第133回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

 (主査:須田礼仁、幹事:片桐孝洋、建部修見、三吉郁夫、岩下武史)

■議題: 一般
■日時: 2012年3月26日(月)~2012年3月27日(火)
■場所有馬ビューホテルうらら

参加者のみなさまの議論を活発なものとするため,3月26日の会場ホテルの宿泊斡旋を行います。
お申し込みは下記ページよりお願いいたします。
http://sighpc.hpcc.jp/sighpc-133/

3 月 26 日
09:00 - 10:40 4件 性能解析・モデリング
10:50 - 12:30 4件 システム評価
13:30 - 15:10 4件 プログラミングモデルと処理系
15:20 - 17:00 4件 通信ライブラリ
17:10 - 18:50 4件 ストレージ・クラウド

3 月 27 日
09:00 - 10:40 4件 数値計算
10:50 - 12:05 3件 四倍精度・多倍長
13:30 - 14:45 3件 共役勾配法
14:55 - 16:10 3件 カーネルチューニング
16:20 - 18:00 4件 アプリチューニング

○は登壇者,†は若手発表


 --- 3月 26日(月)---

■性能解析・モデリング(9:00 - 10:40)   座長:高見利也
(1) A Three-Step Performance Automatic Tuning Strategy using Statistical Model 
      for OpenCL Implementation of Krylov Subspace Methods
      †李聡○, 須田礼仁(東京大学/JST)
(2) A precise measurement tool for power dissipation of CUDA Kernels}
      †Cheng Luo○, Kamil Marek Rocki, Reiji Suda(the University of Tokyo / JST)
(3) CUDAプログラムにおけるメモリ参照効率を解析するための実行履歴生成手法
      †神田裕士○,奥山倫弘,伊野文彦,萩原兼一(大阪大)
(4) 時間モデルを用いた並列性能予測の誤差を検討する一方法
      折居茂夫○(富士通(株)),穴井宏和((株)富士通研究所)

■システム評価(10:50 - 12:30)   座長:岩下武史
(5) 大規模SMP並列スーパーコンピューター(HITACHI SR16000 モデル M1)の性能評価
      †大島聡史○,實本英之,鴨志田良和,片桐孝洋,田浦健次朗,中島研吾(東京大)
(6) Gather機能を有するHybrid Memory CubeのFPGAを用いた予備評価
      田邊昇(東芝)○,堀喬裕,Boonyasitpichai Nuttapon,中條拓伯(農工大)
(7) 片側通信による、グローバルデータ構造の効率的な操作方法の検討
      安島雄一郎○,秋元秀行,岡本高幸,三浦健一,住元真司(富士通(株), JST CREST)
(8) InfiniBand Atomic Operationの性能評価
      秋元秀行○,三浦健一,岡本高幸,安島雄一郎,住元真司(富士通(株), JST CREST)

■プログラミングモデルと処理系(13:30 - 15:10)   座長:丸山直也
(9) 並列言語XcalableMPのアクセラレータ向け言語拡張のOpenCL実装と性能評価
      †野水拓馬○,高橋大介,李珍泌,朴泰祐,佐藤三久(筑波大)
(10)ポストペタスケール高性能計算に向けた階層的プログラミングモデルの提案
      池上努○,田中良夫,中田秀基,高野了成,関口智嗣(産総研)
(11)バイナリトランスレーションによるループ反復間のデータ依存解析
      佐藤幸紀○,井口寧(北陸先端大),中村維男(慶應義塾大)
(12)複数GPU向けのCUDAコードを生成するOpenMP処理系の提案
      †長塚郁(電通大)○,大島聡史(東京大),平澤将一,近藤正章,本多弘樹

■通信ライブラリ(15:20 - 17:00)   座長:朴泰祐
(13)ランク配置に応じた集団通信アルゴリズム動的選択技術の提案
      南里豪志(九州大)○,黒川原佳(理化学研究所)
(14)エクサスケールコンピューティングに向けた省メモリ通信ライブラリの検討
      三浦健一○,秋元秀行,安島雄一郎,岡本高幸,住元真司(富士通(株), JST CREST)
(15)メニーコア混在型並列計算機における委託機構を用いたMPI通信基盤
      †吉永一美○,六車英峰,辻田祐一(近畿大),堀敦史(理研),
      佐藤未来子,並木美太郎(農工大),下沢拓,石川裕(東大)
(16)Design of Communication Facility on Heterogeneous Cluster
      †Min Si○, Yutaka Ishikawa(The University of Tokyo)

■ストレージ・クラウド(17:10 - 18:50)   座長:須田礼仁
(17)高速なストレージにおけるファイルシステムの調査と検討
      †鷹津冬将,建部修見(筑波大)○
(18)MapReduce処理系SSSのPrefixSpan法による評価
      中田秀基○,小川宏高,工藤知宏(産総研)
(19)グリッド間計算連携技術の実証評価
      合田憲人◯,佐賀一繁,田中義一,山田清志,坂根栄作,三浦謙一(国立情報学研究所)
(20)分散制御システムにおける設備管理サーバの大規模化検討
      鈴木清彦(三菱電機(株))○


--- 3月 27日(火)---

■数値計算(09:00 - 10:40)   座長:片桐孝洋
(21)Efficient Monte Carlo Optimization with ATMathCoreLib
      Reiji Suda ○, Vivek S. Nittoor (the University of Tokyo / JST CREST)
(22)レゾルベントを用いたフィルタによる固有値問題の解法について
      村上弘(首都大学東京)○
(23)Taylor展開を利用した数値積分法
      平山弘(神奈川工科大)○
(24)自動チューニングによる通信最適化を施した固有値ソルバの開発について
      †近藤大貴○,吉田剛啓,田村遼也,今村俊幸(電通大)

■四倍精度・多倍長(10:50 - 12:05)   座長:中田真秀
(25)多倍長疎行列積を用いたKrylov部分空間法の性能評価
      幸谷智紀(静岡理工科大)〇
(26)高精度行列‐行列積アルゴリズムのスレッド並列化とABCLibScriptへの機能実装
      片桐孝洋(東京大)○,尾崎克久(芝浦工大),荻田武史(東京女子大),大石進一(早稲田大)
(27)反復法ライブラリ向け倍々精度演算のAVXを用いた高速化  発表キャンセル
      †浅川圭介○,藤井昭宏,田中輝雄(工学院大),長谷川秀彦(筑波大)
(27)OpenCLによる四倍精度行列乗算の高速化
      †中村光典○,中里直人(会津大)

■共役勾配法(13:30 - 14:45)   座長:幸谷智紀 
(28)BiCGStab(L)法とIDR(s)法との複合反復法の前処理の多様な役割
      前処理つきCG法は前処理つきMRTR法より本当に収束が速いか?
      藤野清次○,関本幹(九州大)
(29)マルチGPUを用いたAMG法
      †高橋光佑○,藤井昭宏,田中輝雄(工学院大)
(30)k段飛ばし共役勾配法: 通信を回避することで大規模並列計算で有効な
      対称正定値疎行列連立一次方程式の反復解法
      †本谷徹○,須田礼仁(東京大)

■カーネルチューニング(14:55 - 16:10)   座長:合田憲人 
(31)重複排除ストレージにおけるSHA-1計算のSSEによるスループット向上手法
      †坪内佑樹○,置田真生,伊野文彦,萩原兼一(阪大)
(32)GPGPUによる多元LDPC符号を用いた可変レート伝送のシミュレーション
      †藤坂祐介○、金子晴彦(東京工業大)
(33)PGAS 言語 X10 を用いた半正定値計画問題の実装と性能評価
      †渡部優(東工大、JST CREST)○,藤澤克樹(中央大、JST CREST),
      鈴村豊大郎(東工大、IBM 東京基礎研、 JST CREST)

■アプリチューニング (16:20 - 18:00)   座長:池上努
(34)汎用グラフ処理モデルGIM-Vの複数GPUによる大規模計算とデータ転送の最適化
      †白幡晃一○,佐藤仁,鈴村豊太郎,松岡聡(東工大)
(35)並列FMOプログラムOpenFMOの性能最適化
      稲富雄一(九州大)○,眞木淳(九州先端研),高見利也,本田宏明(九州大、JST),
      小林泰三(九州大),南里豪志(九州大、JST),青柳睦(九州大),南一生(理研)
(36)Towards Fast PGAS Implementation of Multithreaded Asynchronous Large-Scale Graph Traversal
      for Supercomputers with Local Semi-external Memory
      †Jiayue Zhang○, Hitoshi Sato, Satoshi Matsuoka(Tokyo Institute of Technology)
(37)複数ノードの GPU による大規模パッシブスカラー粒子計算の強スケーリングと動的負荷分散
      †都築怜理○,青木尊之,下川辺隆史,王嫻(東京工業大)

発表募集(発表募集は終了しました)

 (主査:須田礼仁、幹事:片桐孝洋、建部修見、三吉郁夫、岩下武史)

■議題: 一般
■日時: 2012年3月26日(月)~2012年3月27日(火)
■場所有馬ビューホテルうらら

★★第133回研究発表会は【合宿形式】で行います.参加者のみなさまには議論を活発なものとするため,別途ご案内いたします【宿泊斡旋】でご宿泊をお申し込み下さいますようお願いいたします.★★

■発表申込締切:2012年1月24日(火)24:00

■照会先
:HPC研究会幹事 E-mail: sighpc-kanji11 [at] hpcc.jp

■申込方法申込書に記入の上、sighpc-kanji11 [at] hpcc.jp 宛の電子メイルで申込み下さい。
  • 登壇者の年齢が2011年4月1日現在で30歳未満の場合は、申し込みフォームの "\youth{}" 欄に「○」をご記入下さい。当該発表は研究会により推薦するCS領域奨励賞の審査対象となります。なお、本申告は任意ですので必ずしもご記入頂く必要はありません。

 

調査研究担当への問い合わせフォーム