第169回ICS研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

第169回知能システム研究発表会
開催日:平成24年10月24日
時間:16:50~18:30
場所:ヤマハリゾートつま恋

(1)自動車交通円滑化のためのAnticipatory Stigmergyを用いた予見的経路情報提供手法の提案
◯金森亮,高橋淳,伊藤孝行

(2)異種オントロジーマッピングでの信頼度を利用可能とした SPARQLクエリシステムの実現
◯ 藤野敬久,福田直樹

(3)エージェントシミュレーションによる電力売買における価格変動制導入の影響分析
◯川口将吾,金森亮,伊藤孝行

(4)合意形成における規範的効用の影響に関する一考察
◯伊藤孝行

発表募集※締切ました

第169回知能システム研究発表会

開催日:平成24年10月24日-26日
場所:ヤマハリゾートつま恋
申込締切:平成24年9月1日
原稿提出期限:平成24年9月24日

下記照会先のメールアドレスに、
著者、発表論文名、アブストラクト200字以内、所属、氏名、連絡先、電話番号、メールアドレス
をお送りください。9月上旬原稿依頼をお送り致します。

申し込み用メールアドレス
sig-ics[AT]e-activity.org
※[AT]は@になおしてください。
照会先:
公立大学法人首都大学東京産業技術大学院大学
教授 松尾徳朗
sig-ics[AT]e-activity.org
※[AT]は@になおしてください。

調査研究担当への問い合わせフォーム