第163回ヒューマンコンピュータインタラクション研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■日程:2015年5月14(木),15(金)の2日開催
■場所:和倉温泉(石川県七尾市)

5月14日(木)
■人間心理・認知(13:30~14:45)
(1) 小型遠隔対話用ディスプレイの運動が社会的テレプレゼンスに与える影響に関する研究
遠藤 優,川口 一画,葛岡 英明,鈴木 雄介

(2) ロボットの振舞いの複雑さが意図性認知に与える影響
今村 悠人,寺田 和憲,高橋 英之

(3) プレイヤキャラクタの位置予測を用いた弾避けゲーム難易度の調整
簗瀬 洋平

■コミュニケーション(15:00~16:15)
(4) コミュニケーションを拡張する“超現実テレプレゼンス”の提案
横山 正典,鈴木 啓太,木下 由貴,望月 崇由,山田 智広,櫻井 翔,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝

(5) てくピコ:ショッピングモールにおける宝さがしゲームによる周遊行動の誘導
若尾 あすか,鈴木 真生,松村 耕平,野間 春生

■招待講演(16:10~17:10)
(6) 身体動作から行為を切り出す方法論
日高 昇平


5月15日(金)
■ユーザインタフェース(9:00~10:15)
(7) 携帯情報端末上のスワイプ方向に着目したタッチジェスチャUI
黒澤 敏文,志築 文太郎,田中 二郎

(8) 柔軟な構成変更が可能な柔らかいタッチインタフェース
阪口 紗季,阿部 誠,松下 光範

(9) 想像力を引き出すあいまいなインターフェース
高橋 英之,伴 碧

■実世界コンピューティング(10:30~12:10)
(10)荷重センサを用いた机上動作に基づく動作・個人識別手法
寺田 努,今井 淳南,村尾 和哉,塚本 昌彦

(11)HMCメガネ:色によって印象を変化させる眼鏡型HMD
内海 舞子,栗原 一貴

(12)公共ディスプレイにおける画像群動的表示と画像コンテンツの影響に関するフィールド実験
橋本 大輔,高嶋 和毅,何 辰,山口 徳郎,立澤 茂,北村 喜文

(13)深度画像センサを用いた拮抗体操支援システムの改良と評価
鎌田 和樹,渡邉 俊哉,渋沢 進

 

発表募集

■日程:2015年5月14(木),15(金)の2日開催
■場所:和倉温泉(石川県七尾市) 
※今回の研究会は合宿形式での開催となります.宿泊費,宿泊のお申込みのご案内等詳細はHCI研究会のホームページをご覧ください.

■テーマ:「近づけるインタラクション」
北陸新幹線開業によって金沢~東京間の所要時間はおよそ1時間20分短縮されました.開業前後で実際の距離に違いはありませんが心理的には随分近くなったと感じるでしょう.北陸新幹線と同じように,ヒューマンコンピュータインタラクション研究は物理的には大きな差異が存在する事物を心理的に近づけるための試みだと言えます.第163回HCI研究会では「近づける」をテーマにした研究発表を募集します.もちろん,通常と同様にHCIに関連する一般テーマの発表も受け付けています.みなさまのご発表,ご参加をお待ちしております.

■招待講演:企画中

■締切
発表申込締切日:2015年3月23日(月)23:59(日本時間) 延長しました!
原稿締切日:2015年4月15日(水)23:59(日本時間)

■発表申込方法
Webフォーム経由での申し込みになります.以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください.論文タイトル・概要・著者リストなどの情報を手元に用意した上で、
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
からリンクをたどって,フォームに記入して申し込みをしてください.原稿の送付も同じシステムで行います.
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してくだささい.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

■問い合わせ:sighci163@sighci.jp (@が全角になっていますので半角にご変更ください)

調査研究担当への問い合わせフォーム