第98回グループウェアとネットワークサービス研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

日程:2016年3月14日(月)~15日(火)
会場:大妻女子大学 千代田キャンパス F344教室
    〒102-8357 東京都千代田区三番町12
     https://www.otsuma.ac.jp/access/chiyoda

●3月14日(月)

□13:30-13:40 オープニング、表彰

■13:40-15:10 セッション1
(1) 趣味概念から見る意外性・類似性を考慮したSNSユーザ推薦システムの提案
○小島竜也, 塚田晃司(和歌山大学)
(2) 投稿情報とプロフィールに基づく創作イラスト投稿・閲覧者のためのユーザ推薦手法の提案
○大塚健人, 伊藤淳子, 宗森純(和歌山大学)
(3) イラスト投稿オンラインコミュニティにおけるイラスト上達要因の分析
○于睿政, 檜垣雄也, 唐夢苑, 井上智雄(筑波大学)

■15:30-17:00 セッション2
(4) 既読情報の共有によるニュース記事閲覧促進システム
○伊藤淳子, 川島潤, 宗森純(和歌山大学)
(5) コンサート会場の座席自動配置システムの提案
○古屋翠, 速水治夫(神奈川工科大学)
(6) 俳句を利用したエゴグラム観察の社会実験
○進藤僚介, 鈴木貢(島根大学)

●3月15日(火)

■10:00-11:00 セッション3
(7) 能動的学習のための情報共有システムの導入と家政科教育における実践
○西村悟史, 福田賢一郎, 西村拓一(産業技術総合研究所), 土肥麻佐子(大妻女子大学)
(8) タブレット端末を用いた仮想テーブルトップ環境上での協調Web検索支援システムの構築
井上忠, 筒井薫平, 今本恕, 北田哲也, ○高田秀志(立命館大学)

■11:05-12:05 招待講演
(9) 情報を生みだす触覚の知性
渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

■13:30-14:30 セッション4
(10) 楽しく動作の質を向上する健康増進コミュニティ支援技術
○西村拓一(産業技術総合研究所), 吉田康行(東京工業大学), 西村悟史, 大久保賢子(産業技術総合研究所), 鴻巣久枝(日本ダンススポーツ連盟)
(11) WARAJI:曲げセンサを用いた路面状態の推定が可能なセンサ内蔵靴
○溝口泉, 井上亮文, 星徹(東京工科大学)

■14:45-16:15 セッション5
(12) 大規模移動体データの探索的分析のための視覚的ツールの開発
○濵田康平, 三末和男(筑波大学)
(13) 発光色の色変化の認識率を向上させる符号化方式を適用した災害時可視光通信手法の提案
○岡崎匡紀, 岡本典樹, 塚田晃司(和歌山大学)
(14) 災害情報共有システムへのMGRSコードの導入
○小杉将史(ヤフー), 船越寛人, 宇津圭祐, 田島祥, 富田誠, 梶田佳孝, 山本義郎, 内田理(東海大学)
 

研究発表会論文募集(終了しました)

日程:2016年3月14日(月)~15日(火)
会場:大妻女子大学 千代田キャンパス F344教室
〒102-8357 東京都千代田区三番町12
https://www.otsuma.ac.jp/access/chiyoda

発表申込締切:2016年1月29日(金)23:59
原稿提出締切:2016年2月22日(月)23:59
  • 23時59分を過ぎるとシステムに投稿,差替,取下はできなくなります.
  • 締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
  • お早目にご投稿いただきますようお願い致します.
原稿ページ数:8ページ以内

発表申込方法:
GN研究会発表申し込みは,以下のURLからお申し込み下さい.

https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/GN/

---発表申込の際のお願い-------------------------------
以下について【研究会への連絡事項】欄にご記入をお願いいたします.
A: メーリングリストへの登録について: GN研究会メーリングリストへの登録希望の方は,「ML登録希望」と記入してください.
B: 現在、大学等に在籍し、卒業論文、修士論文、博士論文に向けて準備を進めている方は、該当するもの(卒業論文、修士論文、博士論文のいずれか)を記入してください.

なお、GN研では、「サポートセッション」を設けております。これは、幅広い分野を受け入れ、様々な立場からの有用性や新たな可能性を 検討する場を提供するため、以下のものも積極的に受け入れます。投稿原稿は 2〜4ページでも可能です。また発表時間や質疑応答の時間に自由度を持たせる ことで、新たな発想や議論 の広がりを期待するものです。
・研究速報やアイデア段階の報告、
・応用,適用分野の提案
・評価,実験手順の進め方 など
-------------------------------------------------------

研究会Webページ
GN http://www.ipsj.or.jp/sig/gw/
-----------------------------------------------------------
 

調査研究担当への問い合わせフォーム