件数によりましては次回の研究会にまわって頂くようお願いする場合がございます。申し込みを予定しておられます方はなるべく早めにお申し込み下さい。
 ・締切り後の発表キャンセルは原則としてできません。発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合にはなるべく早くご連絡ください。発 表申込後、学会が提示する原稿提出締め切りまでに原稿が到着しない場合には、幹事団の判断により発表を取り消しさせていただくこともあります。
 ・論文提出締切後の原稿差し替えはできません。
 ・研究会はペーパーレスでの開催となり、印刷した研究報告の配布を行いません。また、特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週間早まりますので、ご留意ください。

研究会 発表申込書
◎研究会名: デジタルドキュメント研究会・情報基礎とアクセス研究会
◎発表希望日: 2012年3月26日(月)・27日(火) (いずれかを選択)
◎タイトル:
◎英文タイトル:
◎キーワード:
◎著者リスト(氏名と略称所属を明記し、発表予定者に○、発表予定者が  学生の場合は◎):
◎概要:  (なるべくタイトルとの重複記入は避け,補足事項等をご記入ください)
◎上記「概要」の事前公開を許可(する/しない)  (研究会の Web公開ページに、発表する研究会の開催以前に上記の  「概要」を掲載して良いかどうかをお知らせください)
◎ 連絡先、および原稿依頼送付先(連絡先と原稿依頼送付先が異なる場合は両方ともお知らせ下さい)  
  郵便番号:
  住所:
  所属:
  氏名:
  TEL:
  FAX:
  E-mail: 

 

調査研究担当への問い合わせフォーム