第162回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■日程: 2017年12月18日(月)~ 19日(火)
■場所: くまもと県民交流館パレア (9F会議室1)
    〒860-0808  熊本市中央区手取本町8番9号
    http://www.parea.pref.kumamoto.jp/
    市電「水道町」下車すぐ(JR熊本駅から市電23分)

12月18日(月)

[09:00-09:30]◯受付&会場準備

[09:30-10:30]●アクセラレータ    座長:和田 康孝(明星大)

( 1) KNLプロセッサのSIMD命令を用いた2体間力計算アルゴリズムとデータ配置の性能比較
  薄田 竜太郎,南里 豪志(九大) 発表キャンセル

( 1) Xeon Phi KNLにおけるブラソフコードの性能評価(2)
  梅田 隆行(名大),深沢 圭一郎(京大)

( 2) Skylake-SPとXeon Phi KNLを用いた大容量キャッシュ付メニーコアの主記憶遅延特性評価
  田邊 昇,遠藤 敏夫(東工大)

[10:40-12:10]●数値計算1   座長南里 豪志(九大)
( 3) Hierarchical Diagonal Blocking形式における疎行列ベクトル積の高速化
  室 燎,藤井 昭宏,田中 輝雄(工学院大)

( 4) LOBPCG法を用いたハバードモデルの厳密対角化:複数固有値に対する省通信ノイマン展開
  前処理の有効性
  山田 進(JAEA),今村 俊幸(理研),町田 昌彦(JAEA)

( 5) 積分区間の分割による数値積分の高速化
  平山 弘(神奈川工科大)

□お昼休み(12:10~13:30)

[13:30-15:00]●システム構築と評価   座長板倉 憲一(海洋研)
( 6) Oakforest-PACSにおけるIO-500の評価
  建部 修見(筑波大)

( 7) スーパーコンピュータシステムITOの性能評価
  大島 聡史,南里 豪志,渡部 善隆,天野 浩文,小野 謙二(九大)

( 8) LWKのバッチジョブ運用に向けた運用ソフトウェアの設計と試作
  二宮 温,平井 浩一,小田和 友仁,岡本 高幸,住元 真司,松山 佳彦(富士通),
  高木 将通,Balazs Gerofi,小倉 崇浩,亀山 豊久,堀 敦史,石川 裕(理研)

[15:10-17:10]●ストレージ    座長中尾 昌広 (理研)
( 9) すばるHSCパイプラインのPwrake/Gfarmによる高速化手法の提案
  田中 昌宏,建部 修見,川島 英之(筑波大)

(10) Pwrake/Gfarmによる分散並列相同性検索システムの提案
  町田 健太,建部 修見(筑波大)

(11) Oracle Storage Cloudの性能評価とGfarmファイルシステムへの組み込みの検討
  北澤 昂大,建部 修見(筑波大)

(12)「京」のファイルシステムのI/O性能改善に対する取り組み
  辻田 祐一(理研),古谷 吉隆(富士通),肥田 元(富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ),
  山本 啓二,宇野 篤也(理研),末安 史親(富士通)


12月19日(火)

[09:00-09:10]◯受付&会場準備

[09:10-10:40]●アプリケーション   座長
横川 三津夫(神戸大)
(13) Workload Classification and Performance Analysis using Job Metrics in the K computer
  Terai Masaaki(RIKEN), Kashiwaki Riku(Univeristy of Hyogo), Shoji Fumiyoshi(RIKEN)

(14) 複数ばねによる質点の一次元運動シミュレーションに対するMultigrid Reduction in Timeの有効性
  の評価
  藤戸 宙希,金子 重郎,藤井 昭宏,田中 輝雄(工学院大),鷲尾 巧(東大),岩下 武史(北大)

(15) 連結リストを用いたMPS法における近傍粒子探索の高速化と並列計算機への移植
  宮島 敬明,窪田 健一,藤田 直行(JAXA)

[10:50-12:20]●通信とプログラミング   座長藤井 昭宏(工学院大)
(16) MPIと通信削減アルゴリズムによるアジョイント法の高性能化
  池田 朋哉(名大),伊藤 伸一,長尾 大道(東大),片桐 孝洋,永井 亨,荻野 正雄(名大)

(17) 非ブロッキング集団通信の通信隠蔽効果に関する調査
  南里 豪志,大島 聡史,小野 謙二(九大)

(18) Pythonと連携するPGAS言語XcalableMPのプログラミングモデル
  - Graph Order/degree問題への適用 -
  中尾 昌広,村井 均(理研),朴 泰祐(筑波大),佐藤 三久(理研)

□お昼休み(12:20~13:40)

[13:40-15:10]●数値計算2   座長岩下 武史(北大)
(19) One-Way Dissectionオーダリングによる連立一次方程式の直接解法の並列化
  中野 智輝,横川 三津夫(神戸大),深谷 猛(北大),山本 有作(電気通信大)

(20) 大規模原子力流体コードにおける省通信GMRES法の収束性改善手法の検証
  伊奈 拓也,井戸村 泰宏,真弓 明恵,山田 進(JAEA)

(21) 少数のレゾルベントから構成されたフィルタを用いた対称定値一般固有値問題の解法
  村上 弘(首都大)

[15:20-17:20]●機械学習   座長大島 聡史(九大)
(22) Less is More: Accelerating Deep Neural Networks with Micro-Batching
  Oyama Yosuke(Tokyo Tech), Ben-Nun Tal,Hoefler Torsten(ETH Zurich),
  Matsuoka Satoshi(Tokyo Tech)

(23) AIクラウドでのLinuxコンテナ利用に向けた性能評価
  佐藤 仁,小川 宏高(産総研)

(24) 疎行列形状のカラー画像を入力としたディープラーニングによる数値計算ライブラリの自動
  チューニング方式
  山田 賢也,片桐 孝洋,永井 亨,荻野 正雄(名大)

(25) 大規模ニューラルネットワークモデルのOut-of-Core学習の性能評価
  今井 晴基,レドゥック トゥン,根岸 康,関山 太朗,河内谷 清久仁(日本アイ・ビー・エム)

 

発表募集(募集は終了しました)

◆第162回 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会
(主査:横川三津夫,幹事:櫻井隆雄,林亮子,板倉憲一,藤井昭宏)

■議題: 一般
■日程
: 2017年12月18日(月)~ 19日(火)
■場所: くまもと県民交流館パレア (9F会議室1)
    〒860-0808  熊本市中央区手取本町8番9号
    http://www.parea.pref.kumamoto.jp/
    市電「水道町」下車すぐ(JR熊本駅から市電23分)

■発表申込締切2017年10月17日(火)23:59

最終原稿締切
2017年11月24日(金)23:59
                          *23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
                             締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
                             また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
                             お早目にご投稿いただきますようお願い致します.

推奨ページ数: 原稿ファイルはPDF形式で,推奨ページ数は6~8ページとします.
         ファイルサイズは2MB以下としてください.
         ページ数に厳密な制限は設けませんが,可能な限り,座長が読める程度の
         10 ページ程度以下とし,それ以上の記述が必要な場合は付録として
         まとめてください.

■照会先:HPC研究会幹事 E-mail: sighpc-kanji [at] sighpc.ipsj.or.jp ([at]を@に変えてください)

■発表申込方法
  以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.
  https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/HPC/

    *登壇者の年齢が2017年4月1日現在で30歳未満(若手発表)かどうか
       申込フォームの「研究会への連絡事項欄」にご記入下さい。
       当該発表は,研究会が推薦するCS領域奨励賞の審査対象となります.
       なお,本申告は任意ですので必ずしもご記入頂く必要はありません.
 

調査研究担当への問い合わせフォーム