第96回グループウェアとネットワークサービス研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

■開催日:2015年10月2日(金)~3日(土)

■開催場所:高山市民文化会館 2F 会議室
〒506-0053 岐阜県高山市昭和町1-188-1
JR高山駅から徒歩5分
http://www.takayama-bunka.org/newpage/kaikan/

※今回の研究会は合宿形式での開催となります.「宿泊申込」の項目をご確認ください.

■テーマ:グループウェア,ネットワークサービス,ヒューマンコミュニケーション,一般

■連 催 : 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会

■プログラム:
10月2日(金)
セッション1(13:30~15:10)GN(1)
(1)楽曲の音量変化と人間の聴覚特性を利用した平均音量推定手法の提案
○井上寛生・速水治夫(神奈川工大)
(2)マイクロタスクによるイラスト生成手法における初期画像が与える影響の検討
○平田 章・佐々木孝輔・井上智雄(筑波大)
(3)ソーシャルコメントからの音楽動画印象推定に関する検討
○土屋駿貴(明治大)・中村聡史(明治大/JST CREST)・山本岳洋(京大/JSTCREST)
(4)心理学の考察における情報処理技術の見直し、活用について—コラボレーション吟味、コンテンツ、検索情報からの研究—
○糸魚川幸宏(ウィズダム・インク)

セッション2(15:20~16:10)HCS(1)
(17)会話分析によるグループ状態推定に基づく意思決定支援モデル
○河野 進(総研大)・相原健郎(NII)
 (6)Twitterにおける非共感ツイートを除去するフィルタリングの提案と実装~心地良いタイムライン実現への試み~
○古郡唯希・石郷祐介・平林真実(IAMAS)

セッション3(16:20~18:00)GN(2)
(7)ストーリーコンテンツに対するネタバレの基礎調査とその判定手法の検討
○田島一樹(明治大)・中村聡史(明治大/JST CREST)
(8)SNS上でのサッカーの試合に対する直接的・間接的ネタバレの分析
○白鳥裕士(明治大)・中村聡史(明治大/JST CREST)
(9)飲食店口コミサイトを対象にした評価文抽出
○川又亜弓(東京都市大)・立澤裕樹(プラスアルファ・コンサルティング)・岡 誠・森 博彦(東京都市大)
(10)一覧性と再確認性の向上による作業の効率化にむけた動画広告の審査支援システム
○田邉昭博・山下直晃・野口正樹・酒井正也・坂本竜基(ヤフー)

10月3日(土)
セッション4(09:05~10:45)GN(3)
(11)KJ法支援グループウェアの現状と今後
○由井薗隆也(北陸先端大)・宗森 純(和歌山大)
(12)個人とグループの創造性を支援する「イノベーションコンパス」システムの機能提案と事例による検証
○加藤美治(富士通)・橋山智訓・田野俊一(電通大)
(13)協調作業支援システムへの紙媒体による作業の特徴の活用に関する考察
○今本 恕・高田秀志(立命館大)
(14)携帯端末を利用するアドホックグループのためのOrientation-Awareな情報共有環境
○塩見和則・高田秀志(立命館大)

セッション5(10:55~12:10)HCS(2)
(15)「決める」会議における参加者の動作の分析
○渡邊栄治(甲南大)・尾関孝史(福山大)・小濱 剛(近畿大)
(16)性別に特有な身体操作を実装した対話エージェントとのインタラクション評価
○石王拓斗・渡邊貴文・久保愛彦・神田智子(阪工大)
(5)会話弱者のための話速アウェアネスシステムの提案
叶 璟・○井上智雄(筑波大)

セッション6(13:00~14:40)GN(4)
(18)Webでの特徴語と共起する語を用いた未読ページからのキーワード推薦
○小野謙太朗(東京都市大)・立澤祐樹(プラスアルファ・コンサルティング)・岡 誠・森 博彦(東京都市大)
(19)Twitterソーシャルグラフに対する言語行為論に基づく行動情報付与の研究
○福沢嘉恵(電通大)・今江 崇(導線設計研究所)・兼子正勝(電通大)
(20)対話×オンラインコラボレーション —対話から持続的な活動を生みだすプロセスの検証—
涌井美帆子・○三井 実(富士ゼロックス)
(21)留学生を対象としたグループ観光支援システムの提案
○蘭 天陽・阿部昭博・市川 尚・富澤浩樹(岩手県立大)

セッション7(14:50~15:40)GN(5)
(22)空間重畳型遠隔コラボレーション支援システムにおける利用可能領域の拡大
○和田 理・片桐 滋・大崎美穂(同志社大)
(23)自分自身のWebアクセスを振り返るインタフェース
○斉藤典明(NTT)

■講演時間:一般講演 発表 20 分 + 質疑応答 5 分

■連催:電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会

■宿泊申込:
今回の研究会は合宿形式での開催となります.

○宿泊先
高山グリーンホテル
http://www.takayama-gh.com/

○宿泊費
和室の相部屋,1泊2食付きで14,000円前後になる予定です.
参加人数構成により多少前後する可能性があります.

○お申込方法
こちらからお申込み下さい.
https://docs.google.com/forms/d/1HHdMOxHN-wy3-b9JZi2H6jRq_UzQgsNKr-nXKQy3-Qo/viewform?usp=send_form

○宿泊申込締切
宿泊申込は2015年9月18日(金)までにお願いします.
宿泊施設の予約の関係上早めにお申込み頂きますようお願いします.

○キャンセルポリシー
1週間前までのキャンセルはキャンセル料をいただきません.
2日前までにキャンセルいただいた場合は半額,前日,当日のキャンセル,不泊 につきましては宿泊費全額を請求させていただきます.

○その他
★駐車場が必要な場合は事前にご相談ください.
★会食について
10月2日(金)に宿泊ホテルで会食を予定しています.
指定のホテルに宿泊せずに会食のみ参加をご希望の方は9月18日(金)までに
下記連絡先までご連絡ください.
連絡先:斉藤典明(NTT) saito.noriaki◎lab.ntt.co.jp ※ ◎を半角@に直してお送りください.

発表募集(終了しました)

(主査:市村 哲,幹事:市川 裕介,岡本 昌之,吉野 孝,由井薗 隆也)

日 程 : 2015年10月2日(金)~3日(土)
会 場 : 高山市民文化会館 2F 会議室 (〒506-0053 岐阜県高山市昭和町1-188-1)
http://www.takayama-bunka.org/newpage/kaikan/
連 催 : 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会
テーマ : グループウェア,ネットワークサービス,ヒューマンコミュニケーション,一般

発表申込締切 : 2015年7月31日(金)23:59締切
最終原稿締切 : 2015年8月31日(月)23:59締切
原稿ページ数 : 8ページ以内

発表申込方法 : 以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください.

** GN研究会へお申込みの方: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/GN/
---GN研究会に発表申込の際のお願い-------------------------------
以下について【研究会への連絡事項】欄にご記入をお願いいたします。
A:メーリングリストへの登録について:GN研究会メーリングリストへの登録希望の方は、「ML登録希望」と記入してください。
B:現在、大学等に在籍し、卒業論文、修士論文、博士論文に向けて準備を進めている方は、該当するもの(卒業論文、修士論文、博士論文のいずれか)を記入してください。

なお、GN研では、「サポートセッション」を設けております。
これは、幅広い分野を受け入れ、様々な立場からの有用性や新たな可能性を検討する場を提供するため、以下のものも積極的に受け入れます。投稿原稿は通常発表は8ページ以内ですが、サポートセッションは、2~4ページでも可能です。また発表時間や質疑応答の時間に自由度を持たせることで、新たな発想や議論の広がりを期待するものです。
・研究速報やアイデア段階の報告
・応用、適用分野の提案
・評価、実験手順の進め方 など
------------------------------------------------------

お問合せ先:
由井薗 隆也(JAIST) yuizono◎jaist.ac.jp
斉藤 典明(NTT) saito.noriaki◎lab.ntt.co.jp
塚田 晃司(和歌山大) ktsukada◎sys.wakayama-u.ac.jp
※ ◎を半角@に直してお送り下さい.

調査研究担当への問い合わせフォーム