第24回エンタテインメントコンピューティング研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館当日用サイト(登録会員用)で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

5月14日
◆セッション1(EC)  13:00-14:30 3件
(1)わっとボトル:運動と音声加工フィードバックによりストレスを解消するペットボトル型デバイス
  ○里井大輝,星野准一(筑波大)

(2)衣服の通信販売サイトにおける商品探索支援システム
  ○牟田将史,益子 宗,星野准一(筑波大)

(3)起立-着席訓練のためのリハビリテーション用シリアスゲームの介護老人保健施設への導入
  ○松隈 浩之(九州大),藤岡定(あのラボ),中村直人(フリーランス),原田浩子,
     百武永里子,内之浦真士,足立勇人,梶原治朗,服部文忠(長尾病院)

◆セッション2(MVE) 14:40-15:40 2件
(4)スマートフォンと携帯型センサの連携による歩行リハビリ支援環境に関する検討
  ○久原政彦,遠藤 守,伊藤 誠(中京大)

(5)シームレスな館内ナビゲーションとAR展示を実現するユーザ測位システム
  ○大隈隆史,牧田孝嗣,石川智也,興梠正克(産総研)

見学会(東工大 佐藤誠,長谷川晶一研ほか) 15:50-17:20
懇親会 17:30-19:30

5月15日
◆セッション3(MVEショート/萌芽) 10:20-12:00 5件(20x5)
(6)超指向性スピーカー群を用いた鑑賞支援システムの基礎検討
  ○長尾 俊,苗村 健(東大)

(7)ラジオ聴取時における感想共有の基礎検討
  ○加藤由訓,苗村 健(東大)

(8)ファンを用いた風覚提示における風向知覚特性に対する頭部刺激部位の影響
  ○吉岡有哉,中野拓哉,柳田康幸(名城大)

(9)快適な飲酒を支援するコースター型飲酒検知デバイスの開発
  ○植田将基,久原政彦,伊藤 誠,遠藤 守,山田雅之,宮崎慎也(中京大)

(10)非同期な複数距離カメラを用いた移動物体の3次元位置合わせ
  ○山崎 亮,川本一彦(千葉大)

◆セッション4(EC) 13:00-14:30 3件
(11)非接触給電を利用した玩具の提案
  ○東藤絵美,吉池俊貴,馬場哲晃,串山久美子(首都大)

(12)簡易な手書き譜面を利用した演奏手法の検討と実装
  ○馬場哲晃,菊川裕也,串山久美子(首都大),青木允(WITHコーポレーション)

(13)公共交通機関における立ち状態を動機付けするエンタテインメントシステムの実装と評価
  ○石橋拓也,山本景子,倉本 到,辻野嘉宏(京都工繊大)

◆セッション5(MVE) 14:40-15:40 2件
(14)複数の対話ロボットが連携する道案内システム
   米澤謙,鈴木優,○上田博唯(京都産大)

(15)体験記録の閲覧を目的とした個人視点映像の加工仮想カメラワーク生成と欠損シーンの再構成 
 ○松井研太,近藤一晃,中村裕一(京大)

開催案内

日時: 2012年5月14日(月),15日(火) ※5月14日のみの開催になる場合もございます.
場所: 東京工業大学
すずかけ台キャンパス大学会館(H2棟)2階集会室1
横浜市緑区長津田町4259東京工業大学
http://www.titech.ac.jp/about/campus/s_illust.html?id=03

申込締切: 2012年3月13日(火) ---> 延長しました:2012年3月16日(金)
原稿締切: 2012年4月10日(火)

主催: 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング(EC)研究会
連催: 電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会
協賛: 日本バーチャルリアリティ学会アート&エンタテインメント(A+E)研究委員会

対象分野:
本研究会では,新しいエンタテインメントを創造するためのエンタテインメント技術の研究,「面白さ」の基本要素を解明したり評価法を確立するエンタテイメント性の研究,教育・エクササイズ・福祉などの様々な分野での応用研究などを対象分野としています.エンタテインメントコンピューティング分野での研究成果を是非,ご投稿いただければ幸いです.
研究会Web: http://www.entcomp.org/sig/ ※[AT]は@に直してください.

調査研究担当への問い合わせフォーム