第172回知能システム研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

==========================================================
第172回 情報処理学会 知能システム研究会 (SIG-ICS) 
==========================================================
○テーマ:「持続可能な社会実現のための知能システム」および一般

【場所】
東京農工大学小金井キャンパス 15号館工学部講義棟 L0032
(http://www.tuat.ac.jp/access/)

【プログラム】(発表: 20分、質疑応答: 10分)
2013年11月12日(火)

10:00--10:05
挨拶

□ セッション1: シミュレーション

10:05--10:35
大規模マルチエージェント交通シミュレーション実現にむけたパラメータ最適化についての検討
佐野 義仁, 福田 直樹(静岡大学)

10:35--11:05
非集中型マネジメントを想定した予見的経路情報提供手法の評価 
高橋 淳, 金森 亮, 伊藤 孝行(名古屋工業大学)

11:05--11:35
ABMに基づく情報拡散シミュレーション
池田 圭佑(電気通信大学), 榊 剛史, 鳥海 不二夫(東京大学), 篠田 孝祐(慶応義塾大学),
風間 一洋(和歌山大学), 野田 五十樹(産業技術総合研究所), 諏訪 博彦, 栗原 聡(電気通信大学)


--- 昼食(11:35--13:00)---

□ セッション2: AIシステム

13:00--13:30
OpenStreetMapを活用したイベント情報共有支援システムの試作
早川 浩平, 早川 知道, 伊藤 孝行(名古屋工業大学)

13:30--14:00
ランキングアルゴリズムを用いた質問応答システムの試作
岩間 雄太, 伊藤 孝行(名古屋工業大学)
 
14:00--14:30
平均行動量に基づく住民活動モデルを使った異常検知システム
大塚 孝信, 伊藤 孝行(名古屋工業大学)

14:30--15:00
効用推定エージェントを導入したiGAに基づく多人数交渉支援システム
安田 将典, 藤田 桂英(東京農工大学)

--- 休憩(15:00--15:30)---

□ セッション3: 一般

15:30--16:00
メモリベースパーティクルフィルタに基づく太陽光発電予測モデルの提案
吉村 卓也, 金森 亮, 伊藤 孝行(名古屋工業大学)

16:00--16:30
リンクトデータ結合型アンドロイド系組込みデバイスのシステム持続可能性に関する方式
大橋 正(アイリクト)

16:30--16:40
挨拶

発表申込み

==========================================================
第172回 情報処理学会 知能システム研究会 (SIG-ICS) 発表募集
==========================================================

○開催日時:2013年11月12日(火)
○会場:東京農工大学小金井キャンパス
(http://www.tuat.ac.jp/access/index.html)

○テーマ:「持続可能な社会実現のための知能システム」および一般
近年,社会における持続可能性(サステナビリティ)が注目されており,
社会システムや環境問題,経済発展などに貢献する技術が必要とされています.
人工知能の分野においても,IJCAI2013でのメインテーマが
"AI and computational sustainability"
であるなど,人工知能技術と持続可能な社会実現をつなぐ研究が求められています.
特に,スマートグリッドやスマートシティ,エコシステムなどの実現のために,
知能システムに関する研究分野が築き上げてきた基礎原理、要素技術、システムが
貢献できると考えられています.
そこで,今回の研究会では,持続可能な社会実現のための知能システム研究に焦点を当て,
これに関わる研究者同士の情報交換や議論を促進する機会にしたいと考えています.
本テーマにつながる萌芽的な研究でも構いません.

皆様の積極的なご参加をお待ちしています.

○発表申込〆切:2013年10月4日(金) ※延長しました。
○原稿〆切:2013年10月18日(金)
○発表申込:
 申込書のページをご利用ください.
 https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ICS/
○照会先:
 東京農工大学 藤田桂英
 E-mail: katfuji (at) cc.tuat.ac.jp
 ※[AT]は@になおしてください.

調査研究担当への問い合わせフォーム